ママのスキンケアのお悩みにおすすめアイテム

世界のエネルギー自給率についての質問です。
私は今、とある授業の内容でエネルギー自給率の低い国について勉強しています。
日本がそのうちの一つであることは言わずもがなですが、世界には一体、日本よりも更に深刻なエネルギーの自給率の低下についての問題を抱えている国があるのでしょうか。
もしご存知でしたら、具体的に教えていただけると嬉しいです。

A 回答 (2件)

OECD諸国だと、日本より下というのは


ルクセンブルグぐらいですね。

日本はほとんど最下位です。
「世界のエネルギー自給率についての質問です」の回答画像2
    • good
    • 1

資源エネルギー庁


https://www.enecho.meti.go.jp/about/pamphlet/ene …

「問題が何であるのかが問題」ってことです。
例えば、江戸時代レベルの生活水準でそれでいいとなると、エネルギー問題は解決ってことになります。そうなればエネルギーを使用しませんから。ただそうなると他の動物同様に7割ぐらいの子供は大人になる前に死んでしまうことになるでしょう。

アフリカの多くの国では多くの子供が死んでいました。それ見た一部の西洋人が薬とちょっとした公衆衛生の仕組みを持ち込みました。多くの子供は死ななくなり、大人になることが出来るようになりました。
その後、アフリカでは食料やエネルギーが不足し戦争、紛争が相次ぎ、戦争を避けられた国でも多くの地域はスラム化し治安は限界まで悪くなって行きました。

また同問題は日本では明治期などから起っていました。その結果、十代で子供をもうけると犯罪者の如くの扱いを受けるように成ったり、成人年齢が20歳になったり、様々な良識や倫理感が変えられて行きました。そのため1970年台まで少子化が推進され続け、かつては国がコンドームを推進し「明るい家族計画」などと称してキャンペーンが行われていたりもしました。
世界的に人口爆発問題への対処が試行錯誤され、中国では一人っ子政策という悲惨な政治政策も行われていました。
人口が増えれば増えるほど資源・食料・エネルギーの必要性は増大します。
また人間は本来セックスをしません。人間も他の動物と同じで交尾しかしないのが本来の人間の姿です。が、人口が密集し都市生活を行い野生と離れた生活を行うようになると、その生活様式により人間はセックスを行うようになります。その延長線上に現代の性事情があります。
つまり国や社会が性行為を封じれば封じるほどに変態が増えることになります。

「問題が何であるのかが問題」です。
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング