磁石の性質を有している高分子があると聞きましたが、どの様な高分子材料ですか。その高分子物質の化学的組成と高分子磁石を研究している大学または公共研究機関名を教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

慶應義塾大学でも高分子磁石を研究しています。


吉岡直樹助教授の電子機能分子化学研究室でも行っているようです。

以下のURLからたどっていけると思いますよ。しかし、今週中は
慶應義塾のサーバーがダウンしているので、来週の月曜日に
アクセスしてみるとよろしいかと思われます。

参考URL:http://www.applc.keio.ac.jp/index-jp.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご教示頂き誠に有り難うございます。
来週のには、アクセスしてみようと思います。

お礼日時:2001/08/12 22:15

以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?


「大阪市大:化学がつくる新しい磁石」
このページで「分子内アプローチ」の項が参考になります。

==============================
プラスチック磁石の需給と磁性材料業界の市場実態/工業材料研究会/綜合包装出版/1985.10 
==============================
ご参考まで。

参考URL:http://www.sci.osaka-cu.ac.jp/~sato/mag2001/mag2 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速、ご回答頂き有り難うございました。
大阪市大の文献を拝見しました。大変参考になり、高分子磁石について、その概略が見えつつあります。
ご指示頂いた、雑誌等を読み、より正確にプラスチック磁石の理解に努めたいと思います。今後もご教授の程、お願い申し上げます。

お礼日時:2001/08/12 14:11

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q素粒子や分子、原子など物質はなにで出来てるのか学べる学科か人間を学べる学科を目指しているのですがよく

素粒子や分子、原子など物質はなにで出来てるのか学べる学科か人間を学べる学科を目指しているのですがよくわからないので教えてください。←人間の身体を学ぶ学科ってことです

Aベストアンサー

素粒子や分子、原子など物質はなにで出来てるのか学べる学科 → 理学部物理学科

人間の身体を学ぶ学科 → 理学部生物学科、医学部

両方共通で、文学部哲学科

Q夏休みの自由研究で困っています 1,2日で、できて材料も身近にあるもの

夏休みの自由研究で困っています 1,2日で、できて材料も身近にあるもので何かありませんか?中1です。できればサイトではなく「〇〇の実験」またいな感じでお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。

夏休みの自由研究って大変ですよね。
私が実際にやってみた自由研究です。
中学生の実験としてふさわしいかわからないので、参考にどうぞ。

近くにビオトープや、池などはありませんか?
そのビオトープの生態調査などは簡単でよいかと思います。
実験という点では、生き物が何を食べているのか調査するのがお手ごろかと思います。


たとえば鯉がすんでいたとして・・・。
その鯉にいろいろな餌をあげてください。
どんなものなら食べるのか?
どんなものは食べないのか?

また食べないならばどんな共通点があるか?

実験後には、いろいろな結果を踏まえて、なぜ?どうして?を追求してみると面白いかもしれません。

Q超音波溶接(高分子)について

超音波溶接機のしくみについて教えてください。
よろしくお願いします。

具体的には、超音波溶接機でフィルム(高分子)を溶接する時に、チップとの距離を設定するようですが、圧力はいつかかるのか、
また、溶接時間と保持時間がありますが、どのような関係なのか、等が知りたいです。

なんでもかまいませんので、情報よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

高分子同士の接合面に摩擦振動を与えて部分的に溶融させ溶着させる方法の事ですね。

たぶん溶着時間は、振動を与えている時間の事。保持時間は、振動を止めてから(即ち発熱を停止してから)固まるまでの時間を意味すると思います。

また、振動の与え方により超音波融着(溶着)と呼んだり、振動融着と呼んだりします。

原理等は、次のURLが参考になります。
http://www.branson-jp.com/products/us_tech.html
次のURLから関連情報があります。
http://www.branson-jp.com/weldingproducts.html

参考URL:http://www.branson-jp.com/products/us_tech.html

Q【日本自動車研究所】日本自動車研究所というところが自動運転自動車の研究をしているようですが何者ですか

【日本自動車研究所】日本自動車研究所というところが自動運転自動車の研究をしているようですが何者ですか?

JARIという組織です。

トヨタとかなら自分ところで自動車を作っているので無人自動自動車の研究に10億ドルを使うのは分かりますが、自動車を作っていない日本自動車研究所が無人自動自動車の実験走行を国内でやっている理由が良く分かりません。

日本自動車研究所は何者か教えてください。

研究費はどこから出ていて、出資元は誰なのか。スポンサーは誰なのか何の目的で日本で自動走行実験をやっているのか教えてください。

Aベストアンサー

主に日本の自動車や道路に関する技術開発を促進する目的で設立された財団法人です。もともと経産省所管の公益財団法人でしたが、現在では一般財団法人になっています。

 研究の内容は自動車のみならず道路等自動車インフラにも及んでいます。
 研究は委託されたものが主で、研究の成果はクライアント(国内の自動車メーカーを含む)に提供されます(というか、国内企業と政府が共同研究するための場所と考えたほうがいいかもしれません)。
 自動車に関する法規制なんかは国内メーカーの技術レベルを反映しなければ制定できません(技術的に対応できないような規制なんか制定しても意味がない)から、自動車メーカーの技術レベルを一定以上に保ち、同時にどの程度のことが対応できるのか?などを調べるためにも、こういう研究機関は必要になります。

 自動車の研究施設は建設・維持するにはお金がかかり、メーカーにとって大きな負担になります。
 たとえば自動車の衝突実験用設備なんて、基本的にフルモデルチェンジの時にしか使わないので、数年に1度しか使わない設備を全部の自動車メーカーが所有するのは非常に無駄になってしまいます。
 そこでJ.A.R.Iのようなところで共用の設備を用意してもらい、自動車メーカーが使いたいときにお金を払って使わせてもらうというようなことをやっています。
 たとえば、寒冷期でのエンジンやエアコンのテストをするための自動車が丸ごと入る冷蔵庫なんかは、1日の使用料が350万円って聞いたことがあります。(べらぼうな金額に見えますが、これでも借りたほうが安いんです。)

 ほかにも自動車雑誌等自動車メーカー以外の団体が取材のために使わせてもらうこともあります(昔の自動車雑誌の記事なんかは大体、J.A.R.Iのテストコースを借りて試乗した感想でした)。

 研究は基本的に委託されたものなので、研究や設備の建設・維持の予算は研究を委託した人(あるいは設備を借りる人)が負担しています。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E8%87%AA%E5%8B%95%E8%BB%8A%E7%A0%94%E7%A9%B6%E6%89%80

http://www.jari.or.jp/

主に日本の自動車や道路に関する技術開発を促進する目的で設立された財団法人です。もともと経産省所管の公益財団法人でしたが、現在では一般財団法人になっています。

 研究の内容は自動車のみならず道路等自動車インフラにも及んでいます。
 研究は委託されたものが主で、研究の成果はクライアント(国内の自動車メーカーを含む)に提供されます(というか、国内企業と政府が共同研究するための場所と考えたほうがいいかもしれません)。
 自動車に関する法規制なんかは国内メーカーの技術レベルを反映しな...続きを読む

Q日本の輸送機関別国内輸送量の割合について 日本の輸送機関別国内輸送量の割合の統計ですが、添付した写

日本の輸送機関別国内輸送量の割合について

日本の輸送機関別国内輸送量の割合の統計ですが、添付した写真は『センター試験地理Bの点数が面白いほどとれる本』の表記です。日本は自動車が首位を占めていることが読み取れますが、『データブックオブザワールド』の同じ統計(ただし2010年度)では鉄道が70%以上と首位を占めています。またデータブックの方では5480億人キロとなっております。

この違いは何でしょうか。短期間でそこまで劇的に変化するとは考えにくいので、統計を読み間違えている可能性があるかもしれません。統計に詳しい方がいらっしゃいましたら、ご教授お願いしたいです。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

お礼ありがとうございます。
なんとなく誤植のような気がしますが、グラフの下に元データの表があるようですが、その数値とは合っていますか?


人気Q&Aランキング

おすすめ情報