電子書籍の厳選無料作品が豊富!

沖縄についていくつか質問があります。

(1)沖縄は元々独立国ではなかったでしょうか?

(2)沖縄の人は本土の人のことが嫌いですか?

(3)沖縄は、民族が本土の人と違いますよね?

(4)沖縄の独立運動が高まることは今後あるでしょうか?

(5)沖縄の人はアメリカ統治下の方がよかったと思っているのでしょうか?

A 回答 (3件)

1)現代における国家の概念とは異なりますが、中世アジア世界においては立派な独立国でした。

当時の中国を中心とするアジア世界では、朝鮮の次、ベトナムやフィリピン、インドネシアなどの国々よりも上席として位置づけられていたと記録にあります。

2)一般論では語ることはできません。ただ、「好き嫌い」ではなく、「本土の人たちは自分たちのことを分かっていない・分かろうとしない」という思いは、程度の多少はあれ持っているかもしれません。

3)民族の定義の仕方にもよりましょうが、たとえば「隼人」や「熊襲」を大和民族とは別の民族と呼ぶとすれば、沖縄の人々も別の民族になるかもしれませんね。そうでないならば、沖縄の人々も広い意味での日本民族であることに間違いはないでしょう。何しろ、言語学的には大和古語がもっとも忠実に残されているのが沖縄方言だとされているくらいですから。

4)将来にわたりそんなことがないように願いたいものです。

5)アメリカ統治下の沖縄の状況を多少とも学習されれば、そういう疑問は出てこないのではないかと思います。当時のすべてがわるいというつもりはありませんが、想像を絶することが日常的に行われていたのは遺憾ながら事実です。「異民族」による支配が行われていた当時に戻りたいという人は、少なくとも当時を知る沖縄県民には皆無ではないでしょうか?
    • good
    • 0

(1)アジアにおいて近代国家が成立するころにはすでに独立はしていませんでした。

時代をかなり遡れば、かつては中華の属国の一つとして日本とは違う国でした。

(2)好きな人もいれば嫌いな人もいると思いますが、特に本土全体で考えない人が大多数だと思いたいです。

(3)本土にも南ルートより来た人もいるので、全てが違うとは言えない。本州の日本人は南方系と北方系の融合で、沖縄はほぼ南方系であるので厳密に言えば差はある。ただし、言語的にも近く、ほとんど同じといっても問題はない。

(4)独立運動は少数が騒いでいるだけです。日本から離れ、アジア有数の紛争危機を抱えた海域で孤立する選択をしようとする人が増えるとも思えません。もし高まることがあるとするなら中国が変化して、安全になっていることが絶対条件でしょう。

(5)占領後はアメリカ兵の犯罪が異常に多く、島内にアメリカ以外の権力が入ることを望んでいました。

現実問題として、琉球独立なんてやったら、隣の覇権国家に占領される危険が増すか、軍事費及び米軍への協力費の負担が増すだけで夢のまた夢だと思えます。
    • good
    • 0

こんばんは。


(1)独立国の定義の仕方にもよりますが、確かに元々は琉球王国と言いました。中国もしくは日本の属国である、という見方もあります。

(2)嫌っている人はあまり見かけませんが、「ウチナーンチュ」と「ヤマトンチュ」という言葉が示す通り区別の意識は強いです。

(3)そうですね、民族をどこで分けるかにもよりそうですけど、琉球民族が多いという言い方は出来ると思います。

(4)高まる可能性は残されていますが、大問題になるレベルでは無いと思います。

(5)そうではなく、復帰の時に完全にアメリカを追い出せなかった事の方に不満があるだろうと思います。おかげで今となってはアメリカに出て行ってほしいけど出て行かれると経済的に破綻するという厄介な状態になってますからね。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!