忙しい現代人の腰&肩のお悩み対策!

被告人から弁護の依頼を受けたとき
検察の証拠などより、どうみても100%犯人であることが明らかなのに
依頼人が罪を認めない場合はどうされますか?
①弁護人を受任して全力で弁護活動する
②(勝ち目はないので罪を認めたうえで減刑を求める方が得策と説得しても認めない前提で)
 私の力では明らかに負けるのでと断る

A 回答 (3件)

> それと①は着手金だけでも、よしとする考えが前提です



刑事事件における国選弁護士の比率は8割くらいなので、着手金も無い場合がほとんどです。
すなわち、刑事事件で「着手金だけでもよし」と言う前提で考える弁護士は、かなり限定的でしょうね。
言い換えれば、弁護士が刑事事件を担当する場合、ほぼ利益は度外視のボランティア感覚ですよ。

それが刑事事件の弁護士費用の「相場」であって、2割の私選の場合でも、利益を考えて引き受ける弁護士は、ほとんど居ないと思います。
たとえば私は、民事などでお世話になっている親しい弁護士が何人か居て、彼らは私の刑事事件であれば担当すると言ってくれていますが。
それは、私が民事のクライアントであることや、個人的な親交があるからで。
ハナから「刑事事件で儲けよう」と考えている弁護士は、かなり少ないでしょうし。
刑事事件も扱う弁護士ファームなどは、「社会貢献の一環」みたいな捉え方かと思います。

一方、刑事事件の有罪率が99.9%と言うのはご存じと思いますが。
逆に言えば検察は、1~2割でも無罪の可能性があれば、起訴を躊躇する可能性もある世界で、検察は一か八かの起訴などしません。
従い、被疑者が無罪主張する前提で、無罪の可能性がそれなりにあれば、「起訴までの弁護活動」がメインになるでしょう。
すなわち、まず「起訴猶予処分」狙いの活動でしょうね。

それが徒労に終わって起訴された場合、そこから弁護士を降りる可能性は低いとは思いますし。
一応は、被告人に罪を認める様に説得し、それでも否認の方針であれば、法廷でも無罪主張するしかないでしょう。

逆に、質問前提の「どうみても100%犯人」で、起訴猶予処分狙いの活動をする価値もなさそうであれば、受任しないか。
仮に受任しても、「全力で弁護活動する弁護士」は、少ないとは思います。
刑事事件を受任しない方針の弁護士によれば、「包丁を持った時点で、『未必の故意もない』なんて言う主張は、弁護士以前に、人として出来ない」そうで。
実際、凶悪事件で、強硬に無罪主張する弁護士などは、社会的に叩かれたりもしています。
それが「弁護士として正しい」のか、「人として間違っている」のかは、非常に難しい問題ではありますが・・。
いずれにせよ、弁護士自身が「被告人が間違いなく有罪」と思っている事件を、「全力で弁護活動する弁護士」は、一桁%くらいと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳細な解説有難うございます

ただ刑事弁護はボランティア感覚とのご指摘のところですが、民事に比べれば刑事弁護費用はオーダーメイドのところがあるのでは、、
ある交通事故で加害者が信号無視で進入しバイクをはねて被害者は終生寝たきりとなりました
これにより起訴され結局執行猶予付きの禁固刑となりました
加害者はある会社の会長(息子が社長)で実刑は絶対阻止しなければならない状況でした
結果得た弁護士報酬は600万円とのこと 実刑を免れたことからすると、この加害者に取っては妥当な額だったかもしれませんが、、、
小生が関わった事例で事実です

お礼日時:2020/07/08 19:49

そりゃ、弁護士次第です。



弁護士には受任義務はないので、②を選択する弁護士も居ますし。
それでも受任する場合は、最終的には被告人の意向に従って、勝ち目のない弁護活動(無罪主張)しますよ。
刑事,民事に関わらず、クライアントの意に反す弁護活動を展開したら、その弁護士は懲戒請求の対象になり得ますから。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答有難うございました

刑事弁護人への質問です
  ⇨念押しすればよかったですが、実際の弁護士の方への質問のつもりでした
   弁護士次第というのは、それくらいはわかってます(笑) すみません
   だから、現役の弁護士に聞きたかったのです

それと①は着手金だけでも、よしとする考えが前提です

お礼日時:2020/07/07 21:52

検察の証拠などより、どうみても100%犯人であることが明らかなのに


依頼人が罪を認めない場合はどうされますか?
 ↑
少しでも量刑を軽くするよう頑張る。
心神喪失だったと言い張る。



①弁護人を受任して全力で弁護活動する
  ↑
マスコミが取り上げるような派手な
事件であれば、頑張るのが普通の弁護士です。
そうでなければ、面倒だから、
被告人に罪を認めるよう説得して
さっさと終わらせるでしょう。



②(勝ち目はないので罪を認めたうえで減刑を求める方が得策と
 説得しても認めない前提で)
 私の力では明らかに負けるのでと断る
    ↑
事件次第ですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答有難うございます

心神喪失だったと言い張る 
 ⇨これは犯罪事実は認めるということですよね
  質問の前提である「罪は認めない」と相いれないです

マスコミが取り上げるような
 ⇨もちろんごく普通の事件であることが前提です

被告人に罪を認めるよう説得して
 ⇨「説得に応じなかった」が質問の趣旨です

お礼日時:2020/07/07 21:45

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング