私は、いつの時代でも信教の自由が保障されるべきと思っているし、創価学会もその先達によって、戦前、国の神教から自由を勝ち取ることに死を賭したはずです。でも、戦後の泰平な時期に勢力を得た彼らは、日本共産党のように戦前、戦後の苦難を経験していません。その破壊に狂騒する諸外国との長期にわたる経験もありません。ですから、民主主義的な戦い方より、強権を持って臨んでいるようです。理論的に武装すること以前に、自分の宗教心が全てを圧して善とする独善的な集団だと思っています。まして、権力の一角についた宗教団体として、今後、いままでの反社会的行動を美化するかもしれません。でも、いったい、こういう団体が将来永劫、人口に膾炙するとは考えにくいのです。その宗教を信じるものは平凡な我々の同士です。彼らとその団体とを区別できるのでしょうか?

A 回答 (3件)

tokorotenさんの質問の趣旨にあうかどうかは、わかりませんが......。


政府に早急にやって貰いたいのが(公明党も政権与党だからムリか?)個人の布教の禁止。
これだけいろんな情報を個人個人自由に手に入れられる時代に、先に人間関係を作ってから、「今度、私の知り合いがあつまるから来ない?」とか「ごめん今月から三か月程新聞とってくれない?」とか他人の信仰の自由をおかすような行為を「信教の自由」の中に入れる必要はないとおもいます。こういう事をいいますとどこぞの新興宗教の信者が「断ればいい」といいますが、彼らのヤリ方が先に人間関係を作るというのが「ミソ」。
結局今の自民党の発想が「個人」ではなく、「団体」重視。やっとこの頃では消費者の苦情で企業へ「業務改善」などを即すようになりましたが、宗教のこういう国民の苦情を聞く様なセクションはあるのでしょうか?
「オーム」「法の華」等宗教団体の目に余る行為が続いてますが、どうも「信教の自由」をうまく悪用されているだけのように思います。もっとたくさんの国民が苦情を言いやすい場を作って貰いたいですねぇ。
biginerさんの
>日本共産党の過去の反社会的行動をどう考えればよいので>しょう。
天皇の責任も問えないあるいは問わない国ですから、共産党のぐらいは大目にみてやれば?かなり官憲がしかけた冤罪も多い様ですし。(笑)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

masahumiさん、ありがとう。こういう問題は、自分の主張を明確にしないと相手の意向をくみ上げることが難しいので、たいへん危険な試みなのです。
私は、創価学会の多くの信者たちは、戦争中の日本人の意識と酷似して、非常に危険視しています。その信者達も、その第一級の戦犯(宗教団体の指導者)の被害者なのですが、自分の行動(戦前の思想では、米英鬼畜、神国日本・・・)を社会の鏡で見ることに慣れていません。民主主義の洗礼を受けていないのです。
でも、彼らを第一級の戦犯と同一に見なすことは出来ません。社会の鏡に映すことを彼らに自覚させることは宗教の壁の前で、徒労に終わることになるのかが問題なのですが。。。

お礼日時:2001/08/13 01:05

>日本共産党のように戦前、戦後の苦難を経験していません。



戦前、戦後の苦難を経験した創価学会は自ら法難と呼んでいます。
戦時中、初代会長牧口氏は宗教界を神道の下に統一したことに反対し投獄され獄死しています。

宗教やイデオロギーなど一つの考え方に染まるのは
危険だと考えています。
戦前の全体主義に反対します。
多様な考えを容認し少数意見に耳を傾ける民主主義であってほしいです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

biginerさん、あなたの最後の文章に対しては異議はありません。宗教やイデオロギーを堅持すること自体は、その組織の自由に係わること。今、問題にしているのはまさしく、その組織そのものが、民主主義に敵対しているかどうかということです。共産党の場合を例に挙げたのは、筋金入りの理論闘争を、ソ連、中国と長期に渡って戦ってきた経緯があります。大方の共産党が、その両陣営に跪いたにもかかわらず、この日本の共産党はその暴力と権威に屈しなかったことを例にしたまでです。ですから、恐らく、日本共産党は、創価学会との理論闘争くらいなら、喜んで受けて立つ器量を持ち合わせていることでしょう。もし、自分の主張や、宗教の正しさを人前に正すのなら、その闘争自体を通して、民主主義の厳しさを自ら学ばなければなりません。創価学会は、他の宗派や、共産党に対していったい何を学んだとでもいうのでしょうか?この宗教の組織は、理論闘争にかかわる試練の未熟さ、それにもまして、民主主義というルールを軽視する反社会的行為の無自覚さがあまねく世間に露呈してしまっているのですから。。。

お礼日時:2001/08/14 00:21

質問の趣旨からずれますが


宗教に頼らなければ善人が増えないのは寂しいですね。
信教の自由は無宗教の自由も認めるべきだと考えます。
ところで
現在の日本共産党の主張の一部は共感しますが
日本共産党の過去の反社会的行動をどう考えればよいのでしょう。

この回答への補足

biginerさん、創価学会の反共主義は異常です。自民党さえ建前では、議論の余地を残します。でも、彼らは、議論よりは戦前の特高警察の強権のような暴挙が目に余ります。そう考えるのは、私が共産党の立場に立つからではなくて、民主主義の土壌に立つことが社会の要請だからです。社会の要請とは、反社会的な行動を行ったなら、自ら反省する自浄作用がその組織に働くことを当然とするという意味です。
強権を持って行った『創価学会を斬る』等の出版妨害は、世間に指導者が謝罪した
ことであり、『宮本顕冶宅の傍聴事件』では、反社会的と断罪された事件です。
謙虚さを忘れた団体は、この先、世間の指弾を受けなければ、我々の民主主義は名ばかりのものと見下されるかもしれない。

補足日時:2001/08/13 01:08
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q戦前と戦後の日本

「戦争に負けて民主化され、日本は豊かになりました。」という知識を幼いころは持っていました。「あー、昔の人が戦争に負けてよかったな」と。

最近、「戦前も豊かだった」という意見も聞きます。では、世界的に他国と比較して、戦前と戦後どちらが豊かなのでしょうか?
また、日本もしくは、日本人が戦後失ってしまったものはありますか?また、得たものはありますか?

いろんな見方でのご意見下さい。(どんな観点からでも結構です)

Aベストアンサー

質問の趣旨は、戦前と戦後の日本の豊かさを相対的に比べた場合の話ですね。
この問題に、「豊かさの基準は人それぞれである」とか、あるいは絶対評価で国民の生活水準を比べるのは意味のないことだと思います。

まず、回答者の中で気になったものがあるのでそこから話を・・・。
現在、合衆国では資本の集中が深刻な状態にあり、そのことから経済的な階級社会が発生しています。会社の雇用者と被雇用者の所得の比率を見ると、日本では所得差が約八倍、一方合衆国においては四百倍です。しかも、特に共和党において顕著ですが、社会福祉においても充実度が低く、大多数である低所得層は状況から抜け出しえません。このことは、合衆国の、資本主義の正義であるのだから異論は挟みませんが、世界の覇権と言われる国であっても国民がその恩恵にあずかっていない例はしばしば見受けられます。

さて、話の本題ですが、ます豊かさの基準ですが、、軍備、科学、技術力、生産力、そして世界での政治的発言力といったところをみればそれなりにみえてくるのではないでしょうか。政治体制が民主主義であるか、という項目ははずすべきかと思いますし。

ではこれらの点で戦前の日本を見たとき、まず軍備は世界一級でした。例えば海軍力縮小の際の条約においても、英米についで二位の海軍力の保有が認められており、仏などの白人の国家に対して優越していたことは突記せらるることでしょう。またその裏づけとして科学技術、生産力が必要であり、政治力も大きかったことは自明でしょう。さらにいえば、大恐慌後、ソ連についで産業が復興し、太平洋戦争によって軍事費による国家歳出の増大が起こる前まで、着実に経済成長を遂げていました。

また民主化の話ですが、そもそも議会制民主が民意を反映しているか、とか、衆愚政治への危険性という話を敢えて無視するならば、戦前の日本には英国式の民主主義が根付きつつありました。
よく、議会は天皇への諮問機関に過ぎず、権力が弱かったということを言い出すものがいますが、間違いです。実際には、昭和帝は民主制を旨としていらっしゃったので、その大権をお使いになられたのはただの一度きりでした。そしてその一度と言うのは、1945年8月14日の終戦の御聖断です。

とりあえずですが、以上から、私見では太平洋戦争は起こらないほうが日本のためであったのではないかと思います。

質問の趣旨は、戦前と戦後の日本の豊かさを相対的に比べた場合の話ですね。
この問題に、「豊かさの基準は人それぞれである」とか、あるいは絶対評価で国民の生活水準を比べるのは意味のないことだと思います。

まず、回答者の中で気になったものがあるのでそこから話を・・・。
現在、合衆国では資本の集中が深刻な状態にあり、そのことから経済的な階級社会が発生しています。会社の雇用者と被雇用者の所得の比率を見ると、日本では所得差が約八倍、一方合衆国においては四百倍です。しかも、特に共和党に...続きを読む

Q宗教団体が運営しているボランティアなど組織をご存知ですか?

 宗教団体が運営している組織について教えてください。
表面的には分からないけど赤十字はキリスト教系みたいな情報が知りたいです。

Aベストアンサー

下の者です。

 厳密に言うと私は仏教学者なので、あなたが言う宗教をやっているわけではありません。
どちらかというと無神論者です。

基本的にうちでは成立してから700年は経っている既存の仏教の宗派ですので、勧誘はしないです。
と言うより、既にどこぞのお寺の檀家さんの可能性がありますから、する必要がないと言うか。

例えば、「今、うちの檀家になると、永代墓地使用料が3割引きですよ」…そんな勧誘は聞いたことないです。
もし、あったら2,3日は笑えます。

救世軍(↓)が毎年歳末にやる社会鍋は俳句の季語にもなっているほど、世間に浸透してますよ。

参考URL:http://www.salvationarmy.or.jp/

Q宗教団体

批判は有りがたいものとして受け取り、己の非を探り改善に努めたいという姿勢の宗教団体。

批判は虚偽・蒙昧・巨悪と受け止めて、断固として戦うという姿勢の宗教団体。

両者を比較して感じることを教えて下さい。

Aベストアンサー

大学の宗教学の授業で先生が、

「健全な宗教は疑問を抑圧しない」

と言ってました。
なんで?って思ったことをそこの宗教指導者や団体に訊いたとき、ちゃんと説明してくれたり、一緒に考えてくれたりするのは“いい宗教”、
「それは元からそう決まっている」「疑問を持つ前に修行しろ」とか言うのは“わるい宗教”
だそうです。
(“いい”“わるい”っていうのは語弊があるかもしれませんが…)

批判というのも、相手に投げかけられた疑問であると思うので、上の理屈にあてはまるのではないでしょうか?
人間のこととして考えると、もし批判をまるっきり受け入れない人がいたら、みんなから嫌われると思いますし、傲慢ですよね^^;。

Q宗教団体がらみの裁判で

宗教団体がらみの裁判で、検察や判事にその宗教の信者がいて、その宗教団体に有利な判決が出るように操作されてしまう、などということはあるものでしょうか?

Aベストアンサー

宗教団体も規模が大きくなると、
司法試験合格者を数多く抱えるようになります。
そんな状況下で、あえて信者を検事や判事にならして、
裁判で団体を守ろうとする動きがあることを、
耳にしたことがあります。
なので、宗教団体がらみの裁判で団体側が勝利しても、
それだけで全てを判断するのは危険です。
裏の裏まで探ろうとする精神が必要です。

Q規模の大きい新興宗教団体

信者から得られる金額が相当なものであることが予想される、大規模な新興宗教団体は、その使い道を公開しているのでしょうか? それとも、それは極秘事項とされているのでしょうか?

Aベストアンサー

膨大な資金の使い道を公表などする訳がありません。巨大な教団になるほどそんな話はきいたことがありません。公表していれば、税金隠しやサギ容疑で摘発されることもないはずです。
マスクマジシャンのトリック暴露じゃあるまいし、うそで固めた自らのペテンぶりを進んで暴露するようなペテン師教祖はまずいないでしょう。こういうペテン師教祖にこそ罰が当たるといいのですが、残念ながらペテン師教祖のごく一部にしか当たらないのが現状です。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報