「ゴッドファーザー」3部作が好きで複数回見ています。
 表の世界に出ようとしたコルレオーネ家の野望は、結果としてどのようになったのでしょうか。part 3 の結末が、理解力が及ばず今ひとつ分かりません。(^.^;
 また、part 3 の部分について詳しく解説してあるサイトがありましたらお教え願います。(1,2 についてはありますが 3 の部分については探しても見つからないです。)

A 回答 (2件)

今見終わったところですが…



>表の世界に出ようとしたコルレオーネ家の野望は、
 結果としてどのようになったのでしょうか。
 part 3 の結末が、理解力が及ばず今ひとつ分かりません。(^.^;

質問者さんがいう「表の世界に出る」というのは、
「合法的な事業を行う」ということでしょうか?

もしそうなら、答えは「表の世界に出れた」です。
『3』はもちろんのこと、
前作のドン・ビトの代から合法事業(オリーブオイル会社等)を
行ってきました。

ただ、マイケルを中心とするコルレオーネファミリーが
裏家業から完全に足を洗い、合法事業のみで生計を立てるとういう意味で
「表の世界に出る」とおっしゃているのなら、
答えはまったく逆で「出られなかった」です。

『3』でマイケルが妹のコニーと注射を打つシーンから
甥のビンセントにドンの地位を譲るシーンで、
彼は
「汚れたことをしなくてすむよう
 上へ上へと登っていったが、
 上のほうがもっと汚れていた」
「私はやれるだけのことはやった。
 しかし、もう限界だ」
「この地位につけば、私のようになるぞ」
というようなことを言っています。

完全な堅気になろうとしたが結局は成就せず、
後継となるビンセントも上の最後の言葉をうけ
「のぞむところです」
と答えています。

以上のことから
今までも、これからも、
ファミリーの事業が完全に合法化されることはないでしょう。
これが私の見方です。

>また、part 3 の部分について詳しく解説してあるサイトがありましたらお教え願います。
(1,2 についてはありますが 3 の部分については探しても見つからないです。)

これは私も知りません。

この質問をされたのが01年ということですが
少しでもお役に立てばうれしいです。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

01年以来、年に一度は通して見ています(笑)。
ご指摘を受けてみれば、そういう場面がありました。
合法化という悲願が達成されることはないであろうと予感させることも含めて、悲劇になっているのかもしれませんね。
ありがとうございました。

お礼日時:2007/12/27 09:56

わたしもゴッドファーザー大好きです。


私の見解なんですけど、マイケルらルレオーネ家は娘を失って
意気消沈といいますか、野望が消え失せたのではないでしょうか?
無気力になって、活動的な行動はとらなかったと推測できませんかね?
そして最後に老いたマイケルが庭で静かに死んでいく・・・・・。
私の考えはそんなところです。

この回答への補足

なるほど、確かにそんな感じがします。

補足日時:2007/12/27 09:01
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q老人と海について。

ヘミング・ウェイの『老人と海』についての質問です。
話の初めの方に(老人が海に出る前です)老人と少年の会話で次のようなものがあります。

「親方そんなに目が悪いのかい?」
「めくらも同然だよ。」
「変じゃないか」と老人は言った、「あいつは、海亀とりはやらなかったぜ。あれをやると、きっと目をダメにする」…

ここで出てくる、「海亀とり」ですが、なぜ「海亀とり」をすると目が悪くなるのでしょうか?誰か教えてください!!

因みに、原作の英文はこちらです↓↓
“Are his eyes that bad?”
“He is almost blind.”
“It is strange,”the ole man said.“He never went turtle-ing.That is what kills the eyes.”

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

漁師や地元民に伝わる迷信から来た言い回し(ジンクス)ではないでしょうか?
日本でも昔から『亀』は長寿や幸運など縁起の良い生き物の象徴とされています。
諸外国でも『海の神様の使い・幸運・幸せ・長寿』等々『亀』は、特別な生き物として考えていた国も多いようです。
その特別な生き物を殺して商品とする訳ですから、失明(目がつぶれる)するほどの『罰(バチ)』が当たると言う意味だと思います。
60年も前に書かれた作品なので、今では信じられない言い伝えや迷信が数多く存在していたはずです。
面白いですよね。

QゴッドファーザーPart3に出演しているあの女性は?

こないだ久しぶりにゴッドファーザーPart3を観ました。
チョイ役だったのですがヴィンセント(アンディガルシア)
がコルレオーネファミリーに入る前に付き合っていた彼女
(多分記者らしき女性)は何ていう女優か知っている人
いませんでしょうか?
ヴィンセントと二人で部屋で寝ているところを男二人組み
に襲われ、逆に二人とも殺してしまうシーンです。
最初ヴィンセントに「水を持ってきてくれ」と言われ部屋
から出たところを男二人組みの人質になった女性です。

また他に出演作があったら教えてください。
(説明わかりにくかったらすみません)

Aベストアンサー

ブリジット・ファンダですね。

参考URL:http://www.fmstar.com/movie/b/b0038.html

Q英語 to 不定詞 「老人と海」(続き)

前回の質問で、消化不良をおこしましたので、自分なりの「理解」を述べたいとおもいます。

No one would steal from the old man but it was better to take the sail and the heavy lines home as the dew was bad for them and,though he was quite sure no local people would steal from him,the old man thought that a gaff and a harpoon were needless temptations to leave in a boat.

ここで、私の意見ですが、「省略がある」、と考えると、文法的に理解ができます。


(1)to leave them in a boat.  とすると、leave は、他動詞になるとおもいますが、
   いかがですか?


(2)他動詞だとすれば、老人が、主語になると思いますが、いかがですか?


(3)老人の動作だとすれば、to leave 以降は、副詞的用法となりますか?


(4)目的語 them を省略してもなお、leave は、他動詞といえますか?


(5)to be left in a boat . と書き直すと、形容詞的ですか? 副詞的ですか?



(6)to leave の to の前に、「カンマ」を入れる表現方法がありますか?


(7)その場合、副詞的用法と、いえますか?


(8)形容詞的用法は、名詞を修飾する限定用法のみが存在し、
  to 不定詞の形容詞的用法に、叙述用法はない、といえますか?

前回の質問で、消化不良をおこしましたので、自分なりの「理解」を述べたいとおもいます。

No one would steal from the old man but it was better to take the sail and the heavy lines home as the dew was bad for them and,though he was quite sure no local people would steal from him,the old man thought that a gaff and a harpoon were needless temptations to leave in a boat.

ここで、私の意見ですが、「省略がある」、と考えると、文法的に理解ができます。


(...続きを読む

Aベストアンサー

>国語の世界では、「象は、鼻が、長い。」  主語は、どっち、か?  と、言う大論争が、かつてありました。  「主題」(テーマ)と、言う単語を持ち出して解決しました。

興味のある話題なのでちょっとお邪魔します。(笑)
この論争は本当に解決したのでしょうか。

この文には主語がひとつもない。日本語にそもそも主語など不要なのだから当然と言えば当然だが、二重主語どころではないのだ。「象は」は主題であり、文がここで切れている。「象について話しますよ」と聞き手の注意を引いておき、それに続く話し手のコメントが「鼻が長い」だ。「主語」という外来の範疇に囚われているから総主「論争」などが出てくるので、これは初めから前提が間違っている「疑似問題」なのである。 (『日本語文法の謎を解く』79~80ページ)という三上章氏の主張を質問者様は支持されるということでしょうか。

「象は鼻が長い」は「象は鼻が長い動物である」という「入れ子型文」(英語では関係代名詞を使って表すことのできる文)の述部省略という考えは思い浮かびませんか。「象」という「主語」が含意(内包)している「動物」という「範疇」の言葉を省略できるのが日本語の面白くてユニークなところなのではないでしょうかね。


本題の議論に戻って一言。
>A gaff is a temptaion to leave in a boat.

これを形容詞用法で訳してみましょう。
「魚かぎは、船に残すための誘惑するものである。」
「魚かぎは、船に残すような誘惑するものである。」
「魚かぎは、船に残すべき誘惑するものである。」
「魚かぎは、船に残そうとする誘惑するものである。」

また、タフ構文なるもので訳すと
「魚かぎを船に残すということは、誘惑するものである。」

>A gaff is a needless tamptation to leave in a boat.

同じく、形容詞用法で訳してみましょう。
「魚かぎは、船に残すための避けられるはずの誘惑するものである。」
「魚かぎは、船に残すような避けられるはずの誘惑するものである。」
「魚かぎは、船に残すべき避けられるはずの誘惑するものである。」
「魚かぎは、船に残そうとする避けられるはずの誘惑するものである。」

タフ構文での訳は
「魚かぎを船に残すということは、避けられるはずの誘惑するものである。」

どちらも意味が異味になっちゃいますね。(LOL)!!

以上、参考になれば幸いです。

追伸:「接続法」の動詞については別の質問の折に説明させて頂きたいと思っております。「仮定法」との「論理積」はありますが、ほんのわずかです。

>国語の世界では、「象は、鼻が、長い。」  主語は、どっち、か?  と、言う大論争が、かつてありました。  「主題」(テーマ)と、言う単語を持ち出して解決しました。

興味のある話題なのでちょっとお邪魔します。(笑)
この論争は本当に解決したのでしょうか。

この文には主語がひとつもない。日本語にそもそも主語など不要なのだから当然と言えば当然だが、二重主語どころではないのだ。「象は」は主題であり、文がここで切れている。「象について話しますよ」と聞き手の注意を引いておき、それに続...続きを読む

Q映画「リクルート」の結末の解説をお願いしたいです

いつもありがとうございます。
先日妹に「リクルートって映画のDVD借りてきて見たんだけど、何度見ても最後がよくわかんない」と言われ、
「お姉ちゃんが見ればきっとわかるから見て」と解析を頼まれました。(笑)
それで早速見たんですが…
最後の方3回見てもよくわからないんです。 (・ε・`)
結局バークはCIAをやめさせられた人間だったのですか?
バークに操られて、ジェームズやレイラはバークの作った偽任務をしてたってことですか?
最後に包囲されるけどあれはCIAの人たち?
最初はジェームズが殺されそうになってたけど、
レイラの横にいた人が「どうなってんだ?」とか言い出して、いきなり赤い光がバークに向かったのもよくわかりません。。
ジェームズはいつバークが悪者だと気づいたのか。
ジェームズのお父さんはCIAの人間で、任務を遂行している時に亡くなったってコトでしょうか?

質問ばかりでゴメンナサイ。
ネットでも調べてみたんですが、「この映画はネタバレ厳禁」と書いてあるばかりで…
おバカな私が理解できる結末の解説をどなたかお願いできませんでしょうか?
妹に「お姉ちゃんもわからなかったよ」とDVDを返すのも姉としてちょっと恥ずかしくて…
よろしくお願いします!

いつもありがとうございます。
先日妹に「リクルートって映画のDVD借りてきて見たんだけど、何度見ても最後がよくわかんない」と言われ、
「お姉ちゃんが見ればきっとわかるから見て」と解析を頼まれました。(笑)
それで早速見たんですが…
最後の方3回見てもよくわからないんです。 (・ε・`)
結局バークはCIAをやめさせられた人間だったのですか?
バークに操られて、ジェームズやレイラはバークの作った偽任務をしてたってことですか?
最後に包囲されるけどあれはCIAの人たち?
最初はジ...続きを読む

Aベストアンサー

リクルートは、面白いですね。
ご質問の通り、確かにジェイムズが本当にCIAに入ったのか、やめさせられて、バークに利用されていただけなのか分かりにくいですね。

■■■以下ネタバレ

●ジェイムズはCIAをやめさせられたのか?

最後で事情を聞きたいからと、CIAの捜査官の車に乗りましたが、その車の中の台詞で、「次の任務は、彼女(レイラ)と組ませるか」と言っているので、ジェイムズはCIAの捜査官だと言うことが分かります。

●バークに操られて、ジェームズやレイラはバークの作った偽任務をしてたってことですか?

バークが撃たれる前に、全部しゃべってますが、真面目に働いてきたのに、現場からはずされ、山奥(特別訓練基地ファーム)に転勤させられたことに不満を感じ、CIAを裏切り一人で計画を練りました。レイラは微妙でしたが、バークに操られてプログラム(アイス9)を盗んだのではなく、CIAの訓練の一環だと思います。結局、プログラムは偽物だったので。

●最後に包囲されるけどあれはCIAの人たち?

そうですね。レイラも一緒にいました。CIAは、レイラの通報を受けて、ジェイムスを追いかけてきました。なぜ居所が分かったかと言えば、携帯電話の電源を切らなかったので、信号をキャッチして分かったのですね。

●赤い光がバークに向かったのもよくわかりません

CIAの狙撃銃から赤いレーザー光線が出ていたのです。照準を正確に当てるために。最初は、CIAは、ジェイムズを追いかけてきたので、レーザーはジェイムズに向けられていました。このときは、CIAもバークが裏切り者だとは気づいていないようでした。しかし、バークは、ジェイムズのパソコンを通して、何もかもばれてしまったと思い、べらべらしゃべってしまいます。それを聞いたCIAが実は、バークが犯人だと気づき、赤いレーザーを向けたのです。

●ジェームズはいつバークが悪者だと気づいたのか。

これは難しいですね。おそらく、レイラが接触している人物がザック(ジェイムズが殺した人)だと分かり、何かがおかしいと思ったのでしょう。そして、車の中で、バークに銃口を向け、本当は何がどうなっているか聞こうとした。しかし、反撃されてしまったので、このとき、バークが仕組んだと言うことに気づいたと思います。

●ジェームズのお父さんはCIAの人間で、任務を遂行している時に亡くなったってコトでしょうか?

これも、よく分からないですね。。。でもCIAのロビーにあった「国家に命をささげた職員たち」という★マークがありましたが、これは、監督かな?ツアーで見学したときに見たそうで、かなり忠実に作られているそうです。なので、1990★は、多分ジェームズのお父さんはなくなったのではないかと思われます。

私は、こんな風に思いましたが、違うところもあるかもしれません。

リクルートは、面白いですね。
ご質問の通り、確かにジェイムズが本当にCIAに入ったのか、やめさせられて、バークに利用されていただけなのか分かりにくいですね。

■■■以下ネタバレ

●ジェイムズはCIAをやめさせられたのか?

最後で事情を聞きたいからと、CIAの捜査官の車に乗りましたが、その車の中の台詞で、「次の任務は、彼女(レイラ)と組ませるか」と言っているので、ジェイムズはCIAの捜査官だと言うことが分かります。

●バークに操られて、ジェームズやレイラはバークの作った偽任務をしてた...続きを読む

Q『老人と海』の女性の朗読が聴けるサイトを教えて

『The Old Man and the Sea』 の女性の朗読サイト
または、男声でもクリアな音声が聴けるサイトを
お教えください。
何卒、よろしくお願い申し上げます。

Aベストアンサー

あー、懐かしい。中学校の時に読みましたよ、これ。

http://lite.air-nifty.com/air/2009/03/x95-f6c8.html

ここで一応全部かどうかはわかりませんが聞けました。男の人ですけど。
こんな所かな?英語圏のサイトで合法のフリーはありませんでした。
違法なら、Torrent系であると思います。

The old man and the sea audio book

で検索するとごろごろ出てきますけど、リンク切ればっかで探すのめんどうになったので、
自分で探してみてください。
買ってもよいならこちらとか。

http://books.simonandschuster.ca/Old-Man-and-the-Sea/Ernest-Hemingway/9780743565134

Q「バック・トゥ・ザ・フューチャー」のPART1とPART2は同時に撮影?それとも別々?

一昨日からBS放送で「バック・トゥ・ザ・フューチャー」が放送されており、久しぶりに観賞していました。小さい頃に見たので新鮮な気持ちで見ていたのですが、昨日放送されたPART2を見ていて疑問に思った事があるので詳しい方に回答頂ければと思います。

その疑問なのですが、1・2と同じ場面がいくつか出ていますよね。例えば、ダンスパーティーのシーンやドクが殺されてテロリストから逃げ惑うシーン等。あれって合成なのでしょうか?それとも2で再度取り直した物なのでしょうか?1・2と同時に撮影したものなのでしょうか?

私は同時に撮影したものなのかな~と思ったのですが、「ロード・オブ・ザ・リング」で一気に撮る手法があれだけ騒がれたのだから違うかなとも思い、取り直したのであればそれだけお金かかるし、合成にしては上手い具合にやってるし・・・という感じで答えが見つからないのでいます。本当のところはどうなのでしょうか?教えて頂けるとありがたいです。宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

こんにちは。「バック・トゥ・ザ・フューチャー」シリーズの大ファンです。

皆様ご指摘のとおり、「同時撮影」はないですよね。
何度もレーザーディスク(懐かしい)やDVDで観ていますが、今まで「合成」と思い込んで見ていました。うまくできてはいますが、「合成のはずだ」という目で見れば微妙に分かるなぁという感じではないでしょうか。

パート1とパート2の話が繋がっていないなぁと一番思うところが、1の最後でドクが未来から戻ってきてマーティだけではなくジェニファーにも「君にも関係あるんだっ」と強引に連れていくのですが、2では未来に着いたジェニファーをすぐ眠らせてしまい、「デロリアンを見たから連れてきた」な~んて言っているところでしょうか。(笑)

パート1がめちゃくちゃ面白かったので、パート2はいまひとつだったかもしれませんが、今夜のパート3はまたまためちゃくちゃ面白いですよ。

(頭の中でマーティがスケボーで通学しているシーンと音楽がよみがえってきました)

Qあらすじって誰が書いてるんでしょうか?

私にとって、なくてはならないが、時に手ひどく裏切られるもの。それは、文庫のあらすじ。

ハードカバーや新書にはあまりないが、文庫には大抵ついているあらすじ。

あらすじを読んで本を買ったら、中身が大して面白くなかった場合は、まぁいいとします。相手も売るためにがんばっているのだから。

しかし、許せないのは、あらすじでほとんど話が終わっている場合!

あらすじ
「幼馴染のAとB。お互いに相手を意識しているが、すれ違う二人。そんな時に親友のOがAを好きだと言い出して?!Aを体育館裏に呼び出したB、果たして二人の関係は?!番外編AB君の日常も同時収録!」

本文を読み始める、すれちがうAとB。文庫の半分まで来ている。体育館裏、5分の4ページまで来てしまった。

あれ、もうページが残り少ないぞ・・・。

もしや、このパターン・・・。

あらすじで話がほとんどおわってるぅ~!

こんなことなら、あらすじ読んで、最後の1~2ページ立ち読みすればよかったよ!

あらすじを書いたやつが悪いのか?あらすじで語られる内容しか書けない作者が悪いのか?!

一体、あらすじって、誰が書いてるんでしょうね?

私にとって、なくてはならないが、時に手ひどく裏切られるもの。それは、文庫のあらすじ。

ハードカバーや新書にはあまりないが、文庫には大抵ついているあらすじ。

あらすじを読んで本を買ったら、中身が大して面白くなかった場合は、まぁいいとします。相手も売るためにがんばっているのだから。

しかし、許せないのは、あらすじでほとんど話が終わっている場合!

あらすじ
「幼馴染のAとB。お互いに相手を意識しているが、すれ違う二人。そんな時に親友のOがAを好きだと言い出して?!Aを体...続きを読む

Aベストアンサー

ホント、たまに腹立つあらすじとか、ありますよね!
結末さえ書かなきゃいいと思ってるのか、前半のクライマックス書いてくれたりして「このあらすじさえなきゃ、もっと楽しめたのにー!」って、悔しい思いをします。

あらすじを書いてるのは(多分ですが)編集者が多いんじゃないかと思います。
まず最初の読者というのは担当編集者でしょうし。
そういえば「世界の中心で愛を叫ぶ」というパクリタイトルも編集者が付けたそうですね。
あれだけ売れたのもこのタイトルによる所が大きいと思われるので、この場合はいい仕事をしたわけですね。

>あらすじで語られる内容しか書けない作者が悪いのか?!
中にはそういう作者もいるでしょうが、まともな小説でもこういうことがありますので、やはりあらすじを書いたやつが悪いんでしょう。

「売るためなら全部書いちゃうぜ!後は知ったことか!」と思ってるのか、単に読者の気持ちがわからなくて真っ正直に「あらすじ」を書いてるのか、どっちなんでしょうね_ _;

Qゴッドファーザー、エビータ、セブン・イヤーズ・イン・チベット

ゴッドファーザー、エビータ、セブン・イヤーズ・イン・チベット
この3作品の映画の「テーマ」とは何でしょうか?(テーマ曲ではありません)

教えていただきたいです。

Aベストアンサー

家族愛、友情、絆、裏切り、暴力などなど。
人間の持っている感情の凝縮された人生論をテーマにした映画ではありませんか?
また、それぞれの映画で登場する人物の考えや思考もふまえれば哲学的要素もありますよね。
この三作品のテーマはズバリ
「登場人物の半生を哲学的視点から見た人生論」では・・・。
少し長いテーマになってすみませんが。

Qジャンプあらすじ

ジャンプあらすじ


週刊少年ジャンプを次の木曜日から買おうとおもうのですが
漫画のあらすじがぜんぜんわかりません
各まんがの簡単なあらすじをおしえていただけませんか
おねがいします

Aベストアンサー

http://www.shonenjump.com/j/rensai/index.html

Q『ゴッドファーザー』などに見る裏社会の構造…?

『ゴッドファーザー』『シティ・オブ・ザ・ゴッド』『ワンスアポナタイムインアメリカ』など、裏社会を描いた傑作を観ると良く思うのですけど、あれらの舞台となっている社会では、彼らのようなマフィアやギャング団はどういう社会的位置づけになっているのでしょうか?

・『ゴッドファーザー』
1・2共に理不尽な事件に巻き込まれる社会的弱者を金で守る義賊的な活動をしているのは分かりましたが、それが他のマフィアとの抗争などと、どうつながるのかが解りません。卑劣なワナを仕掛けて相手を貶めたと思えばトップ会談で『正々堂々やろう』と触れたり、フクザツです。

・『シティ・オブ・ザ・ゴッド』
ボス自体なんだかガキっぽい性格で、腹いせに子どもを殺したり目立ちたいだけの理由で新聞に載ったり、あれで良く内部崩壊しないものです。どういうビジネスで社会的になりたっているのでしょうか。

取り合えずキーワードは『土地の支配権』『他グループとの抗争(共存は殆どない?)』『社会的弱者に恩を売る』程度のことは理解できたのですが…。

馬鹿らしい質問かも知れませんが、どなたかご存知の方、お教え下さい。

『ゴッドファーザー』『シティ・オブ・ザ・ゴッド』『ワンスアポナタイムインアメリカ』など、裏社会を描いた傑作を観ると良く思うのですけど、あれらの舞台となっている社会では、彼らのようなマフィアやギャング団はどういう社会的位置づけになっているのでしょうか?

・『ゴッドファーザー』
1・2共に理不尽な事件に巻き込まれる社会的弱者を金で守る義賊的な活動をしているのは分かりましたが、それが他のマフィアとの抗争などと、どうつながるのかが解りません。卑劣なワナを仕掛けて相手を貶めたと思...続きを読む

Aベストアンサー

ギャングというのは、大抵は互助会的な部分が大きいわけで、
一番大きいなのは、社会的な混乱期に自警団的なものとして発生して、
それが独立していくんでしょう。

アメリカなんかだと、イタリア人は初期の移民者たちからは異教徒と呼ばれるので、
地位も立場も弱かったので、最初は自分たちのコミュニティを守るために組織されたりしてるんじゃないでしょうか。
基本的な仕事は用心棒的なところでしょう。
それが、それがゴッドファーザーでは良く描かれているのではないかと。
それだけに、名誉だとか、仁義とか面子に拘るのも至極当然です。
イイコトするという建前に始めたものですから。
守護者として自分らのコミュニティに慈悲深い姿勢を見せるのも当然のことかと。
これは洋の東西は問わないのではないかと。

でも、時間が経てば武装集団として特化された組織だけに、力も増すので、社会的な脅威にはなりますよね。
そもそも、威圧的な力で維持している組織なので、自分らが弱いということを見せるのは、非常に危険ですから。
そのために抗争も起きるのでしょう。
相手よりも強いという部分を見せるのが一番ですから。

どっちにしろ、裏社会は必要としている理由が、再帰的になっていることが世の中の矛盾というやつなのでしょう。

「ソプラノズ」なんかを見ると地味なマフィアの日常と非日常を見られて興味深いところです。

ギャングというのは、大抵は互助会的な部分が大きいわけで、
一番大きいなのは、社会的な混乱期に自警団的なものとして発生して、
それが独立していくんでしょう。

アメリカなんかだと、イタリア人は初期の移民者たちからは異教徒と呼ばれるので、
地位も立場も弱かったので、最初は自分たちのコミュニティを守るために組織されたりしてるんじゃないでしょうか。
基本的な仕事は用心棒的なところでしょう。
それが、それがゴッドファーザーでは良く描かれているのではないかと。
それだけに、名誉だとか...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報