忙しい現代人の腰&肩のお悩み対策!

十年くらい前に子供を閉じ込めて餓死させた下村早苗事件というのがありました。勿論世間から批判されましたが、
その後の報道でこの下村早苗の父親の下村大介という男が、ラグビー部監督をやっていたらしいのですが、人間的に最低な奴でマネージャーの女の子などに手を出して結婚離婚繰り返して家庭を顧みず、娘さんもそういう家庭環境が耐えられなくてグレて家を飛び出した揚げ句にあんな酷い事件を起こしたことが分かって
そちらも世間の批判対象になってました。
要するに下村早苗も悪いけれど、元凶はこの父親の下村大介の生活態度にあるんじゃないか?と。
今回、似たような事件で子供を餓死させた梯(かけはし)沙希事件が話題になってますが、
これ、下村早苗事件と同じく家庭の両親とかがクズだった可能性は、ないのでしょうか?

A 回答 (4件)

まともな家庭に育てばまともな思考の大人に育つ可能性はそりゃ高いし、虐待されたり愛情を与えられずに育てば、ひねくれた人間にはなりやすいってのは実際あるでしょう。



ただ少なくとも容疑者の親は容疑者を餓死させずに育て上げた、容疑者は餓死させたわけで、まぁなんとも言いづらいですが、なんだかなぁですね
    • good
    • 1

そうでしょうね。

子は親を見て育ちます。その親がいなくても、先天的に遺伝しているものです。
悌容疑者は、今まで愛情をもらったことがない、それは確かだと思います。
ぷらす、実親と一緒に住めないかった理由あるのでしょう。シングルマザーで、1人で住むのは、珍しいですから。
それか『旦那がいる』と言っていたので、
『旅行中は、亡くなった子の実父が面倒をみる約束だったが、来なかった』そんな可能性もありますね、、

とりあえず、子供の育て方が分からなかったのでしょう。「ママゴト気分」と、全然違いますから、現実は。
    • good
    • 2

つい先ほどのラジオのニュースで、梯(かけはし)沙希容疑者は、以前にも子供を残してパチンコをするなどしていたそうです。


母親失格ですね。
 梯(かけはし)沙希容疑者は現在24歳、亡くなった女の子は3歳でしたから、21歳の時に出産したということになります。
下村早苗容疑者のように家庭環境に問題があったのかも知れませんが、梯容疑者の場合は、まだ母親としての心構えが不十分なままで母親となってしまった。子育てよりも、自分の欲望が上回り、それを抑えることが出来なかったということでは無いでしょうか。
    • good
    • 0

そうだったのかも知れませんし、そうでなかったかもしれません。


でも軽々に人の生育家庭はあれこれはいえませんよ。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング