「夫を成功」へ導く妻の秘訣 座談会

このサイトで最も哲学的で深い思考を
している回答者もしくは質問者はどなたですか?

質問者からの補足コメント

  • もしかしたら個人名を記入するのは推奨されないかもしれません。

      補足日時:2020/07/08 01:04

A 回答 (22件中1~10件)

bragelloneちゃんへ


私と質問者さんへのとのやり取りに対して質問者さんに断りも無く「横槍」を入れるのは辞めなさい 
質問者さんに失礼です
私の持論について議論したなら質問をタテてすべきですよ
    • good
    • 2

◆ (№19) アイディアに対して自己評価しないもう一つの理由は


湧きてきた「アイディア」が今役に立たなくてもいずれ役に立つときが
くるです

☆ 自己評価をしています。

◆ 今役に立たなくてもいずれ役に立つときがくる
☆ と。《いまは 使い道がない》と評価しています。



             *



◆◆ (№17) 「褒められることを望み貶される事を嫌うと言う性
質」

☆☆ (№18)  これは ちなみに 雑念と言います。


これに対して:
◆ (№20) 「雑念」はある意味脳が自由に作用してる状態です
☆ という規定〔による反論〕では 落第です。


なぜなら:
◆ ある意味脳が自由に作用してる状態
☆ において その作用した個々の結果内容にかんして:
◆ 褒められるかどうか 貶されるかどうか
☆ というふうに自己評価しているからです。



◆ (№20) 「雑念」が湧いてきたら可能な限りそのままにして
おくのがいいのです
☆ と言っていますが 《雑念》だとすれば すでに毀誉褒貶を気に
しています。つまりは:
◆ そのままにしておく
☆ のではなく やはり自己評価をしています。《雑)であると。



もし《雑念》が そういう定義によらないとした場合。つまり 評価
以前の状態にある場合だとしたとき したがって 脳の――自動口述
のごとき――自動運動という意味での自由作用であるとすれば それ
は まだ《雑なのか整然たるものか》が分からないのですから 《雑》
という規定は 外すでしょう。


なぜなら:
◆ (№20) 「雑念」が自由に湧いてくるその先に「アイディア」
があります
☆ と言うとき アイディアに成るのは 自由運動にしたがう思考の
中に 《整然たるもの》があったというそのことを意味します。

だから 《雑念》とは 言いません。毀誉褒貶を気にする思念が――
だから 雑念とよぶはずなのですが―― よきアイディアに成るとい
うのは むつかしいでしょう。



☆ 相手の論理の組み立てに沿って 批判をするには――じっさいつ
ねに批判はそのようにするものですが――非常に厄介なことが しば
しばです。

労多くして功も益も少なし・・・かなといった感懐を引き続き持たさ
れたとしても 批判は きちんと成し遂げなくてはならないようです。
    • good
    • 0

「雑念」はある意味脳が自由に作用してる状態です 


それを踏まえるならば「雑念」が湧いてきたら可能な限りそのままにしておくのがいいのです
「雑念」が自由に湧いてくるその先に「アイディア」があります
    • good
    • 0

アイディアに対して自己評価しないもう一つの理由は湧きてきた「アイディア」が今役に立たなくてもいずれ役に立つときがくるです


アイディアは「潜在意識」の努力の賜物です
当たり前ですが「潜在意識」は自分自身の為に「アイディア」を考え出すのです
ですから今役に立たなくても後で役に立つときがあるのです
    • good
    • 0

★ (№17お礼欄)


自分で面白そうなアイデアとかそうでないとか
決めつけず

☆ 憚りながら:

《評価する・しない》は 《決めつける・決めつけない》とは
別です。



☆ 自己評価をしないのは 自信がないからでしょう。



あるいは 次のようなゆがみが 思考に起きているからでしょ
う。


◆ 「褒められることを望み貶される事を嫌うと言う性質」
☆ これは ちなみに 雑念と言います。

そして その呼び名よりも重要なことは――おもいしろいこと
に―― この性質の指摘は 自己評価なんです。

この場合の自己評価は じつは おこなっており じつにそれ
を 採り入れています。


なお この場合の《雑念》は 《アイディア》ではない――と
いう弁明が用意されているかも知れませんが。

おのれの思考を分析したところそれは 雑念という内容を析出
するというアイディアであったのですが。



☆ また 思考においては 時に ムダが起きてもかまわない
でしょう。

思考に飛躍があっても・その意味で暴走しても――たしかな自
己評価を成し得るのですし―― 特に問題はないと言ってよい
でしょう。

自己表出は 自由奔放であり 自己表現は 答責性をともなっ
た自由な(あるいは 自由という)意志行為です。


もっともっと自由に。もっともっともっと自由に。

――と哲学の門には 書いてあるでしょう。
    • good
    • 0

追記です


「アイディア」を湯水の如く湧き出させる為には
どんなアイディアであろうと自身では評価しない
アイディアが湧いたらそのアイディアを形にする(行動)するようにする
です
因みに何でそうすべきかと言うと
アイディアを評価した場合脳には「褒められることを望み貶される事を嫌うと言う性質」があることから「褒められそうなアイディア」を編み出そうし「貶されるそうなアイディア」はボツにしようとします。
そうなると「アイディア」に偏りが生じまるとともにワンパターン化してしまうからです
それとアイディアを形(行動)にしないと脳は「無駄な努力」をしたと勘違いし「アイディア」を沸かす事をやめてしまう恐れがあるからです
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど、
自分で面白そうなアイデアとかそうでないとか
決めつけず、
とにかくまずはアウトプットするところから
始めます!

お礼日時:2020/07/11 00:47

問題解決にしろ目的達成にしろどちらであっても重要な事は


「アイディア」でありそれを生み出すための「インスピレーション」です
「インスピレーション」を発揮させるには 
脳を柔らかく自由にする 
リズミカルに連想する
知識を結合する
以上です 
以上は私の経験にしろ基く事柄です上記をすることで「インスピレーション」を発揮できるようになりましたしそのお陰で「アイディア」が湧き出すようになりました
参考にしてみて下さい
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます
参考にしてみます。
面白い質問できるのも
インスピレーションですね。
より良い興味深い質問回答できるよう精進します。

お礼日時:2020/07/11 00:14

個人名は出せないから


内緒ですよ~


尊敬する哲学のユーザーさんは
沢山いてますよ

(  ̄▽ ̄)にっこり
    • good
    • 0
この回答へのお礼

わたしもいますが名前は出さない方が良さそうです。
わしやけどさんも参考になる良いご意見をたくさん出されていますね!

お礼日時:2020/07/11 00:13

( ̄~ ̄;)



浅い思考なら
ヾ(・ε・。)ワシかな?

不快思考とも評価されたりするけど


深い思考は
( ̄~ ̄;)理解に苦しむから

Σ(゜Д゜)あの人あたりなんかだと
思いますよ
    • good
    • 0
この回答へのお礼

浅く無いと思います!
ちなみに誰ですか?

お礼日時:2020/07/10 23:15

解決すべき問題の中で実務的に解決しうる問題ならば実務的に考えればいいとなります。


他方解決し得ない問題例えば長年解決する為にいろいろと取り組まれたにもかかわらず解決出来ない問題は誰しもが考えるうる考え方では解決出来なかったと言うですしそのような問題は一生をかけられる問題という事です
と言う事はそのような問題こそが哲学的思考にふさわしい問題なんだと思います
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そこまでの問題意識を持った事ないですね。
わたしには哲学的思考より
実学的思考の方が向いているみたいです。

お礼日時:2020/07/10 23:15

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

関連するカテゴリからQ&Aを探す


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

このカテゴリの人気Q&Aランキング