「ガイアックス」に関連して、メカ音痴なので。

http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=116743
この中で紹介された参考URLの朝日新聞の記事をみると、「アルミ材の腐食」とあります。

ところで、トヨタのマークIIに乗ってますが、アルミ材はエンジン周りでどこに使用されているのでしょうか?

解説したHP等があればご教示下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

いまどきの日本車のエンジンブロック(ヘッド、シリンダー、クランクケース)はほとんどアルミ製だと思います。


メーカによってはシリンダーに鉄製のスリーブを圧入しているとこもあったと思います。
あと・・・
ピストン、コネクティングロッド、 こんなもんかなぁ?
そうそう
インテークマニホールドもアルミやったけ?

カムやクランクのシャフト類、ピストンピン、バルブ、エキゾーストマニホールドは鉄(鋼)製だし


蛇足
バイクのエンジンは車以上に繊細ですよ
基本的にエンジンの回転数が違う
普通の車は6~7千回転ぐらいでレッドゾーンを設定しているけど
バイクは旧型でも8~9千回転、今時の物だと1万2千~6千回転ぐらいにレッドゾーンを設定している。

この回答への補足

yanronさん、回答ありがとうございます。

>ほとんどアルミ製だと思います。
そうですか!
いろいろな部品に使用されているのですね!!

でもこれらは「アルミ合金」ですよね?
どのような合金か、ご存知でしたらご教示下さい。

補足日時:2001/08/13 06:14
    • good
    • 0

yanronのご回答に対して材質を聞かれていたので参考までに。


ピストンなどの割れにくい材料特性の必要なものはAC8C-T6、量産性を重視した最近のオ-プンジャケットのブロックはADC12、一部トヨタのセルシオなどはブロックにADC14を用いています。

この回答への補足

goukuhさん、回答ありがとうございます。

回答を参考にネット検索してみましたが、さらに疑問点が出てきましたので、ご教示の程お願いします。

1.AC8C-T6に関して、AC8Cの成分は分かったのですが、「T6」では何か成分含有率に差があるのでしょうか?
2.アルミ合金で耐食性に関しては、一覧表等あるのでしょうか?
特に(有機酸)に対して?
3.耐食性のアルミ合金(鋳物用)もあるようですが、エンジン周りで使用するには問題があるのでしょうか・・・?

補足日時:2001/08/13 12:55
    • good
    • 0

ホンダでは、3000ccV6エンジンの「オデッセィ・プレステージ」が走行中にエンジンルームで火災が発生するなど、不具合が9件起き。

うち4件で火災に至っていることから、ユーザーの要望に応じて無料点検を行うと発表しています。
原因は、アルコール含有燃料のブタノール系アルコールと燃料系部品のアルミ材が化学反応し、燃料系統に使われているアルミ材が腐食するとのことです。

ホンダ以外でも、トヨタで13件、日産で11件、三菱自動車で6件、マツダで1件アルコール燃料が原因と疑われる不具合が起きています。
トヨタでは、「クラウン」「オーパ」「RAV4」「マークII」でエンジンの故障8件、燃料系部品の腐食による燃料漏れ5件の計13件のトラブルが発生しているそうです。
トヨタでは「火災に至る可能性もある」との警告をしていますよ。
http://www.toyota.co.jp/fuel/caution.html

現在、ガイアエナジー・ホームページでは、「ソアラ」「レパード」などのデジタル燃料計に対する誤作動や、280馬力のスバル車の一部でのエアフロメータ不調
などのトラブルは告知しているが、火災の恐れについては告知していません。

怖いですね。でもこのガソリンってPL法に引っ掛からないのでしょうかね。

参考URL:http://www.gaiaenergy.com/

この回答への補足

piyochunさん、回答ありがとうございます。

>トヨタでは、「クラウン」「オーパ」「RAV4」「マークII」でエンジンの故障8件

「マークII」でも報告があるのですね!
「国土交通省」のHPに記載があるかと思い、質問する前に調べてみましたが見つかりませんでした。
⇒クレーム情報等は遅れがちなのでしょうかね・・・?

>火災の恐れについては告知していません。

そうなんです。
以前はBBSが開いていた時は情報がいろいろと流れたのですが・・・。

>でもこのガソリンってPL法に引っ掛からないのでしょうかね。

今後、自動車メーカーが火災等に対して、保証しないとなれば「PL法」がらみでユーザーに提訴されるかもしれませんね・・・?

補足日時:2001/08/13 12:48
    • good
    • 0

すいません、トヨタのホームページを見たのですが、


マークIIのエンジンの材料については載っていませんでした。
ので、肝心のマークIIについては判らないのですが、
エンジン周りでアルミは結構使われていると思います。
アルミは鉄に較べて軽い金属ですから。
車によっては、エンジンブロック本体がアルミ製の物も
あります。例えば、ちょっと旧い車になってしまいますが、
『スズキ・カプチーノ』の後期型などがそうです。きっと、
他にもあるものと思われます。そう考えてみると、バイクの
エンジンのシリンダー部分って、アルミ製っぽいのが
結構多い様な気がします。以前から言われていた、バイクの
エンジンとガイアックスの相性の悪さって、ガイアックスの
発表ではバイクのエンジンは車のエンジンよりも精密で
わずかな違いにも過敏に反応してしまうので、と言う
事でしたけど、実際は、アルミのパーツを腐食させて
しまうのが原因だったのかも知れませんね。

この回答への補足

kenkenkentさん、回答ありがとうございます。

>バイクのエンジンとガイアックスの相性の悪さって、
一時期「ガイアックスファーラム」のBBSを見ていたのですが、数ヶ月前から閉じられてます?

そこでもバイクに関しては話題になってましたが、そのあたりの事情があったかも・・・?

補足日時:2001/08/13 06:09
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qメカ音痴なんで・・・

車のメカに詳しくなりたいのですが、特にチューニング関係を。整備学校に特に行かずとも、よくわかる解説書・おすすめの本・ビデオなどありましたら教えてください。ただし店頭で発売されている月刊誌は×。

Aベストアンサー

まず、最初にお断りしておきますが、チューニング関係に強くなるのであれば、基本的な動作原理や理論などを十分に理解し通常の整備を確実に行える程度の技量は最低限必要でしょう。いきなりチューニングの事例を知ってもテストの一夜漬けといっしょであまり意味のあることであるとはいえないでしょう。

そのための入門書としてエンジン関係では講談社刊のブルーバックスシリーズの「エンジンのABC」をお勧めします。また車全般にわたってであれば、月刊誌でありますが「自動車工学」はいかがでしょうか?この雑誌は素人向けと言うより実際に整備士などが読むための雑誌で、基本的なことはもとよりかなり高度な応用技術の紹介もあります。

Qアルミホイールの腐食部分の補修について

自動車メーカー純正のアルミホイールなのですがホイール裏側リム周りがブツブツとした錆び状になっています自分で補修してみようと思うのですがグラインダーでの腐食研磨とホイールカラースプレーで十分に保たれるでしょうか もしくは裏側だけの焼付け塗装は可能なのでしょうか お分かりになられる方お教え下さい、

Aベストアンサー

補修と言うほどのこともないと思いますが、ホイールスプレー(鉄粉に反応して紫色になるやつ)を吹き付け、スコッチブライトで擦ってやれば大概落ちます。スコッチブライトと台所用クレンザーまたはマジックリンなどでも結構いけます。そのあとは開き直って汚れたらまた同じことを繰り返すでいいんじゃないでしょうか。

カラースプレーもクリア塗装も有効だと思いますし、裏だけ焼きつけもプロに相談すれば可能だとは思いますけど、裏で目立ちませんから。僕は年に1回上の方法で洗うだけです。

Qアルミホイールの腐食をサンドペーパーで削って良いですか?

H11年式レガシー・ブライトンに乗っています。アルミホイールは純正なんですが、表面が腐食したようで、表面のコーティングのようなものが所々剥げ、若干変色しています。市販のアルミホイール用の洗浄剤では全く効き目がなく、ボンスター(クレンザー付きのタワシ)
で汚れは少々取れましたが、腐食部分はきれいになりませんでした。
そこで思い切って紙ヤスリで削って見ました。腐食部分はだいぶ良くなったんですが、どうも表面にコーティングが施してあったようで、そのコーティングもかなり削り取ってしまいました。
そこで質問なんですが、この表面のコーティングの様なものは削ってもOKなんでしょうか。あと5年くらいは乗りたいと思っています。
今後腐食が早く進むのでしょうか?強度的に弱くなり危険なことにはならないでしょうか?
いろいろ調べてみてもサンドペーパーを使った馬鹿な人は居ないようで回答が見つかりません。どなたか詳しい方よろしくお願いします

Aベストアンサー

 表面はクリアー塗装が施されていて、アルミと塗装の間に腐食が進行するんです。
 ですから、腐食を取るには塗装を剥がさないと取れないのですが、サンドペーパーでは時間が掛かって大変ですね。当方は電動グラインダーにカップブラシを付けて取り除いた後、ペーパーで整形し、クリアー塗装を施しますが、時間は掛かりますね。
 最も簡単なのはサンダーを(軽く当てて)腐食部を落とし、全体をシルバーや黒で塗装することでしょう(市販のカースプレーで良いです)。シルバーだと意外と違和感はないと思いますよ。
 コーティングを削っても強度は問題ないですが腐食が進行します。

Qアルミ製品などの腐食について

白い粉の様な物が付着している状態なのですが、少し擦ってみたら黒ずんでいます。どのようにして落とせばよいのでしょう?
良さそうなケミカル製品など教えてください。

Aベストアンサー

アルミ地肌の製品は放っておくと白く腐食してしまいますね。
一番安いのは、普通のホームセンターにも売っている「ピカール」です。
クリーム状で使いやすいです。
しかしガサガサになった頑固な腐食は取れにくいです。
(1000番程度のペーパーをかけてからピカールで磨いてもいいですが)
あと有名どころでは「ネバーダル」。
バイク屋によく売ってます。(車屋にあるかどうかは知りません)
脱脂綿に磨き剤?が浸透しているので、ウエス等は不要です。
でも脱脂綿が小さいので大きな面積を磨くには疲れます。
小物用とか狭い部分の磨き用と考えたほうがいいです。
私のお勧めはワコーズ(和光ケミカル)の「メタルコンパウンド」です。
歯磨き粉みたいなチューブに入っている半ネリ状の物です。
これもバイク屋に売ってます。(あまり車屋に行かないもんで・・・)
ピカールより高いですが、研磨力が強いように感じます。
それによく伸びるので使いやすいです。
以上、参考になりましたでしょうか。

Q車のタイヤのアルミと台所で使うアルミホイルの違い?

友達から質問ですが、「車のタイヤにアルミが取り付けてありますよね。それぞれ、微妙に違った色、生地具合(?)なのですが、これらのアルミと、台所で使うアルミホイルは、同じものからできているんですか?違いは何ですか?調べてー」とのこと。回答に困っているので、だれか教えて下さい。

Aベストアンサー

こんにちは

厳密に言うと違いますが 同じアルミで出来ています
外観の違いは用途の違い、製法の違いから外観の差ができます

自動車のホイルは材質がアルミニュウム合金で例えば5052-O、6061-T6、AC4CH-T6等で製造方法が 鋳造(鯛焼きのように溶かして型に流し込みます)、鍛造(ハンマ-で叩いて作るイメ-ジ)、半溶融鍛造(熱して柔らかいうちに叩きます) 等です これに耐蝕性を付けるためにアルマイト処理をしたり塗装したり ルックスが重要ですので 例えばショットブラスト(砂等を吹き付けザラつかせます)地の上にクリア-塗装などをして商品価値を付ける場合が多いです 
アルミ泊(ホイル)はロ-ラ-でのばして パスタマシ-ンの様なカンジで 伸延により製造します 用途上自動車のホイルのような強度、耐食性、ルックスは必要有りませんので そのままで製品となり アルミ素材そのもの外観となります


人気Q&Aランキング

おすすめ情報