僕は、20代の学生なんですが、この春に悪い事と知っていながら
自転車泥棒をしてしまい警察に捕まりました。
調書をとられて指紋や写真をとられている間、自責の念にかられていると、
巡査さんが微罪だから前科にもならないし、これからは悪い事をしなければ
警察に呼ばれることもないとおっしゃって下さったんですが微罪とは、
どんなものなんでしょうか?自分が悪い事をしたんだという思いでずっと
悩んでいます。誰か教えてください。
 具体的には、
1、今後、身辺調査などで他人に知られてしまうことがあるのでしょうか。
2、就職などの際に問題となることがあるのでしょうか。
3、犯罪捜査に私の情報が使われるのでしょうか。
4、他に問題となることはあるのでしょうか。
また、
5、痴漢などの犯罪で個人情報が新聞に取り上げられるのは
  何故なんでしょうか。
 自業自得とは重々承知ですし、恥知らずなお願いですが
誰か教えて下さい。お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

ども。

こんちは。
なんかシリアスな文章ですが、気楽に回答します。
人間、魔がさすってこともありますしね。

「微罪」という用語はそれ自体刑法上の論点の一つですが
ここでは省略します。どちらかというと実務?でどうかということですね。
(詳細は「微罪」でいろいろ検索かけてみるといいと思います。)

>1、今後、身辺調査などで他人に知られてしまうことがあるのでしょうか。
>2、就職などの際に問題となることがあるのでしょうか。

調書が外部に漏れない限り、このようなことはありません。
本来は「絶対に」と言いたいところですが、
こういう情報こそ興信所などが把握したい情報であり
残念ながら、他人がこの情報を知りうる可能性を否定できません。

>3、犯罪捜査に私の情報が使われるのでしょうか。

使われます。そのための調書です。
但し本人に不利益になるようなことを強制されることはありません。
つまり、他の方々と同様です。一般市民として警察に協力するということです。

>4、他に問題となることはあるのでしょうか。

特に問題はないように個人的には思います。

>5、痴漢などの犯罪で個人情報が新聞に取り上げられるのは
> 何故なんでしょうか。

痴漢を微罪だという認識があるのならば、それは捨ててください。
痴漢が刑法176条にいう「強制わいせつ罪」を構成すれば
「6ヶ月以上7年以下の懲役」とかなり重罪です。
迷惑防止条例違反などであっても「だから微罪である」というのは筋違いです。

個人情報を新聞に取り上げるかどうかは新聞社の基準によるものです。

こんなところでしょうか?
ちょっと思いつきで書いてしまったので、何かあればレス下さい。

この回答への補足

親切に教えてくださってありがとうございます。すごい嬉しかったです。
1番の質問なんですが興信所などはどのくらい個人の犯罪情報を知り得るもの
なのでしょうか?興信所に頼めば簡単にわかってしまうのでしょうか?
5番の質問なんですが痴漢が微罪であるわけではないということは
わかりました。しかし、最近観たテレビドラマで主人公が警察官に
「微罪になるんだから認めろ、家族や会社にはバレないようにしてやる。」
と言われて認めたところ、何故か新聞で報道されてしまい、
窮地に立たされるというものがありました。
 犯罪報道のしくみを是非教えて下さい。
(1)、微罪は他人に知られないはずなのに何故新聞社がそれを知り得るので
   しょうか。
(2)、微罪でも犯罪情報は新聞社に流れ、それを報道するかは新聞社が決めるので
   しょうか。
(3)、窃盗と痴漢の扱いは違うのでしょうか。
よろしくお願いします。

補足日時:2001/08/12 20:20
    • good
    • 0

こんばんわ。

2度目の登場 No.1で回答したものです。
「回答に対する補足」を頂きましてありがとうございます。

質問が細かい内容になってきました。
ここからは極めて一般的な事しかお伝えできませんが、
取り急ぎお答えします。

>1番の質問なんですが興信所などはどのくらい個人の犯罪情報を知り得るもの
>なのでしょうか?興信所に頼めば簡単にわかってしまうのでしょうか?

興信所と言っても規模・種類・専門などいろいろあると思いますが、
一般的にネットワークを組んでまして、信用情報等を共有しています。
種々色々雑多な情報を持っているのは感心するばかりですが、
そのソースが一体どこにあるのかは、小市民の私にはわかりません(苦笑)
ただ一つ言えることは、情報入手のためにごみアサリのような事をしている人もいるのは事実のようです。

>(1)、微罪は他人に知られないはずなのに何故新聞社がそれを知り得るので
>   しょうか。
>(2)、微罪でも犯罪情報は新聞社に流れ、それを報道するかは新聞社が決めるの
>   でしょうか。
>(3)、窃盗と痴漢の扱いは違うのでしょうか。

No.5の方が言われてますが、新聞社が動く(のが我々に分かる)のは
新聞社が判断するその「ニュースバリュー」次第です。

誰かのタレコミがあって新聞社がその情報の価値を判断し、
警察等に問い合わせします。微罪であっても場合によっては
すんなりと教えてくれることもあるかと思います。
すんなりと教えてくれなくても、
なにかしら聞き出すことができるのかもしれません。
まぁ、お互い人間ですから。

窃盗も痴漢もいわゆる「構成要件」を満たせば同じ犯罪です。
違いがあるとすればやはり「ニュースバリュー」でしょう。

以上です。

下記の方、大変参考になりました。
知的欲求に駆られます。ありがとうございました。
    • good
    • 0

 他の人の回答と重複するところもありますが。



 「微罪処分」とは、犯罪事実が軽微にして処罰の必要のない事が明らかなものは、あらかじめ各地方検察庁の検事正が定めたものに限り例外的に、事件を検察官に送致しないという処分です。

 早い話が、「警察署限り」の処分ということであり、今後同様の悪いことを繰り返さない限りは、基本的には不利益な扱いを受けることはないでしょう。
 反省することは大事ですが、実際問題として、就職問題等を含めて日常生活の中で不利に働くことはないので心配は要りません。

 1、については、公務員(この場合は警察官)が法律違反をしない限り、もれることはありません。例外的に、他の方が言っておられたように、「たまたま誰かに捕まっているところを見られた」とかいうことはありえますが…。
 2、については、情報が漏れない限り、もちろん問題となることはありえないでしょう。ただし、警察官になるのは無理かもしれませんが…。
 3、については、今後あなた自身が何らかの犯罪を犯したとするなら、当然のごとくその情報が使われるでしょうが、他人の犯罪捜査に活用されることはないです。(微罪で済む程度のものだと、他の犯罪の捜査に活用しようがないといったほうが正解かも。)
 4、については、特にありません。あなた自身が今回のことを真摯にとらえ、二度と繰り返すことがないか、ということだけです。そうでなければ、10年以下の懲役と規定された窃盗罪を微罪として扱うような規定があるはずがありません。
 5、については、他の方が既に説明されているので省略します。ただ、窃盗(自転車盗)が報道されていないのは、(マスコミにとって)ニュースバリューがないという判断がなされただけであり、報道してはいけないというわけではないので、あしからず。

 文面を見る限り、深く反省をなさっているようなので、2度とこのようなことがない限り何も心配ないということを繰り返しておきます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 お答え下さってありがとうございます。
今回の事で色々な事を考え、反省しました。
そして、それをこれからに役立てていこうと思いました。
2番に関してですが自分でも調べてみたところ、警察官の欠格事由には該当しないみたいです。しかし、採用の際の身上調査で不利に働く可能性があるみたいです。でも、試験の点数などを複合的に判断するみたいですし、面接でそのことをどのように考えたかを伝える事が大事だと思いました。
本当にありがとうございました。

お礼日時:2001/08/14 22:02

5、痴漢などの犯罪で個人情報が新聞に取り上げられるのは何故なんでしょうか。


 報道することが、他の同種の犯罪へのみせしめ、被害防止の情報の提供など、公共の利益にかなうからです。刑法でも230条の2で、名誉毀損罪の成立が免責されています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 お答え下さってありがとうございました。

お礼日時:2001/08/14 21:31

これは刑法ではなく、刑事訴訟法(犯罪捜査)の問題です。


警察は、犯罪の疑いがあることを認知すると捜査を開始しますが、捜査の終了は、原則として自ら決定することはできません。全ての事案について捜査を尽くし、書類(場合によっては容疑者の身柄も)を検察に送らなくてはならないのです。送致された事件を起訴するか不起訴とするかは検察官が決定します。検察官は、事件の起訴・不起訴の決定について広範な裁量権をもっており、現実には、大半の事案が不起訴処分となっています。不起訴処分となる事案には、
1 犯罪の証明はあるが、裁判に付するまでには至らない軽微な事案
2 犯罪の証明がない事案
の両方が含まれています。1は起訴猶予ともいいます。
しかし、現実には、犯罪の証明はあるが検察に送致しても不起訴(起訴猶予)となることが明らかな非常に軽微な事案も非常に多く、これをいちいち送致していると些細な事案の審査に多くの労力を費やすことになり、本当に重要な事件の処理がおろそかになるおそれがあります。そこで、犯罪の証明があっても、刑事裁判に付する必要がない非常に軽微な事案については検察に送致することなく被疑者に対して警察署長が訓戒することにより一件落着とする制度が設けられました。これが微罪処分です。警察は、微罪処分を行った場合は、月ごとにまとめて検察に報告することになっています。
警察官が言った「微罪」とは、犯罪があったことは証明できるが検察に送致されることなく微罪処分で終わる、という意味です。この記録は警察内部から漏れることはないはずなので、内部情報が確実に管理されている限り、身辺調査や就職に際して不利にはたらくことはあり得ません。しかし、将来、他の犯罪捜査に際してこの記録が活用されることはあり得ます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 質問にお答え下さってありがとうございます。
微罪について法律的にご説明してくださってとても勉強になりました。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/08/14 21:28

 1;警察につかまったときに近所の人が見ていたらそこから漏れるでしょうね。

公務員には守秘義務があるのでそちらの方からは無いでしょう。2;会社が興信所を使ってご近所や知人サイドから調べさせていたら可能性はあります。3;もちろん、調書などの捜査資料が残っている以上、仕方ありません。4;ありません。
5;痴漢は現行犯逮捕をもって立件します。他の事件でもそうですが、逮捕から罰金刑の言い渡しや正式起訴までの間は犯人の氏名や住所などの情報公開は公共の利益の方が大でその期間中は犯人への名誉毀損にはならないことが刑法に記述されているから公表するのです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 お答え下さって本当にありがとうございます。
僕としましても、やはり興信所などに知られてしまうのはこの先、
就職をひかえてとても心配な事ですが悪い事をした当然の報いだと思って
色々考え、反省し、頑張っていきたいと思います。
本当にありがとうございました。

お礼日時:2001/08/14 21:18

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q検察が一度下した不起訴処分について

検察が時効の年数を間違え、不起訴理由を時効完成にして
不起訴処分を下しました。私は地検と高検と最高検に間違い
を指摘し訂正を求めましたが検察は訂正に応じませんでした。
検察は訂正に応じないどころか間違いの指摘に対してコメントすらしません。

私は不起訴理由が間違っているため仕方なくもう一度告訴状を提出したところ
検察は「不起訴処分をすでに下しているため返戻します」とだけコメントし
告訴状を送り返してきました。私は「検察が瑕疵の訂正をしないから
告訴状を再び送っている」と指摘し、もう一度送りましたが検察は
「不起訴処分をすでに下しているため返戻します」とだけコメントし
また送り返してきます。

私は告訴状の返戻は違法行為である旨を指摘し
瑕疵を訂正するよう求め、もう一度送りましたが
全く同じコメントで検察は告訴状を返戻してきます。

この告訴状のラリーが1年間続いているのですが
市民は検察庁の不作為に対してどのような対応ができますか?
また検察庁の不作為はどんな違法行為に該当すると思いますか?

Aベストアンサー

小沢一郎で有名になった検察審査会に申し立てをしてはどうでしょうか。
不起訴処分に終わった時、不服があれば申し立て起訴すべきと判断されれば起訴になります。
ただ… 強制起訴になったのはわずかだったと思います。
起訴相当と判断されて検察に戻り、不起訴処分になれば強制起訴か判断する、じゃなかったかな~
私も詳しいわけではないのでぜひ調べてみてください。

Q万引きで微罪処分・・・警察関係への就職は無理?

初めまして、宜しくお願いいたします。

数年前、成人していましたが、万引きで微罪処分となり前歴がつきました。

警察の方は、「貴方の将来に不利益になるようなことは何もないから前向きにガンバって!就職も何も心配は要らないよ。」と仰ってくださいました。罪を犯した私の悩みを聞いてくださり、温かい励ましまで下さって、どんなに苦しくてもヤケになって罪に手を出すようなことはすまいと思いました。

・・・そして、色々な経緯がありまして、警察への就職を希望するようになりました。経緯に関してはあまり話すと個人が特定されそうなので控えさせてください。

調べたところによると、微罪データは警察内部にとどまり、警察を除く公務員、私企業などへの就職には‘ほぼ’影響がないという話が一般的なようです。

しかし、警察への就職は「ダメかも知れない」「難しいかも」などといった一般の方からのコメントがあるだけで、ハッキリしたことが分かりません。大丈夫なようなことを書いてあるサイトもありました。

私を励ましてくださった警察官は「公務員だろうと何だろうと一切問題はないから!」と私や両親に断言していました。内部の実情を知っている警察官の言葉の方を信じたいという気持ちもあるのですが、どうなのでしょう?不安で一杯です。自業自得、とはまさに事のことだと思っていますが、どうかアドバイスを頂けるないでしょうか?

よろしくお願いいたします。

初めまして、宜しくお願いいたします。

数年前、成人していましたが、万引きで微罪処分となり前歴がつきました。

警察の方は、「貴方の将来に不利益になるようなことは何もないから前向きにガンバって!就職も何も心配は要らないよ。」と仰ってくださいました。罪を犯した私の悩みを聞いてくださり、温かい励ましまで下さって、どんなに苦しくてもヤケになって罪に手を出すようなことはすまいと思いました。

・・・そして、色々な経緯がありまして、警察への就職を希望するようになりました。経緯に関し...続きを読む

Aベストアンサー

警察への就職は不可能だと思った方がいいです

Qう~ん?  不起訴処分??

お世話になってます。

この度、26年前に女性教諭を殺害した男性が
自首したそうです。

しかし、すでに公訴時効(15年)が成立しており、
不起訴処分となる見通し。

とニュースで読みました。
不起訴処分というのは具体的に
どうなるのですか?

自首した男性は色々質問されたり
書類書いたりくらいはするけど
それだけで済むという事なのでしょうか??

調べましたが良くわかりませんでした(^^;)

回答よろしくお願い致します!

Aベストアンサー

起訴は正式には「公訴提起」といいます。裁判所に起訴状を提出し、被疑者を刑事裁判にかけることです。公訴を提起する(起訴する)権限は検察官のみが有しております。
裁判所に被疑者を出廷させ、弁護士の参加も求め法廷を開き、裁判官の面前で審理を行うことを正式裁判と言いますが、このほかに書類のみを裁判官に送り、裁判所は書類だけを見て審理を行う略式起訴という方法もあります。これは罰金刑で済むような軽微な犯罪(例えば交通違反)で行われ、被疑者本人の合意が必要とされます。

不起訴とは、正式、略式を問わず、文字通り公訴を提起しないことです。日本の法律では検察官のみが公訴提起権を持っていますので、検察官が不起訴を決心すれば、それで事件は(刑事事件としては)終了します。裁判にもかかりませんので、いわゆる「無罪放免」となります。

刑事時効が成立していれば、検察官は起訴することができません。起訴しなくていいのではなく、不起訴に「しなければならない」のです。
時効成立を確認するための調査や取り調べは行われるかも知れませんが、それで終わりです。

尚、刑事の時効が成立していても、民事の時効はまだ残っているケースがあります(今回のはよく存じませんが)。その場合は、刑事事件としては不起訴で完了しても、民事訴訟はまだ提起できる余地がありますので、被害者側が民事訴訟(損害賠償請求など)を行う場合もあります。が、民事はあくまで民事ですので、仮に民事訴訟で裁判所が被告に責任(犯罪)があったことを認め賠償請求を命じても、そのことをもって新たに刑事責任が再検討されたりするわけではありません。

起訴は正式には「公訴提起」といいます。裁判所に起訴状を提出し、被疑者を刑事裁判にかけることです。公訴を提起する(起訴する)権限は検察官のみが有しております。
裁判所に被疑者を出廷させ、弁護士の参加も求め法廷を開き、裁判官の面前で審理を行うことを正式裁判と言いますが、このほかに書類のみを裁判官に送り、裁判所は書類だけを見て審理を行う略式起訴という方法もあります。これは罰金刑で済むような軽微な犯罪(例えば交通違反)で行われ、被疑者本人の合意が必要とされます。

不起訴とは、正...続きを読む

Q司法警察員と司法巡査の区分を定めた法令

警察官は、巡査部長以上が司法警察員、巡査長以下が司法巡査であると聞きましたが、これはどんな法令の第何条でそのように定められているのでしょうか。

Aベストアンサー

各都道府県の公安委員会による規則で決まっていますので、
各都道府県ごとに規則の名前が異なっています。

東京(警視庁)の場合ですが、
「警視庁司法警察員等の指定に関する規則」の2条1項に書かれています。

第2条(1) 警視庁に勤務する警察官のうち、巡査部長以上の階級にある者は司法警察員とし、巡査の階級にある者は司法巡査とする。

ただ、これだけは不便ということで巡査長以下でも司法警察員になる場
合として2項に羅列してあります。


「司法警察員等の指定に関する規則」で調べると、ほかの都道府県
のも出てきます。

Q不起訴処分

人身事故を起こしてしまいました。
違反のあった事故でもなく、また相手は通院しない程度の事故です。

不起訴処分になることはありえるのでしょうか。

Aベストアンサー

 法務省の「犯罪白書平成18年版」によれば、平成8年~17年に交通事故関係の業務上過失傷害事件で検察庁に送致された者(894684人)のうち、起訴された者は8365人、略式起訴された者は83666人、未成年で家裁送致が35201人、残りの767452人は不起訴処分でした。

※下記、参考URLに「犯罪白書平成18年版」を貼っておきます。「第2表 罪名別検察庁終局処理人員」を見て下さい。

 要するに、交通事故における人身事故のうち統計的には、約85%は不起訴処分です。質問文からでは、事故の形態や被害者のけがの程度がわかりませんが、悪質な交通違反もなく、かつ、被害者のけがが打撲程度であれば、十分、不起訴処分の可能性はあると思います。

 そのためには、被害者の治療費等を支払っていること(=支払いが確実であることでも可)が要件になるはずです。

参考URL:http://www.moj.go.jp/HOUSO/2006/table.html#09

Q刑事訴訟法の司法警察員と司法巡査

刑事訴訟法に司法警察員っていうのが出てきますよね。
普通の警察官のことかなと思ってたんですが、司法巡査というのもでてきます。
それでよくわかんなくなったんですが、具体的にどういう人が司法警察員に当たって、どういう人が司法巡査になるのか教えてください。
警察組織内部の役職とかで決まってるんでしょうか?

Aベストアンサー

先の回答は誤りのようです。
司法巡査とはそのまんま巡査と巡査長なのですが
巡査、巡査長でも司法警察員となる場合があります。
司法警察員の中でも階級により礼状請求の権限の有無が別れます

参考URL:http://www.reiki.metro.tokyo.jp/honbun/g1012210001.html

Q暴行事件の不起訴処分について

23959の質問への回答者mt0916さんの文章を読んで、似たような内容ですが、新しく質問させてください。

夫の浮気相手から暴行を受け、告訴しようと思い、刑事課に相談に行ったところ、現場で夫が私を押さえつけたために、夫も共犯者で、暴行事件として(診断書がないため)2人を訴えることになると言われました。

私はどうしてもその女性は許せなく、夫は私に罪を償ってくれたので、夫は不起訴処分としたいのです。

しかしこれは、あくまでも検察官の判断によるものなのでしょうか?また、不起訴処分となっても、暴行事件の被疑者として、夫に犯罪歴の記録が残ってしまうんでしょうか?

Aベストアンサー

診断書のない暴行の場合、被害届けが受理されたとしても書類送検どまりです。全治二週間以上の怪我を負わされた傷害事件と違い、警察も検察も解決に前向きではないのが実業です。
しかし、警察も最近不祥事が重なっており、捜査をしなかったことで大きな事件につながったりしていますから、話をそういう方向にもっていくことで被害届けを受け取ってもらえることもあります。また、交番や所轄署で話にならないときは警視庁または道府県本部に相談室がありますからそちらに相談してみるのもいいかもしれません。24時間対応が基本なのでいつでも話を聞いてくれるはずです。
ただ、すべて受理されたとしても検察での厳重注意で刑事罰は終了します。もし、民事での対応を考えておられるのなら、被害届けを出す際の事情聴取で相手の名前と大まかな住所を教えてもらえますので(警察官によって対応は違うのかもしれませんが)メモして弁護士に相談されることをお勧めします。
実際に暴行での被害届けを出したときはこのような流れでした。このときは一度取り下げていたのですが、再度提出に対して何も言われませんでしたよ。

Q微罪処分は警察官の点数稼ぎ・・?(長文です)

道ばたのビニール傘を盗ってしまい、警察に捕まり微罪処分手続きとなりました。

それでふと思ったのですが、これは警官の「月末だし、子悪党でもこらしめて点数稼ぎだ!」の餌食にされたのか?なんて考えてしまったのですが、そんな思惑で捕まえたりするのでしょうか?

・出来事として
外が大雨になっており、カサがなかったので知らない人の自転車に
かかっていた傘を「もらっちゃえ」と取ってさしたところ、警察官に
呼び止められ、パトカーに乗せられ警察署に連れて行かれました。

・窃盗は悪いことだと大変、反省はしているのですが、
500円位の窃盗事件に警官が4人がかりで取調べから現場まで戻ったりしていて「この国家権力たちは暇なのかな?」などと思ってしまい・・
法に則った取り締まりというよりスピード違反感覚で気軽にとっ捕まえてる気がするのですがどうなのでしょうか?

罪を犯したとは分かっているのですが、何故あそこにパトカーが?と
考え出したらハメられたような気がしてしまい。。私に怒ってる横で、自転車2人乗りをスルーしてましたし、やるなら徹底的にやれよ、
と・・すみません。逆恨みの感情も入ってしまいました。

ふと思っただけの質問ですので
気が向いたときにでもご回答して頂けると嬉しいです。

道ばたのビニール傘を盗ってしまい、警察に捕まり微罪処分手続きとなりました。

それでふと思ったのですが、これは警官の「月末だし、子悪党でもこらしめて点数稼ぎだ!」の餌食にされたのか?なんて考えてしまったのですが、そんな思惑で捕まえたりするのでしょうか?

・出来事として
外が大雨になっており、カサがなかったので知らない人の自転車に
かかっていた傘を「もらっちゃえ」と取ってさしたところ、警察官に
呼び止められ、パトカーに乗せられ警察署に連れて行かれました。

・窃盗は悪いこ...続きを読む

Aベストアンサー

>微罪処分は警察官の点数稼ぎ・・?

その通りですが、

今回のケースは悪質な窃盗と思われたにすぎないと思われます。
別にはめてないと思いますよ。
いつもそういうことをしているから、偶然おまわりさんがいる
前でもやってしまった。そういうことだと思います。

Q不起訴処分の場合の補償について

以前に、「痴漢の罪に問われるかも知れない」という件で質問させて頂いた者です。

その後ですが、10日間の勾留中に弁護士を雇って無実を訴え続け、その末に釈放されました。
担当の当番弁護士曰く、「まだ決定ではないが、不起訴処分になることはほぼ間違いないだろう。」だそうです。

これで罪に問われる可能性は格段に低くなりましたが、このグレーな結果に父親は満足できず、「徹底的に争って、相手から弁護士費用などを補償させる!」とカンカンです。
確かに、勾留中の10日間、被疑者である弟は仕事をしていなかったので、その分の給料が損失になり、その他、面会や弁護士との相談のために父親も1,2日会社を休んでいます。何より、弁護士費用が相当な額なので、父の怒りはもっともな感もあります。

容疑が晴れたと言うには不完全な状況ですが、この事件が不起訴処分になった場合、弁護士費用などは相手から請求することは可能でしょうか。

宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

不起訴処分というのは、あくまで刑事手続上の概念です。
弁護士費用を相手から請求するというのは民事手続上の問題です。
つまり、両者は分けて考えることになります。

では、民事訴訟を起こして相手に対し弁護士費用を請求できるかです。
これについては、相手が痴漢をされていないのを知りつつ、意図的にあるいは、重大な落ち度で、弟さんを被疑者と決めつけ、警察へ届け出した場合であれば、可能かと思います。
ただ、客観的な証拠に乏しい類型の事案ですので、立証が困難かと思いますので、お気をつけください。

ちなみに、不起訴処分には、いわゆる「無実」であった場合ではなく、聞いたことがあるかもしれませんが、「起訴猶予」も含まれます。
読んで字の如し、嫌疑はあるけど今回は大目に見て起訴しない、というものです。
不起訴の理由は、民事訴訟にも影響を及ぼしうるので、不起訴処分がいつ出るか、出たとしてその理由を検察に問い合わせた方がよろしいかと存じます。

Q微罪処分は就職への影響は?

22歳で万引きし、初犯なので微罪処分になりました。大学生です。
本当に反省しており、もう二度としません。

警察に送られ、指紋をとり、誓約書を書いたあと、被害届はだされないということで、実家に連絡を入れた後、帰されました。

この場合、就職などで民間企業がそれを調べることができますか?

本当に反省しています。誰かわかる方回答お待ちしています。

Aベストアンサー

大丈夫みたいですよ。
http://profile.allabout.co.jp/ask/qa_detail.php/26395
しかし、2回目となれば前科は確実でしょう。もうしないことですね。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報