いつもお世話になってます。
私は不思議なマンガ(CLAMPさんの「Holicxxx」、波津彬子さんの「雨柳堂夢咄」、秋乃茉莉さんの「Petshop of horrors」などです。小説等の文章モノは、小泉八雲さん、夢枕獏さん、富樫倫太郎さん、渡瀬草一郎さん)が大好きなのですが、怖い話は苦手です。
そんな私にオススメのマンガをご紹介いただけないでしょうか?
ちなみに、
・「陰陽師」を描いていらっしゃる岡野玲子さん
・「百鬼夜行抄」を描いていらっしゃる今市子さん
については、読んでみたものの、どうにも絵が好みではないため、お好きな方には大変失礼ですが、ご遠慮ください。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (9件)

「蟲師」(漆原 友紀)はどうでしょうか?


不思議な話ですけど、怖くはないと思います。
読んだ後、切ない気持ちになるのもあります。
短編なので読みやすいです。
私は絵も結構好きです。

アマゾンですけどカバーが出てるので載せてておきます。

参考URL:http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4063142 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
蟲師は、結構周りからも勧められています。
カバーを見た限り、苦手な絵ではなさそうなので、読んでみようと思います。

お礼日時:2005/01/22 03:54

秋乃茉莉さん、私も好きです!「幻獣の星座」「賢者の石」シリーズは読みましたか?



絵的に秋乃さん系統だなと思うのが、華不魅さんという作家さんで、「一天四海」が、おすすめです。古代日本を舞台にしたヒロイックファンタジーです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
華不魅さんの作品は、表紙しか見たことがないので、一度読んでみたいと思います。

お礼日時:2005/01/24 08:42

宮沢賢治のような話で良ければ、「ますむらひろし」という作家の漫画はどうでしょうか? 好きな人はとても好きですが、そうでない人は全く面白くないという漫画家です。

また、この方はいくつか賞も取っておられて、日本漫画家協会の大賞も取っているのですが・・・、やはり好みは分かれます。

初期作品にはかなりエキゾチックなものがありますが、怖い話ではないと思います。代表作は「アタゴオル」です。現在、コミックフラッパーという雑誌?で5回目のシリーズが続いています。この作品のキャラクターはハウス食品のシチューの冬のCMに何シーズンかでており、他にもいくつかのイメージキャラクターになっています。そのため、多くの方がキャラクターだけは見たことがあると思います。

ただ、好みがかなり分かれるため、大きな書店でないと普段売っていません(逆に大きな書店では作家別のコーナーにまとめて置いている場合もあります)。

読んでみたいのであれば、メディアファクトリーからでている文庫版を読んでみるといいでしょう。amazonの本のところで「アタゴオル」といれれば出てきます。書いていたシーズンで絵の絵がだいぶ違いますが、それぞれ独特の趣があっていいのですが・・・、やはり何度も言いますが、好みが分かれるので、お気に召すかどうか分かりません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
ますむらひろしさんは、残念ですが、苦手な絵柄なのです・・・。すみません。

お礼日時:2005/01/24 08:41

池田さとみさん


●「辻占売」
●外科医東盛玲の所見
霊感のある外科医のお話。

赤石路代さん
●「サイレント・アイ」
戦地に赴き行方不明になった恋人が残したカメラには不思議な現象が起こる!モデルからカメラマンに転進し、ナゾを追う話。

下記の参考URLも参考にどうぞ。

参考URL:http://www2s.biglobe.ne.jp/~navi-do/comic/g-won...
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
赤石路代さんは好きなので、既に読んだことのあるものでしたが、池田さとみさんはまだ読んだことがないので、一度見てみます。

お礼日時:2005/01/24 08:38

川口まどかさんの作品


不思議とこわくありません。初期の絵柄は、友達に紹介した時に笑われたりしたけれど、今は誰にも笑わせません。
昔から、ヒロインの目に力がありました。
秋田書店「やさしい悪魔」
講談社「やさしい悪魔の物語」はいちおう同じ主人公ですが、読み切り連載なのでどちらから読んでも可。ほかの作品も、ほとんど読み切り短編です。(でも巻数は多い)
最近では、読んでいて泣いていることが多いです。
不思議だけれど、作品の根底にはあたたかい心があります。

参考URL:http://www.h4.dion.ne.jp/~nanairo/top2.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
HPと表紙を見た限り、苦手な絵ではないので、一度読んでみたいと思います。

お礼日時:2005/01/22 04:02

講談社アフタヌーンKC


『ディスコミュニケーション』(植芝理一)
私には理解に少々苦しむ不思議系に感じられた作品です。
主人公の男の子が良い味出してます。
ご参考までに。

参考URL:http://books.rakuten.co.jp/RBOOKS/0000548350/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
ディスコミュニケーション、懐かしいです。
高校時代、友人が買っていたので読ませてもらっていました。
途中までしか読んでいないので、改めて読み直すのもいいかもしれないですね。

お礼日時:2005/01/22 04:00

もう他のお二方が紹介されているので意味がないかな、とも思うのですが、私も「蟲師」はオススメです。


昆虫の話ではありませんよ。画風はざっくりとした感じ?でしょうか。
「蟲」という字は本来生き物全てをさす言葉だったそうで(魚なのかほ乳類なのか昆虫なのかよく分からない生物には、虫という字がついていますよね。蝸牛とか蝙蝠とか)、なんだかこの話にぴったりだと感じます。
生き物なのかそうじゃないのか、よく分からないもの「蟲」と人とのお話です。

この作者の漆原友紀さんの短編集「フィラメント」も不思議な感じの話がたくさん載っています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
蟲師、既にご紹介いただきましたが、更に1票追加ですね。
これほどお勧めされるということは、きっと面白いんですよね。
ぜひ読んでみたいと思います。

お礼日時:2005/01/22 03:59

個人的には



諸星大二郎(著)『栞と紙魚子シリーズ』たしか全5巻?

不思議系のギャク漫画ですが、絵にクセがある(笑)

なので、

熊倉隆敏(著)『もっけ』現4巻 をお勧め。

かわいい系の妖怪漫画です。

参考URL:http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4063142 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
諸星大二郎さんの絵はちょっと苦手なので、「もっけ」の方を読んでみたいと思います。

お礼日時:2005/01/22 03:57

蟲師などいかがでしょうか?


http://www.bk1.co.jp/cgi-bin/srch/srch_detail.cg …

怖い話、ではないですよ。昆虫ではなく、ちょっと不思議な見えそうで見えない不思議な力を持つ「蟲」とそれの生態をよく知る蟲師のお話です。

あとはありがちですが、星野宣之の「宗像教授」のシリーズなども面白いですよ。
http://www.bk1.co.jp/cgi-bin/srch/srch_detail.cg …

いずれももし既に読破されていたらご容赦ください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
蟲師は、結構周りからも勧められています。
カバーを見た限り、苦手な絵ではなさそうなので、読んでみようと思います。
宗像教授・・・の方は、カバー絵を見た限り、ちょっと苦手な絵っぽいですが、中身を確認できる書店で、一度目を通してみようと思います。

お礼日時:2005/01/22 03:56

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q今市子さんの百鬼夜行抄

今市子さん著の「百鬼夜行抄」にはまってます。
文庫本で読んでいるのですが、10巻までしかどうしても見つけられません。
続きはあるのでしょうか?また今後も出版される予定はるのでしょうか。
どなたかご存知のかた、教えてください。

Aベストアンサー

文庫版だと9巻、大判だと16巻が最新刊です。文庫は2007/10、大判は2007/11に最新刊が朝日新聞社から出版されました。
ちなみに、最近朝日ソノラマが倒産したため、朝日新聞社に出版社が代わり、文庫、大判ともに新版として全巻出版しなおされました。
収録作品、表紙などは
今市子ファンネット
http://ima1.blog31.fc2.com/
などでご確認ください。

Q今市子『百鬼夜行抄』について質問です。

最近、文庫版の『百鬼夜行抄』を借りて、すごく面白くてハマったのですが、8巻(2004年あたり)から、突然、絵が雑というか荒くなっているような気がします。繊細できれいな線だったのが急に崩れてしまって戸惑いました。
その時期に今さんに何かあったのでしょうか。(立ち入った事情であればプライベートな部分でしょうから詳細は不要です)
あるいは私の気のせいでしょうか…。
何かご存知の方、教えていただけると嬉しいです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

今市子さん大好きです^^
一日中、今さんのこと考えてるかもしれません・・(汗)
私は絵が荒くなった・・のは気が付きませんでしたが、
私の思うところを書いても良いでしょうか・・

今さんは『文長様と私』というマンガも描いておられますよね。
(私はこれも大好き!)それで、その文鳥様たちも
病気したり、介護したりで、お疲れの時期だったのかなぁ・・と。
このマンガからは、2004年ごろに今さん自身になにかあったように
描かれていないので、あくまでも私の想像です。
見当違いの話でしたら、申し訳ございません。

QPetshop of Horrors のテッちゃん

漫画の『Petshop of Horrors』を読んだことがある方に質問です。

クリスとポンちゃんと仲の良いテッちゃんの正体は饕餮(とうてつ)ですよね。
しかし、伯爵は「Dessert」(文庫版2巻)で料理人のミスター王の真の姿が饕餮だと言っており、その流れでこの回のラストに動物姿の饕餮が登場しました。
ミスター王=饕餮=テッちゃんなのでしょうか?

ミスター王のことを悪く言うレオンに動物姿のテッちゃんが怒って噛みつく描写もあり(文庫版3巻の「Dracula」)、たぶんそういうことだと思うのですが、テッちゃんの人間姿や口調、性格はミスター王とは全くの別人です。
そもそも、ミスター王の「人間の姿での死体」が牢屋にちゃんと残っていたのに、どうして饕餮の姿で伯爵のもとに来られたのかも不思議でした。

これらはどう考えたらいいのでしょうか。
個人的な見解でも構いませんので、ご意見をお聞かせくださると嬉しいです。

Aベストアンサー

 
私見です。


ミスター王=饕餮=テッちゃん
で考え方は間違いないです。

ただし、
ミスター王の『真の姿』ではなく『魂』が饕餮なのです。
 
だから伯爵も『人間』ミスター王に興味はなく、
あくまでも饕餮の『魂』を取りに牢屋に訪れたのです。
(「Dessert」(文庫版2巻)の最後)
 
ミスター王(の魂)=饕餮=テッちゃん
が正しい方程式になると思います。
 

Q今市子さんのマンガのタイトルを教えて下さい

何年か前に本屋で雑誌を(何の雑誌だったかも忘れてしまいました)ざっと立ち読みしただけなので、かなり記憶があやふやなのですが、今市子さんの作品で、ちょっと『百鬼夜行抄』に似た感じの話だったと思います。ひょんなきっかけで兄弟として暮らしている三人が・・・みたいな。BLっぽくはなかった気がします。登場人物の一人が確か人間でなく(使い魔か何かだったかな…?)トヨエツみたいな風貌をしていました。
続き物っぽかったので、いつか本が出たらじっくり見ようと思ってる内に月日は流れ、今に至ってしまいました。
ちょっと長めのタイトルだったと思うんですが、もし知ってる方がいたら教えてください。また、すでにコミックスに収録されているのであれば、それも教えていただけると嬉しいです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

私も今市子さんのマンガは大のお気に入りです。

兄弟として暮らしている、トヨエツっぽい使い魔(サンショウウオ)、BLっぽくない…というと「夜と星のむこう」ではないでしょうか。
2001年頃に少年画報社の「アワーズガール」に連載されていましたが、雑誌の休刊でまだコミックスにはなっていなかったと思います。続きを楽しみにしているのですが…

Q岡野玲子の陰陽師を理解したいです。

最近岡野玲子さんの書いた陰陽師を読んでいるのですが、
途中からわけが分からなくなってきました。

陰陽道や平安時代の知識があまりないからだと思い、
一般の人向けに書かれた陰陽道のガイド本を
とりあえず読んだのですが何か違うなぁ…と感じました。

あのマンガを理解するにはどんな本を読めばいいでしょうか?
よい参考本などご存知の方がいましたら、ぜひ教えてください!

*わたしのマンガ読み込み不足だったらごめんなさい。

Aベストアンサー

7巻以降は確かに難解になりますね。
とりあえず雨乞いの神社めぐりについては
各々巡った神社及び祭神について調べて見てください。
若狭彦&若狭媛、貴船明神、丹生津姫、菊理媛(白山神)
皆、水に関係深い神々です。
このことだけ理解していれば良いでしょう。
易経や風水についてはあまり深くは考えなくても読むのには変りがなさそうです。(難解すぎ)
エジプト神話については概略下記サイトの内容を理解すれば問題ないかと思います。
http://www.geocities.jp/onyadosuzume/newpage2-egypt-shinwa.html

もちろんご自分でさらに調べれば理解度も深まり面白さも増すので
上記キーワードを参考に検索してみてください。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報