ママのスキンケアのお悩みにおすすめアイテム

【日産自動車】日産自動車は年間売上台数が16%減少で6700億円の赤字になるのはなぜですか?

たった16%売れる台数が減ると6700億円も赤字になるのはなぜですか?どういう理屈でそうなるのですか?

売上高21%減で営業損益が2177億円の赤字になるのも不思議です。なぜたった売上高が21%減るだけで大赤字になるのですか?

自動車製造メーカーはどういう収益構造になっているのですか?

経営構造が貧弱すぎませんか?日産自動車だけが特別な収益構造なのでしょうか?

A 回答 (3件)

日産の根本的な問題は国内外の販売網が確立できていないことです。


一部の地域を除くとライバル社のトヨタと販売店の数が圧倒的に少ないです。
トヨタは販売網確立のために販売店を地方ごとに販売会社(他社)に任せており、インセンティブ販売を行っており、一方で日産は系列販売会社として販売店社員が兵庫日産とかのように自社展開していますので、販売会社ごとの競争意識が低いです。
また、平成初期では180SX、レパード、シルビア、グロリア、サニーなどライバル車を意識した生産が行われており、スポーティーで大胆なデザインでユーザーの感覚を掴んでいたのですが、ルノーのDNAが入ると日本人受けしないフランス受けするような特異なデザインで、トヨタに大きく差をつけています。
営業利益が赤字化すると設備投資費の圧縮が余儀なくされ、金融機関への有利子負債の返済のためにリストラや営業所や販売店の統廃合も余儀なくされて、黒字体質に戻るまでの時間が掛かり、どうしても業績が低迷します。
トヨタは三菱以外の普通乗用車メーカーと日野自動車に出資をしており、三菱・日産包囲網ができてしまっているので、なかなか日本では難しいかと・・・。
株価は安値圏で、再び上がる可能性はありますが・・。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

みんなありがとう

お礼日時:2020/07/29 22:29

損益分岐点という物があります。

最低限かかる経費があり、大工場などを抱えているために償却や固定費も大きいです。また、生産には原料その他の仕入れが必要ですから、売上の増加が全て利益の増加になるわけでもありません。自動車は部品などの範囲も広いし、開発や販売促進費(販売会社へのバックマージン、これが値引き原資になる)も結構な額になります。
損益分岐点を超えれば利益も増えますが、下回れば完全に赤字になります。
元々、日産は財務体質があまりよくないわけで、ゴーン氏が社長になる直前も、結構な赤字だったはずです。
    • good
    • 2

売上だけでは決まらないからです。



コロナ禍では莫大な経費がかかり経営を圧迫します。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング