人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

現代日本人

今の日本人が嫉妬深く優れた人の足を引っ張りまくるのは、ここ70年の「人権教育」が原因ではないでしょうか。

質問者からの補足コメント

  • hiro****殿
    ご自身で立派なことを書いたと思い込んでると思いますが、回答「以前」のレベルなので、遠慮してもらえません?

      補足日時:2020/07/22 16:08

A 回答 (13件中1~10件)

#9です。

お礼ありがとうございます。

質問者様が納得する資料ってどういうものか教えてもらえます?
「足の引っ張り合いだった」と直接書いてある資料なんてそうそうないわけですし、どんな文章でも「解釈」が可能ですから「私はこう思う」「私の印象はこう」と書かれると反論のしようがありません。

だから「納得がいく資料の形式」を教えてほしいです。または質問者様が「戦後教育のせい」と考えた資料を教えてくれてもいいです。それに沿った内容のものにしますから
    • good
    • 0

脳みそがワンパターンですねぇ。


嫉妬深く優れた人の足を引っ張りまくるのは
あなた一人ですよ。
社会に出ればわかるんですが、質問者さんは出られるかどうかと言うと無理そうですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

プッ

お礼日時:2020/07/23 21:02

とんちんかんな返しが精一杯の人、として記憶しておきます。


とは言ってもつまんないからすぐ忘れちゃいますけどね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そのまま返す

お礼日時:2020/07/23 00:04

No.5 です。



いただいた以下のコメントについての『足を引っ張る』という観点での私信です。
『ここ70年の「人権教育」が原因では』という質問者さんの趣旨には添わないかもしれませんは、それはご勘弁を。

>米国では仕事のしがらみはなく、すぐ再就職できるということですか?

たぶん、これは私が話した以下の言葉への質問と思います。

>>そこで私たちが出来ることはなんだか考えたことはおありですか?
>>住む場所を変えるんです。
>>自分に最適な場所を探し、そこへ行くんです。
>>日本でそれが出来ますか?
>>出来ません。

日本は程度の差こそあれ、正規採用なら多くは終身雇用です。
会社さえ存続すれば、その人の業績にかかわらず、そこで働き続けられます。
コロナ禍でなければ、派遣さんのような非正規の方々も、日本ではそこそこ保護されて長く働けます。

でも、アメリカではそうではありません。
正規と言えども平気で首を切られます。
正規雇用の場合、日本なら解雇には1か月の猶予期間がありますが、この地では『30分以内に建物から出ろ』はあたりまえです。

この文化には自分自身で対応するしかありません。
はっきり言えば『私のウデが要らないなら他に行く』です。
『しがらみがない』とはこのことです。

『会社や店は私のウデを見込んで雇った』けど『それが要らない』『それに見合う報酬をくれない』ならば去る。
そういうとき、あんたを雇うという人・会社・店が現れるのがこの国。
そう言うことです。

『すぐ再就職できるか』ですか?
それは腕のレベル次第です。
あたりまえでしょ。

私は半導体や電子機器なんかの研究開発エンジニアです。
日本の同業の方は、会社に入るともう勉強はしない。
これじゃアメリカとはやっていけません。

私は毎年自費でひと月研修に出ます。
半導体、回路設計、信号処理、信頼性・耐久性・耐環境性、実装設計、関連法規などの分野で。
先端技術をもったところに2~3週間缶詰になります。
最新技術の理論を叩き込まれ、実習などもこなします。
この講習の最中は24時間頭を使います。
何しろ、学費・滞在費・交通費などに日本では考えられない高額の費用を自己負担でかけてるんですから。

毎日の授業は宿舎のホテルでまとめた報告を参加者とぶつけあうこと。
言葉では簡単ですが、日本でこんなのはないでしょう。
それを2~3週間、毎日するんです。

この中で大切なのはそこでの人の輪。
参加者は世界最先端の先端技術者です。
みな私と同様に自費で来ています。
1秒のむだもしたくない。
この講座を終えると参加者とは友達になれます。
これが大事。
それを大切な資産にするために行っているようなものです。

『すぐ再就職できるか』という質問への答えがここにあります。

やすっぽい再就職ならどこにもあるでしょう。
でもそれなろのしっかりした再就職先を得ようとしたら、こういった努力は必要なのです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

仕事に必要なスキルも自費なんですね、、アメリカも完全ではないのですね。

お礼日時:2020/07/23 00:05

#1です。

お礼ありがとうございます。なんか荒れてます?

さて、なぜ人は他人の足を引っ張るのか?その原因の一つは「嫉妬」です。日本人は割とこの「嫉妬」が多いように思います。
幕末の資料がちょっと調べきれなかったのですが、たとえば司馬遼太郎の本などを読むと、いろいろエピソードが書いてあいます。漫画の幕末志士列なんかも人間関係が分かりやすいです。

他にも戦国代の石田三成は聡明であったものの、人の機微が分からず嫉妬を買いやす人物だったという評価があります。特にこれを嫉妬したのが福島正則で、光成の足を引っ張ろうと徳川側についたために、主家である豊臣を滅ぼしてしまった、と言われています。

こういう足の引っ張り合いは日本史の随所に出てきますので、戦後教育が足の引っ張り合いを助長している、と言うことはないと考えます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

うーん、資料がない上に、司馬遼太郎のフィクション頼り。心許ないです。

石田が嫌われてたのは知っていますが、嫉妬というより反感という印象です。

また福島は足を引っ張るのではなく、正々堂々と敵方に回って戦っています。

足を引っ張るというのは小早川秀秋のことをいうのでは?

お礼日時:2020/07/23 00:09

no7です。

もう一度だけ書きます
「具体性や根根を、自分の意見の反対者に求めながら、ご自身はそうしたものを示さず
「すり替えになっていない」という言葉で済ませるのは
「これ嫌い」と言って、その場を去る幼児の論理だと説明しているのです。」

やたら勝手にレッテルを張っているわけではありません。どこが稚拙な論理かを、しっかり説明しています。
逆に、質問者の方は、上記の短文で「具体的な説明やデータ」を示されているのでしょうか

もう返信は結構です。立派なことは書いていませんが、
「ご自身で立派なことを書いたと思い込んでると思いますが、回答「以前」のレベルなので」というような
自分の賛同者だけを集める論理構造を心配しているのです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

すり替えになっていないという言葉で済ませるのは「これ嫌い」と言ってその場を去る幼児の論理
↑これ自体があなたの妄想に過ぎません。

あなたこそ教えてgooの趣旨を勝手に決めつけ、それと異なる質問を「これ嫌い」と言ってる上に、それを覆い隠すために「心配している」という嘘をついていますね。

私はあなたの歪んだ精神構造が心配です。

お礼日時:2020/07/22 16:41

no6です


私は論理のすり替えはしていません。簡単な具体例も示しましたし、
足の引っ張り合いは、ここ70年だけではないということを主張しただけです。
むしろ、「人権教育」が気にいらない質問者の方が、論理のすり替えをなさっているように思えます
質問者の方が、具体的事実や何らかの資料なしで、勝手なレッテルを張っているように思えます。
足の引っ張り合いが「人権教育」が原因という論理が「稚拙」だと説明しているのです。
以下質問者の方が、回答者の方に送った「お礼」の言葉です

no1志士が書いた身内の足の引っ張り合いというのは、具体的に何を指すのでしょうか?
no2論理のすり替えをしたつもりでしょうが、すり替えにすらなってませんよ?
no3幕府で足の引っ張り合いが当たり前であったという根拠はお持ちですか?
no6論理をすり替えたつもりでしょうが、すり替えにすらなっていませんよ。

こうした「具体性や根根」を、自分の意見の反対者に求めながら、ご自身はそうしたものを示さず
「すり替えになっていない」という言葉で済ませるのは
「これ嫌い」と言って、その場を去る幼児の論理だと説明しているのです。
自分に気に入った論理に飛びつくだけではないかと思っているだけです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

『足の引っ張り合いが人権教育が原因だという論理が稚拙だと説明』
説明にすらなっていませんので論外ですが?

人の質問に根拠なく「稚拙だ」とレッテルを貼る行為を『稚拙』と言いますが、自分で分からないのですか?

お礼日時:2020/07/22 16:05

人間の歴史を見れば「権力闘争」はどの時代にもあります、古代の長屋王と藤原氏、中世の南北朝の騒乱。


人権教育なんて言葉すらなかった時代でも「権力闘争」は山のようにありました。
それは権力闘争で「足の引っ張り合いではない」というのは、論理的に矛盾があります。
「ここ70年の「人権教育」が原因」という質問者の方の論理の根拠も示さず、回答者に根拠を求めるのは
自分の意見以外は否定して「人の足を引っ張りまくる」ことになると思います。
こうした稚拙な論理が「ここ70年の「人権教育」が原因」なのかはわかりませんが…
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ここ70年の「人権教育」が原因」という質問者の方の論理の根拠も示さず、回答者に根拠を求めるのは
自分の意見以外は否定して「人の足を引っ張りまくる」ことになると思います。
↑論理をすり替えたつもりでしょうが、すり替えにすらなっていませんよ。

お礼日時:2020/07/22 15:16

ちょっと違った観点からコメントします。



あなたの質問について、『あなたが何かそういう経験をしたから』なのか『一般論としてそう感じたから』のうち、前者についてという前提でのコメントです。

人の足を引っ張る、言い換えると、『出るくぎは打たれる』、という現象は洋の東西を問わずに存在します。
私は30余年アメリカに暮らしていて、結構世界中も全米も生きまくりましたが、この言葉はその経験からの感想です。

ではなぜ私がアメリカに今住んでいるか。
それは比較論ですが、そういった問題を比較して、アメリカが私にとって住みやすく、私の家族が今後も同じように住みやすいと感じたからです。

日本でもそうですが、アメリカの中でも一様ではありません。
人種差別が今なおひどく残っているところも少なくありません。

『日本人』という同じ人種の中でさえ『嫉妬』のようなもので人の足を引っ張る世界がありますが、アメリカではそれに加えて、人種、移民前の国、宗教・・・とんでもないものがそこにかぶさります。

そこで私たちが出来ることはなんだか考えたことはおありですか?

住む場所を変えるんです。
自分に最適な場所を探し、そこへ行くんです。

日本でそれが出来ますか?

出来ません。
なぜなら、仕事のしがらみ、家を買ったら瞬間的に価値が半減。
そういったことがないので、私はアメリカを住む場所に選びました。

人権は大変です。

幸い私はアメリカに来て最初に暮らしたところが人権最悪の南部でしたから。
そこの経験を通し、今住んでいるところに30余年をかけて来ました。

日本でこんなことはないでしょう。
でも、今からはこんなことも考えないといけないのが世界の流れです。
出来なければ、廃れる、滅ぶだけです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

具体的なコメントありがとうございます。
米国では仕事のしがらみはなく、すぐ再就職できるということですか?

お礼日時:2020/07/22 15:05

その人権のおかげで、くだらん書込も許される


ありがたやぁ
    • good
    • 0
この回答へのお礼

その人権のおかげで、くだらん回答も許される
ありがたやぁ

お礼日時:2020/07/22 15:03

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング