臍下丹田を研究しています。

近代医学で丹田の位置を特定できるのか。
ヒトの臍がなぜ大きいのか。
二足歩行との関係。
呼吸との関係。
スポーツとの関係。
美容との関係・・・など。
物理学で解明できないのか。

私の考えでは、臍下丹田は実体が無く、機能だけがあるのではと・・今の考え。
何でも知っていることを教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

こんにちは。



太陽神経叢という神経を神経の群れ?みたいな物が実在し、これが臍下丹田の正体であるという話を聞いたことがあります。

解剖学で太陽神経叢自体は確立されてます。

ただ、気というものが神経の伝達現象だけではないでしょうから、その他の因子も存在すると思います。
    • good
    • 0

氣と言う考え方の多くは、実在する物体という考えではなく、


どちらかと言うと機能や働きの事をさすの事が多いです。
臍下丹田と言うのは、へその下にあたりにあるエネルギー(氣)の源と思われるところと表現されることがあります。
氣の源と言うと、機能や働きの源なので実在と言うか具体的な
場所は難しいと思います。つぼで言うと関元や気海あたりが
その場所と考えられます。意味的に・・・。

で、結局は場所の特定を考えるとするなら、医療よりも武道系の
ところで質問してみると面白い結果が得られると思います。もし、
先にしていたらすいません。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング