「夫を成功」へ導く妻の秘訣 座談会

固形ワックスと簡易コーティング剤ですが、双方のメリットデメリット教えてください。
あとどんな人にどっちが向き不向きなどもお教えいただきたいです。

A 回答 (4件)

ワックスというのは、蝋というもので木の樹液が固まるようなものです。



コーティングというのは、JIS規格で1か月の雨の量に見立てた人工的に水をかけて
それでも効果が持続していると認められたという耐久性の規格です。

一般的にワックスとかは、洗車して、乾いたクロスで水滴を拭いて、そこにワックスを
つけて磨き、乾いたクロスで余分なものを拭きとる。

1時間洗車して、ワックス掛けに1時間とかで2時間はかかる。 洗車そのものは屋根の
あるガレージとかで冷えたボディに水をかけたりして、という面倒くささもあります。

耐久性的には、2回程度の雨で効果が薄れるので、こまめに手入れする人向きで、会社とかで
黒塗りの車を持っていると運転手さんがよくガレージ前で洗って拭いてさっとワックスかける
と濡れたような艶となる。

コーティング剤は1度綺麗に洗車して脱脂とかして、そこにコーティング剤塗って、1週間後
とかに洗車してコーティング剤を塗る感じ。

2カ月くらいは、雨が降って汚れたら翌日水洗いして拭き上げるだけで防汚効果があるので、
さっと短時間で綺麗になる。

車は白とか、黒色のボディ色が人気で、それはどちらもこまめに洗車する人が乗っているので
綺麗に見えるだけ。

グラスコーティング剤とか新車買って25万円とか支払い綺麗にするひともいらっしゃいますが、
ボディって雨が降り乾くと、雨ジミになるとかありますので、市販されているコーティング剤
を2・3カ月に1度とか塗って、表面を磨くというか汚れも落ちるという感じが小綺麗を
維持しやすい感じです。

私は3年前に福岡トヨタでTバリュー認定中古車で30プリウスを買い、パールホワイトのボディに
ミラーシャインを塗っていますが、2カ月から3カ月くらいの間で塗りなおす感じでしょうか。

ワックスとかコーティング剤って石油系の溶剤が入っているのでそんなのを塗ると、白いボディに
雨が流れた時に黒い筋とかに残るとかあるので、溶剤入っていないのを使っています。

専用クロスにつけて塗り込むだけですが、塗ると汚れがクロスにつく感じ。

車のボディは、色の塗装して、その上にクリアを塗装してあるので、基本はシリコンとか
を表面に薄く塗ってあげると汚れなどが付きにくく落としやすくなる保護層となるワックス
などを塗っている感じ。

黒のボディですとワックスの方が艶とか出やすいのですが、ボディが熱いとかあると
ムラになりやすいとかあります。

黒いボディとかの方が雨ジミとかも出やすい感じあるとか、それぞれ特徴があります。
    • good
    • 0

ワックスもコーティングも気休めですよ。


あんな1ミクロン以下の膜で、紫外線を防げるわけない。

ま、自己満足のワックスがけですな。
    • good
    • 0

ワックスは、自然な艶で、触ると、ツルツルだけど、塗るのに手間がかかります。

簡易コーティング剤は、施工が楽で、長持ちしますが、ギラギラして、若干、不自然。私は、ツルツルしているのが好きなので、シュアラスターのジュニア缶1000円を使っていますが、2年は使えるので、安いです!そういう訳で、13年落ちとしては、異常にきれいです。向こうの建物は、車検場。
「ワックスと簡易コーティング剤」の回答画像2
    • good
    • 0

コーティング済みの新車が中古車に出回り


コーティング済み自動車に固形ワックス塗ってる人も多いご時世です。

知識のない人は、簡易コーティング剤を使おう
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング