相続放棄の後の...では、色々ありがとうございました。
その続きの様なものなのですが、
 法定相続人が、相続を放棄しているのに、生命保険金(みなし相続財産)が残された場合、他の法定相続人と同様に、税額を求めて、相続税の総額に含めてよいのでしょうか。
 課税価格
  妻 5億  長男 8千万  長女 2千万
(長女は相続放棄をしている。2千万はすべて生命保険)
税務経理110番のサイトでは、放棄してても'みなし財産'なので普通に法定相続人として扱って計算すればよい!というアドバイスを受けましたが、どーも納得出来なくて、ここに戻って来てしまいました。
 『またかいな』とお思いでしょうが、宜しくお願いします。

前回URL:http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=116629

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

練習問題2!



まず、「生命保険金等の非課税金額」
長女:相続人でないため適用なし。

従って、「各人の課税価格」
妻 :5億 (生命保険金等は含まれていないものとして進めています。)
長男:8千万(生命保険金等は含まれていないものとして進めています。)
長女:2千万

次に、
「課税価格の合計額」-「遺産にかかる基礎控除額」=「課税遺産総額」
この問題では、「課税価格の合計額」=5億+8千万+2千万=6億
「遺産にかかる基礎控除額」=5千万+1千万×3人=8千万
                 (放棄した長女を人数に含めます!!!)
従って、「課税遺産総額」=6億-8千万=5億2千万

そして、
各人の取得金額、即ち、「各取得金額」を求めます。(千円未満切捨)
(放棄した人の分も計算します。)
「課税遺産総額」×各法定相続人の各「法定相続分」=「各取得金額」
妻 :5億2千万×1/2=2億6千万
長男:5億2千万×1/2×1/2=1億3千万
長女:5億2千万×1/2×1/2=1億3千万

そして、「相続税の総額の基となる金額」を求めます。
「各取得金額」×「税率」=「相続税の総額の基となる金額」
妻 :2億6千万×50%-3,520万=9,480万
長男:1億3千万×40%-1,520万=3,680万
長女:1億3千万×40%-1,520万=3,680万

これで、「相続税の総額」がでます。
「相続税の総額」=「相続税の総額の基となる金額」の合計(百円未満切捨)
        =9,480万+3,680万+3,680万=1億6,840万

ここで、「あん分割合」を求めます。(小数点以下2位で合計が1になるように調整する。)
「各人の課税価格」÷「課税価格の合計額」=「あん分割合」
妻 :5億÷6億=0.84
長男:8千万÷6億=0.13
長女:2千万÷6億=0.03
(小数点以下3位以降がすべて同じなので、どこに0.01をつけるのか、私は知らない。知ってる方おられますかぁ~。)

そして、各人の「算出相続税額」を求めます。
「相続税の総額」×「あん分割合」=「算出相続税額」
妻 :1億6,840万×0.84=1億4,145万6千
長男:1億6,840万×0.13=2,189万2千
長女:1億6,840万×0.03=505万2千
合計:1億4,145万6千+2,189万2千+505万2千=1億6,840万

そして、「配偶者の税額軽減」(詳しくは省略。)
配偶者:1億6,840万×(6億×1/2)/6億=8,420万

従って、「納付税額」は
「算出相続税額」-「配偶者の税額軽減額」=「納付税額」
=1億6,840万-8,420万=8,420万
です。

各人別「納付税額」は、
妻 :1億4,145万6千-8,420万=5,725万6千
長男:2,189万2千
長女:505万2千
です。

以上で練習問題の解答は終わりです。

お疲れさまでした。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

きゃ~、また最後まで計算してもらって、申し訳ありません。これじゃ、私の練習じゃなくpasominさんの練習問題ですね、本当にスミマセン。と、言いつつ非常に喜んでいる私がいるのも事実なのです。(もっと、スミマセン)本当にありがとうございました。

お礼日時:2001/08/21 10:47

生命保険金は、民法上は相続財産ではないのですが、税法上は相続財産とみなして課税するために複雑な関係になります。


ですから、相続放棄をしても民法上は相続財産ではないので放棄の効果が及びません。保険会社が契約に基づき指定された受取人に支払うことになります。その場合税法上は遺贈扱いにすると規定されています。

そこで、ご質問の場合の相続税計算ですが、基礎控除計算の法定相続人1人500万円は相続放棄の如何を問わず適用されますから、相続放棄があれば放棄しない人に恩典が及ぶ格好になります。ただし、相続放棄した本人には相続税法上の基礎控除の適用はされません。

なお、ここにいう相続放棄は家裁に申述して許可を受ける法律上の相続放棄のことで、世間一般に行われている相続人間の分割協議による任意の相続譲渡ではないことにご留意ください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 takeupさん、前回に続き、とっても分りやすい回答、ありがとうございます。
 生命保険金には、放棄の効果が及ばないなんて、テキストには全然書いてなくて、本当に助かりました。
 あとの、非課税の事などは分っているので、頑張って各人の納付税額まで出してみます。

お礼日時:2001/08/14 03:29

 相続人ではないので、相続人以外の者が遺贈により取得したものとみなされます。

法定相続人が取得した場合に適用される一人500万円までの非課税の規定は適用されないことになります。詳しくは、下記の参考サイトの第2回 第3回分を見てください。
 なお、通達集として
http://www.nta.go.jp/category/tutatu/kihon/sisan …
がありますので、3-3、12-8も併読願います。

参考URL:http://www.eadvisor.co.jp/column/insurance/tone2 …

この回答への補足

お礼に、書きそびれてしまったのですが、国税庁のホームページかなり参考になりました。ありがとうございます。

補足日時:2001/08/15 02:31
    • good
    • 0
この回答へのお礼

shoyosiさん、ありがとうございました。
生命、損害保険金等の非課税金額の求め方や、適用対象の有無は、分っているので、続けて計算してみます。

お礼日時:2001/08/14 03:16

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q相続人が他の相続人の後見人になれますか。

父母が高齢で母が痴呆症です。
父が死亡した場合に、子どもである我々兄弟が母の後見人になれるのものでしょうか。
審判の基準として、成年被後見人との利害関係の有無がされるようですが、そうだとすれば、後見人となる可能性は否定されそうです。
しかし、実際は、相続人が他の相続人の後見人になっている例も見受けられるように思います。
最初から可能性が乏しいなら、後見人として第三者を物色しなければならないかどうかで迷っています。
ちなみに、父の死亡後に母の介護をどうするかで、兄弟間で意見が異なっています。
相続放棄をしなければ、後見人になれないのかとも考えています。
常識論でなく、法律実務での具体的取扱とか体験に基づく事柄をお聞きできれば助かります。

Aベストアンサー

後見制度は、相続だけやって終わりというものではなく、本人に対して後見人等が必要であるうちは継続されるものです。
なので、相続人だからなれないというものではありません。
もしも後見人が同じ立場の相続人になったときは相続の関係だけ特別代理人を選任することになります。
ちなみに後見人だけが相続放棄をしたら特別代理人の選任は必要ありません。

問題は、ご病気のお母様の介護方針等について、他のご兄弟と折り合いがついていないということのほうかもしれません。
後見人等としてその任務が全うできそうかを総合的に判断して審判されるので、なりたい方がそのまま後見人等になれるかどうかは裁判所の判断になると思います。問題があるときは裁判所で第三者を選任することになります。

Q生命保険金のみの受取で配偶者特別控除を適用すると遺産分割協議書は必要?(相続放棄)

前回質問をさせて頂き新たに疑問点が生じましたので宜しくお願いします。
下記の場合には本当に遺産分割協議書が必要でしょうか。

私の生命保険、共済の受取人が「法定相続人」から変更できないものがあります。病死では6000万円、不良の事故死で11,000万円となっています。
不慮の事故死の受取人は7,000万円は「妻、長女、次女」に指定、残り4,000万円は「法定相続人」となっているので配偶者特別控除で相続税をゼロに出来ることが分かりましたが、その場合には遺産分割協議書が必要との回答でした。
長男(先妻との子)へは離婚時に養育費名目で一時金(離婚当時の全定期預金)を渡して成人まで養育費も払ってきましたので、今回は現状の家族(妻、子供2人)のみを選択したいと思います。協議書への押印を現妻が頼むだけでもいやでしょうし、長男の実母が結構金にルーズなのです。

また、多額の借金の返済をしておりますので相続放棄をする様にしようとしていますので、保険での非課税枠(500万円/相続人1人当たり)が使えないので基礎控除と配偶者特別控除のみとなると思います。


・受取7000万円の生命保険:契約者(私)、被保険者(私)、受取人(妻、長女、次女で指定)
・受取4000万円の共済  :契約者(私)、被保険者(私)、受取人(法定相続人)
・法定相続人は、妻、同居の長女(8)、次女(6)、別居の長男(20)(離婚後に先妻の祖父母に養子縁組)

前回質問をさせて頂き新たに疑問点が生じましたので宜しくお願いします。
下記の場合には本当に遺産分割協議書が必要でしょうか。

私の生命保険、共済の受取人が「法定相続人」から変更できないものがあります。病死では6000万円、不良の事故死で11,000万円となっています。
不慮の事故死の受取人は7,000万円は「妻、長女、次女」に指定、残り4,000万円は「法定相続人」となっているので配偶者特別控除で相続税をゼロに出来ることが分かりましたが、その場合には遺産分割協議書が必要との回答でした。
長男...続きを読む

Aベストアンサー

大変ですね。長文失礼します。

お考えの内容は理解できるのですが、
誤解されている部分もあるかと思います。
お気持ちは大変良く分かります。どうか、それを理解して読んでください。

まず、
>多額の借金の返済をしておりますので相続放棄をする様~
という事でれば、ご家族は一切の保険金を手にすることは出来ません。
保険金は債権者にいきます。
なぜなら、共済、生保とも
>契約者(私)、被保険者(私)~
となっているので、
http://www.taxanser.nta.go.jp/4114.htm
の事から、一般的に死亡保険金は相続税の対象になるからです。

次に、
>保険での非課税枠(500万円/相続人1人当たり)が使えないので~
>基礎控除と配偶者特別控除のみ~
ご存知の通り、「配偶者特別控除」を使うなら、遺産分割協議書が必要なので、
長男(元妻の子)の印鑑は不可欠です。

また、「基礎控除」ですが、
http://www.taxanser.nta.go.jp/4152.htm
の事から、今回の非課税枠は5000万円+(1000万円×4人)で、
9000万円が(基礎控除を含めた)非課税枠です。
他の財産を含めた保険金との総額が、これ以下なら「遺産分割協議書がいらない」、
「税務署への『相続税の申告書』の提出しなくていい」
というだけで、
「長男にビタ一文お金(死亡保険金)を払わなくていい(遺産分割しなくていい)」
というわけではありません。
長男には法定相続分1/6の権利があります。
裁判まで争ったとして、長男にはそのさらに半分の1/12の遺留分があります。
法定相続分は現妻(1/2)、長女(1/6)、次女(1/6)、長男(1/6)です。
一般に、
配偶者が1/2、その半分を実子(3人)が等分に分ける権利を有しています。

仮に長男に知らせずに他の家族が保険金を手にすれば、
長男が知った段階で、元妻を巻き込んで大きなトラブルとなるでしょう。
例えば長男が多額の保険金の存在を知って、訴訟を起こせば、負けるかもしれません。
理由は、「一般的に死亡保険金は相続税の対象になる」からです。
同様に、仮に多額の保険金の存在を知った債権者が、
残された家族を相手に訴訟を起こさないとも限りません。

ではどうすればいいのか?
受取人を「現妻、長女、次女」とすることで、
受取人指定の死亡保険金とすることが出来そうです。
が、
今の生保がそうだと思いますが、コレも贈与税の対象になるようです。
http://www.taxanser.nta.go.jp/4417.htm
ただし厳密には
>契約者(私)、被保険者(私)~
という事から「相続税の対象になる」と書いてありますね。

結論です。
仮にこのままの状態であったとして、
都合よく借金だけを放棄して、相続税の非課税枠を駆使して、
さらに長男を排除し「現妻、長女、次女」だけに保険金を相続させるのは不可能です。

仮に借金を全て返済したとしても、長男が相続放棄してくれないのであれば、
「現妻、長女、次女」だけに保険金を相続させるのは不可能です。

多額の贈与税を支払い、「現妻、長女、次女」だけに贈与として
保険金を渡すことは出来そうですが、
「本当に違法でないかどうか」プロ(相続に慣れた弁護士、税理士等)
に相談したほうがいいと思います。

*なお、「法定相続人」となっている共済に関しては、
 貴方が万が一の際に、家族が保険金を手にする際にも、
長男(元妻の子)の同意と印鑑は不可欠です。

上記あくまで私見と「タックスアンサー」で得た知識の一般論です。
行政の無料法律相談や、
相続に慣れた弁護士・税理士等に相談されることをオススメします。
どうか、頑張って下さい。

参考URL:http://www.nichizeiren.or.jp/

大変ですね。長文失礼します。

お考えの内容は理解できるのですが、
誤解されている部分もあるかと思います。
お気持ちは大変良く分かります。どうか、それを理解して読んでください。

まず、
>多額の借金の返済をしておりますので相続放棄をする様~
という事でれば、ご家族は一切の保険金を手にすることは出来ません。
保険金は債権者にいきます。
なぜなら、共済、生保とも
>契約者(私)、被保険者(私)~
となっているので、
http://www.taxanser.nta.go.jp/4114.htm
の事から、一般的に...続きを読む

Q相続人同士で成年後見人になる場合について

相続人同士で成年後見人になる場合について


親が亡くなり、兄弟で相続する場合
兄弟の中に知的障害者がいるのですが
例えば弟の成年後見人に兄がなれるとしても
(親族間のトラブル等はありません)
相続に関しては利害関係がある場合(相続人同士)は
別に(法定?)代理人を選任する必要があるそうです(親族以外??)


最初から第三者(?親等以上)だと代理人は必要ないそうなのですが
具体的にどういうことなのか判り易く説明していただけないでしょうか?


検索で成年後見人のことは多少理解しましたが上記の場合の代理人との兼ね合いが判りません


あやふやな訊き方で申し訳ありませんが手続きにも時間がかかるそうで
誰に後見人になってもらうか迷ってしまって困っております
その辺りをお汲取りいただいてよろしくお願いいたします

Aベストアンサー

同一の相続における複数の相続人の権利を一人で考えれば、自分に有利にしてしまうこと、疑われることとなります。ですので、利益相反を理由に特別代理人を選任する必要があるでしょう。

成年後見人だけでなく、未成年も同様でしょう。
孫が祖父母の養子になることがあります。その場合の孫とその親は利益相反することになります。
親であっても、利益相反する状態で子の代理行為はできません。

成年後見人・特別代理人はともに家庭裁判所での手続きが必要となります。

私の経験ですが、祖父の相続で、祖母が法律行為を行うことが出来ないため、祖母の成年後見手続きを行いました。成年後見人を祖父の相続人(祖母の推定相続人)とすると利益相反することを知った上で、祖父の長女である私の母を候補者とする申立を私が行いました。
これは、成年後見人は法律職か近い身内の方が良いと考え、専門家であれば報酬が継続的に発生するため、身内としました。必要な場合のみ特別代理人の手続きを行うことで利益相反を回避できますし、専門家を利用しても臨時支出するだけですからね。
相続手続きですでに依頼していた司法書士の先生に特別代理人を依頼することとしましたね。
私自身は相続権がある相続ではないので、私が特別代理人となることも考えましたが、親の兄弟と祖母の代理で私が協議することは、親の兄弟からすれば、私が親の利益のために行動すると考えられても困ると考えて専門家を使うようにしましたね。

成年後見人は一番近い身内などで行い、特別代理人は相談し納得できる人に行ってもらう方がスムーズですよ。

同一の相続における複数の相続人の権利を一人で考えれば、自分に有利にしてしまうこと、疑われることとなります。ですので、利益相反を理由に特別代理人を選任する必要があるでしょう。

成年後見人だけでなく、未成年も同様でしょう。
孫が祖父母の養子になることがあります。その場合の孫とその親は利益相反することになります。
親であっても、利益相反する状態で子の代理行為はできません。

成年後見人・特別代理人はともに家庭裁判所での手続きが必要となります。

私の経験ですが、祖父の相続で、祖母が法...続きを読む

Q相続放棄について

相続放棄について
主人が亡くなり、会社の借金(連帯保証)と個人的な借金が多かったので、相続放棄の手続きをし、完了しました(相続人は妻である私と長男、長女)。
その後、県の林産協同組合なるところから、もともとは主人名義の出資金50万円が相続人の1人である長男の銀行口座に振り込みされました(半ば強制的に)。
この場合、相続財産を受け取った見なされ、相続放棄が無効になってしまうことはないのでしょうか?無効とされる可能性があるのであれば、その50万円はすでに振り込まれてしまっているのですが、相続放棄の無効を回避する手立ては何かあるのでしょうか?(供託する等?)なお、会社は数億円の債務超過で、主人が亡くなる5年以上前から休眠状態です。アドバイスよろしくよろしくお願いします。

Aベストアンサー

相続放棄経験者です。

まず、相続人が残っているかどうか確認させて下さい。ご主人のお子さんは、長男・長女の2人だけでしょうか (ご主人の出生から死亡までの戸籍で確認できます)。他にお子さんがいなければ、ご主人の父母や祖父母 (直系尊属と言います) が相続人になります。ご主人よりも先に直系尊属が全員死亡している場合は、ご主人の兄弟姉妹が相続人になります。ご主人の兄弟姉妹が先に死亡している場合は、その子が相続人になります (代襲相続と言います)。

相続人が残っている場合は、その相続人に渡してしまえば OK です。相続人が誰も残っていなければ、林産協同組合へ返却することになるかと思います。(その50万円をご主人の債権者に分配する、という方法もあり、その方が道義的にはよさそうな気もしますが、相続放棄した者が勝手に分配しても法的によいものかどうか、私には判断できません。破産などの場合は破産管財人が選ばれますが、死亡の場合はよく分かりません。)

いずれにせよ、その50万円を着服しなければ、相続放棄が無効になることはないと思われます。(そうでないと、債権者は、相続放棄した者の口座に少額のお金を振り込んで相続放棄を無効にさせることができる、というおかしなことになります。)

相続放棄経験者です。

まず、相続人が残っているかどうか確認させて下さい。ご主人のお子さんは、長男・長女の2人だけでしょうか (ご主人の出生から死亡までの戸籍で確認できます)。他にお子さんがいなければ、ご主人の父母や祖父母 (直系尊属と言います) が相続人になります。ご主人よりも先に直系尊属が全員死亡している場合は、ご主人の兄弟姉妹が相続人になります。ご主人の兄弟姉妹が先に死亡している場合は、その子が相続人になります (代襲相続と言います)。

相続人が残っている場合は、その相続人に渡し...続きを読む

Q居住用不動産を後見人が無断で売却した場合に成年被後見人の相続人は無効を主張できますか

民法859条の3にいう居住用不動産の売却については、後見人は家庭裁判所の許可を取らなければなりませんが、これを取らずに売却されてしまった場合において、成年被後見人が亡くなった後、不動産の相続の権利を取得した相続人は、契約の無効を主張できますか。

Aベストアンサー

被後見人を保護するための条文
生活する本拠を確保するための条文
死亡すれば、保護する必要がないのではないか
売買代金を、介護等に使用したら、無効にするのは無理でなかろうか
どうなるかは不明

Q相続の際の生命保険の取り扱いにつて

父が亡くなり、相続人は母と私です。父は生前の(1)5年前と(2)2年前に生命保険(契約者・被保険者=私、死亡保険金受取人=私の長男、満期金受取人=私)を支払ってくれました。(1)と(2)は、どのように評価すればいいのでしょうか。それとも相続財産ではなく、贈与となるのでしょうか?(私が現金をもらって、それを生命保険会社に私が振り込んでいれば贈与の気もしています。)アドバイスよろしくお願いします。なお、(1)1000万円、(2)300万円と金額は結構大きいので心配しています。

Aベストアンサー

保険事故がまだ起きてないので、生前に「Aが負担すべき保険料をBが負担してた」だけです。
一年間の保険料が父から保険契約者に贈与されていたとなります。
相続発生以前3年間分の贈与は、相続財産に加算されますので、3年前からの保険料は相続財産を形成します。

両方共に「被保険者が死亡してない」のですから、贈与税か所得税かの判断は無用です。
また、契約者変更をしたわけではないので解約返戻金相当額の贈与があったとされるケースではありません。

Q父の相続人の甥っ子の後見人の選任を拒否できるか

昨年夏に遺言を残して父が亡くなりました。相続人は、母と、父が死ぬ1か月前に事故で意識不明になった兄と私の3人。その兄も意識を回復することなく父の遺産分割前に、年明け早々に亡くなりました。兄が相続するはずだった父の遺産は、兄嫁とその2人の子供たちに相続されようとしています。兄の子供は未成年でしたので、相続手続きを行うため後見人の選任が必要なので、兄嫁が、兄嫁の両親(子供たちから見れば母方の祖父母)を申請しています。相続手続きをしなければ兄の家族は、預金口座などが凍結されており生活もままならない状態で、手っ取り早く安価に進めたいのもわかるのですが、私としては、兄の死によって、本来、父の遺産相続の相続人でなかった親戚-兄嫁、その子供、そして兄嫁の両親-が、父の遺産相続に口をはさむ余地が広がることは絶対に避けたいと考えています。①もし兄嫁の両親が兄の子供たちの後見人になった場合、兄嫁の両親は、父の遺産分割協議の対象者となりうるのでしょうか?②兄嫁の両親を兄の子供たちの後見人にすることを私や母が拒否することは可能でしょうか?③もし兄嫁の両親以外を兄の子供たちの後見人とするなら他にどういう人が考えられますか?(それとも兄嫁の両親が一般的なのでしょうか?)

昨年夏に遺言を残して父が亡くなりました。相続人は、母と、父が死ぬ1か月前に事故で意識不明になった兄と私の3人。その兄も意識を回復することなく父の遺産分割前に、年明け早々に亡くなりました。兄が相続するはずだった父の遺産は、兄嫁とその2人の子供たちに相続されようとしています。兄の子供は未成年でしたので、相続手続きを行うため後見人の選任が必要なので、兄嫁が、兄嫁の両親(子供たちから見れば母方の祖父母)を申請しています。相続手続きをしなければ兄の家族は、預金口座などが凍結されてお...続きを読む

Aベストアンサー

話を整理すると、お父様は遺言書を残されており、お父様が亡くなった時点ではお兄様も存命であったのですよね。遺言書が法的に有効であると考えれば、お兄様が相続した(遺言書に従うのが前提)遺産は、お兄様の遺産であり、お兄様に子がいる限り、お兄様の兄弟姉妹や母親には、お兄様の遺産の分け方までどうこう言う立場にはありません。

質問では後見人とありますが、後見人ではなく特別代理人でもよいぐらいの話でしょう。兄嫁はお兄様の嫁として相続人ですので、親権者としてこの権利の代理を行えば利益相反となってしまいます。法律上認められないから子に後見人・特別代理人を設定しなければならないのです。
当然親権者である兄嫁がいるわけですから、兄嫁が後見人や特別代理人の申立を行うわけですし、あなた方はお兄様の死についての相続人でもなければ、お兄様の子の親権者でもないわけですから、異議を申し立てたりする立場にありませんよね。

兄嫁からすれば、稼ぎ頭である夫(あなたのお兄様)を亡くし、今後子供たちを守る必要があります。できる限り遺産を相続したいと考えてもおかしくはないことでしょう。お母様は兄嫁の義母ではありますが、一つの手続きで親族関係を修了させることができる、赤の他人なのです。昔ながらにお母様を義母として、嫁として守っていくという兄嫁であれば、特に問題はないでしょう。
兄嫁が相続した分も将来はその子たちに相続されるわけですからね。

どうしてもいやであれば、あなたが遺留分減殺請求の権利を行使することで、お兄様の遺族からあなたの遺留分を返してもらうこと、返してもらうのは、一家の権利となるように交渉することで、あなたが一部権利を相続したらいかがではないですかね。名義をお母様にしたければ贈与でもすればよいのですからね。これによりお兄様がもらうべき遺産の額を減らすことも可能なのです。ただ、あまり身内で法律論を出せば感情論に発展し、そもそも赤の他人である兄嫁が出ていけば、無用な遺産は現金化を考えることでしょう。そうなれば困るのはお母様でしょう。

法律家へ相談のうえで、明確な権利関係を整理し、金銭解決であればいくらぐらいで解決できそうなのかも確認されるとよいでしょう。しかし、お兄様の相続人である兄嫁や子の権利を動かすことはできないことのうえで動くしかないと思いますがね。

話を整理すると、お父様は遺言書を残されており、お父様が亡くなった時点ではお兄様も存命であったのですよね。遺言書が法的に有効であると考えれば、お兄様が相続した(遺言書に従うのが前提)遺産は、お兄様の遺産であり、お兄様に子がいる限り、お兄様の兄弟姉妹や母親には、お兄様の遺産の分け方までどうこう言う立場にはありません。

質問では後見人とありますが、後見人ではなく特別代理人でもよいぐらいの話でしょう。兄嫁はお兄様の嫁として相続人ですので、親権者としてこの権利の代理を行えば利益相反...続きを読む

Q生命保険(かんぽ生命)の入院保険金について

かんぽ生命の生命保険金はみなし相続財産ということですが、同じ保険番号の入院保険金は相続財産になるのでしょうか。また、相続財産であっても、非課税ということでいいのでしょうか。もし、受取人である配偶者が相続放棄(家庭裁判所)をしていれば、生命保険金は受けとれても、入院保険金は受け取れない、ということでいいのでしょうか。アドバイスよろしくお願いします。

Aベストアンサー

死亡保険金は、民法でいう相続財産(遺産)ではなく、
保険契約という商取引に基づく支払なので、
相続放棄をしても、死亡保険金を受け取る権利を放棄したことには
なりません。つまり、受け取れる。
しかし、税法は、民法や商法ではなく、民法や商法で決まった
受取人に対して課税する法律です。
なので、死亡保険金は、相続財産ではないけれど、相続税の対象に
するので、「みなし相続」という言葉を作り出したのです。
なお、死亡保険金=相続税 ではありません。
契約者=被保険者で、受取人が別人の場合、相続税の対象になります。

入院給付金は、本来、生前に本人に対して支払われるものです。
従って、本人が死亡した後に相続人が請求した場合、
本人が生前に請求したのと同じことになり、
入院費を支払った後の残りは、本人の相続財産となります。
また、相続人が入院給付金を請求した場合、
相続を承認したことになるので、相続放棄はできません。
入院給付金自体は非課税なので、亡くなった本人には課税されません。

なので、ご質問の答えは……
(Q)入院保険金は相続財産になるのでしょうか
(A)相続財産となります。
ただし、入院費は相続財産から引くことができるので、
残額が相続財産となります。

(Q)相続財産であっても、非課税ということでいいのでしょうか
(A)いいえ。他の相続財産にプラスして、課税対象となります。

(Q)受取人である配偶者が相続放棄(家庭裁判所)をしていれば、
生命保険金は受けとれても、入院保険金は受け取れない、
ということでいいのでしょうか。
(A)実質、そうなりますが、生命保険会社は、相続放棄をしているか
どうか、知る由もないので、死後、配偶者が請求すれば、
間違いなく、支払います。
受け取ったら、自動的に、相続承認となりますから、
相続放棄はできなくなります。

死亡保険金は、民法でいう相続財産(遺産)ではなく、
保険契約という商取引に基づく支払なので、
相続放棄をしても、死亡保険金を受け取る権利を放棄したことには
なりません。つまり、受け取れる。
しかし、税法は、民法や商法ではなく、民法や商法で決まった
受取人に対して課税する法律です。
なので、死亡保険金は、相続財産ではないけれど、相続税の対象に
するので、「みなし相続」という言葉を作り出したのです。
なお、死亡保険金=相続税 ではありません。
契約者=被保険者で、受取人が別人の場合、相...続きを読む

Q成年後見人のいる法定相続人に保険金が振り込まれました。相続分与はできますか

母のみが法定相続人になっており、姉(次女)の保険金が振り込まれました。母は成年後見制度を受ける予定で、成年後見人候補は私です。
相続は親族と相談しており母、私と長女の子供で3等分することになっていますが、振込が母の口座になっております。
この口座から払い出しをして分与することは可能でしょうか。
私が相続する場合、特別代理人の選任が必要になるのでしょうか。

Aベストアンサー

こんにちは。
まず、お姉様の財産については、質問者様が仰る通り、
相続権があるのはお母様のみです。
つまり、相続財産として分配されるためには、お姉様が生前、
分配する旨の遺言書を作成していることが前提となると思います。
遺言書がない場合、質問者様と長女様(の子)には相続権はないので、
次女様の相続財産についての相続はできません。

次に保険金ですが、生命保険なら、相続財産とはみなされていないようです。
保険金の受取人の財産と考えてもらえば良いですかね。
つまり、次女様の保険金は受取人に指定されていたお母様の財産ですので、
次女様の遺産分割として分配はできません。

それ以外に、例えばお母様が受け取った保険金を、お母様の生前贈与という形であれば
質問者様と長女様の子に渡すことは可能だと思います。

また、質問者様がお母様の成年後見人になった場合でも、
上記の生前贈与については、お母様の意思があって初めて成り立ちます。
成年後見人の義務はあくまで、お母様の利益を守るために
財産などの管理を代行することですから。
または、成年後見人に任命された家庭裁判所で、生前贈与
などは相談しながらであれば、裁判官の判断次第では
可能になるかもしれません。

とりあえず質問文から読み取れる内容ですと、こんな感じになると思います。

参考までに。

こんにちは。
まず、お姉様の財産については、質問者様が仰る通り、
相続権があるのはお母様のみです。
つまり、相続財産として分配されるためには、お姉様が生前、
分配する旨の遺言書を作成していることが前提となると思います。
遺言書がない場合、質問者様と長女様(の子)には相続権はないので、
次女様の相続財産についての相続はできません。

次に保険金ですが、生命保険なら、相続財産とはみなされていないようです。
保険金の受取人の財産と考えてもらえば良いですかね。
つまり、次女様の保...続きを読む

Q売掛金の債権放棄と貸倒損失計上

 得意先の売掛金の回収ができず困っています。
金額は2年前に約一千万円で、調停も行いましたが回収できませんでした。
当期は、数万円の取引が有るくらいで売掛金残高も2年前とほとんど変わりません。
その会社は他にも大分債務が有るようで回収はほぼ不可能と思われますが、当期の決算なら一千万円を償却しても赤字決算にならないので、債権放棄の通知を内容証明で送り貸倒損失を計上をしようと考えております。(銀行からの借入金の関係で赤字決算にしたくないのです。)

貸倒損失の処理要件については非常に厳しいものあると聞いておりますが、上記のような場合、何か問題が有るでしょうか。

Aベストアンサー

http://www.nta.go.jp/taxanswer/hojin/5320.htm

上記が貸倒損失の規定です。

債権放棄の通知以前に相手がどういう状況なのかを説明できる資料がいります。

単純に放棄をしただけですと、貸倒損失になりませんので、注意です。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報