新規会員登録における電話番号登録必須化のお知らせ

国民年金について聞きたいのですが
4月に免除申請をして納付猶予になりました。
7月になったのでまた申請をしに行こうと思ったのですがよくみたら納付猶予の下に継続審査(切替)申出受付済と書いてあったのですがこれは申請しなくても向こうで自動的にまた審査してくれるってことですよね?

また申請しなくても市役所で審査して2.3ヶ月したら結果のハガキが届くってことですよね?

教えて!goo グレード

A 回答 (1件)

昨年の7月から今年の6月までの間(★)に「国民年金保険料免除・納付猶予申請書」を出しましたよね?


その結果、昨年7月分から今年6月分までの国民年金保険料(令和元年度としての承認期間)が「納付猶予」になりましたね?

そのとき(★の期間内。あなたの場合は今年4月です。)、【令和元年度として「全額免除」か「納付猶予」が承認されたのなら、令和2年度以降も「全額免除」や「納付猶予」を希望するので、ぜひ継続して審査して下さい】という意味の「継続希望」を出したと思われます。
つまり、申請書の「継続希望 1」の欄で「希望しません」とはしていないわけですよね?
また、「継続希望 2」の欄は【令和元年度が「納付猶予」だったときに、令和2年度がもし「全額免除」に該当するなら、令和2年度以降は「全額免除」で審査して下さい】という意味になります。
「継続希望 2」は希望しましたか? それとも「希望しません」としましたか?

いずれにしても、あなたの場合には、継続審査(切替)を申請して、認められています。
ですから、あなたが国民年金第1号被保険者(厚生年金保険に入っておらず、いわゆる専業主婦として配偶者から扶養されてもいない人)で引き続き居続けるかぎり、令和2年度(今年7月分から来年6月分の国民年金保険料)については、あらためて納付猶予や免除を申請する必要はありません。

【「継続希望 1」だけを「希望」したとき】の令和2年度は、【もし全額免除にはならなくとも、納付猶予になるかどうかを審査】します。
納付猶予に該当すれば、納付猶予が承認されます(◆)。

【1と「継続希望 2」も「希望」したとき】の令和2年度は、【もし全額免除にならなかったら、全額免除や納付猶予は却下】となります。
却下されてしまったとき(■)には、あらためて、一部免除(4分の3・半額・4分の1のいずれか)や納付猶予を申請しなおさないとならなくなります。

令和2年度に関する結果通知(◆や■)は、審査が終わったあとに通知されます。
あなたが考えておられるとおりです。

通知されたあとに、承認を取り消すこともできます(一部免除を含めて、あらためて申請をやり直したいときなど)。
なお、取り消しを申請すると、【「取消申請をした日がある月」の前月】の分の保険料から、免除や納付猶予ではなくなります。
言い替えると、【「取消申請をした日がある月」の前月】の分の保険料から、一部免除などの【それまでとは違ったタイプ】に切り替えることが可能になります。

ただ、上で説明したようなことは、申請書を提出したときに、注意事項として細かく書かれていたことです。
あらためて質問なさるよりも、最初にしっかりと頭に入れておいていただきたいものです。
そういう注意事項に無関心だった、ということにもなってしまいますよ? 本人が注意すべきことなのです。
(はっきり申しあげて、そういった注意事項に目を通さなかったとき、もし年金事務所の対応などに不満を言い立てたとしても、それは通らなくなってしまいます‥‥。)

参考(PDFファイル)
https://www.nenkin.go.jp/shinsei/kokunen.files/6 …
    • good
    • 3

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

教えて!goo グレード

関連するカテゴリからQ&Aを探す


人気Q&Aランキング