オンライン健康相談、gooドクター

貧乏人がいるから富豪者がいるんですか?それとも貧乏人がいなくても富豪者はいるんですか?

gooドクター

A 回答 (7件)

要は、国内からでも国外からでもかき集めることができる全体量があって、それが国内で分配されるとき、国民に遍く分配されると成り立たないぐらいであれば、富豪と貧乏が成立する。

もちろん分配しない場合は全体量によらず、富豪と貧乏が両立する。

なので、有り余る資源があって国民にも分配されるならば、貧乏人なしで富豪も成立する。ブルネイとかサウジアラビアなんかがそう。
    • good
    • 0

昔は皆貧乏人だった。

その中からリーダー的存在が現れた、集団を管理するには金が必要で、権力者に金が集まり、富豪が産まれた。その富豪は実力者を権力者に指名し、さらに大富豪になった。つまり、貧乏人が富豪者を支えているのです。
    • good
    • 0

アメリカ型資本主義


浮浪者〜富豪まで個性豊かな色んな人がいます。

日本型社会主義
浮浪者〜中流まで色んな人がいます。
※富豪は財閥解体で財産没収

社会主義
貧乏な労働者と、一部の金持ちがいます。
浮浪者は労働者になります。
労働出来ない障害者は虐げられます。

共産主義
貧乏な労働者と、一人の富豪がいます。
浮浪者はいません。
労働出来ない障害者は殺されます。
    • good
    • 0

貧乏人がいるから富豪もいるのです。



1,貧乏か富豪か、というのは他者を比較しないと
 わかりません。
 背が高いか、低いか、というのと同じです。

2,貧乏人が得るべき、お金を、富豪がもらう
 という図式があるから富豪になれるのです。
 一人から1円を取れば、日本全体で1億円に
 なります。
    • good
    • 0

今から200年近く前にそのことを真剣に考えた人がいます。

カール・マルクスです。
彼は、労働で生み出された「価値」を横取(搾取)する奴がいるから「貧乏人」と「富豪」は生まれると考え
「労働」によって生産された新しい価値を、全員で平等に分ければ「貧乏人」も「富豪」もない
平等な世界が生まれると考えました。「共産主義社会」です。
よくこの思想が「誤っている」と言う人がいますが、この思想の影響で生まれた国家が「福祉国家」です。
「高い税」により「富豪」の出現を抑え、国民全体の最低限の生活のレベルを高いところに設定する考えです。
ある意味しっかりと「富の再分配」と「労働の搾取の制限」すれば、
貧乏人がいないけれど、富豪がいる状態になります。
しかしそうした国では「稼ぎの多い超富豪」は、その国から別の国に移住したり、
「稼ぎを増やそうと思う人が減って国力が弱くなる」と考えている国もあります。
その代表が「アメリカ」で、その結果、貧富の差は大きなものがあります。
そのミニチュア版が韓国で、貧富の差は日本の比ではありません。
そして、指導部だけが、国民の労働で生まれた価値の甘い汁を吸っているのが「中国と北朝鮮」です。
いずれの国も社会主義と言っていますが、マルクスは「天国」で「嘘をつくな!」と言っています(笑)
    • good
    • 0

貧乏人がいるから富豪者がいるのである。


富豪者は他人に微々たる給与しか与えずに働かせ、その利潤の多くを自分のものにする。
この犯罪が暴かれる日が必ず来る。
その日までに、それを知っていて行っている富豪者である事が問題であろう。
罪でないという事にして利を得ようとしている事の真実を彼らは誰よりも知っている。
    • good
    • 0

分からないな。


というのは俺は
「カネは放っておけばあるところに集まっていく」
と思っているから。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

gooドクター

人気Q&Aランキング