よく減価償却という言葉を耳にしますが、どういうことですか?
具体例などをあげてもらいながら説明してもらうとありがたいです。

それと不良債権の直接償却と間接償却この違いについても教えていただきたいです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

こんにちは。



減価償却についてですが、簿記などでよく耳にする言葉ですよね。

えー、簡単な事例で説明しますと、こういう事になります。
1999年に自動車を新車で買いました。価格は300万円でした。
普通の生活上でもそうだと思うのですが、この300万の新車って、ずーっと300万の価値があるかというと、そんなことってないですよね。
年式が古くなったり、実際に走ったりして、いわゆる「中古」になるわけです。
そうなると、帳簿上、その車の資産としての価値はいくらなのか、ということになるんですが、その無くなっていく価値のことを「減価償却(費)」といいます。
つまり、

1999年 300万円
2000年 200万円
2001年 100万円

というように、車の価値が下がって行く時に、「減」って行く「価」値は目に見えないところで「償却」されて行く訳です。それが、「減価償却」の意味です。

因みに、不良債権のほうはいまいち知識が曖昧なので、ほかの方にお任せします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

具体的な例をあげていただきありがとうございました。返事がたいへんおくれてしまいすみませんでした。回答ありがとうございました。

お礼日時:2001/09/30 14:03

減価償却と不良債権の償却はまったく別の問題です。


減価償却はどうやって資産を費用化するかの問題で、
不良債権の償却は負債の回収可能性の判断の問題です。
    • good
    • 0

通常、企業は1年ことに決算をして、その年の利益を計算します。


固定資産は長期にわたって使用されますから、購入した年度に、一括して経費として処理すると、その年度だけ経費が増えてしまい、正しい期間損益が計算できなくなります。
そこで、その固定資産の使用可能な年数(「耐用年数」といいます)に渡って、各会計年度の経費として処理して、その価値を年々減らしていくことを減価償却と云います。
なお、ほかの固定資産と違って、土地は、使用することによって価値が減少するということがないので、減価償却の対象になりません。 
減価償却の方法には、定額法と定率法と2つの方式が有ります。

不良債権の直接償却と間接償却この違いについてですが、間接償却とは、債権が回収されなくなる場合に備えて引当金を積んでおく処理方法です。
一方、直接償却は、間接償却からさらに進んで、不良債権をバランスシート(貸借対照表)から、直接消してしまう処理方法です。その処理方法には、債権の回収、債権の放棄、債権市場への売却などがあります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

貸借対照表というの言葉と引当金の意味が分らなかったので自分で調べてみます。
直接償却するとやはり何か弊害があるんでしょうかね?回答ありがとうございました。

お礼日時:2001/09/30 14:15

減価償却はすでに回答があるように固定資産をその耐用年数に応じて費用化する方法です。

(購入した瞬間からそのものの価値は時間の経過と使用状況により減少していきます。)
次に不良債権の直接償却と間接償却ですが、銀行等の不良債権を処理する方法であり、回収が困難であると見込まれる額について事前に引当金の積み立て(債権償却特別勘定への繰り入れ)を行う〈間接償却〉方法と回収不能見込額について勘定から引き落とす〈直接償却〉方法があります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。

お礼日時:2001/09/30 14:17

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q不良債権を償却するとなぜ景気がよくなるのか

 納得できる、答えが返ってこないのでもう一度質問いたします
 不良債権を直接償却するとなぜ景気がよくなるのか、どうしても、わかりません
マスコミ等で不良債権を早く処理しないと、景気はよくならないというのが、定説です。しかし、その理由を具体的に述べている人がいません。扇大臣が、不良債権を処理しないと、新たな、投資に回せないから景気が回復しない、といっていました。
しかし、銀行は集めた預金を貸し出しに回さず、国債を買っています。銀行も商売ですから新たな投資先があれば資金を回すはずです。私は、景気の回復しないのは、新たな投資先がないからで、不良債権の処理とは関係がないと思いますが?
不良債権を処理すると、失業が増えて却って、景気は悪くなると思います。不良債権は処理するよりも、凍結し、新たな投資先が出現してくるのを待つほうがよいと思います。

Aベストアンサー

以前こういう投稿をしました:不良債権に関する深い洞察の本が出て、話題になってます。小林・加藤『日本経済の罠』日経 
http://www.nikkei.co.jp/pub/newbooks01-03/14856/14856.html
という本なのですが、そこで言っていることは・・・、

結論から先に言いますと、不良債権が処理できないと、日本経済の総需要が収縮してそれが持続する、つまり不況が長引くというものです。その理由は、
1)債権者(銀行)が優先的に返済を要求するので、新たな投資に貸し渋りをする。
2)他方、資産価格が下落すると、担保価値が下がるので、信用制約が強化される。
つまり、資産価格の下落→不良債権の発生→信用制約→総需要の収縮→さらなる資産価格の低下→・・・という悪循環が出来るというものです。

さらにこれに加えて、
3)既存債務者に「追い貸し」をするという、先送りが行われ、この悪循環が長引く。
ということになって、不況はますます長くなるというのです。

この悪循環の持続を断ち切るには、不良債権を処理することだというのが、この本の主張です。

つまり、ご質問への応えがここにあります。
具体的にあなたの疑問にお応えすれば・・・、
>銀行も商売ですから新たな投資先があれば資金を回すはずです。
・・・とはならない。
>不良債権を処理すると、失業が増えて却って、景気は悪くなると思います。
・・・不良債権がなくなれば、あらたな産業に投資が行われ、雇用が増える。
といった論理になります。

以前こういう投稿をしました:不良債権に関する深い洞察の本が出て、話題になってます。小林・加藤『日本経済の罠』日経 
http://www.nikkei.co.jp/pub/newbooks01-03/14856/14856.html
という本なのですが、そこで言っていることは・・・、

結論から先に言いますと、不良債権が処理できないと、日本経済の総需要が収縮してそれが持続する、つまり不況が長引くというものです。その理由は、
1)債権者(銀行)が優先的に返済を要求するので、新たな投資に貸し渋りをする。
2)他方、資産価格が下落す...続きを読む

Q減価償却制度

まず、減価償却制度について子供でもわかるくらいわかりやすく説明してくださいΣ(; ̄□ ̄A
あとは小さな質問なんですが
(1)10年定額制とは法廷耐用年数が10年という意味ですか。
(2)費用としてかかっているのに会計上の利益をもたらすという意味が特にわかりません。というか、会計がそもそもわかりません。なぜ実際、費用としてかかっているのにわざわざ減価償却制度を使って費用を各年に分配するのかわかりません。
(3)経済全体に与える影響が設備投資をした年にはプラスになり翌年にはマイナスになることもわかりません。

Aベストアンサー

一部簡単にするために説明を省きます。
普通のものは古くなれば壊れますよね。
これくらいで壊れるのではないかと時間を決めて最終的にはゼロになるように価値を減らしていくことです。そして、その減らすタイミングを普通は一年毎にしてるわけです。
そこで、1は大体その通りでいいでしょう。10年たったら壊れる、無価値になると考えてください。定額制とは使い方に関係なく毎年同じ額だけ減らしていくということです。

次に、2は減価償却するものは普通長期間使えるものですから、使っている期間すべてに費用を分配した方が会計として正しい数字が出ると考えるからです。しかし、ご指摘の通り既に現実には支払いをしていますから払った期間以外は実際に現金が出ていくわけではありません。そうするとその分だけ自分の手許に現金を残すことができます。それを収入、利益として考えるということです。

最後に、3は2で説明した通り支払いはその期間に行われ社会にその現金が流通することになります。減価償却する側で費用として計算した額ではなく当然全額です。したがって、会計上よりも多い金額が流通することになるので社会にとってはプラスと考えるわけです。しかし、その期間の後は減価償却で費用とされた金額は流通しないで会社(としておきますが)の中に残されるわけです。流通する現金が減れば社会にとってはマイナスになる、ということです。現金が流通することが経済にとってはプラスであることはわかっているという前提ですが。
大体これくらいでしょうか。

一部簡単にするために説明を省きます。
普通のものは古くなれば壊れますよね。
これくらいで壊れるのではないかと時間を決めて最終的にはゼロになるように価値を減らしていくことです。そして、その減らすタイミングを普通は一年毎にしてるわけです。
そこで、1は大体その通りでいいでしょう。10年たったら壊れる、無価値になると考えてください。定額制とは使い方に関係なく毎年同じ額だけ減らしていくということです。

次に、2は減価償却するものは普通長期間使えるものですから、使っている期間すべて...続きを読む

Q減価償却

減価償却した支出は、内部留保になるそうですが、それは損益計算書のどこに出てきますか。初歩的な質問ですが、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

当期分の償却額=内部留保分は当然、「減価償却費」(製造原価と一般管理費に)として損益計算書に計上されています。それが相当し、別の科目に表示されてはいません。

これまでのその内部留保の累計は、損益計算書ではなく、貸借対照表の方で、「減価償却引当金」または「減価償却累計額」に表されます。(間接法の場合)
直接法の場合は貸借対照表脚注に「減価償却累計額」があればよいのですが、なければ分かりません。

Q直接税・間接税

直接税と間接税の良点・悪点について教えてください。
また、垂直的公平、水平的公平とは具体的にはどういうことですか?

Aベストアンサー

直接税は、所得税みたいに直接「儲け」から差っぴかれる税のことです。
特徴として、一般的に累進課税されています。儲けが多いほど税率が高いのです。これは、貧乏な人にとってはメリットです。少ない税金で、より大きな行政サービスを受けることができるのですから、また、お金持ちにとってはデメリットです。社会にとっても、累進課税は、メリットとデメリットがあります。累進課税をすると、社会の貧富の格差が少なくなります。極端に貧しい人がいなくなるということは社会にとってはメリットです。治安がよくなったり、お金を持っていない人とお金を持っている人がいがみ合ったりしないからです。こういう状態を垂直的公平というんだと思います。
その代わり、お金を稼ぐ能力を持った人が一生懸命がんばらなくなるというデメリットがあります。
間接税は累進課税されません。私がガムを買っても、孫正義さんがガムを買っても税率は同じ5%です。したがって、間接税の比率が高くなれば、社会の格差が大きくなるかわりに、能力のある人はがんばります。
-------------------------------------
水平的公平は自信がないですね。多分同じ儲けの人はどんな職業でも同じように課税されるべきだという考え方だと思います。今の税のシステムは「くろよん」とか、「とーごーさん」とか言って、サラリーマンに負担がかかりすぎると言われています。すなわち水平的公平が達成されていないのです。

直接税は、所得税みたいに直接「儲け」から差っぴかれる税のことです。
特徴として、一般的に累進課税されています。儲けが多いほど税率が高いのです。これは、貧乏な人にとってはメリットです。少ない税金で、より大きな行政サービスを受けることができるのですから、また、お金持ちにとってはデメリットです。社会にとっても、累進課税は、メリットとデメリットがあります。累進課税をすると、社会の貧富の格差が少なくなります。極端に貧しい人がいなくなるということは社会にとってはメリットです。治安が...続きを読む

Q減価償却について・・・かな?

ちょー初心者です。

会社の設備を廃棄しようとしたところ、「まだ期末簿価が10万円もある。今捨てたら税金がかかってしょうがない。もう少し減価償却してからだ。」と言われました。

そもそもすでにお金を払って購入したものが、なんで価値がゼロ(またはそれに近く)にならないと捨てられないのでしょうか。捨てるときに税金がかかるのも解せません。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

減価償却資産の帳簿価格が残っていても、その設備が古くなって使えなくなったり、故障して修理代が多額なために廃棄することは可能で、その時の帳簿価格は「固定資産除却損」として処理できますから、税金がかかることは有りません。

減価償却とは、建物・機械などの固定資産は購入後、何年間も使用でき徐々に価値が減っていきます。
それを、購入時に全額を経費として処理すると、その年だけ経費が多く計上されてしまい、利益が少なくなり、実態を表さなくなってしまいます。
そこで、購入時には固定資産として計上して、使用可能な年数(耐用年数)で、価値の低下にあわせて経費に振替えていくのが減価償却という制度です。

詳細は、下記のページと参考urlをご覧ください。
http://www.rakucyaku.com/Koujien/M/E04/E400100

参考URL:http://www.tabisland.ne.jp/explain/kaisha/kais_004.htm


人気Q&Aランキング

おすすめ情報