小さい頃からそうなのですが、ちょうどおばあさん座り(座ったときに脚が左右にMの字に曲がった座り方。ちょうど脚の内側全体を床にくっつけるかんじ)をしたときに、足の曲がり方がMというよりも上から見るとTの字くらいに曲げられるんです。
ようするに、膝を基点として直角に曲げた状態でおばあさん座りができるんです。
普通の人は、Mの字からTの字型に、膝から下の脚を曲げていくと股関節や股の外側の筋肉が痛くて曲げられないよ、と言われます。個人的には、特に気にすることもなかったのですが、最近ジムのインストラクターにその座り方を見られたときに「筋肉のびきってるよ、やばいよ」と言われました。
特に気にしたことでもなかっただけに、「そうか、こういうのはヤバイのか・・・」と気になっています。
普通の人ができない体勢ができてしまうのは筋肉が変な伸び方をしてしまっているということなんでしょうか?
ちなみに体の柔軟度は柔らかくはないです。立位体前屈をしたらプラス5cmくらいのものです。

A 回答 (4件)

私はそれができなくて苦労してます・・うらやましい



格闘技をやっている者ですが、その座り方をストレッチの1つに取り入れています。その座り方は股関節をやわらかくするのによくて、その座り方(T字)ができたら大抵は上段の蹴りが出しやすいようです。先輩の中にはT字に足首曲げて、カカトがおしりからこぶし1個分か2個分離れます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

私の心配事がストレッチの一つに取り入れられているなんて、なんだか面白いというか逆に安心しました。
いろいろなご意見ありがとうございました。

お礼日時:2001/08/13 11:21

筋肉が伸びきっている状態というのは、力に対して最も弱い状態なので


そのままの姿勢で変に体重がかかったらケガをするかも知れない・・と、
もしもの場合を考えてイントラは心配したんだと思いますよ。ジム内のケガには神経質ですから。

・・ちなみに私見ですけど、イントラが言ったのとは違う意味でヤバイかも知れません。

おばあさん座りって別名アヒル座りと呼ばれているのですけど
股関節がゆがんでいる人に多い座り方なんです。股関節がゆがんでいるのかも知れません。
 便秘と下痢をくりかえすタイプですか? 下腹がぽっこり出ている体型ですか?
 また日頃、足を組んだり、片足に体重をかけて立ったり、眠るときに横向きになっていますか?
O脚の人は特に可能性あります。一度チェックしてみたほうが良いと思います。

たとえ歪んでいても大丈夫です。
股関節のゆがみは日常の姿勢に気をつけたり簡単なエクササイズをすることで治ります。
ジムに通っているならば鏡面が多いですよね?
鏡を見ると、たぶん肩の位置や腰の位置が左右でずれているはずです。
それらを正しい位置に戻すように意識して、左右均等になるように動くだけでも有効です。
トレーナーの人に相談して股関節のゆがみを調整するストレッチなどをメニューに加えてもらうと良いと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

わかりやすい回答ありがとうございます。
確かに股関節はゆがんでいるかもしれません(T_T)
いつも同じ側の股関節がパキっといったり、便秘と下痢はありませんが、下腹はぽっこり!です。
そして、特に心配はないとのこと大変安心しました。

お礼日時:2001/08/13 07:07

 筋肉と言うより,関節の柔軟性の問題でしょう。


 人が出来ないような関節の曲げ方を出来る人達はたくさんいます。
 そのような座り方をして,どこにも痛みがなければ特に気にする必要はないでしょう。その程度の座り方で筋肉が伸び切っているとは思えません。正常な範囲内です。仮に筋肉を伸ばす事が出来ても,関節が曲がらなければそのような角度で足を開いて座る事はまず無理です。
 インストラクターの人は見た事のない角度に驚き,とっさに思いついた言葉を発してしまっただけでしょう。私がその場にいたら「もっと勉強してから物を言え!」と食ってかかっていた事でしょう^^;。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

イントラに「ヤバイ」と言われたとき、そのイントラは結構あけっぴろげな人だったので、スタジオ内でかなり大きい声で言われ周りがばっと私を見たので、かなり気になっていたのです。
私が気にしすぎといえば気にしすぎですが、皆さんの回答にホッとしています。ありがとうございました。

お礼日時:2001/08/13 07:11

こんにちは



それは関節の過伸展ではないかと思います。 
そのままにしていても日常生活を送る分には問題はないでしょう。
しかし,スポーツ等をしたときに膝を痛める危険性は高いと思います。

もしかすると,yukakさんはX脚ではないですか?
筋肉が伸びきっているというよりは,筋肉があまりないために関節が普通曲がる事のない角度まで曲がってしまっているといった方が正しいかもしれませんね。
トレーニング等で改善されると思いますので,気になるようでしたらジムのインストラクターに相談してみるといいと思いますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

関接の過伸展ですか。初めて聞きました。特に問題はないと聞いてほっとしました。私はX脚というよりもむしろO脚です。そして、スポーツの経験はなく筋肉は確かに人よりないと思います。適切な回答ありがとうございました。

お礼日時:2001/08/12 08:25

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q膝を曲げて前屈

身体の固くて前屈が苦手な人でも、膝を曲げれば楽に前屈できます。腰の曲がり角度で評価するならば、180度楽々曲がり、膝と胸がくっ付きます。しかし、膝を伸ばした状態だと、腰を曲げれば太ももの裏の筋肉が痛くなって角度が限られてきます。身体が固ければ、腰の曲がり角度が30度クリア出来ますでしょうか。

これは何故ですか?膝の曲げと前屈にどんな関係がありますか?

人体を電話帳に例えるなら、電話帳を伸ばした状態でメクリ部を揃えて曲げれば内側が縮み外側が伸びます。しかし、紙のサイズは全ページで同じですから外側が張って曲げ難い。それと同じ理屈でしょうか?電話帳1/4の部分(膝)を曲げて1/2の部分(腰)を逆に曲げれば、電話帳はN字形になり楽に曲がります。

Aベストアンサー

 床に足を伸ばしての前屈とします。
 伸びるのは、脚部の裏側の筋肉等になります。
 このとき、膝を曲げると、出来るだけ前屈したとして、二つのことが起こります。

 一つは、膝を曲げたため前屈の角度がゆるくなります。足を真っ直ぐ伸ばしていれば、上半身はできるだけ床と並行になるようまで、前屈します。膝を曲げれば曲げるほど、上半身の前屈は床に対して、並行まで行かずに斜めで留まります。極端には膝を抱え込んでしまえば、一切上半身は前屈しないですね。

 もう一つは、脚部の裏側の伸びる長さです。同じ上半身の前屈に対して、膝を曲げるほど、脚部裏側はあまり伸ばさなくて済むようになります。

 この作用は、足首から先、つまりつま先を床に対して、立てるか、寝かせるか、でも変わってきます。
 お試しいただくと実感して頂けると思うのですが、つま先を寝かせるほど、深く前屈できるはずです。これも、脚部裏側をどれだけ伸ばすかに影響していますので。

 いずでも、基本的には、人体構造についての幾何学的な問題とも言えます。

Q肘、膝など関節の痛みのないミシミシ音。20代前半、主婦です。肘や膝を曲げた時、関節がミシミシ?ギシギ

肘、膝など関節の痛みのないミシミシ音。20代前半、主婦です。肘や膝を曲げた時、関節がミシミシ?ギシギシしているのがわかります。動かしにくい・痛いなどは全くありません。神経内科や整形外科でも異常なしでした。体重は平均よりやや少なめで、運動不足ではあります。同じような方、いらっしゃいますか?>_<

Aベストアンサー

運動不足だから、関節を覆う筋肉がなくてキシキシしたり、痛みが起きたりします。
私もこの前まで車の移動やデスクワークで運動不足で、膝の痛みが酷くて湿布したり、ミシミシ音がしたり。病院も行きましたが異常無し。
それから車移動をやめて、通勤往復1時間自転車にして、しかもかなり真剣に漕いで3ヵ月、膝の痛みが無くなり、朝もスムーズに立ち上がり、湿布も必要無くなりました。

Q正しい座り方

趣味で絵を描いているのですが、1時間ぐらい座っていると軽く腰が痛くなります。
机の上で作業したり絵を書いたりするの時の正しい姿勢というか座り方はあるのでしょうか?
こういう座り方が楽ですよー。などあれば教えていただきたいです。
(PCで作業したりペンタブで書いたり鉛筆で書いたり等の作業です。)

Aベストアンサー

腰のとって一番楽な座り方はいうまでもなく正座です。腰のカーブが自然な形になるので、上半身の体重を無理なく受け止められるからです。対して足を伸ばしたり、胡坐をかいてしまうと腰が後ろにカーブ(骨盤が寝る)してしまうので、腰に無理がかかります。

では作業中ずっと正座がいいのかというとそうではありません。筋肉や関節はじっとしていると固くなるという性質があります。たとえ正しいと言われる姿勢でも、長時間はやはりそれは体の負担です。例えば、寝るときでも仰向けで、軽く顎を引き、手を体側に沿わせ、指をすっと伸ばし、つま先はぴっと真上に向くのが正しい寝方です(嘘ですよ)と言われてもその寝方で何時間も動かなければかえって体のあちこちが痛くなるでしょう。

同じことが座り方でも言えます。教科書的には“正しいとされる”ものはあっても実際にはいい座り方も悪い座り方もしないと体は痛くなります。要するに大切なのは“同じ姿勢を長時間保たない”ことなんです。適度に姿勢を変え、小まめに休憩を取る。立ち上がって、ストレッチのような簡単な体操などを行うのが究極の理想になります。

因みに椅子でしたら、一番深くまで腰を掛け上半身を真っ直ぐ腰に乗せるような感じが物理的な負担は軽いです。足を台に乗せたり、椅子の上で正座をしたり、胡坐をかいたり、片膝突いたり、足を投げ出し背もたれに寄りかかるような体勢をいろいろとることです。無理に“正しい姿勢”にこだわらないことが正解かもしれません。


長文、乱文失礼しました。ご参考になれば幸いです。お大事にどうぞ。

腰のとって一番楽な座り方はいうまでもなく正座です。腰のカーブが自然な形になるので、上半身の体重を無理なく受け止められるからです。対して足を伸ばしたり、胡坐をかいてしまうと腰が後ろにカーブ(骨盤が寝る)してしまうので、腰に無理がかかります。

では作業中ずっと正座がいいのかというとそうではありません。筋肉や関節はじっとしていると固くなるという性質があります。たとえ正しいと言われる姿勢でも、長時間はやはりそれは体の負担です。例えば、寝るときでも仰向けで、軽く顎を引き、手を体側に...続きを読む

Q体育座りから立ち上がるときに・・・

私は学生ですが、体育座りから立ち上がるとき他の多くの生徒は手をつかずに立ち上がるのですが、私は手をつかないと立ち上がれません。
気にするなといってしまえばそれまでですが、手をつくのは少数派ですし、地面が砂だと手が汚れます・・・
特に太っているほうではないのですが、何か立ち上がり方にコツはありませんか?

Aベストアンサー

こんばんは

まずはお尻の位置と太ももを近づけます
足の裏を地面にぴたっとつけます
親指の付け根に力を入れて体重を乗せ前かがみになりますお尻浮きますよね
そうしたら足の部分を持てば立ち上がれますよ

練習してみてくださいね

Q座り仕事からくる腰痛はどこへ通院すれば?

1年ほどコールセンターで仕事をしていました。
1日14時間ほど座りっぱなしで全く席を離れることもできませんでした。

それが原因で、右の腰から右足首までがしびれるようになりました。
職場で怒鳴られてばかりで、ずっと監視されていたので、
友人からは精神からくる場合もあるかもしれないといわれましたが、
大方は座り仕事が原因だと思います。

離職してから3か月以上経ち、全く治りません。
病院へ行きたいのですが、接骨院へ行けばよいのでしょうか?
保険の効く場所を希望しています。
詳しい方、教えてください。

Aベストアンサー

椎間板の内大きな神経束が出ている背骨の軟骨が少しはみ出している状態でしょう。(経験者)

普通にレントゲンを撮っても写らないと思います。(私の場合前から45度から横から後ろ45度から、後ろからと撮って判りました)

軟骨のはみ出しが酷くなると、痛みがますます酷くなり、24時間痛みで泣く羽目になります。(寝てても激痛)

そうなると大抵の整形外科では手術とのたまいます。

でもその手術で返って悪くなる人もあります。(高名な大学病院で手術したのに痛みがとれない私の友人の奥さんがそうです)

まずは・・・
・腰を冷やさない事(コルセット、や温熱)

・痺れだけのうちに理学診療科のある整形外科へ行き診断を受けてから腰、首の牽引を始めると徐々に軽減されてきます。

・一番良いのは「良導絡電導療法」を行っている整形外科です。(保険が利きます)

・接骨院でこの療法をしているところは沢山ありますが保険が効きません。(効くところもあります)

・一種の神経ブロック療法で、時間はかかりますが徐々に良くなってきます。(ツボに針を刺し電気パルスを流します、時間は3分ほど)

針は一週間に一度だけ、電気パッド(電気パルスが流れます)やウオーターベッドによる振動は毎日でもOKです。

私は30年前、足を切ってほしいと懇願するぐらい、24時間(寝ていても)激痛に悩み、有名大学病院3箇所で診断を受けましたが、全てで手術を勧められ(脊髄麻酔ですので失敗は下半身不随になる可能性があります)ました。

・ある方の紹介でこの痛み専門の個人医院(京都府宇治)を紹介され、手術はしない方が良いが治癒に長期かかるけれども必ず治るからと云われました。

・電導針を1週間に一度と痛み止めとビタミンB群の静脈注射と電気吸盤と温熱療法は毎日。

・半年で痛みがしびれに変わり其処から腰の牽引と首の牽引も。(理学診療師が付きます)

・通院が毎日から3日に一度になり、一週間に一度になり、月一になり2年半で全く正常に戻りました。

・それ以降30年経ちますが再発はしていません。

貴女の場合、今は痺れだけですから、週一回の緩やかな腰の牽引と電気針で徐々に良くなりますよ。

放っておくと痺れが痛みに変わり歩けなくなる事もあります。

何処にお住まいかは存じませんが、単なるペインクリニックでは無く「良導絡電導療法」でお探し下さい。

ほぼ100年近く前、京大の先生だった方が編み出した東洋医学と西洋医学を融合させた療法でその後全国に膾炙されました。

この療法を否定する整形外科医もありますが効果は確実で、(別の友人は寝たっきりだったけれど痛い痛いと喚くのを無理やり起して娘さんに毎日車で送ってもらい、半年。今は完全に治癒してゴルフ三昧です)単に痛み止めの注射だけに頼るようなペインクリニックや整体もどきやカイロプラクティクなどは身体を痛めますのでおやめ下さい。

痺れだけですから今の内に早く。

腰は絶対冷やさぬように温熱懐炉や蓄熱パッドを何時も腰に巻きつけてください。

コルセットで腰を安定させ姿勢を良く保つ、体重を減らすが効果的です。(晒しを巻いても良い)

コルセットは軽いものがあるので服を着ると全く判らなくなりますすからご安心下さい。(コルセットは整形外科で作ってもらえます:保険利きます)

私事ながらご参考までに。

椎間板の内大きな神経束が出ている背骨の軟骨が少しはみ出している状態でしょう。(経験者)

普通にレントゲンを撮っても写らないと思います。(私の場合前から45度から横から後ろ45度から、後ろからと撮って判りました)

軟骨のはみ出しが酷くなると、痛みがますます酷くなり、24時間痛みで泣く羽目になります。(寝てても激痛)

そうなると大抵の整形外科では手術とのたまいます。

でもその手術で返って悪くなる人もあります。(高名な大学病院で手術したのに痛みがとれない私の友人の奥さんがそうです)

...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報