ネットが遅くてイライラしてない!?

GO-TOキャンペーンという愚策が7月22日からスタートすることになりました。
愚策かどうかという議論はともかく、受注した業者がJTBと日本旅行業界を含む共同体という報道ですが、この共同体がどこの組織なのか何を調べても分かりません。
何処かご存知の方教えて下さいませんか?

A 回答 (4件)

GO-TOキャンペーンの委託先は「一般社団法人環境共創イニシアチブ」というトンネル法人です。

 電通が省エネに関する国の補助金交付事業を手掛けるため、グループ企業やエネルギー団体とともに2011年に設立した法人です。 構成する企業は電通、電通ライブ、電通国際情報サービス、トランスコスモス、大日本印刷などで、設立に関わった企業のメンツは「持続化給付金」の事務委託を請け負った「サービスデザイン推進協議会」とほぼ一致しています。 因みに、GO-TOキャンペーンで恩恵を受ける「全国旅行業協会」の会長は媚中派議員のトップである自民党幹事長二階俊博です。 また、ご承知の通りGO-TOキャンペーンを推進している国交省大臣も媚中派政党の公明党議員です。コロナがまだまだ猛威を振るっているこのような時期に、何故政府がGO-TOキャンペーンの実施を急ぐのか国民の大半が不思議に思っていますが、これらの連中がかかわっているということで、その理由がよくわかるでしょう。
    • good
    • 0

全国の全ての旅行関連業者(共同体)で一儲けしょうとする魂胆?

    • good
    • 0

受注用に作られた、


ジョイント企業体ではありませんか?

それ専用の…。
    • good
    • 2

JATA日本旅行業協会?かも

    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング