長年悩んできたことですが、胸と背中、肩甲骨付近の贅肉をとりたいのですが、
ダンベルではよけいに胸が厚くなるようでどういう運動が効果的なのか教えて
下さい。男性です。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

◆おすすめはダンベル体操です。


◇胸が厚くなるのが気になるとのことですが、ダンベルを使用する運動は、
 ダンベルの重さを変えることで筋力増強もボディシェイプもどちらも可能です。

 ○筋トレ・・筋肉をつける目的で行う場合、
  ウエイトは[10回程度もちあげられるくらい]の重いウエイトを選び、
  8回×3~5set、週に2~3回の頻度で運動しますが、
 ○逆にシェイプしたい場合は、ウエイトを軽くして長く運動すると有酸素運動になるので
  シェイプアップできます。

◇流行りのダンベル体操は、負荷が軽いので上半身のシェイプには有効です。
 12種類3setを15分以内で行うと書いてありますが、6setくらい行うと良いと思います。
【脂肪燃焼をメインに考えた場合のダンベル運動(例)】
 1.アミノ酸を飲む(3.の運動による脂肪燃焼効果を高めるために飲むと良い)
 2.ダンベル体操3set(ウォーミングアップのために行う)=15分
 3.ダンベル体操さらに3set(脂肪燃焼のために行う)=15分

全部で30分程度なので始めやすいと思います。余裕が出てきたら、これに各部のエクササイズを加えます。
(胸)ひざをついたままの腕立て伏せ/ペックフライ/チェストプレス
(背中)シーテッドプーリーロー/ライイングバックエクステンション/ディップス など。

アミノ酸は飲まなくても良いのですが飲んだ方が効果的で、これは空腹時に服用します。
運動は朝は食事前に、夜は就寝前に運動してください。 頑張って。
    • good
    • 2

こんにちは。



>贅肉~の意味ですけど、「脂身」でしょうか、「余分についた筋肉」でしょうか?

脂身ならば、運動負荷を駆ける前によくもみほぐすといいとう話を聞いた事があります。

筋肉でしたら、負荷の大きいのをやると付く「速筋」と言われる筋肉は体積が大きいです。軽い負荷を長時間やることで付く「遅筋」は体積が少なめです。
    • good
    • 0

 まず、ダンベル運動の件から。


脂肪の燃焼がはじまるのは運動開始ご約20分です。
ダンベル運動でこれを実現するには男性であれば1~2kgくらいの軽いダンベルでエアロビやジョギングなどの運動を30分~1時間こなすことになります。

 次に、運動法です。
 運動という側面から見ると、水泳(クロール)が胸、背中、肩甲骨あたりの脂肪を燃焼させる効果があると思います。
 しかし、お勧めは『朝のウォーキング』でしょう。
朝、早起きをして最初は3~4kmを30~40分で歩いてください。目標は胸部、背部のダイエットですから、できるだけ腕を前後に振ってください。
なぜ朝かというと、脂肪の燃焼開始には20分かかりますがいったん燃焼がはじまるとその日は、運動をやめても燃焼しつづけます。つまり、夜、会社が終わってジムに通うより、朝、燃焼のきっかけを作ったほうが燃焼時間が長いため、効率的に脂肪を燃やせるわけです。
ジョギングではなくウォーキングを。簡単な運動を欠かさずやりましょう。絶対に続けられることをやってください。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q贅肉を落とすには 有酸素運動(ランニング)→無酸素運動(筋トレ)と、 無酸素運動→有酸素運動 どっち

贅肉を落とすには
有酸素運動(ランニング)→無酸素運動(筋トレ)と、
無酸素運動→有酸素運動
どっちが「脂肪を落とす」には効果的なんでしょうか?

Aベストアンサー

贅肉を落とすには、
無酸素運動(筋トレや100メートルダッシュ)→有酸素運動(ランニングやウォーキング)をしますとより脂肪を効率よく落としてくれますよ。
つまりダイエットには、男性でも女性でも有効的な順番です(^◇^)

その流れは・・・
①まず筋トレをやります。と、成長ホルモンとアドレナリンが多く分泌されます。
②次に、脂肪酸とグリセロールの分解・代謝の2段階の変化があります。
 その脂肪酸とグリセロールの分解と代謝をするのに、筋トレで作られた成長ホルモンとアドレナリンが大きな味方になってくれるという訳です。
③そして結果、脂肪(中性脂肪)が代謝される訳です。
④その代謝された脂肪がランニングの有酸素運動により燃焼しやすくなっているという訳ですよ(^_-)-☆
 (筋トレがまず結果、脂肪を代謝してくれて、次に代謝した脂肪を有酸素運動が実に燃焼しやすく消してくれるという訳ですね)

でもその有酸素運動を先にやって、次に無酸素運動の筋トレをやると、ホルモンの分泌がされていません。全然ダメですね。
ですから無酸素運動(筋トレや100メートルダッシュ)→有酸素運動(ランニングやウォーキング)が効果的ですよ。

でもだからと言って、すぐに効果が出るという訳ではないですよ。
そして毎日は止めた方がいいですよ。
有酸素運動をやり過ぎると、老化とガン化が恐れがあるといわれています。
筋トレがめんどくさく今日はやりたくないという日が、いつかあると思います。
そうしたら、無理なく、
「今日は疲れているから、筋トレ止めてウォーキングだけにしようかなぁ!次回からまた筋トレやるね>^_^<」でもいいんですよ。
ですから余裕をもって、メニューは長い目でみて下さい(^_-)-☆
脂肪がなかなか取れなくても、トレーニングをやっていれば、永遠にとれない訳はないですから、めげないで下さいね。

筋トレはホルモンをイッパイ分泌してくれまして、脳や心にいいやさしい影響を与えます。
同時に体の基礎代謝が大きくなりまして、痩せやすい・太りにくい体をつくってくれますよ。

ですから脂肪を落とすのが真の目的ですから、
筋トレはわき役で、有酸素運動を主役としてがいいような感じです。
脂肪を落とし、望みの体になれる事を願ってやみません(^。^)y-.。o○

贅肉を落とすには、
無酸素運動(筋トレや100メートルダッシュ)→有酸素運動(ランニングやウォーキング)をしますとより脂肪を効率よく落としてくれますよ。
つまりダイエットには、男性でも女性でも有効的な順番です(^◇^)

その流れは・・・
①まず筋トレをやります。と、成長ホルモンとアドレナリンが多く分泌されます。
②次に、脂肪酸とグリセロールの分解・代謝の2段階の変化があります。
 その脂肪酸とグリセロールの分解と代謝をするのに、筋トレで作られた成長ホルモンとアドレナリンが大きな味方になってく...続きを読む

Q筋トレ:背筋、肩甲骨付近、首の後ろ付近の鍛え方

私は昔から、これといった病気はなくどちらかというと健康自慢なのですが、
日常生活だけで上体がだるくなりやすく(1日を終えて布団に入る頃、肩甲骨付近がだるくつらい)、
また、首にスカーフがないと冷えてしまいます。
他人と比べると、私は明らかに背筋、肩甲骨付近、首の後ろ付近の筋肉が少ないので、
筋肉をつければ良いと思います。

この辺りに筋肉をつけるための、初級者向けのトレーニングメニューを教えてください。
日常的なものもあれば。例えば買い物袋をこういう風に持つとトレーニングになる、とか。

本やネットを調べましたが、
「壁に向かって立ち、両手を壁について体重を壁に預け、腕立てふせっぽく腕を曲げ伸ばしする」、
「肩甲骨を寄せたり離したりする」
くらいしかわからなかったので、こころもとないです。

体幹バランスはもともと良いほうで、また、気をつけるようにしていて、腰痛や猫背はないです。

プロレスラーのように太い首、肩になれたらいいなあ。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

プロレスラーの様になれるかはさておき…

背中のトレーニングで簡単、且つ効果的なのが、チンニング(懸垂)です。

特に広背筋の筋肥大にはもってこいです。

ただがむしゃらにやってもダメです。

・肩をすぼめない
・反動をつけない
・首を上げるのではなく、胸をバーに近づけるイメージで
・下ろす時はゆっくりと広背筋を意識して


なお、広背筋は大胸筋との拮抗筋です。
大胸筋も同時にトレーニングする事をおすすめします。

Qダンベルベンチプレスのときのダンベルを胸の上までもっていくときの動作はどうすればいいですか?

週に1回ジムにいってベンチプレスをしているのですが、

100kgあげられるようになりたくて、
ジムに人に週に1回では維持くらいしかできないので、

家でダンベルベンチを取り入れればより記録が伸びやすいです。
といわれたので、
ここ1ヶ月くらいダンベルベンチをしているのですが、

ダンベルベンチをする前に
ダンベルを胸の上までもっていきますよね。

そのときはどのようにしてスターとポジションまでもって行けばよいのでしょうか?

今はいったん座ってひざの上にダンベルをおいて
そのまま寝転ぶと同時にダンベルを胸の前までもっていき
そこからベンチ動作をしていますが、
それだとダンベルの重みで太ももなどをはさんでいたいのです。。。

何かいい方法がありましたら、
おしえてください。

Aベストアンサー

一応こういうものが売ってます。
http://www.ironman-japan.com/products/hometraining/power_hook/power_hook.html


…自分は要りません。ふとももに乗せてゴロン、です。
ホームセンターの安物ダンベルシャフトに
プレート買い増してつくったダンベルなのでシャフト長ががギリギリで
腿にスクリューカラーの星型の跡ができてしまいますが
まぁ、どうって事ないです。

でも確かにダンベルベンチで10RMやるときは挙上動作開始した後よりも
スタートポジションもってく時の方がケガしそうで緊張というか
集中されられるのは確かですね…

Q背中の贅肉の落とし方

背中の贅肉を落とそうと、日々筋トレで背筋を鍛えているのですが、どうもうまくいきません。
一般的な筋トレの背筋運動(うつぶせになって、頭と両足を上にそらす)では、背中の腰に近い部分にしか力が入っていないようなんです。
背中の上の部分(ブラのホック付近)から、脇腹にかけての贅肉に効果のある運動は、どういったものがありますか?

Aベストアンサー

がっかりされるでしょうが、#1の方が言われることは本当です。
腹筋をやっても腹の脂身は取れないし、
背筋をやっても背脂は取れない。

ただ、コレは直接的にはそうですということですが、
脂のつくところ、落ちるところという意味ではちょっと
希望があるかも知れない。

脂を消耗するためには、脂を消耗するに価するカロリーの
出超がまず絶対第一条件。
つまりは、筋トレ以外に有酸素運動でもっとカロリーを消耗しないとだめ。

よく動いて、脂が邪魔になるところから、脂が落ちていくのは本当です。
なので、落ちる脂は腹よりも、残念ですが、
おっぱい分野が先。

上体をよく動かすようになると、腹の脂身よりも背脂のほうが落ちやすい。
背中のシェイプupに威力があるのはクロール。
週に3kmも泳ぐようになれば、きれいな背中になります。

女性の場合閉経前後から、
どうしても、脂肪自体の「かたさ」が失われて、
やわらかくなりますので、余分な厚みがあると
より、ボンレス状態が許しがたくなります。

背筋の筋トレについては、#1の方の言われるとおりですが、実際には、背筋用のベンチや、下半身を押さえるひと、平行以上に上体を上げないのを鏡等でチェックできないとやりにくい上に、かえって面倒でしょうから、
今の背筋の筋トレでいいと思います。
ただ、より効くと思ってうんと反身になる、あるいは反動をつけるはやめてください。
ゆっくり、持ち上げゆっくりおろす。
あげたつもりぐらいの上げ幅で充分。
時間と、回数で稼いで見てください。
工夫としては、首は左右をみるを交互。
万歳した腕の持ち上げは、手のひらを上向き下向きを交互。

それぞれ、腕・首・肩甲骨のあたりにちょっとした違いが感じられるはずです。
クロールをされるときには、ひじで上から釣られているような感じでまわす。
入水は腕はまっすぐ前、なるべく遠く。

水中でかくときには、肩甲骨のしたに肩の関節がアルようなつもりで、ここから「かき」が始まるようにかく。
ここ大事。

肩だけ、腕をまわす人が多いですが、コレは肩に負担がかかるうえに、背中のシェイプupにならないし、ただしいフォームでもない。

がっかりされるでしょうが、#1の方が言われることは本当です。
腹筋をやっても腹の脂身は取れないし、
背筋をやっても背脂は取れない。

ただ、コレは直接的にはそうですということですが、
脂のつくところ、落ちるところという意味ではちょっと
希望があるかも知れない。

脂を消耗するためには、脂を消耗するに価するカロリーの
出超がまず絶対第一条件。
つまりは、筋トレ以外に有酸素運動でもっとカロリーを消耗しないとだめ。

よく動いて、脂が邪魔になるところから、脂が落ちていくのは本当...続きを読む

Q背中や腰上のあたりの贅肉

こんにちは、この度ダイエットを始めております。
カロリー計算とボディーブレートを1日10分2セット(かーなりきついです)
と踏み台昇降を行っております。

少しずつすっきりしてきたかな?という印象はありますが、
背中や腰上あたりの贅肉(脂肪って感じです)が取れません。
先日「背筋はきく!」というのを聞いてやってみましたが、
ねっころがって反るとおなかのあたりが苦しくて5回くらいやると
痛くなってしまいました。
またウエスト痩せに、腰を固定してかかとを見るように手をぐるっと回す
という運動もやってますが、これまた肺のあたりが苦しく出来ませんでした。

この運動はどれも「効果が出た」という噂を聞くのですがやり方が
間違っているのでしょうか?またこのあたりのダイエットに効果のある
方法があれば教えてください。

Aベストアンサー

寝転がってそるだけで苦しくなるということですから、体の柔軟性にも問題がありそうですね。
まずお風呂に入った後など 少しづつ柔軟運動をして、体の柔軟性を高めてください。
また ウェストとわき腹に効く簡単なストレッチを紹介しておきますね。
1.横向きによこになります。(まずは左を下にして)
2.左手で横を支え、上半身を横向きのまま起こします。
3. 息を吸ってからゆっくり息を吐きながら足を上げます。
  足を上げきるとき、わき腹とくにウェストとヒップの境目に力を入れて  ください。
4.息を吸いながらゆっくり足を下ろします。
5.できれば10回できないときはできる回数で結構です。
6.反対側も同様に
足を上げる角度は、無理のない程度の高さにしておいてください。
兎に角 無理をしないこと、そして、ゆっくり息を吸ったり吐いたりしながら行ってください。動かしている部分を意識しながら動かすとより効果が上がります。

また、背中に関しては姿勢をよくする。それにつきます。
背中 猫背になってませんか?


人気Q&Aランキング

おすすめ情報