最近ケンウッドのF-CD7を買ったのですが、MP3が再生できません。拡張子もちゃんと.mp3がついているので問題ないと思うので、どうしていいか分かりません。ただ気になる点がひとつあるとすれば“ファイナライズ”処理と言うのをしていない気がするのですが・・・、ただどうやっていい川からないので・・・。
誰か教えてください、よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

ファイナライズ処理とは録音した音源のダイナミックレンジを調整することです。



でも、今回の分の「ファイナライズ」はCD-RにTOC(Table of Contents)を書き込む事だと思います。
これをしないと一般のオーディオプレーヤーでは認識しません。
で、やり方ですが、お使いのライティングソフトで焼く時に『CDを閉じる』を
選択してやればTOCを書き込むことが出来ます。

容量が余っていると勿体ないですが、やってみて下さい。m(__)m

参考URL:http://www.naoyuki.org/hdr.htm
    • good
    • 0

私もF-CD7持ってますが問題なく再生出来ますよ!


mp3ファイル聞くならクローズ(ファイナライズ)処理しなくても大丈夫です。
前の人も言ってるとおりISO形式で書き込めば問題ないはずですが...
書き込みソフトが分かればもっとはっきり分かるかもしれません。
参考にケンウッドのmp3Q&A見てみてください。

参考URL:http://www.kenwoodcorp.com/j/products/car_audio/ …
    • good
    • 0

F-CD7私も欲しい製品です^^;


ライティングソフトでCDをクローズしてあげてください。
この製品はマルチセッションに対応していますので、追記書き込みでも問題ないです。
焼くときの注意点はJOLIETでなくISOで焼くことです。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QTOCの成果

ソフトウェア開発を行っていて、経営を学ぼうと思っているものです。

最近ソフトウェア開発にTOC理論が応用できるという話を聞き、少し興味を持っています。
それで、このサイト等で調べているうちに、かなり成果を上げているとの意見が多いのですが、一部で否定的な意見も少なからずあることがわかりました。
「昨今TOCを実践してきた企業は破綻など苦境に立たされ」ているとの意見がありますが、これは本当なのでしょうか。また、TOCはすでに古い理論であり、日本の製造業はすでに実践済みで、次の段階に入っているとの意見もあります。これにはうなずけるような気がします。
それとも、TOC自体に問題があるのではなく、TOCにこだわりすぎて、他の重要なことがおろそかになっているということなのでしょうか。

Aベストアンサー

「経営理論」にはいろいろなものがありますが、いずれも一時期、時代の中で「流行」して、次の新しい理論に乗り換えられる運命にあります。

それは、「○○理論」が学問の世界の功績や、経営コンサルのビジネスのツールとして取り扱われる以上、やむを得ないことです。

ただし、いずれの理論にも、その根幹となる部分は「真理」として、時代を超えて正しいものが多いと思います。

例えば、「TOC理論」で言うと、生産工程における「ボトルネック」となる部分工程が全体工程の効率を決めるとして、「ボトルネック工程」に焦点を当てて対策を練ると言う考え方は間違っていないと思います。

要は、いろいろな「経営理論」のエキスの部分を自分の知識としておさめて、それを自分で応用できることの方が大切だということです。

人が評価する理論は、ハナから否定するのではなくて、積極的に学んで、自分で使えるところだけをノウハウとして自分の中に残していくように考えておけばいいのではないでしょうか・・・。

Q動画がちゃんと見れるMP3プレーヤーは?

youtubeとかニコニコ動画とかの動画を見たいです。
できたら、パソコンで取り込んだテレビ番組等も見たいと思っているのですがそんなことができるプレーヤーはありますか?
IpodとかGigabeatとかは動画がだめなんでしょうか?
動画を見ると言うことである程度液晶が大きくないとどうにもならないと思います。すいません。わがままばかりで・・・
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

多少大きくても構わないのであれば、MP3プレイヤーより
ポータブルAVプレイヤーのジャンルで探せばよいと思います。

http://kakaku.com/pc/portable-av-player/
http://www.coneco.net/SpecList/01154020/

QTOCについて

ゴールドラットさんが開発したTOCはパラダイムシフトと呼ばれる
画期的なビジネスツールとして一世を風靡しました。

今でも信奉しているコンサルタントは多いと思います。

スループット増大を目的として部分最適より全体最適に着目したのは
大筋正しいかと思います。
しかしながら、昨今TOCを実践してきた企業は破綻など苦境に立たされ、
TOC理論からは否定されてきたトヨタ生産システムの大元のトヨタは
好調のようです。
さて、画期的なパラダイムシフトとされたTOCがトヨタ生産システムを
凌駕できなかったのはどういう理由からでしょうか?

ビジネスシステム上の疑問なので
トヨタDNAや社内教育、
人材の質的要素は排除した回答を望みます。

Aベストアンサー

NO.2の者です。補足有難うございました。


示していただいた文章拝見しましたが、TOCがJIT(Just In Time = いわゆる”トヨタ方式”)を否定してきた、というニュアンスは認識できません。


むしろこの筆者の方は、TOCとJITの違いに焦点をあてられ、
JITがより普遍的かつ強力になるためには、TOCとの融合、とりわけ「制約」という要素を意識して「自主解決」へとつなげる道筋が必須、ということを仰っているのだと認識します。

これはまた、
JITは今のままでは普遍的な生産方式になりえず、トヨタ独自の生産方式ということに終わってしまうのでは・・・という指摘でもあります。


もう一度、お示しいただいた佐々木さんの文章をお目通しいただき、ご質問の論点
--------------------
スループット増大を目的として部分最適より全体最適に着目したのは
大筋正しいかと思います。
しかしながら、昨今TOCを実践してきた企業は破綻など苦境に立たされ、
TOC理論からは否定されてきたトヨタ生産システムの大元のトヨタは
好調のようです。
さて、画期的なパラダイムシフトとされたTOCがトヨタ生産システムを
凌駕できなかったのはどういう理由からでしょうか?
------------------
が妥当かどうかを確認されてみてはいかがでしょうか?


なお、この文章を書かれた佐々木さんは
TOC推進協議会の設立に参画されたり
http://www.j-toc.jp/
TOCスループット会計を翻訳されたり
http://www.tocken.com/throughput_accounting.htm
と、
基本的にはTOCの価値、意義を認める立場でいらっしゃる(TOCの限界を指摘・批判する立場ではいらっしゃらない)ことも付記させていただきます。。。

NO.2の者です。補足有難うございました。


示していただいた文章拝見しましたが、TOCがJIT(Just In Time = いわゆる”トヨタ方式”)を否定してきた、というニュアンスは認識できません。


むしろこの筆者の方は、TOCとJITの違いに焦点をあてられ、
JITがより普遍的かつ強力になるためには、TOCとの融合、とりわけ「制約」という要素を意識して「自主解決」へとつなげる道筋が必須、ということを仰っているのだと認識します。

これはまた、
JITは今のままでは普遍的な生産方式になりえず、トヨタ独自...続きを読む

Q拡張子をmp3に書き換えて…

手持ちのmp3プレーヤーが、
wmaに関しては一部のファイルにしか対応しません。
そこでWindowsMadiaPlayerでwma形式で
取り込んだ曲のファイル名の拡張子を
mp3に書き換えることで解決しますか?
また、このときにwma→mp3に書き換えて
ファイルやmp3プレーヤーに影響はないでしょうか?
ちょっと抽象的かもしれないですが、
この書き換えによって、なにが起こるのか、
また本質的には変わらないのかなどを
教えていただければありがたいです。

Aベストアンサー

こんばんは。
「拡張子の書き換え」はファイル形式の変換ではありません。
見た目を変えているだけなんですよ。
mp3の再生しか対応しないソフトではもちろん再生出来ませんし、
wmaとmp3両方再生出来るソフトだって誤作動起こす事もあり得ますので駄目です。
基本的に拡張子を書き換えるなんて考え方は捨てましょう。

iTunesでも何でも変換するソフトはありますので、それを利用して下さい。

QMDのTOC復活の方法

こんにちは。

以前ラジオを録音したMDがあるのですが、今日曲名を編集し、デッキから
取り出そうとしたら、「TOC WRITE ERROR」が起こり、それ以降そのMDが
ブランクディスクとしてしか認識されなくなってしまいました。

MDの記録エリアには音声そのもののデータがそのまま残っているはずなので
TOCさえ復活させれば再びこのMDを聞けると思うのですが、
どうしたら元のTOCを復活させることができるのでしょう?

また、TOCのライトエラーはこれまで2~3回経験しているのですが、
その原因として一番疑わしいのは何なのでしょう?メディア?それともデッキ!?

大切な録音が入っているMDが何の前触れもなくダメになるので
とても困っています。どうかよろしくお願いします。

Aベストアンサー

お問い合わせの件にて
MDが出始めの頃に一部の単体MDデッキで、EDT(デスクタイトルなど)や録音状態(スタ-ト前のポーズ状態迄)にしてやると「ブランクディスク」状態になった物がTOCに曲情報が無い形で復活させる物が有りましたが、これ自体おかしい動作で現在の機械はこの様な「おかしなバグ」は無い様に思います。
この機械でも「ディスクエラー」となった場合は対応策は有りませんでしたね。

>120分録音してあるというTOCを、記録面の内容を消さずに書き込みたい
またまたやってしまいました、そうMDLPやMONO録音が有りましたね。MONO記録の場合単純に修復すると標準の「MDステレオ」になる為、左側に最初の1-80分/右側に後半の80-120分とが左右同時に聞こえてしまいます。修復依頼の時は『記録方式の情報』も添付して下さい。
まぁ、メーカーでも修復完了時に確認はするでしょうがこんなチョットした事でも技術者とは偏屈な物で「なかなか気配りができて言うなぁ、よっしゃわいにまかせとき!」なんて気張ってくれます。


ご使用のパイオニアの製品については申し訳有りませんが、私には分かりません。サポートに問い合されればもしかして情報が得られるかも知れませんが...(確信無し)

Yahooで「MD TOC 修復」で検索するとお一人の体験者が見つかります。無料では有りますが他のディスクメーカーも同じかは分かりません、またソニーが現在も同じ対応をしているかは分かりかねます。

※メーカーでは他メーカーのディスクは一切受付けしませんのでご注意下さい。
※MDのディスク型レンズクリーナーについては私個人としてはお勧めしません。このクリーナーの構造は刷毛でレンズ上面をはらうのですがこのレンズはトラッキング/フォカースを取る為に可動する為、円筒形の筒の一番上にワイヤーで吊られています。当然そこには隙間が有りその下には固定レンズやプリズムがあります、そして擦られて落ちたホコリがこの内部に入ってしまう事は大いに考えられます。再生専用機ではCDと同じでトラブルが出てもそれからでかまわないのですが、録音機の場合気がつかないうちに中途半端なレベルで書き込みがされてしまいます。
その結果こちらの機械では再生出来るが他の物では再生出来ないなどの現象にもなります。
そしてこの記録不良のディスクを再生出来る機械でデジタルコピーしたのでは欠落部分はそのままなのでメリットは無く。
結果、修復された音声をつかったアナログでのダビングになります。この辺りはカセットテープと違ったデジタル記録の弱味です。

余計な事を書き過ぎました。こんな私も今はカセットは車載機のみなんです。(^^

お問い合わせの件にて
MDが出始めの頃に一部の単体MDデッキで、EDT(デスクタイトルなど)や録音状態(スタ-ト前のポーズ状態迄)にしてやると「ブランクディスク」状態になった物がTOCに曲情報が無い形で復活させる物が有りましたが、これ自体おかしい動作で現在の機械はこの様な「おかしなバグ」は無い様に思います。
この機械でも「ディスクエラー」となった場合は対応策は有りませんでしたね。

>120分録音してあるというTOCを、記録面の内容を消さずに書き込みたい
またまたやってしまいました、そうMD...続きを読む

Q海外製品のMP3プレイヤーの操作方法mp3 digital mp3 player

先日オークションで買ったのですが、MP3音楽を取り込むと音は再生されるのですが、声がおかしく再生されるのです。
メーカーは海外製なのでわかりませんが、USB直接接続で箱っはmp3 digital mp3 playerと記された黄緑色です。
Macで取り込んだCDをMP3に変換してMP3プレイヤーに保存しているのですが
やり方が悪いのでしょうか?プレイヤーがおかしいのでしょうか?
Macにも対応していると表記があるので大丈夫だと思うのですが…。
誰か詳しい方教えてくださいっ言葉足らずでスミマセン。



http://image.furima.rakuten.co.jp/image/item/72/93/37447293-1.jpg

Aベストアンサー

声がおかしいとは、具体的にどういうことですか?
音とびとかそういうことですか?

オークションで購入ということですが、サポートはないのでしょうか?

QTOCを回復させる方法は有るのでしょうか

今まで問題無く使えていたDVD-RWなのですが、DVD Decrypterでの書き込み直後”TOCの回復ができません”とのエラーが出て使えなくなりました。
TOCを回復させる方法は有るのでしょうか。
ハードはBUFFALO DVSM-XL516U2で、メディアはMITUSBISHI 4xです。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

>メディアエラー
ならメディアを交換すべきでは?
「RW」は化学的に「R」より保存性に優れないことをご存知でしょうか。
Cdcheckでも読み込みエラーが出るようなら多分そのメディアは使えませんけど。

QMP3の拡張子のものをMDに録音したい

PC上でMP3のものをなんとかMDに録音できないでしょうか?
PC開かないと聴けなくて…。

Aベストアンサー

いろいろありますが、質問者さんの環境が分からないのでアドバイスが出来ません。

まず、CDドライブとかはついているのでしょうか?
ついているのであれば、CDに焼いてMDコンポなどからMDに録音してください。
コンポがMP3対応機ならそのままMP3でCDに焼き、非対応ならPC上のMP3ファイルをエンコードソフト(LAMEなど)を使ってWavにデコード(変換)してください。

USB対応機のMDを使用しているのであれば、SonicStageなどを使って転送すればよいでしょう。

Q湖のTOCについて

 私は現在大学院研究で、ある湖のTOCを測定しているものです。
 
 測定する前に、0.45μmのメンブレンフィルターで濾過をしたサンプルと、濾過をしていないサンプルとのTOCの値を比較したところ、濾過をしたサンプルの方がTOCの値が大きくなってしまいました。
 通常、濾過をすれば不溶性成分が取り除かれ、TOCの値は小さくなるものと考えてしまうのですが、結果が逆になって困っております。

 原因が分かる方がおられましたら、ご解答お願いいたします。

Aベストアンサー

測定値に明確な有意差(採水点、サンプル数、同一サンプルの測定回数などから)があるなら、大変興味深い問題です。採水や測定法など分からないし、同じような経験がありませんので答えにはなりませんが、あるかも知れない事を考えて見ました。
(1)メンブレンフィルターからの溶出:ご使用の膜の種類や保存状態次第ですが?
(2)使用機器類の汚染:フィルターホルダーや付帯機器(加圧ろ過、吸引ろ過)・器具
(3)測定環境からの汚染
(4)サンプルの測定時間差
つまらぬ事を考え申し訳ありません。
測定過程において濾過された物質と溶解有機成分との反応、移動などに起因するならそれ自体が研究テーマになりそうですね。

QMP3プレーヤーを購入したいので、アドバイスお願いします。

こんにちは。
先日もMP3プレーヤーのことをお聞きしたのですが、
機種がCreative MuVo Micro N200 に決まりました!!

ですが、容量が1GB、512MB、256MBの三種類あり、どれがいいのかわかりません(^^;)
大体それぞれ何分ずつくらい入るのでしょうか?

あと、容量が少ないと曲の入れ替えをする頻度が高くなって面倒になるというような書き込みもどこかでみたのですが、入れ替えってそんなに面倒なものなのでしょうか?

あとホームページを見ていたら「ビットレートも96kbpsまたは128kbps、160kbpsの中から選ぶことができるので…」と書かれていたのですが、何のことやらさっぱりわかりません(;ロ;)

また、これと同じ機種を使っている方からのアドバイス(利点、欠点)を教えていただきたいと思いますm(_ _)m

アドバイスよろしくお願い致しますm(_ _)m

Aベストアンサー

お金に余裕があれば1Gの物を買えばいいと思います。
ビットレートの詳しい事はわかんないですけど
公式見ました
ライン録音:MP3 96k-160kbps
ってなってますけどMDとかから録音するんですか?
PCから作ると
MP3 [8k-320kbps, 8k-48kHz] VBR対応
WMA [8k-320kbps, 8k-48kHz] DRM対応
って書いてありますが。
ビットレートの数字は上げるほど音が良くなって
容量も増えます。
128kbpsで4分程の曲をmp3にすると大体4M位になりますが320kbpsで作ると9M位になります。
http://www.iriver.co.jp/support/faq.php?article=45&cUrrent_pAge=3
↑でどのくらいか大体分かると思います。


人気Q&Aランキング