マンガでよめる痔のこと・薬のこと

Webサイト制作のフリーランスについて

まずお客さんから受け取るもの
・Web制作代金
・サーバー・ドメイン登録の際に必要となる
引き落とし口座。
・Web制作に纏わるデータ(構想等)

お客さんに納品するものは
・htmlとcssなどのサイトファイル
・サーバー・ドメイン登録したパスワード
・ワードプレスならワードプレスのログインパスワード
でよろしいでしょうか?

A 回答 (3件)

えーと、ものすごく危うい感じですね。


お客さんから受け取るもの、という扱いからして既に危ういんですが。

やることとしては、
まず何をしたいのかを聞く「ヒアリング」を行い、
それに対して必要な環境や作業を検討し、プランを提案するとともに作業にかかる見積を出します。
その中にはドメインを取得しなければいけないのか、サーバを契約しなければいけないのか、などの項目が含まれます。
お客さんに契約してもらうこともあれば、自分で手配して請求するという方法もあります。
自分で手配した場合、費用に対して利益をのせて請求することになりますが、反面、何かあったときの対応をすぐに行わなければいけないというリスクを背負います。

>・サーバー・ドメイン登録の際に必要となる引き落とし口座。

みたいなことを書くぐらいなら、お客さんにやってもらわないと危ないんじゃないかなと思います。
何かあっても対処できないでしょうし、不明点があったら1日無駄になると思います。
すぐにドメイン取得やサーバ契約もできないでしょうし。

>・Web制作に纏わるデータ(構想等)

データでくれるクライアントって少ないと思いますよ。
こちらがあれこれ聞き出して、提案までこぎつけるのが常です。


>お客さんに納品するものは
・htmlとcssなどのサイトファイル

いや、FTPでアップロードして表示検証でしょうね。
その前に各端末での表示検証も必要です。
Windows、Mac、iPhone、Androidでの検証は必須です。

あと、お問い合わせフォームなどがあるなら、そのファイルと動作検証も必要ですね。



・サーバー・ドメイン登録したパスワード

クライアントにやって貰えば納品は不要です。

・ワードプレスならワードプレスのログインパスワード

WordPressの使い方を尋ねられると思いますよ?
簡単なマニュアル制作は必須ではないかと。(もちろんそれも制作料金に入れる必要はあります)
WordPressの使い方について、クライアントに対して自分で勉強してくれ、と言えた仕事はなかったです。
簡単でいいから最低限のマニュアルをくれ、と言われました。
    • good
    • 0

まず見積もりを出さないと


直しばかり出てとんでもないことになりますよ。
明確に見積もりと追加料金、〆支払日を確認し
納期も含め相手の了解をとるところからです。
    • good
    • 0

着手金はともかく、代金は完成後ではないでしょうか?

    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング