人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

ある某大型掲示板で「殺すぞ!!」などの脅迫やその他数え切れないくらいの侮辱や脅迫を繰り返していた人が
「訴えるぞ」などと言われていました。
その人いわく今その掲示板の管理人に連絡しプロバイダからその人がどこからアクセスしているどういう人かなどを聞き出し裁判を起こす準備をしているそうです。
そんな事はありえるのでしょうか?また長期にわたりそのような暴言などを吐き続けると実刑判決は下るのですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

【結論】


個人が掲示板などで「殺すぞ!」というのは見ていて不愉快なものですが、書いた人間が訴えられることは「まず」あり得ません

【理由】
(1) 発言者の中傷の的となった人の本名等(その他住所)が晒されていることは無いですよね。通常はIDとかハンドルネームの人を対象に「殺すぞ」と言っているようなものですからね。そうであれば、対象が不明確であるとして通常、相手にはされません。
(2) 本名・実名で晒されている場合で、余りにも悪質な場合は警察に訴えることになります。プロバイダは中傷の的となった人の要求があろうとも、ログを見せたり個人情報を開示することはしません。斯様なことをすればプロバイダが法律違反となるからです。

【備忘】
 さて、結論には「まず」あり得ない、と書きましたが、例外的に訴えられることがありますが、中傷されたとされる個人が「実名・本名を晒されている」「中傷が余りにも悪質な場合」且つ「放置すれば現実の被害を被る恐れがある」は、警察に届け出て、あくまでも、警察がプロバイダに対して情報提供を求めて初めて刑事裁判が可能となります。
 なお、dobi-さんが「実刑判決」と書かれていますが、有罪になっても執行猶予がある場合は「実刑判決」とはなりません。
    • good
    • 0

>今その掲示板の管理人に連絡しプロバイダからその人がどこからアクセスしているどういう人かなどを聞き出し裁判を起こす準備をしているそうです


話を整理すると脅迫やその他数え切れないくらいの侮辱や脅迫を繰り返されていた人が民事裁判を起こそうとしているということですね?
ネットでの名誉毀損の裁判例は近年急増していて決して珍しいものではありません。
参考URLに「ネットによる侮辱・名誉毀損に関する判例集」のページをお示ししました。
ネット社会は治外法権というのは虚偽で、2ちゃんねるの管理人は幾度もの民事訴訟に敗訴しています。
参考裁判例中のほとんどの事件は、発言者の中傷の的となった人の本名等が晒されている場合にあたります。(リーディングケースである「ニフティサーブ事件」も名指しで被害者の経歴などを指摘し虚偽を含む誹謗中傷をしたものです)
さて、名指しで名誉毀損をされた場合、発言者の素性が分かっていればすぐにでも訴訟提起できます。質問者のあげた事案では発言者の素性が分からないから「掲示板の管理人に連絡しプロバイダからその人がどこからアクセスしているどういう人かなどを聞き出し」ているわけですね。
重要な法律として平成13年に制定された特定電気通信役務提供者の損害賠償責任の制限及び発信者情報の開示に関する法律(プロバイダ責任制限法)があります。
その第四条において発信者情報の開示請求等の定めがおかれ、どのような場合にプロバイダが権利の侵害に係る発信者情報(氏名、住所その他の侵害情報の発信者の特定に資する情報であって総務省令で定めるもの)を開示すべきかを定めています。
この制度によって従来は直接の不法行為者である発言者を被告とできない場合がありましたが、直接の不法行為者を被告とすることが可能となります。
ところで、リーディングケースである「ニフティサーブ事件」で最も重要だったのは、プロバイダおよびその補助者(シスオペ)にも作為義務に基づく不作為の不法行為が認められたことです。(控訴審ではプロバイダおよびシスオペの責任を否定しましたが、それは一般に責任がないことを理由としたものではなく、あくまで具体的事案に基づく判断によるものです)
さきほど2ちゃんねるの管理人が敗訴したと言いましたが、削除権限に基づく責任を問われる場合もあるのです。(第三条では責任範囲の制限規定を置いていますが、これは「ニフティサーブ事件」の裁判所の立場を立法者が確認したものとされます)

刑事については、
第二百三十条  公然と事実を摘示し、人の名誉を毀損した者は、その事実の有無にかかわらず、三年以下の懲役若しくは禁錮又は五十万円以下の罰金に処する。
という名誉毀損罪の構成要件に該当すれば名誉毀損罪にあたるといえます。
「某大型掲示板」とのことですから、不特定または多数の前で名誉毀損があったことになりますから「公然性」の要件は充たすものと思われます。
実際の裁判例はさがせませんでした。前田雅英「刑法各論講義」116頁掲載の1998年の実績では名誉毀損罪での有罪人は17人で、そもそも名誉毀損罪自体の件数が少ないです。

参考URL:http://www5d.biglobe.ne.jp/~Jusl/Hanrei/Meiyo/Ne …
    • good
    • 0

 中学校の生徒を殺すという脅しの掲載を2チャンネルの掲示板に書いた学生が逮捕されています。


 実際の容疑はその掲載によって中学校の業務が停止したので、威力業務妨害ということです。
 ですから、記載したことによって発生した事態に対して罪を認定しているのですね。
 ということは、書いた内容、対象、状況によって犯罪と認定されるかどうか、どんな罪になるかはちがうかもしれませんが、「ありえるのか?」というご質問については「ありうる」という回答になると思います。

 この記事は参考URLに入れておきます

参考URL:http://www.sankei.co.jp/news/050113/sha085.htm
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qネット警察通報→逮捕されるのか?

こんばんは。
自分のしでかしたことに嫌になります。相談にのってください。長いですが宜しくお願い致します。

去年ぐらいにネットを通じてある人を好きになりました。遠距離でメールのみの関係で親しくなり、写メのやりとり等して付き合い始めました。でも、一年ぐらい経つかどうかぐらいに、いきなり音信不通になって、漸く聞けた言葉は「別れよう。好きな人がいる」と…。相手が物凄く体が弱い為、物凄く心配して夜も寝付けれなくて仕事も手につかなかったのに…この結末でした。
私は頭で理解できず、子どもっぽく腹をたててサブアド習得し、数日間メボムをしてしまいました。馬鹿らしい行動です。ひょんなことから相手は私だのことに気づき、そこから気持ち悪いとか死ねだとかそんな言葉がきました。その時はまあ仕方ないかと思い、引っ込みました。何週間後にフェイスブック通じて謝りました。その後は無視されています。

次、数ヶ月後ふとしたことで相手を思い出しました。苛立ちました。馬鹿げたことにフェイスブックを通して腹立つ、消えろ等暴言を言い合って終わりました。スカッとしたと同時に私の人間性?も消えていく感じでした。
でも、忘れようとして頑張りましたがやはり無理でした。夢にまで出てきてどうにもならなく、もう名前見るのも嫌で、でもやはり気になってフェイスブックを見てしまいました。そこに書いてあったのは交際中の文字。何にも考えられなくなって、夢中で相手に暴言の嵐。この前に比べて暴言の度合いがキツく、送ってしまいました。でき婚しろ、毎日エッチしてるなんて猿、フリーター等。そして返ってきた言葉は私の本名とネット警察とフェイスブックに通報しましたという言葉でした。
そこで私ははっと頭が冷め、すぐに謝りました。

私は犯罪者になってしまいました。いつか、警察は私のことを逮捕とか事情聴取とかにくるんでしょうか?…親にも友達にも顔向けできません。働いてる時、今警察がきてるのではないかとか頭が過り、心配で堪りません。
反省はしています。
警察はこういうことで動きますか?教えて下さい。

こんばんは。
自分のしでかしたことに嫌になります。相談にのってください。長いですが宜しくお願い致します。

去年ぐらいにネットを通じてある人を好きになりました。遠距離でメールのみの関係で親しくなり、写メのやりとり等して付き合い始めました。でも、一年ぐらい経つかどうかぐらいに、いきなり音信不通になって、漸く聞けた言葉は「別れよう。好きな人がいる」と…。相手が物凄く体が弱い為、物凄く心配して夜も寝付けれなくて仕事も手につかなかったのに…この結末でした。
私は頭で理解できず、子ど...続きを読む

Aベストアンサー

相手は匿名で貴方も匿名でしょうか?
一版的には、匿名の相手に脅迫的なメールを送っても、脅迫罪や侮辱罪、名誉毀損罪は成立しないと思います。
相手の氏名や住所などが分かっていて、特定された実在する人にこのようなことをすると犯罪は成立します。
フェイスブックはあくまでゲームの中の世界、フェイスブックの規定に違反すれば、あなたの会員資格が削除される程度だと思います。

もうひとつ、警察は犯罪行為に触れる行為をしても、それが検挙と繋がるとは限りません。妥当性の問題、つまり、検挙する必要性があるかも判断します。ことは男女間の恋愛問題、別れるときには揉めたり、怒ったり、相手を侮辱したりすることが多く、今回も相手方はあなたに「死ね」等の暴言を吐いているのでお互い様、程度の差こそあれ同罪だということです。
警察が男女間の揉め事に本気で乗り出すことは、「殺してやる。」等、実際に付きまとう等、生命・財産に危害を加える恐れがある場合で、男女間の暴言程度ではまれのように思います。

メボムは、相手のメールボックスに大量のメールを送りつけたのだと思いますが、不正アクセス禁止法には、たぶん該当せず、威力業務妨害罪になると思いますが、相手方は業務をおこなっているのではないので、これにも該当しないと思います。
警察は主に、サイバー攻撃など、不特定多数の相手方に大きな被害をもたらす行為に検挙の重点を置いていると思います。

ただし、これは素人の予想ですので、あくまで参考にしてください。
大切なのは、これ以上に相手方にかかわらないことであろうと思います。
警察が捜査に、職場に来ることはほとんどないでしょう。本人の名誉が傷つくから避けるはずです。
もし万が一、警察に出頭を命じられたら素直に出頭して、ありのままを話し、反省の意を示せばいいと思います。
あなたが常習犯でない限り、指導・注意で終わるか、検挙されても逮捕はまずありえず、不送致、不起訴で終わってしまうでしょうし、他の人に知られることもないでしょう。

あまり、神経質にならず、今までの行為を反省し、今後絶対にしないことが大切です。

相手は匿名で貴方も匿名でしょうか?
一版的には、匿名の相手に脅迫的なメールを送っても、脅迫罪や侮辱罪、名誉毀損罪は成立しないと思います。
相手の氏名や住所などが分かっていて、特定された実在する人にこのようなことをすると犯罪は成立します。
フェイスブックはあくまでゲームの中の世界、フェイスブックの規定に違反すれば、あなたの会員資格が削除される程度だと思います。

もうひとつ、警察は犯罪行為に触れる行為をしても、それが検挙と繋がるとは限りません。妥当性の問題、つまり、検挙する必要性...続きを読む


人気Q&Aランキング