見守り電球またはGPS端末が特価中!

豆電球を銅線で電池に繋いで、光る仕組みは分かります。単に電子が流れているから光るという大雑把なイメージです。
ですが、この電子が半導体で組まれた基盤を動き回って、その力でTVが映ったり、洗濯機が動いたり、PCが動いたりする意味が分かりません。
検索して調べてもこの話題すらヒットせず…イメージすら掴めないです。これが現在の私の幼稚なイメージです。↓
「コンピュータはon/offの世界だから、on/offのスイッチ??らしきものが基盤に沢山貼られていて、あみだくじのように、うにょうにょ動き回る電子がそれぞれのon/offを押していて、その一瞬一瞬の集大成が、1つの何かしらの作動をして、よく分からないが結果的にTVがつくよーという感じ??」
(_ _).。o○
不思議なのは電子一つでどうしてあんな複雑な仕組みを作れるのですか??
私は折り紙で鶴を作れますが、折り紙である紙は目に見えて分かるので制作過程がよく分かります。
でも電気機器の中身はどうやって見れば良いか分かりません。化学の世界だから難しく感じるのでしょうか?
少々、意味不明な質問でしたらすみません。
私みたいな幼稚にでも分かりやすいご教授などお願いしたいです。

質問者からの補足コメント

  • 難しい原理でも、
    ささっとしたイメージでも構いません。

      補足日時:2020/07/03 07:58

A 回答 (6件)

電子の流れ にとらわれていては理解が進まないでしょうね


電気 が何をするか なにができるかを考えてみましょう
コイルに電気を流すと磁力が起きます 磁力が起きるとものを動かすことができます 例えばモータや電磁石です。
モータがわかれば家電製品の多くにモータが使われていることがわかるでしょう
それらを制御するのにいちばんかんたんなのが スイッチで電気を流したり止めたりする

一方で、マイコンについて学びましょう。 マイコンは何十億ものスイッチからできているのですが、それの組み合わせによって入れたり切ったりできます。それをどのようにするかがプログラムです

スイッチをプログラムで制御できるようになると、これまたいろいろな事ができるのですが、全部説明するには数百冊分の本になってしまうので、ここら辺で止めておきます。
    • good
    • 0

>不思議なのは電子一つでどうしてあんな複雑な仕組みを作れるのですか??


一つ一つは微力でも集団になると途方もない力を発揮するものですよね。

1μA(100万分の1A)の電流が1μ秒(100万分の1秒)に流れる電子の数は約624万個ですよ。

複雑な仕組みは、電子の集団の力がなせる技ですよ。
    • good
    • 0

将棋の桂馬はどう言う理屈でこんな動きなのか。

桂馬だけ動きが変則的で気持ち悪いんですよね。将棋を始めたばかりの人がそこで思考停止していたら、いつまで経っても将棋自体を楽しめません。
それは、そー言うルールだから!と割り切ってたのしみます。

電化製品、メカトロや組込み技術で動いてるもの。エンドユーザー的な使う!では無く、開発する人も同じです。
どこの誰だか知らないけれど、頭の良い人が作って用意してくれた仕組みを使って、色々作っているだけです。
割り切って次いきましょう。
人が作ったもの真似る所から。

■シーケンス制御概論
豆電球オンオフ感覚で、見た感じ分かりやすいのはシーケンス制御。回路とハード学ぶと電気やった気分になります。そして楽して相当なことができる。

■情報工学概論
テレビとか、電気釜はこの辺り。
お勉強で嫌になるかも。
基板の論理的な部品の仕組みを勉強したり、CPUが、どうやって動くか学んだり。
ファームウェア寄りで、この辺りのマイコン遊びはお安く気軽に出来ます。

■電気工学/電子工学概論/電磁気学概論
電子がーとかこの辺です。算数のお勉強も出てくるので余程好きか何かの強制力が無いと見た瞬間に本を投げるかも。
    • good
    • 0

電気/電子工学をやっている人は「電子一つでどうしてあんな複雑な仕組みを作れる」のか…なんて発想で、考えたりは決してしていませんよ。

ひとつひとつの完成した技術(モーター、半導体、制御技術....など)の組合わせで考えます。多くの要素技術の蓄積・組合せの成果です。

木の繊維で出来た紙(それによって紙幣が造られる)によって、なぜ経済が回るのか…なんて考えないでしょ。それと同じです。
    • good
    • 0

あみだくじだと運頼みですが・・・・



物理的若しくは論理的に作られた回路に電気信号が流れたり遮られたりすることで
連動する回路が動作して、その動作がまた連動する回路を動作させる

そういう無限とも言えるような電気信号(回路)の連動が、最終的には電波に変換されたり、光に変換されたり、モーター等の回転になったりします

電気は、回路を使って増幅や変換が可能です

最初は電子一個とか僅かなモノであっても、増幅する回路を経るとその出力は何倍何十倍にも増幅できます
或いは、元々大きな電力が流れている回路があって、他の回路の操作によって流れる方向を変えたりすることも可能
この場合は、大電流は元々別の経路に存在しているので、小さな電気で行うのはスイッチの切替と言った小さな仕事だったりする
    • good
    • 0

何歳

    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング