【無料配信♪】Renta !全タテコミ作品第1話

批判されることを覚悟で質問します。
皆さんは母親でもある女性の社会進出についてどう思いますか?
私は現在20歳になる女子大生です。幼い頃から両親は共働き、私は祖父母に預けられて過ごしました。
高校生のときも、大学生になってからも女性の社会進出、というような話は授業などで持ち上げられ、決まって出る意見がもっと母親たちが子育てをしながら、仕事も両立できるような制度、受け入れ体制を、という内容です。
自分の場合はそうそういった周りの制度に頼らなくても祖父母が全面的な支援をしてくれていたおかげで保育園や学童に行ったことはありません。仕事もしたい、子供も欲しい、という母にとっては大変恵まれた環境だったと思います。
しかし、一方で20歳になった今でも、周りの多くの友達と同じように、私の母もいつも家にいて、おやつ作ってくれてて、習い事のお迎えに行ってくれて、授業参観も来てくれて、、という感じだったらどうだっただろうと思うこともあります。私の場合、そういった行事に来てくれるのはいつも祖父母でした。
母との関係は良好です。(もちろん父とも)
学費は出してくれたし、毒親だったと思ったことはありません。それでもたまに出てくれる学校の保護者会では娘のクラスや出席番号、担任は誰だったか把握しておらず、休日しか会わない親子関係でよかったのかと、自分は愛されているのかと自問自答してしまうときがあります。
話は少しずれてしまいましたが、意見をいただきたいのは近年進んできている女性の社会進出、とくに母親の社会進出です。私は男は外で働き、女は家で守る、という考え方を全面支持するわけではありませんが、自分の経験から母親の存在はやはり大きいのではないかと考え、人間が生きていく上で一理あるのではないかと思います。
補足しておきますが、私の母はお金を稼ぐために働く、いうよりは自分のやりたい仕事をやっている、という感じです。
私は将来、仕事をしたいと思っています。結婚も出来たらしたいですが、子供は要りません。それは仕事をする、という選択をする以上、必要以上に両親を頼ったり、片手間で子育てをしたくないからです。
この文を読まれた方の中には不快感を示すかたもきっとおられると思いますし、きっと私の母もその1人です。
私が明確にするべきだと思うのは差別、と区別の違いです。
女性の社会進出に限らずなんでも平等、といって役割分担が消えてしまっている風潮が近年強まっているのではないかと未熟ながらに思っています。みなさんはどう思われますか。

A 回答 (14件中1~10件)

あなたの考え方も間違ってはいないと思います。


それも一つの「人生の選択」だと思います。

「プロボクサー」と「プロのピアニスト」両方同時になりたいという夢を持っていても、現実に両方は無理ですよね。
ピアニストだと、指などを怪我するようなことはできませんし、練習時間の点でも無理があります。
両方やりたい人も、自分がどっちをやりたいのかを考えて選ぶしかないでしょう。

上記の「プロボクサーとプロのピアニスト」の話に「やればできる」という人はほとんどいません。
しかし「親としての役割」と「職業」のバランスの問題も本質的には上記の話とさほど変わらないと私は思っています。
「子育ては片手間でできるようなものではないし、片手間でするべきではない」その点は同感です。

ただ一つ違うのは、子育ては夫婦で行うものであり、決めるのも夫婦で決めるべきものだという点です。
母親が忙しくても、その分を父親がカバーすることはかなり可能だと思います。
もちろん母親の役割を父親が100%カバーするというのは無理ですが。

また、あなたのお母様はそれを選択されなかったわけですが、「子育てをすることで人として成長できること」は結構ありますよ。
「子育てに時間を使わない」ことがプロの職業人として最良の選択肢だとは限りません。
「子育てを経験したからこそわかった」ことで仕事に役立っていることは非常に多くあります。
私自身、男性育児休暇をとリましたし、今も学校の家庭訪問や個人懇談の担当と子どもの学習面の教育担当は私ですが、仕事と両立はできています。

最初のプロボクサーとピアニストの話ではないですが、そもそも人生において子育てに限らず「やりたいことを全部やる」ことはできません。
あなたのように「子どもに寂しい思いをさせたくない」と考えている女性なら、きっと仕事をしながらでもいいお母さんになれるような気もします。

あまり決めつけずに、彼氏さんができたら二人でじっくり話し合われたら良いと思います。
    • good
    • 0

兼業主婦です。


子供は小6と5歳児です。子育てを優先しているので仕事は夜勤パートのみです。
昨年、正社員で復帰しましたが上の子が家を出るよりも早く保育園へ行き下の子を預ける、仕事が終わるのも18時過ぎで子供たちは21時に寝るので、一緒にいられる時間がとても少なく些細な変化に気付く余裕もない。
半年で退職しました。
やはり家事育児分担と言っても母親の存在は大きいですし必要です。
四六時中、一緒にいる必要はありませんが、我が子にに将来『祖父母に育てられた』とは言わせたくありません。
ただ、母親だからといってずっと家にいるのも、退屈な人生だなとは思います。
何が正解かなんてありませんから、自分のしたいように。
    • good
    • 0

あなたは若いのによく考えているね。


私は35で、子供が3人居ます。
中高生です。

これは各家庭での考え方です。
自分がどうしたいか、子供がどうしたいか話し合う事ですね。
割と平気な子もいるし、お母さんとずっといたい!と言う子もいるかもね。
その子によって、甘えたい時期、一人にしてほしい時期、愛に貪欲な子、全然違います。
だから親がそれを感じ取って、話し合って、子供の理想になるべく沿ってあげられるといいよね。
    • good
    • 0

確かに、男になれない女が文化的背景も男女の生物学的構造の違いも受け入れず、母親にしかできない役割放置で「男女平等」を叫ぶ人はアホにしか見えないけど、自分の母親が働くと決めた、その人生の選択を尊重するより、自己中心的に寂しがることしかできない子供が多いのであれば残念な話。

専業主婦の子でも子供中心の生活しすぎで、なんでも自分の思い通りになると思ってる協調性のないワガママ三昧に育つ子供、ごろごろいるでしょう。親がいなければ学べないことはもちろんあるが、また親がいない時にしか学べないこともある。どう結果が出るかは親と子、個々の資質によると思いますが。

私自身はフリーランスとしてたまに働いて年何千万か稼ぎながら、家事をし、子供達を習い事にも連れて行き、おやつも作り、学校のイベントは全部参加する生活してきましたが、夫も子供も幸せになれないバランスしか取れない人は男女平等を叫ぶ前にもっと、やるべきことがあると思う。仕事をしていたら片手間にしか子供を育てられないキャパの少ない人なら、子供を持たないという選択肢を選ぶこともまた、一つの責任の取り方ですから、いいと思いますよ。
    • good
    • 1

おっしゃることにはほぼ賛成ですが、「近年強まっている」のはむしろ「なんでも平等」ととらえずに「機会均等」を目指す傾向だとは思います。

なので、未来を担う質問者さんも、忘れずに「機会均等」を柔軟に目指せばいいのではないかと思います。「なんでも平等」は現実の生物には通用しませんよね。
    • good
    • 0

きっと、質問者様が


いわゆる、聞き分けの良い、
手のかからない子だったから、
安心して、両親は、
働けたのかな!

ちなみに、
お金を稼ぐ、欲しいから
働くんですよ?

タダ働きなんて、誰もしません。

家庭を、もって、
好きな仕事で
お金を稼げるのは、人生としては
最高なのかも!

ただ、ひとつ
あなたの、この疑問内容が
親からすれば、
まさかの、失敗点になるかもね!

やっぱり、子供には
いわゆる普通と、言われる
家庭を築いて
生涯共に歩める、伴侶との
子宝に恵まれてほしいかな。

そんな、頭でっかちに
考えずに、
あなたの、ご両親と
同じ道を歩んでは?
仕事しながら
じじばばと 暮らすのも良し!
休日沢山子供と遊ぶのも良し!

あなたは、本当に幸せな方ですよ?
毎日、専業主婦の母ちゃんて、
どんなか知ってる?
毎日居るけど、
毎日重箱の隅をつつくように、
小言いわれて、
大変大変。
おばあちゃんでも、お母さんでも
女って、うるさいよ
    • good
    • 0

色々考えがあり、選択出来れば良いかと,年金額差がある、老後差別があるのがネックですよね。

正社員やはり生活しやすい。
    • good
    • 0

私も共働き親でした。

私の場合は祖父母ではなく,年の離れた兄弟育ててくれました。あねがいたから良かった。時代は,専業主婦お前家庭は変だ外野うるさいです。学校先生さえ理解無かった時代だから私も貴方同じ考えでした。仕事一筋,現実は専業主婦です。また働き出したい。
    • good
    • 0

今はその考えでいいと思います。



将来好きな人が出来て、結婚する(した)時にまた考えればいい事です。

好きな人と結婚して2人で幸せになるのもありですし、もしかしたら好きな人の子供を欲しくなるかもしれません。

未来はどうなるのかは誰にもわかりません。
    • good
    • 0

質問者様が悩んでいるのはよくわかります。

なので意見ではなく、なぜ質問者様が悩むことになるのか説明をしたいと思います。

まず「女性の社会進出」というのは19世紀の女性解放運動に始まるものです。そのことはご存知だと思いますが、日本人が知らないことがいくつかあります。それは
①西洋女性は日本女性と違って、マジで差別されていたこと
②家事・育児は奴隷や家政婦がやるもので、まともな大人がやるものではない、とされていたこと
です。

①についていえば、たとえば欧米では今でも家計管理を男性が行う、というのがあります。これは伝統的に欧米では男性が家計管理を担ってきたからですが、その理由は「女性に財産権が無かった」からです。財産権がない女たちがお金を触っても実感として分からないだろう、だからやらせない、ということです。

これの名残はいろいろあって、男性が家計管理をする以外にも「フランス料理で女性のメニューに価格が無いこと」なども同じです。つまり子供同様「女は値段を気にせずに好きなものを食べなさい」ということだったのです。日本なら真っ先にお母さんがメニューを見て「これは高いから頼んじゃダメ。デザートはアイスだけならOK、夫はビール1杯ね」と仕切るわけですが、欧米の妻は家計管理できないので、そんな権限は無かったわけです。

実際に欧米の女性というか、新世界である米国を除いた欧州では女性の財産権を法律で制限していました。財産権についていえば、奴隷ですら個人財産を所有できるのに女性は財産所有が認められていなかったのです。

財産が認められない、ということは「仕事してお金を稼いでも給料が自分の所有物にならない」ということでもあります。そうなれば誰も仕事しないですよね。だから西洋女性は仕事をしない前提で、法律も「女は仕事をしない、男が保護してあげなければならない」という前提で成り立っていたのです。

しかし夫になる男性がすべて善良な人ばかりではないのは当然で、昔だってDVはあったし不倫されて苦しむ女性達はたくさんいたわけです。ところが家を飛び出しても、女性には財産権がないので住む場所を借りることもできないし、働くこともできない「ずっと男の保護(と言う名の牢獄)にいるしかない」というのが西洋女性の現実だったわけです。

これが19世紀の女性解放の発端で、第一次世界大戦で男性がたくさん徴兵されて本国内の労働者が足りなくなり、女性達が労働して(当然に賃金は自分のものになって)「女性でも社会を守り、維持することができる」と証明したから、女性が【解放】されることになったのです。

これが女性の社会進出の本当の意味です。

で、19世紀まで女性は男性に保護され差別される立場で、自分の仕事を持てないので「家事でもやっていればいい、育児もすればいいんじゃない」というものでした。しかし、貴族レベルになると奥さんにも社交という仕事が一応あるので、家事・育児まで手が回らなくなったりします。特に広い屋敷のすべてを奥さんが管理するのは不可能で、銀食器などの財産管理を含めるとそれは「夫が信頼する執事の仕事」でもあったわけです。また育児は乳母がになっていたのです。

つまり欧米では【家事】というものは「家庭維持のために稼ぎ、家計管理者である夫が自分でやるものではない。誰かにやらせるもの」だったのです。これが②の本質です。

この二つの事実から、現代の欧米女性は「男性と同等に社会進出し、自立できるだけの稼ぎをもち、夫と対等な立場で家庭を営む」ということになります。そういう家庭は「夫の家計管理に妻もお金を出し、共同で管理する権利を妻も持てる」ということになるわけです。

そして家事・育児については、元々「稼ぐ人は自分で家事をやらなくていい」という文化ですから、当然に外注していくことになります。だから欧米では夫婦共働きで家事を外注し、子供もベビーシッターなどの預けて、仕事を優先する、と言うことにつながっているのです。

で、ココから日本の話です。
もっとも重要なのは「日本では欧米と違って、古来から女性と男性の財産権が平等であった」ということです。これは律令制の時点で平等になっています。しかし、武士の時代が始まると、男性の膂力に女性は敵いませんので「男性は外に出て戦ったり仕事して家や財産を守る・女性は夫の留守中家計や財産を管理して子供を守り教育する」という分業体制が生まれました。

このような体制が普通だった日本人が19世紀当時の欧米女性を見た感想がここにあります。
武士の娘 https://ameblo.jp/jjtaro/entry-10769887115.html

ここまでお読み頂ければ質問者様の疑問がなぜ生まれるのか、が分かると思います。つまり「西洋的な女性解放や女性の社会進出を目指しながら、古来の日本的な男女分業の考え方をそのままにしているので、女性達は家事や育児もやりつつ社会進出する、という2重苦になっていく」ということです。

日本で女性の社会進出が進んでいるのに、家事外注が進まないのは女性自身が「家事をするのは女の役割分担」と思っているからです。そして日本の女性は超優秀なので、これを何とかこなしてしまう、のが問題点でもあります。

しかし、この問題点「欧米では女性の社会進出は家事を分離している」という点を踏まえないと、質問者様のような悩みになってしまうといえます。

で、この悩みは社会的にかなり広まっているといえるでしょう。それが分かるのが社会現象にもなった「逃げ恥」の家政婦だけど偽装結婚、だったわけで、いまその逆バージョンの「私の家政婦ナギサさん」を放映しています。

ただ、この二つのドラマ共原作者が女性なので、どうしても「母親の価値」に重点が置かれてしまっています。つまり質問者様の悩みと同じなのです。で、面白のは、こういう話の時に「父親不在の問題点」は一切出ないことです。これもつまり「男は外(女は家庭)」という古来の伝統的価値観が日本の常識である、という証左なのだと思います。

 何度も書きますが、欧米では母親の価値は相対的なもので、社会全体が「母親も働いている」前提なので、母親不在がある意味普通になっています。日本は専業主婦の価値観に重きがありすぎて、質問者様のように悩んだ末に「子供は要らない」という考え方に達してしまう若い女性も少なくないようです。

どうすべきかなのは、社会的な動向も含めてこれから日本社会そのものが解決すべき問題だと思いますが、一番問題なのは「日本人が、特に悩んでいる若い女性達(男性も)【女性の社会進出】の主旨もそれを支えている欧米の現実もしらないこと」だと思います。
    • good
    • 2

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング