宮尾登美子・玉岡かおる・宮部みゆき・乃南アサ・三浦綾子など女性の一生を繊細に奥深く描いている女流作家が好きです。
女性の人生が描かれていて感動された作品を教えて下さい。
後々まで心に残る小説を読みたいと思っております。どうぞ宜しくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (13件中1~10件)

少し毛色が変わりますが、ポール・ギャリコの「雪のひとひら」をオススメします。


雲の中で生まれ、地上に降った雪のひとひらが川を下り旅をする物語です。
ファンタジーと思うなかれ。一人の女性の一生が美しい言葉で語られた極めて現実的な「女の一代記」です。

参考URL:http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4102168 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

外国小説は何を読んでいいのかいつも迷って、
結局日本の作家に戻ってしまいます。

「雪のひとひら」って綺麗な題名ですね。
美しい言葉で語られた現実的なお話だという事ですのでとても興味が沸きます。
今まで読んだ事がないジャンルの作品かも・・。

絶対読んでみますね。
参考になる御回答有難うございました。

お礼日時:2005/01/22 06:56

ユン・チアンさんの「ワイルド・スワン」はいかがでしょう?


これはノンフィクションなのですが、近代中国の3代にわたる女性の人生がつづられております。
”事実は小説よりも奇なり”って本当なのね・・・という感じです。
悲しみに溢れ、愛に溢れ、歴史の重みやスケールの大きさに圧倒される、そんな一冊です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

「ワイルド・スワン」は数年前に図書館で借りた事があります。

でも、理由は忘れましたが最後まで読めないで返してしまったと思います。
貸し出し期限までに読めなっかたのかもしれません。

今度は最後まで読んでみます。
3代に渡る人生が描かれている大作なのですね・・・。

お礼日時:2005/02/08 15:46

質問者さんがあげられている女流作家の方々は大好きです。


女性の一生を描いた、つぎの作品などいかがでしょうか。

平岩弓枝「おんなみち」(上・中・下/講談社文庫)
 格式高い茶師の跡取り娘世津は、出入りの茶園の息子信吉に恋心を抱く。
 文明開化の静岡を舞台に、恋人たちが辿る人生模様を哀切に描く長編ロマン

津村節子「絹扇」(岩波書店)
 貧しい織屋の長女に生れたちよは、織業の名家の次男坊に見初められる。
 運命の幾変転の中でひたむきに生き抜く女のたくましさと悲しみがつややかに描かれる

おそらくもう読まれているかと思いますが
宮尾登美子「天涯の花」「伽羅の香」
乃南アサ「涙」
三浦綾子「天北原野」
など感銘をうけた、私の心に残る作品です。

玉岡かおるさんはまだ読んだことがないので私も読んでみようと思います。
他の回答者さん方のおすすめ作品もどれも面白しろそうで是非読んでみたいですね!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

御回答有難うございます。

津村節子さんは以前から気になっている作家ですが、まだ一作品も読んだ事がありません。

「絹扇」は是非一度読んでみたいと思います。

お礼日時:2005/02/08 15:53

日本の作家さんの作品でなく、また一生というまではいきませんが、「風と共に去りぬ」はどうでしょうか。


アメリカの女流作家さんの作品でとても有名な作品ですが
感動しますし心に残ります。
強くしたたかな女性の人生が生き生きと描かれています。
1度通して読んだ後は適当に開いたページから読んでもおもしろいです!
映画と合わせて見るとさらにいいです。
もう読まれているかもしれませんが、参考までに…
    • good
    • 1
この回答へのお礼

「風と共に去りぬ」は名作中の名作ですよね。

また読み返してみたくなる作品ですね。。。

お礼日時:2005/02/08 15:49

宮尾登美子さん原作の「きのね」です。


この作品は11代目市川団十郎さん(今の海老蔵さんのお祖父さん)の奥様をモデルにした小説です。
私は歌舞伎に通というほどではないですが役者さんの名前を知っているほうだと思うので「この方は誰々」と思いを馳せながら読み進めていきました。
もちろん歌舞伎の役者さんに詳しくなくてもこの作品の主人公である光乃の11代目に尽くした献身的な姿には感動させられます。
もしかしたらトピ主さんも宮尾登美子さんのお名前を書かれていらっしゃるので既に読まれてるかもしれませんが・・・。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

宮尾登美子さんは大好きな小説家の一人です。

でも「きのね」はまだ読んでいません。

歌舞伎界の奥様(梨園の妻)って色々ご苦労があるんでしょうね。
機会を見つけて読んでみようと思います。

御回答有難うございました。


 

お礼日時:2005/01/23 23:03

再び書き込みさせていただきます。


イプセンの「人形の家」はホラーではありません。
簡単にいうと、
ある女性が夫に従属している人生から抜け出すまでの
物語です。
夫の許可がないと、
現代の今でも買い物ができず、
デパートで「夫がこれを買ってはいけないと申しますので
この買い物はやはりできません」ということの通る
一部欧米社会では、
ひょっとすると今でも、
内容に意味(読んでいて共感できる)のある本かもしれませんが、
庶民層でも、
夫と妻が平等もしくはそれぞれ自由な生活を送ることも可能で、妻がすべて家計を管理していることも多い日本で、
ひょっとしてホラーとしてのリメイク的な読み方も
可能かもしれませんね。
ホラーは、多分ありえないことだから、
安心して読めたり観られたりするんですものね。
イプセンに怒られるかな、こんな解釈。
わたしも、そう思って読み直してみようかしらと思います。
こちらが教えていただいたようで、嬉しいです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ごめんなさい。
何か他の小説と間違えていたみたいです。

夫に従属している妻がその状態から開放されるお話なのですね。

外国小説は本屋さんで度々手に取ってあらすじを読んでみるのですが、なかなか自分の気持ちにあう小説に出会えません。

御紹介頂いた「人形の家」は今の私が影響されそうな内容の様です。是非読んでみます。
良い作品を紹介して下さり有難うございました。

お礼日時:2005/01/23 22:56

林真理子さんの「本を読む女」


エッセイなどでもよく登場するお母様をモデルに書かれたもので、昨年ドラマにもなりました。

http://www.nhk.or.jp/drama/archives/yumemiru/

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4101191 …

群ようこさんの「贅沢貧乏のマリア」
森鴎外の娘、森茉莉さんの孤高の暮らしぶりを描いたものです。物質的貧乏なんかへでもないといった小気味良い痛快さがあります。

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4041717 …


逆境の中でもたくましさ、明るさを失わない女性の生き方を描いた作品が好きです。

参考URL:http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4041717 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

「本を読む女」は読みました。
今まで読んだ林真理子さんの小説の中では、
一番好きな作品です。

群ようこさんの小説はまだ一度も読んだ事がありません。
森鴎外の娘さんのお話なのですね。
なんだかすがすがしい感じがする小説みたいなので、是非一度読んでみたいと思います。

有難うございました。

お礼日時:2005/01/23 22:42

モーパッサン「女の一生」や、


イプセンの「人形の家」はいかがでしょうか。
日本人作家のものなら、
有吉佐和子さんの「華岡青洲の妻」
曽野綾子さんの「幸福という名の不幸」は
読み応えがあります。
宮部みゆきさんは、お名前を挙げていらっしゃるので
もうお読みかもしれませんが、
「火車」に出てくる女性のすがたには、
かわいそうでなりませんでした。

幸せな女性の姿を描いているものが挙げられるといいのですが、
ハッピーエンドものはないのでしょうか?

他の方の回答にも期待を寄せつつ。

漫画でもよければ、
萩尾望都さんの
「ゴールデンライラック」は、女性の一生を書いた、
ハッピーエンドものです。
読み終えて幸福な気持ちにさせられました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

イプセンの「人形の家」というのはホラーでしょうか?以前に書評を読んで気になっていた小説です。

有吉佐和子さんの「華岡青洲の妻」も有名な作品ですのにまだ読んでいません。
是非読んでみたいと思います。

「火車」は引き込まれる作品でしたね。

漫画は苦手なので全然知らないのですが、
一度読んでみてもいいですね。

色々な作品を御紹介下さり有難うございます。

お礼日時:2005/01/22 06:48

「女の一生」って言うとそのものずばり、モーパッサン。


昔読んだけど、「後々まで心に残る小説」とは思いますが、「感動された作品」かと聞かれると???
    • good
    • 0
この回答へのお礼

モーパッサンの「女の一生」は昔学生時代に読んだ記憶があります。
あんまり印象に残っていないのですが、
年を経て読むと読後感も変わるかもしれませんね。
一度本屋さんで手に取ってみます。
有難うございました。

お礼日時:2005/01/22 06:42

吉行あぐりさん自伝「桃梅が実るとき」が好きです。


NHKの朝のドラマ「あぐり」でハマったのが最初です。
明治生まれの女性の強さには脱帽。
(通過した時代背景もありますが)
楽天的で前向きな生き方を見習いたいと思えます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

NHKドラマ「あぐり」は私も観ておりました。
確か美容師さんの話でしたよね。

現代の女性にはない芯の一本通った溌剌とした生き方に共感した事を思い出します。
原作を読んでみるとまた違った感想を持つかもしれませんね。

是非読んでみます。有難うございました。

お礼日時:2005/01/21 22:17

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q警察官が犯人の誘拐事件の小説を探しています

以前読んだ本なのですがタイトルが思い出せません。

ある町で連続誘拐事件が起こります。小さな女の子ばかりが誘拐され、殺害されてしまいます。
内容は警察官側の視点と犯人側の視点で交互に描かれます。
犯人は昔自分の娘を誘拐されて殺された過去があります。犯人は別の女の子を身代わりにして自分の娘を蘇らせる儀式のために誘拐をしています。
読んでいる時は警察官の視点と犯人の視点は同じ時系列のように見えますが、実は犯人は捜査をしていた警察官で、犯人側の視点は警察官の視点の一年後、最初の事件の被害者は警察官の娘で、事件は未解決です。

ラストシーンで犯人が捜査していた警察官だとわかるのですが、何とも哀しいラストだったのが印象的でした。
もう一度読みたいのでわかったら教えてください。

Aベストアンサー

多分、貫井徳郎「慟哭」だと思います。

Q乃南アサ

音道刑事のシリーズ「風の墓碑銘(エピタフ)」は
単行本にならないのですか?
単行本になる基準とかあるのでしょうか。

Aベストアンサー

2006年に発売されたのが単行本ですね。

http://www.amazon.co.jp/%E9%A2%A8%E3%81%AE%E5%A2%93%E7%A2%91%E9%8A%98-%E4%B9%83%E5%8D%97-%E3%82%A2%E3%82%B5/dp/4103710071

質問の意図はおそらく文庫本のことかと思いますが、他の作品はだいたい2年半ぐらいで文庫化されているようですから、今年の暮れ頃か来年のはじめ頃には文庫本になるのではないでしょうか?

基準とかは出版社にもよるでしょうし、また作家にもよると思いますから、一概には言えないと思います。

新潮社のサイトなどで新刊(文庫)のチェックなどをマメにしておくと、いち早く情報をゲットできるかも知れませんね。

http://www.shinchosha.co.jp/bunko/

Q霊能捜査官アリソン・デュボアで質問があります。

霊能捜査官アリソン・デュボアの 軍人のアリソンの弟が戻って来るエピソードで質問があります。

どうも、弟も同じ能力(予知能力)を持っていて、彼の能力のおかげで、 弟の隊は、危機から逃れることができたのですが、ある日、自分たちの 隊が全滅してしまう夢をみます。と、現実に、その場所に行く命令がくだり、 弟の戦友が軍曹に日をずらしましょうと談判するのですが、軍曹は 頑として承諾せず、とうとう、その友人が軍曹を殺してしまいます。
その軍曹は、自殺したことにして、二人は無事に本国に戻り、LAでサーフショップを始めようと約束し、LAに向かう途中、アリソンの家に寄ります。

弟は、そういう能力があることをひた隠しにしているのですが、 毎晩のように、その軍曹が弟の枕元に現れては怒鳴り散らすので、 アリソンにもバレてしまい、アリソンは弟に真実を語らないかぎり、 軍曹は出続けるし、正しいことをしろと説得します。
で、彼は親友を裏切って軍曹のお葬式で、真実を語ることにします。

そこから先は、場面が変わって、晴れ晴れとした表情の弟が、 LAに行くバスに乗り込みます。 で、このラストシーンが謎なのですが、バスが出発し、窓の外を見ると、 その親友が軍服姿でにこやかに弟に敬礼しているのです。弟も敬礼をし返して そのまま去っていきます。

この軍服姿の友人は、死んでるってことなんでしょうか? 生きていたら、つかまって軍法会議にかけられるわけで、 バスターミナルになんかいられるわけないし…
それとも、弟は真実を語らなかったのか、でも、それでは何も解決しないし…
そこのところが、はっきりしないので、気になっています。

長くなってすみません。もし、わかる方がいたら教えてください。

霊能捜査官アリソン・デュボアの 軍人のアリソンの弟が戻って来るエピソードで質問があります。

どうも、弟も同じ能力(予知能力)を持っていて、彼の能力のおかげで、 弟の隊は、危機から逃れることができたのですが、ある日、自分たちの 隊が全滅してしまう夢をみます。と、現実に、その場所に行く命令がくだり、 弟の戦友が軍曹に日をずらしましょうと談判するのですが、軍曹は 頑として承諾せず、とうとう、その友人が軍曹を殺してしまいます。
その軍曹は、自殺したことにして、二人は無事に本国に戻り...続きを読む

Aベストアンサー

『バスが出発し、窓の外を見ると、 その親友が軍服姿でにこやかに弟に敬礼』
↑この、にこやかに敬礼していた軍服姿の人は、
親友ではなく軍曹だったのではないでしょうか?

アリソンが言った通り、弟が真実を語ったことによって
軍曹の無念の気持ちがやわらぎ、笑顔で出てきてくれた、
と考えると筋が通ると思います。

Q宮部みゆき作品の題名について

いつもお世話になっております。

宮部みゆきさんの作品に関して質問があります。
「模倣犯」「誰か Somebody」「楽園」
これらの作品は、なぜこのような題名が付けられているのでしょうか?

いずれか一作品でもご存知の方がいらっしゃいましたら、
ご教示のほどよろしくお願いします。

Aベストアンサー

宮部みゆきさんが好きで、ほとんどの本を読了している者です。
「楽園」はまだですが…。
ネタばれになってしまいますが、よろしいでしょうか?
また、私の解釈違い、浅い解釈であったら、すみません…。

「模倣犯」は、天才犯罪者とも言える犯人を罠にかけるために、「あなたの犯した事件はセコイ模倣にすぎない」的なことを言い、犯人を怒らせ、本音を語らせる場面があります。そこからきているのだと思いますが。犯人は、「自分は他の奴らとclassがちがう」と思っているかなり自尊心の強い者で、被害者たちを女優、自分を演出家だと例え、自分の創り上げた「舞台」に酔いしれていたので、この言葉には激怒します。

「誰か」は、誰か分からない事件の関係者(犯人を含めて)からきている部分もあると思うのですが、多分、ある臆病な女性がおびえ続けた、心の内にある恐怖(子どもが暗闇にお化けがいると怯えるのと同じです)に対しての一文がラストにあるのですが、そこから来ていると思います。単行本377ページです。自分の言葉でうまく説明できないので…。

 わかりにくい回答ですみません。
 参考までに。

宮部みゆきさんが好きで、ほとんどの本を読了している者です。
「楽園」はまだですが…。
ネタばれになってしまいますが、よろしいでしょうか?
また、私の解釈違い、浅い解釈であったら、すみません…。

「模倣犯」は、天才犯罪者とも言える犯人を罠にかけるために、「あなたの犯した事件はセコイ模倣にすぎない」的なことを言い、犯人を怒らせ、本音を語らせる場面があります。そこからきているのだと思いますが。犯人は、「自分は他の奴らとclassがちがう」と思っているかなり自尊心の強い者で、被害者たち...続きを読む

Q【素人小説の為】自衛官の階級、年齢、活動の違和感の無い組み合わせについて

 自力では、Web検索や書籍から調べることが出来なかった為、質問させて頂きます。

 現在素人のブログ小説で、市街地で破壊活動を行うSF的に強力なテロリストに対し、自衛隊内でそれに対抗する10名~20名程度の隊が組織されていると言う描写を行おうとしています。

 そこで、その隊を現場で指揮する人物を登場させたいのですが、それを四十代男性と設定することはおかしくないでしょうか?20代前半の主人公に対する良き理解者と言う位置付けとしたい為です。

 また、その場合、その人物の階級はどれ程でしょうか?1等陸尉や3等陸佐と考えたのですが、これは妥当でしょうか?

 これらの疑問を解消して下さるご回答、或いは参考となるWebサイトなどのご紹介を頂きたく、宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

このスレッドにふさわしくない「アドバイス」ですが・・・

 ある程度の枠を踏まえた上で「おかしくないんだ」というホラを吹き通すというのが創作だと思います。
#「19歳の統幕議長」とかが居ても、辻褄さえなんとか合っていれば、または少なくとも合わせる気があるなら「ああ、そういうファンタジー世界なんだな」と諒解します。

 例えば、警察の話になりますが大沢在昌の新宿鮫。あの歳であの経歴の人間があの階級、というのは現実には有り得るわけがありませんが、それでもこちらが納得できるだけの『ホラ』が用意されているわけです。

 お示ししたサイト等に示されているのは最速・最遅のモデルケースであって、その中間を指すあたりならばそれなりの妥当性を付けることはできるでしょうし、多少の無茶も承知ならば、防大・一般幹候出という設定も新宿鮫同様、なくはありません。別に総て表に出さなくても良いわけで。
#いま作ってくれ、と言われりゃやらなくもないですが、それは支援者たるの領分を越える

 また、習作であるとお見受けしますので、発表によるツッコミでさらにブラッシュアップしてしまうと言うこともアリだと思います。

このスレッドにふさわしくない「アドバイス」ですが・・・

 ある程度の枠を踏まえた上で「おかしくないんだ」というホラを吹き通すというのが創作だと思います。
#「19歳の統幕議長」とかが居ても、辻褄さえなんとか合っていれば、または少なくとも合わせる気があるなら「ああ、そういうファンタジー世界なんだな」と諒解します。

 例えば、警察の話になりますが大沢在昌の新宿鮫。あの歳であの経歴の人間があの階級、というのは現実には有り得るわけがありませんが、それでもこちらが納得できるだけ...続きを読む

Q宮部みゆきの江戸物の順番

最近、宮部みゆきさんの江戸物に興味を持って今、おそろしを読んでいます。
次はあんじゅうの予定ですが教えてgooの質問を読んでも、各作品の登場人物がかぶっている場合があるようですね。
そこで教えていただきたいのですが、宮部先生の作品を読む順番を教えてほしいです。
たとえば、おそろし→あんじゅう。はつものがたり→・・・次はなんでしょう。ぼんくら→・・・次は??てな感じです。
他にもいろいろ作品があるようですね。
それとできれば、どの作品が特に面白くて読みやすいかも教えていただければありがたいです。(長編は少し苦手です)
文庫がいいです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

おちかさんが出てくるシリーズでしたら、「おそろし」→「あんじゅう」→「泣き童子」 です。

「ぼんくら」シリーズは、「ぼんくら」→「日暮らし」→「おまえさん」 のシリーズになっています。

この2つのシリーズは連作になっているので、順番に読んだ方が面白いと思います。

「初ものがたり」は、茂七親分が出てくるシリーズですね。こちらは捕り物帳の雰囲気が一番強い作品ですが、宮部さんお得意の奇談的要素も途中から出てきます。茂七は、ある意味宮部時代劇ワールドの中核をなす人物で、「初ものがたり」での活躍が最も大きいですが、「本所深川ふしぎ草紙」「かまいたち」「幻色江戸ごよみ」「堪忍箱」などにも登場し、「ぼんくら」シリーズにも少し出てきます。(ぼんくらに出てくる政五郎親分は茂七親分の手下だったと言う設定になっています。)茂七親分の作品は、あまり順番は気にしなくても良いです。

あと、短編集の「あやし ~怪~」は、一応どのシリーズにも属していないことになっていますが、ここには政五郎親分が顔を出します。

それ以外に、霊験お初シリーズ 「震える岩」→「天狗風」 があります。割と初期に書かれた作品で、上に挙げたシリーズとはだいぶ色合いが異なり、怪談色が強い作風になっています(霊験お初は、「かまいたち」の中の短編にも登場します。)人情ものよりも怖い作品が好みの人はこちらが良いかも。

全般的に見て、宮部さんの時代物は、初期に書かれたものほど怪談色が強く、最近書かれたものほど人情色が強いような気がします。ご参考にしてください。

おちかさんが出てくるシリーズでしたら、「おそろし」→「あんじゅう」→「泣き童子」 です。

「ぼんくら」シリーズは、「ぼんくら」→「日暮らし」→「おまえさん」 のシリーズになっています。

この2つのシリーズは連作になっているので、順番に読んだ方が面白いと思います。

「初ものがたり」は、茂七親分が出てくるシリーズですね。こちらは捕り物帳の雰囲気が一番強い作品ですが、宮部さんお得意の奇談的要素も途中から出てきます。茂七は、ある意味宮部時代劇ワールドの中核をなす人物で、「初ものがたり...続きを読む

Q他の職種から警察官にはなれますか??

小説を書こうと思っています。
小説を書くにあたって疑問が出てきたので質問させていただきます。
警察官の採用はだいたいの県が29歳までというのを見たのですが、東京都などで30歳を過ぎて警察官に転職するのは無理ですか??
転職する前にやっている職種は何でもいいんです。不動産屋でも、裁判官などでも…

ダウンタウンの浜ちゃんがやっているドラマは仕事を転々として44歳で新人検事になる話ですよね??
警察官になるのと検事は違うのでしょうか??

くだらない質問かもしれませんが本当に困っていますのでよろしくお願いいたします。。。

Aベストアンサー

・警察官になるのと検事は違うのでしょうか??

検事は、司法試験合格して司法研修所の検事講習終了すれば、何歳でも法務省が
検事に採用してくれる

警察は、年齢(生年月日)、対象学歴職歴指定した採用試験を行う

転職なら、専門分野の実績あれば30歳過ぎでも可。普通の警官採用試験ではなく、
どこの、道府県警察警視庁でも、いきなり部長刑事・警部補になる
特別捜査官がいる。
警視庁だと「財務捜査官」・「科学捜査官」・「コンピュータ犯罪捜査官」・「国際犯罪捜査官」の4種別がある。

http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/saiyou/keisatsu/tokubetu.htm

Q乃南アサのこの作品のタイトルは?

「凍える牙」に出てきた刑事と、作者が架空の対談を行っている作品のタイトルはなんでしょうか?

Aベストアンサー

「女刑事音道貴子 花散る頃の殺人」の文庫本ですね。
文庫本の巻末では解説とか巻末エッセーが載っていますが、
この文庫本の巻末では「滝川刑事と著者の架空対談」が載っています。
架空対談とは、なかなかいいアイデアですね。
居酒屋で著者が滝川刑事に事件の裏話を聞こうといろいろと試みますが、
滝川刑事はノラリクラリと逃げ回っています。
でも最後に「あなたの匂い」という事件の裏話を話します。
裏話に音道の大変な物が押収品の中にあったという落ちがついています。
その押収品には乃南もタジタジですね。
余談ですが、乃南アサ著「結婚詐欺」新潮文庫も大変面白い小説です。

参考URL:http://www.shinchosha.co.jp/cgi-bin/webfind3.cfm?ISBN=142533-7

Q「能」を観にいきたいのですが・・

「能」が舞台となった小説を読み、少し興味が湧いてきました。
せっかくの良い機会ですし、思い切って本物を観にいってみようと
思ったのですが、今まで一度もチケットを取った事がないので、
どの演目(?)を取ったら良いのかもわかりません。
(小説で出てきたのは「道成寺」「二人静」「紅葉狩」等でした。)

本当に何も知らないので、演目のお薦めや、席の選び方、
チケットセンター等、色々アドバイスをお願いします。m(__)m

Aベストアンサー

 はじめまして。
道成寺、これは私も見てみたい演目の一つです。終盤になって清姫めがけて頭上から落とされる鐘は80キロほどあると聞いたことがありますので、命がけですよね。日々、精進努力して得た技術がないと出来ない演目だと言われています。

 あと、私がけっこう好きなものは(小町もの)と言われる小野小町を取り扱った演目です。代表的なものでは卒塔婆小町でしょうか。。。
 前半の静けさとは比べ物にならないほどの後半のはげしさ。見ていても分かりやすく楽しめる演目だと思います。

 チケットは。。。
すみません。近所に能楽堂があるのでいつもそこで購入しています。皆さんはどのような方法で購入してらっしゃるのでしょう???

 席はなんと言っても正面が一番良いと思います。高額になりますけれど(笑)たとえば能舞台で御覧になる時には席によって舞台の柱が視界の邪魔になることもありますので、予め舞台の見取り図を入手されると良いかもしれません。
 また普通のホールで御覧になる場合、観客席と舞台が近いために視点が見上げる状態になるホールもあり、あまりにも前の席を取るとと足さばき(←って言うのかなぁ)が見えなかったりします。

 私もそんなに詳しい訳ではなく、ここ数年興味を持って能楽堂に通うようになりましたので参考になりますかどうか。。。
 いちおう、能について関連用語や演目の簡単な説明があるURLを載せておきますね。

参考URL:http://homepage1.nifty.com/HanaYugen/DictionaryRoom0.html

 はじめまして。
道成寺、これは私も見てみたい演目の一つです。終盤になって清姫めがけて頭上から落とされる鐘は80キロほどあると聞いたことがありますので、命がけですよね。日々、精進努力して得た技術がないと出来ない演目だと言われています。

 あと、私がけっこう好きなものは(小町もの)と言われる小野小町を取り扱った演目です。代表的なものでは卒塔婆小町でしょうか。。。
 前半の静けさとは比べ物にならないほどの後半のはげしさ。見ていても分かりやすく楽しめる演目だと思います。

 チ...続きを読む

Q読みやすい時代小説(宮部みゆき先生のような)

宮部みゆき先生が描くような読みやすい時代小説、他の作家さんでいないですか?

宮部先生の本はすべて読んでしまって、本屋などで探しているのですが、なかなか見つかりません。

コミカルな、江戸の姿を描いたおもしろい時代小説がよみたいです。

Aベストアンサー

 私は 畠中恵先生の本をオススメします!
 病弱な若旦那が主人公のおはなしの『しゃばけ』シリーズは、とてもおもしろいです。

 私も宮部みゆき先生の時代小説が大好きで、同じように読みつくしてしまった時に出会ったのが畠中恵先生の時代小説シリーズでした。

 機会がありましたら、是非お手に取って見て下さい♪


人気Q&Aランキング