学校で児童や生徒が受けてる検査ありますよね。尿検査だとか歯の検査だとか。
あれって先生も一緒に検査してもらってるのかな?
それから先生ってその学校に勤務する前に健康診断みたいなのあるのかな?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

尿検査は生徒達と同じ日にします。


その他は、別が多いと思います。
勤務の場所によっても内容が違います。
前任校では、町立や村立だったのですが
そこでは生徒達も一緒に小児成人病や心電図も
取っていましたが、今の学校は、市立ですが
生徒は養護教諭が抽出して小児成人病予防を
受けさせています。どういう条件かはちょっと
わかりませんが。教員については40歳以上は
受けないといけないということらしいです。
ということでここ2年は受けてませんが。
要は、学校設置者の予算の問題みたいです。
    • good
    • 0

一緒には検査してません。

いわゆる身体検査というのは、当の先生自信が係りになって実施するものです。また歯科検診や、尿検査の時も先生は参加しません。(レントゲンの撮影だけは一緒だったかな・・)
 それと、年に一度、生徒とは別に健康診断を受けます。これは、生徒の受けるものと微妙に内容が違っていて、例えば歯科検診はありませんが、血液検査等が含まれます。
 採用の前には、健康診断がありますが、異動の前には特にありません。
    • good
    • 0

健康診断の内容にもよりますが.児童生徒の健康診断後.労働安全衛生法規定又は.人事院勧告にしたがって.健康診断を同じ日にしてしまう場合があります。

ただ.レントゲン等児童生徒があまりうけない健康診断は.日程が変化するようです。
子供に聞けば.健康診断で先生が授業中にいなくなったとか.教えてくれます。
    • good
    • 0

一緒にしてるのか分かりませんが、公務員の場合健康診断が義務づけられているからあると思います。


私立校の場合にも労働状況の管理(労働災害の防止)などの理由で実施されていると思います。
勤務する前にというのは就職したときのことを言うのでしょうか?
国公立にしろ私立にしろ採用の時はあるでしょう。転勤の時はないでしょうけどね。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q先生が先生が生徒を「お前」とよぶのはパワハラとかにはなりますか?だれにでも お前とつかい

先生が

先生が生徒を「お前」とよぶのは

パワハラとかにはなりますか?

だれにでも お前とつかいます

女の先生です

Aベストアンサー

年上のものが年下に使う言葉です。
教える者が教えを請う者にも使う言葉です。
何でもハラスメントと捉えるのはやめたほうがいいですよ。
嫌ならば、普通に嫌と言えば良いんです。
「私はお前と呼ばれることが嫌です」
とね。
そこにパワハラとかの理由は要りません。
それでも止めない教師は教師たる資格はありません。
他の先生や校長に訴えて下さい。

Q被害に遭った児童生徒の個人情報をマスコミで公表する先生

児童生徒が殺害されるという痛ましい事件のニュースを目にします。

たいてい被害者の学校の校長らが、「**さんは**部に入っていて」とか「教科は**が得意で」「性格は***」などとマスコミのインタビューに答えています。

これって、教育公務員の守秘義務に反していませんか?職務上知り得た個人情報をしゃべっていいのでしょうか。

法的にどうなのでしょうか。

Aベストアンサー

はじめまして。

法的なことを言えば、該当する法律は、公立学校なら「地方公務員法」と該当する地域の「個人情報保護条例」、私立学校では「個人情報保護法」になるでしょう。

○地方公務員法では、職務上知りえた秘密を漏らすことを禁じています。
○個人情報保護条例では(少なくとも私の住んでいる地域の条例では)、職務上知りえた個人情報を漏らすことを禁じています。
○個人情報保護法では、目的外の個人情報の利用を禁じています。当初の目的外での利用の必要性が生じた際には、その都度、本人の承諾を必要としています。


「○○部に所属」「得意教科は○○」「性格は○○」といったことは、一般的には、秘密には該当しないと判断されるでしょう。よって、秘密ではない上記の事柄は、地方公務員法の定める守秘義務の規制を免れます。


個人情報保護の観点で言えば、上記の項目も、氏名が明らかになっている以上、個人情報として扱われるでしょう。ただし、それが生存している個人であれば、の話です。

個人情報保護法や、(私の住んでいる地域の)個人情報保護条例で規定されている個人情報とは、「生存する個人に関する情報」のことです。今回の話題に挙げられている被害者は、生存者ではないので、個人情報保護に関する法律・条例等の適用範囲を越えています。


(もう少し厳密に話せば、ですが…)被害者の家族が生存している場合には、「被害者の情報」が「当該家族の個人情報の一部」として考えられるという解釈も、法令上はありうるようです。

例えば、被害者の情報が公開されることが当該家族にとって好ましくない場合に、被害者のではなく「家族のプライバシー情報」として公開を拒否することが認められるケースと同様なのかな、と私は解釈しています。
ただし、この場合でも、被害者の家族の同意があれば、公表することに差し支えはありません。


要するに、今回のご質問に挙げられたように、殺害された児童生徒について、お書きになった内容ぐらいの情報であれば、地方公務員法および個人情報保護条例が適用されることはありません。
ただし、あくまでも私は一介の教育公務員であり、法律の専門家ではありませんから、他の解釈が生じれば結果が変わる可能性も、もちろんあるわけですが…。

以上、お堅い話ですが、法的な根拠について述べました。
お役に立てれば幸いです。


なお…ここからの話は、完全に蛇足です。

憲法および法律を遵守することは、国民として当然のことです。そしてまた、「赤信号、みんなで渡ればこわくない」という心理も、人間として皆が持っているものです。その間をゆれながら、解決策を見出していくのが、現実的な方向性なのかな、と思います。


教育公務員の守秘義務・個人情報保護義務については、法律が存在しているものの、やはり厳密に行っているとはいえない状況が散見されます。
これは悪用されていると言うわけではなく、関係各所との相談において適切に連携をはかるために、必要に迫られて行っている場合がある、という意味です。

もちろん、法律を厳守することは必要なことです。ただし、法律の主旨を理解した上で、弱者を守るために、もっと大きいものを大事にしていく姿勢を忘れずにいたいと思っています。

法律を遵守し、常識やモラルやマナーを適切に身につけていることは絶対条件ですが…自分の大切な人の一大事に駆けつけるときに、赤信号だからといって、一台も車が通らない交差点で、ボーっと突っ立っているような、状況判断もできなければ、頭のかたい間抜けな人にはなりたくありません…少なくとも、私は。

法令上、権限がないからと言って、児童虐待の可能性が高いことを知りながらも、子供が殺されるまで手をこまねいていた、児童相談所が、かつて報道されたかと思います。法律に反するからといって、あまり杓子定規にならずに、必要なことを見逃さないようにしていきたいものです。


長くなりました。
それでは、失礼します。

はじめまして。

法的なことを言えば、該当する法律は、公立学校なら「地方公務員法」と該当する地域の「個人情報保護条例」、私立学校では「個人情報保護法」になるでしょう。

○地方公務員法では、職務上知りえた秘密を漏らすことを禁じています。
○個人情報保護条例では(少なくとも私の住んでいる地域の条例では)、職務上知りえた個人情報を漏らすことを禁じています。
○個人情報保護法では、目的外の個人情報の利用を禁じています。当初の目的外での利用の必要性が生じた際には、その都度、本人の承諾...続きを読む

Qなぜ小学校、中学校などの学校の先生になりたいのか

私は学校の先生になりたいと思ったことが全くありません。
なぜ教員志願者は教員になりたいと思うのでしょうか。どこで触発されたのか、給料、やりがいなど教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

私は教員養成系大学の教員なので、この辺りはよくアンケート結果を見ます。

1位は、自分が出会った先生が良くて、その先生のようになりたいという回答ですね。意外かもしれませんが男子に多い。「良かった」という意味は色々で
・小中学校の場合は、トラブルがあったときに助けてくれた、クラスが楽しかったなど生活面での話が多い
・中高で出会った先生だと、その教科の教え方が上手で、よく分かった、好きになったなど学習の話が多くなる(社会と理科、英語の免許を取得しようとする学生に多いかな)

2位は、教えるのが好き、子供が好き。まぁ、分からないではありません。これは初等と女子に多い。
3位は、自分に合った職業だと思う。

2位と3位は教員の子供が比較的回答する項目です。親をみていてそう思うのでしょうか。

困ったちゃんですと
・部活の指導がしたい。これは体育の免許を取得しようという学生に多い。要するに部活が指導できれば免許は何でもいいという阿呆です。
・別の大学志望だったが、落ちたので。という学生も無論います。これは理系に多い。こういう学生は教員は「滑り止め」で本音としては、大学院でどこか理系のラボにいきたいと考えている場合が多いです。

もちろん就職という話ですから、公務員としての安定性だとか賃金のことなども背景にあることは当然でしょう。特に芸術系・技能系の学生ですと、例えば「本当は音大(美大)に行きたいけれど、将来食えるかどうか不安なので」という心情はあると思います。それを「きれい」に語れば、3位の「自分に合った」という回答になるのでしょうね。

その辺は、普通の学生と変わりません。

私は教員養成系大学の教員なので、この辺りはよくアンケート結果を見ます。

1位は、自分が出会った先生が良くて、その先生のようになりたいという回答ですね。意外かもしれませんが男子に多い。「良かった」という意味は色々で
・小中学校の場合は、トラブルがあったときに助けてくれた、クラスが楽しかったなど生活面での話が多い
・中高で出会った先生だと、その教科の教え方が上手で、よく分かった、好きになったなど学習の話が多くなる(社会と理科、英語の免許を取得しようとする学生に多いかな)

2位は、...続きを読む

Q学校の教室の種類(職員室とか、音楽室とか)ってどういうのがありますか?

ちょっと学校を舞台にした物語を遊び程度に作ってるんですが、
学校の教室の種類ってどのようなものがありますか?
学校といえば職員室…みたいな感じなのがあんまり出てこないので
こういうのあるよ的なものを教えてくれたら嬉しいです
個人的には職員室、音楽室、化学、物理、生物室,
図書室と
普通の学級教室くらいしか思いつかないのでorz
お願いします

Aベストアンサー

高等学校の教員です。

普通教室以外には、
保健室、応接室、事務室、更衣室(男女)、生徒指導室、
教育相談室(カウンセリングルーム)、進路指導室、
コンピュータ室(パソコン教室)、調理室、作法室、
物理実験室、放送室、職員室、職員用更衣室(男女)、
会議室、教務室、講義室、化学実験室、暗室、
生物実験室、図書室、音楽室、美術室、書道教室、
視聴覚室、社会科教室、生徒会室、被服室、
各教科の準備室(あるいは研究室)、体育館、
各運動部部室、集会室、宿直室、技能員室(用務員室)・・・、

あたりがありそうですね。学校の種類、地域などによって、
また違ってきますが。ご参考になれば幸いです。

Q小学校と中学校の生徒数

今、ちょっと調べものをしていて、公教育の生徒数を調べていたのですが、文部科学省の統計(下記ページ)をみると、中学生の数が小学校の半分くらいになっています。
小・中と義務教育なのに、なぜこんなにも人数が減っているのでしょうか?何かご存知の方いらっしゃったらよろしくおねがいします。

http://www.mext.go.jp/b_menu/toukei/002/002b/16/gif/001.gif

Aベストアンサー

小学校が6年間で、中学校が3年間だから、単純に考えても半分で良いと思いますが。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報