プロが教えるわが家の防犯対策術!

古いですが国土交通省が公開している次の資料を見てください。
https://www.mlit.go.jp/common/001084627.pdf
景観法制定から10年。景観に対する意識や取組はかなり普及。良好な景観
形成が観光等の経済効果や地域の更なる活動などにつながる事例も。とは
いえ、全国的にはまだまだ発展途上の地域もあり、こうした「良き循環」を一
層推進するため、多様な課題への中長期的な対応が必要。

Q1 まだまだ発展途上の地域というのはどこのことなのでしょうか?
Q2 良き循環を全国的に推進するためには何が必要なのでしょうか?

質問者からの補足コメント

  • 景観については法的強制力のある地域が増えていっていますよ~。
    景観法はちゃんと機能しています。

    No.2の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2020/08/01 09:48
gooドクター

A 回答 (2件)

Q1 思い浮かんだのは、旧街道沿い。


Q2 自動車の締め出し 例えば、旧東海道を歩行者優先にしたら、どれだけ魅力的かはかりしれません。
  人工林の二次林化 杉だらけの里山を二次林にすることでどれだけ美しい景観になるか想像に難くない(ついでに花粉症からも解放される)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
旧街道沿いですか。盲点ですね。

お礼日時:2020/08/01 09:35

景観といっても、誰のための景観?何のための景観?



約にも立たない、景観法で、行政が、成果が出た、と騒いでいるだけでしょう。

「良好な景観形成が観光等の経済効果や地域の更なる活動などにつながる事例も。」
  ↑
 この手の話は、ただ、金の話でしょう?

よくこんな話に、興味が持てる、と不思議。
この回答への補足あり
    • good
    • 0
この回答へのお礼

具体的に何か気に入らないのでしょうか?
良好な景観が誰の為って日本に住む全員、及び旅行客だと思いますが。生活が豊かになって困る人はいないでしょう。
おまけに経済的利益にも繋がっているのに、役に立たない?

お礼日時:2020/08/01 09:38

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング