人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

株価って実際には大した材料でないのに多くの人間がその会社の業績が大きく上がると思うと株価が上がるわけですよね?つまり、自分がこのニュース、会社に起きた事象で会社の業績が良くなるとは到底思えなくても多く
の人がそう思うであろうことが株価を押し上げる理由になる。それを推し量って考えるにはどうすればいいですか?株価が上がり始めてからおそらくここまで株価が上がるのは硬いだろうという予想を立て、なら、今買えばいくら儲かるという算段のもとに株を買えば今よりは良くなりますか

A 回答 (5件)

>株価って実際には大した材料でないのに多くの人間がその会社の業績が大きく上がると思うと株価が上がるわけですよね?


そういう場合もありますし、別に業績云々まではどうかわからないけれど、とりあえず株価は反応して上昇する可能性が高いと見る人もいるでしょう。

>それを推し量って考えるにはどうすればいいですか?
これはもうケース・バイ・ケースなので、個々の事例で相場観を養うしかないですね。
まず自分でなにかニュースがあったら、それについて考えてみる。株価はどう反応するか予想してみる。
この場合、ケインズが言う「美人投票」的な発想で、自分がどう思うか、感じるかというより、市場、みんな、全体がどのように判断して動くかを中心に考えるのがよいのでしょう。

>おそらくここまで株価が上がるのは硬いだろうという予想を立て、なら、今買えばいくら儲かるという算段のもとに株を買えば今よりは良くなりますか
どうでしょう。「下手の考え休むに似たり」かもしれません。短期的な株価の動きはランダムウォーク的で、予想しても、それはたまたま当たったり、たまたまはずれたりということの連続です。
全然ニュースに株価が反応しないと思ったら、ちょっとした急に動き出すなんていうこともありますし、短期売買でうまく利益を出し続けるのはなかなか困難かと思います。
    • good
    • 0

当たらずも遠からずというところでしょうか・・。



株式市場では、株価を押し上げる第一要因は業績と考えられていますが、最近は業績意外に関係なく株価が上昇する企業が多いです。
株が個別物色されていることが株価を上げる要因と言えます。
例えば、コロナ渦では、マスクや防護服の需要が高まり、マスク関連株が業績に関係なく急騰し後に暴落と言うような乱高下をし、業績好調の中、高値を付けた銘柄は好材料出尽くし売りとか安値を付けた銘柄が悪材料出尽くし買いとか、デイトレやヘッジファンドによる価格誘導など、ファンダメンタル以外に投資家の売買行動で株価が動くことがあります。
最近は少額投資非課税制度の導入で個人投資家が増え、その資金を狙ったプロが提灯買いする個人投資家をターゲットにマザーズやジャスダックの低位株を物色することもあります。
まあ、GPIF保有銘柄上位のトヨタやキャノン、JT、三菱FG、KDDI、ホンダ・・・など発行済み株式数、時価総額ともに大型の銘柄は資産株として考えられている側面があり、これらは中長期的に業績動向が株価に影響するので、材料視されることはあるでしょう。
業績とこれまでの価格推移などから割安感を鑑みて無理なく買って株を増やせば、キャピタルゲインとインカムゲインで将来の利益は期待できるでしょうね。
あくまでも期待ですので、投資判断は慎重に・・。
    • good
    • 1

>多くの人がそう思うであろうことが株価を押し上げる理由になる。


>それを推し量って考えるにはどうすればいいですか?

自分がそう考えるなら空売りをすれば良い。
実際に値上がりする株は、そういう売り圧力より買い圧力の方が高いので上昇する。
    • good
    • 0

株価のチャートを見て、過去の最高値や最安値などを参考にしてみてください。

みんなその辺の値を参考にして売り買いをしていることが多いので、どの程度まで株価が上がるか下がるかの予想がある程度できます。そうやって、ある一定の方法で予測しつつ、実際の値動きを確認してみると、相場観というものが養えると思います。
    • good
    • 0

短期の値動きは需要と供給の関係で決まります。



長期の値動きはROEの増加に比例します。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング