「破戒」について知り合いに尋ねられました。
しかし私は読んだ事が無いので知っている方教えてください。
まず、あらすじを教えてください。あと、感想なども少し聞かせていただければ
嬉しいです。皆さんお願いします

A 回答 (2件)

相当昔読んだので詳しくは覚えておりませんが、「被差別部落」出身の青年が教師になり、最後はその事を生徒の前で告白する物語だったと思います、「部落問題」は現在でも問題でありますが、当時の差別は今より相当厳しく、教職者がそのまま続けられる環境ではなかったので、その葛藤は想像に絶する物が在ったと思います。

    • good
    • 0

島崎藤村の名作です。


私も高校の時、読みました。
かなり長いので読むには苦労しましたが
読んでよかったと思える傑作です。
あらすじはかんたんにいうと「被差別部落に生まれた者が、
そのことをまわりに隠していたが、ばれてしまう。」
といったものです。
題名の「破戒」の意味は「被差別部落のことは隠しとおせという
父親の戒めを破ってしまう」ということです。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ