ママのスキンケアのお悩みにおすすめアイテム

ご教授おねがいします!

ガソリン車が欲しいのですが、
1.0Lガソリン車と1.5Lガソリン車があります。

これらはどう違うのでしょうか?
そのことについて詳細にのっているサイトを見たのですが、専門用語?(私が無知なだけ)が多すぎて、全く分かりませんでした。

よろしくおねがいします

A 回答 (14件中1~10件)

1.0よりも1.5の方がエンジンの爆発力が大きいので力があります。


したがって、坂道や高速道路では1.5の方が快適です。また、遠のりする際も1.5の方が負担が少ないと思います。
しかし、その分、ガソリンの消費は1.5の方が多いので、いわゆる燃料の消費率(燃費)は多くなります。また、毎年納める自動車税も1.5の方が高くなります。
これからどの様な利用の仕方をするのかによって選ぶべきかと思います。
私個人的には利用範囲の広がる1.5の方を選ぶと思います。
    • good
    • 0

お買い物車としてなら1.0Lガソリン車。


高速道路をそこそこの速度で走る、坂道もストレスなく登れるのが1.5Lガソリン車

概念的には1.0Lガソリン車は燃費がよいはずですが
車体重量が大きいと1.5Lガソリン車のほうが実用燃費でよい結果が出ることがあります。

尚、これは同じ車でエンジンバリエーションで1.0㍑と1.5㍑の二種類が用意されている場合です。
違う車種での比較では違う見解になることもあります。
    • good
    • 0

内燃機関の排気量のことだと思います。


 
ざっくり言えば、ガソリンエンジン搭載車は、エンジンに大きいとか小さいがあります。

密封したエンジンの中に空気を取り込み、センサーで計算して適切なガソリン量を噴射して
小さな爆発を起こして連続で回転させています。

軽自動車は660㏄という小型なエンジンですので非力です。
でも、排気量が小さいので噴射するガソリン量が少なくて済むので、燃費が良い。

それと同じように、1,000ccと、1,500ccのエンジンを比較すると、パワーは排気量の
多い方にあるが、その分やはり1,500ccのエンジンの方が燃費も悪くなる感じ。

4ドアセダンの乗用車と呼ばれるものは、全席に2名、後席に3名の合計5名乗せて走ることを
想定してありますので、その分エンジンにパワーがあるので、あまり燃費が良くない。

車に大人が4人も乗ると、1人で走る時と比べると出足が悪くなるとか、運転していて重たいなあ~
と感じる傾向にあります。

でもいつも1人しか乗らない人が、4ドアセダンとか乗るとガソリンを使う量が同じ距離走った
時に排気量が小さな車より多くなるのでガソリン代が掛かります。

そうすると。「私はいつも1人で買い物に行くわけだし」 とか、「私は営業マンでいつも1人で
お客様のところに行くわけだし」 という人もいらっしゃいます。 そうすると、小さな車の
小さな排気量の2ドアとか4ドアのコンパクトカーを買った方が維持費のガソリン代が安くなる。

逆に18歳の大学1年生が免許取ったというシュチュエーションでは、「俺は彼女とドライブに行く
のが目的だし」 とか、あとは「俺は4年後にどこかの企業に入社して営業車に乗るつもりだし
今のうちに普通車乗っておきその時に困らないように練習しておくか」 と考えたりした場合は
普通車の2,500ccとかを買って燃費は悪いけれど実践で公道を走って練習している感じ。

排気量の小さな車、例えば軽自動車とかだと、幹線道路の片側3車線道路を走っていて、信号機が
赤で停止していて、それが青になると周りの車が結構アクセル踏むので、出足が悪いなあ~ とか
感じたりする。

近所の1km先にショッピングセンターがあり、そこまで裏道とか通って買い物へ行くという場合
ですと出足とかそもそもゾーン30km/hという速度制限もあるのであまり感じない。

でも、遠出して県外まで走るという場合は、パワーのあるより大きな排気量の方が出足とかも
良かったりして、あとはシートとかもデカいとか造りも良いので腰が痛くなるとかない。

20代の男性が彼氏で、同じくらいの年齢の彼女がいた場合、「俺も明日は仕事だし、それは彼女も
同じく仕事だし、少しでも疲れにくい大排気量が良いか」 と選ぶ人もいる。

普段車のエンジンで1番パワー使うのは、出足です。 完全に停止して信号とかが青になった時に
走り出す際に重たいボディを引っ張る際に瞬間燃費計がガツンと下がります。

後は登坂といって、坂道を上る際にエンジンにパワーが要求されます。

■参考資料:ハイブリッドカーは登坂が苦手、買って後悔


例えば、福岡市内だとヨドバシという家電量販店が博多駅の裏にあります。 1階の出入り口から
ビルに車で入ると、自走して立体駐車場の坂を車で上がっていく感じ。 お客様用駐車場が上にある
のでぐるぐる狭い道を上っていくと壁とかにこすった跡がたくさんあったりします。

オフィス街とか、繁華街に車で行き、ビルの上まで自走でぐるぐる回る感じですが、急勾配で
前の車がへたくそだと後ろを走る際にしんどさを感じるとかあります。

高級車とかでは感じにくいと思いますが、エコカーとかで行くと上る力が弱い。

お墓参りとかで郊外にある霊園に行くと到着した最後の方で山を上るので、急勾配なので
それもしんどい。

660ccの軽自動車と、1,000ccのコンパクトカーと、1,500ccのエコカーだと、「私は乗ってみて
どうも小さな660ccとか1,000ccは苦手で、やはり1,500ccの方が良かった」 という感じで、運転者
が経験してみて、自分の好みで言ったり選んだりする感じです。

私の場合は3年前に福岡トヨタでTバリュー認定中古車で30プリウスを買いました。 ガソリンエンジンは
1,800ccです。

お墓まりとかに行くと山を上る際に、「えっ、こんなところで止まる?」 という感じで急カーブの
ヘアピンカーブで上から車が下りてきた時とかに前の車を運転しているおばあさんとかが良く停止します。

下りてくる車がセンターライン超えているとかもあったりして、怖いとかあると思いますが、車は
登坂中に完全停止とかすると、次に走り出す際にしんどいです。

車の運転って、次の動作を先に考えて完全に停止しない方が良いと思うのですが、おばあさんとか
おじいさんが運転しているコンパクトカーが前を走っているとだいたい毎回やる感じです。

それで発進時にガソリン車ですのでアクセルをガツンと踏むとそれなりに走り出すのですが、
ハイブリッドカーに搭載されているガソリンエンジンって燃料の消費が少ないリーンバーン系
なのでガソリンの噴射量が少ないので坂道で出足が悪くなる感じ。

有料道路とか高速道路に入って行く時に、長い急勾配の橋を上るとかの際には人工的な橋ですので
一直線なのでプリウスでも大丈夫だったりしますので、そんな場合は普通に上って行けるのですが
よく軽自動車とかが60km/hとかで走って1車線なので後ろが大渋滞していたりします。

ざっくり言えば、排気量の大きな車の方がパワーがあるので運転していても余裕出るので遠出でも
疲れにくい。 排気量がデカくなると消費するガソリンの量が増えるので財布が痛む感じ。

自分1人で走る場合は、1,000ccでちょうどよいと思っても、彼女とか1人乗せるとその分重たく
なるので、「1,500ccにしておくか」 となる感じ。

排気量が大きくなるほど、ボディサイズも連動して大きくなる傾向にあるので、あまり排気量が
デカいと運転できないケースも出てくるとは思います。

車がデカいと都市部のコンサート会場とかに人を送った際にちょっとした隙間から抜け出るという
ことが難しくなります。

私の場合30プリウスで車幅1,750mmですので都市部の立体月極駐車場とかではギリギリ普通車
サイズになりますが、50プリウスは1,760mmですので大型車用になり、毎月の駐車場代が
高くなるとかもあります。
    • good
    • 0

>これらはどう違うのでしょうか?


 エンジン内にガソリンを吸い込んで爆発させる【量】の違いです。

 たくさんのガソリンを爆発させる方が、得られる力が強くなるので
 1.0Lエンジンより1.5Lエンジンの方がパワーがあります。

 クルマのサイズを大きくすると車体が重くなるので、より大きな力が必要になります。
    • good
    • 0

>1.0Lガソリン車と1.5Lガソリン車があります。


省略して表現しているだけです、車に限りません、内燃機関の中でも圧縮・爆発工程のあるエンジンについて使われます。
属に排気量と言われます、でも実際に廃棄されるガスは高温で膨張しているので大きな量になります、感覚的には吸気量といったほうが・・・・。
爆発させずにエンジンを手で回したときに、吸入・排気される空気の量。
言い換えればピストンエンジンなら、ピストンが往復運動する部分の体積、これが排気量。
※吸入は燃料と空気の混合気、ちょうど完全燃焼する割合で吸入します、排気量が大きければ、燃料の量も多くなります、発生する熱も多くなりますね。
排気量の大きさと、出力(馬力)の大きさは直接の関係があります。
排気量が大きいほど、力があり、加速がよく、最高速度も高い、もちろん燃料はそれなりに食います、お値段も高くなります、
車体とは1L、と1.5L程度の差では同じ場合もありますが・・・。
    • good
    • 0

1Lや1.5Lはエンジンの排気量です。

人間の肺活量みたいなもので大きなほうが運動性が良いとされています。しかし1Lでもターボという部品を付けていると1.5Lに匹敵する運動性能にもなるのでどちらが優れているかは一概には言えません。

経費としては自動車税が年額で29500円と34500円(最近少しだけ安くなった)で当然1Lのほうが安いです。

一人や二人で乗るならば1Lの自動車でも十分です。私も1Lのマーチでスキーに行きましたが普通に走る分には問題はありませんでした。
    • good
    • 0

同じ様な値段で選択肢があるなら、迷わず1.5Lガソリン車にしましょう。


税金が年間で5,000円ほど高いですが、1.5Lガソリン車の方が全てにおいて快適です。

1.0Lガソリン車の方は、2台目か3台目のクルマが必要で、近場の用事しか使わなくて、税金を1円でも安くしたい人専用です。

(但し、スズキのターボチャージャー付きの1.0Lガソリン車だけは別の事情がりますので、この車が選択肢にある場合は、車が好きな人の意見を聞きましょう)
    • good
    • 0

同じ車種で1.0Lと1.5Lということでしょうか?


キビキビが良いのでしたら1.5Lにした方が良いと思います。
よく使うときに搭乗する人数にもよります、
常に3~4人乗るのでしたら1.0Lはストレスがたまると思います。
    • good
    • 0

単純に言えばエンジンの大きさの違いですね。


少し掘りますと…排気量の事を指し、燃焼行程で必要な空気と燃料(ガソリン)を吸い込む事ができる容積を言います。
車体が同じだった場合、基本的に大きければ大きいほど走り出しや追い越しの時スピードが出やすかったり通常走行でのスピード安定性が良かったり…でも、エンジンのメーカーや種類によっても違いは生じますからね…。
最近の販売されている車は大きさに対してちょうどいい大きさのエンジンを載せているのであまりこだわりがなければ気にする必要はないですよ。
    • good
    • 0

https://response.jp/article/2020/04/09/333462.html

参考サイト

税金とかが1.5の方がちょっと高くなる。

>>専門用語?(私が無知なだけ)が多すぎて、全く分かりませんでした。

検索すればわかると思うけど?

分からない事はすべて検索すれば、詳しく解説しているサイトはある。

分からない事はそのまましないほうがいい、永久にわからないままになるし、人に頼らなければいけなくなるから。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

このカテゴリの人気Q&Aランキング