臍下丹田を研究しています。

近代医学で丹田の位置を特定できるのか。
ヒトの臍がなぜ大きいのか。
二足歩行との関係。
呼吸との関係。
スポーツとの関係。
美容との関係・・・など。
物理学で解明できないのか。

私の考えでは、臍下丹田は実体が無く、機能だけがあるのではと・・今の考え。
何でも知っていることを教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

こんにちは。



太陽神経叢という神経を神経の群れ?みたいな物が実在し、これが臍下丹田の正体であるという話を聞いたことがあります。

解剖学で太陽神経叢自体は確立されてます。

ただ、気というものが神経の伝達現象だけではないでしょうから、その他の因子も存在すると思います。
    • good
    • 0

氣と言う考え方の多くは、実在する物体という考えではなく、


どちらかと言うと機能や働きの事をさすの事が多いです。
臍下丹田と言うのは、へその下にあたりにあるエネルギー(氣)の源と思われるところと表現されることがあります。
氣の源と言うと、機能や働きの源なので実在と言うか具体的な
場所は難しいと思います。つぼで言うと関元や気海あたりが
その場所と考えられます。意味的に・・・。

で、結局は場所の特定を考えるとするなら、医療よりも武道系の
ところで質問してみると面白い結果が得られると思います。もし、
先にしていたらすいません。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q臍下丹田を研究しています

臍下丹田を研究しています。

近代医学で丹田の位置を特定できるのか。
ヒトの臍がなぜ大きいのか。
二足歩行との関係。
呼吸との関係。
スポーツとの関係。
美容との関係・・・など。
物理学で解明できないのか。

私の考えでは、臍下丹田は実体が無く、機能だけがあるのではと・・今の考え。
何でも知っていることを教えてください。

Aベストアンサー

こんにちは。

太陽神経叢という神経を神経の群れ?みたいな物が実在し、これが臍下丹田の正体であるという話を聞いたことがあります。

解剖学で太陽神経叢自体は確立されてます。

ただ、気というものが神経の伝達現象だけではないでしょうから、その他の因子も存在すると思います。

Q天才や才能については完全に解明されてない?

才能を持ってる人や天才達の、脳の仕組みや構造やシステムなどは、まだ完全には解明されてないんですか?

自閉症よりも、解明されてないですか?

Aベストアンサー

一流と医学部、例えば東大医学部などで最も優秀な医学部生つまりエリート中のエリートは世界中どこの国でもまず脳神経外科を目指すそうです。
そのくらい優秀な人たちがこぞって脳医学の分野にやってくるのは、特に研究分野ではまだ手つかずの膨大な「フロンティア」がそこにはあり、まさに学会のゴールドラッシュともいうべき最もホットな分野だからです。

しかしそれだけ優秀な人たちがこぞって研究を進めても、脳科学に関しては「分からないことが分かっていく」というほどに謎は深まるばかりです。
かつて人間の脳はひとつの偉大なスーパーコンピューターだと思われていました。だけど研究が進むにつれて、脳が一台のコンピューターなのではなく、むしろ脳細胞ひとつひとつがコンピューターで、脳とはそのコンピューターがネットワークで繋がるいってみればインターネットのようなものであると分かってきました。
例えば、スクランブル交差点の向こうからすごい数の人が渡ってきても、そこに自分のおばあちゃんがいたら「あ、おばあちゃんがいる!」と気づきますよね。数多くの人の中でなぜそうやって特定ができるのか。
かつては「おばあちゃん細胞がいる」といわれていました。おばあちゃんの情報が入ると反応する固有の脳細胞があってそれが反応すると「あ、おばあちゃんだ」と気づくというわけです。しかし、いくら探してもそのおばあちゃん細胞は見つかりませんでした。
むしろ、サルを使った実験で、どうやら顔の輪郭や目の大きさなど様々な形の組み合わせで個人を特定しているらしい、ということが分かってきました。

これがおばあちゃんくらいならまだしも、「なぜ芸術は美しいと感じるのか」とか「愛って脳にとってどういうことなのよ」なんてなると皆目見当もつかないのが現状です。
脳科学の研究でノーベル賞を受賞した利根川進博士は、心理学や文学といった人文科学の分野もいずれ脳科学の中に組み込まれていくだろうとおっしゃっています。私もそう思います。
神経活動はマクロに見れば電気通信なんですが、ミクロで見るとシナプスでは化学物質でやりとりをしているんですよね。本来ならオンオフつまり2進法でしかない電気通信を化学物質を介することによって微妙なさじ加減に成功しているわけで、その複雑さといったらまさに宇宙レベルです。
私はまだ、全体の1%さえ判明していないと思いますよ。そのくらい深い世界だと思います。

一流と医学部、例えば東大医学部などで最も優秀な医学部生つまりエリート中のエリートは世界中どこの国でもまず脳神経外科を目指すそうです。
そのくらい優秀な人たちがこぞって脳医学の分野にやってくるのは、特に研究分野ではまだ手つかずの膨大な「フロンティア」がそこにはあり、まさに学会のゴールドラッシュともいうべき最もホットな分野だからです。

しかしそれだけ優秀な人たちがこぞって研究を進めても、脳科学に関しては「分からないことが分かっていく」というほどに謎は深まるばかりです。
かつて人...続きを読む

Q丹田呼吸

立った状態で丹田呼吸が出来るってネットで見たのですが
普通に鼻で吸って口で吐きながら丹田を意識するだけで
いいのでしょうか?いくつかのサイトを見れば
足の裏から吐くような感覚とか書いてあるので
少しややこしいです。
もし、マスターした方・実践されてる方がいるのならば
是非アドバイスお願いします。

Aベストアンサー

足の裏中心から吸って、丹田、背筋を通って、百会まで通し、
さらにその逆を通って、足から吐く、足芯呼吸もその一つですけど
要は姿勢を正すことで、方法はどんなでもいいです。

簡単には吐ききったとき、さらに丹田をへこませて搾り出す感じです。

Q臍の緒でつながっているのに、母子の血液型が違う理由

この前家族で赤ちゃんはお腹の中でお母さんの血液を通して栄養を胎盤からもらうんだよ~と話をしていたら、ふと父親に「血液がお母さんとつながっているのなら、なんでお母さんと子供の血液型って一緒じゃないの?」と聞かれたんです。さすが一家の大黒柱、するどい!何故なんでしょうか?ご存知の方いらっしゃいました教えていただけないでしょうか。すいません。

Aベストアンサー

母親と胎児の間には「血液-胎盤関門」というセキュリティがあり、通せる物質は決まっています。簡単に言うと、小さな物質ほど通りやすく、大きくなるにつれて通りにくくなります。
血液型は赤血球に由来するのですが、その赤血球はかなり大きいために通過できず、よって母親と胎児の血液型が違っても大丈夫なのです。

Q丹田 って? ロングブレス?

丹田 って? ロングブレス?
 テレビで言っていました。
お詳しいお方様。
丹田に力をいれて・・・
 どこなのかまた意識はどうしたら良いでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

丹田とは人間の気を集中させる場所であり、
人間の重心であり、
インドではチャクラと呼ばれている場所です。

場所はヘソの下5cm位の場所です。
意識すると下腹部に力が入る場所です。

面白い実験があるのでパートナーや友人とやってみてください。
(1)足を伸ばして床に座る。
(2)力を抜いて座る。
(3)後ろから脇に手を入れ体を持ち上げてもらう。

次に同じく、
(1)足を伸ばして床に座る。
(2)丹田に意識を集中する。(力を入れる)
(3)後ろから脇に手を入れ体を持ち上げてもらう。

丹田を集中させたら体重が重くなるはずです。
もしたいして変わらないなら気の入れ方が足りません。

ロングブレスのやり方は、
鼻で息をゆっくり吸い、
口からゆっくり倍の時間をかけ、吐くということです。
口で呼吸してはいけません。
口げ呼吸をすると胸骨が開き、
重心が上がってしまい、
呼吸が浅くなり、
交感神経が刺激されないからです。

Qヒトが飲食できる最高の温度は?

ヒトは食物を飲食するとき、それがあまりに熱過ぎるものだったらヤケドをしないよう、冷ましながら食べたり、飲んだりしますよね。
鍋料理とかコーヒーとか。

「熱い」と感じる温度に個人差はあると思いますが、ヒトってだいたい何度のものまで口に入れられるのでしょう?
100℃の熱湯を飲んだりしたら、カラダはどうなってしまうのですか?

Aベストアンサー

口腔内壁自体が43℃以上になると、粘膜の細胞が死んでしまいます。

たとえ100℃を越える熱いモノでも、極く少量でしたら、内壁の分泌液(唾液など)や一番表面の細胞層だけの温度を上げただけで、直ぐ温度が下がってしまいます。従って、それ以下の細胞に対してはさほど影響力がないので大丈夫です。(熱いお茶を少しづつすする行為はこれに該当します。 たまに熱いモノを食べた後、口の中の皮がシワシワになったりペロンと剥がれてくるのは、表面の層だけが破壊された状態です。)
逆に、比熱の高い液体・食材や、流動性の低い粘っこかったりトロミの強いもの、塊のままで細分化し難いもの、乾燥していて唾液などを吸収してしまうもの などは熱傷になり易いと言えます。

100℃の熱湯を沢山飲んでしまうと、口・喉・胃や一二指腸あたりまで内壁がボロボロになります。腫れて塞がってしまったり、タダレたところから沢山浸出液が出てしまい、脱水や腎炎などで死ぬこともあるでしょう。
気管の入り口も、ただれてしまいます。酷ければ呼吸困難となり死にます。

唇は人間の身体の中で、単位面積あたり一番神経のセンサーが沢山存在する場所です。ですから、すするときに、唇に熱いものが殆ど触れらないようにして、
更に、先述のように予め口内に唾液を溜めていたりする事で急速に温度を奪ったり、
あるいは、一気に温熱覚の乏しい喉まで落とし込むようにすると、
かなり熱いものを口に入れることが可能となります。

余談ですが、
食べ物ではないのですけど火事で熱風に巻き込まれた人は、口から肺の中まで一気に火傷して細胞が機能を失ってしまい、酸素を取り込む仕事が出来なくなって窒息死します。身体の細胞層には厚みがあるので少しくらい火傷してもそのうち修復されますが、肺の中が広範に火傷してしまうと、もう助かりません。

以上、とりあえずご参考まで

口腔内壁自体が43℃以上になると、粘膜の細胞が死んでしまいます。

たとえ100℃を越える熱いモノでも、極く少量でしたら、内壁の分泌液(唾液など)や一番表面の細胞層だけの温度を上げただけで、直ぐ温度が下がってしまいます。従って、それ以下の細胞に対してはさほど影響力がないので大丈夫です。(熱いお茶を少しづつすする行為はこれに該当します。 たまに熱いモノを食べた後、口の中の皮がシワシワになったりペロンと剥がれてくるのは、表面の層だけが破壊された状態です。)
逆に、比熱の高い液体・食材や...続きを読む

Q足底呼吸とは?

足底呼吸とは、 西野皓三氏が紹介している足芯呼吸法のように行えばいいのでしょうか。
足から息をする感じで、それを頭頂まであげて、丹田に下げてから最後に足から吐く感じ、と書かれていたように思います。私が読んだのは「西野流「気」の極意 「身体知」で明日を拓く」(http://books.yahoo.co.jp/bin/detail?id=19687605)です。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

>西野皓三氏が紹介している足芯呼吸法
⇒大分以前、行ってみようと思ったことも有りましたが、多くの人がいる処がきらいですし、私の感じた雰囲気としてはあまり感じがよくないので、其の方面は知りません。

気のコントロール方法は人夫々で何とも言えませんが、
基本的には貴君が描かれているので良いのです。

私の場合は、足底や踵付近(アキレス腱の部分のことも有ります)から、ユックリと上げ、尾底骨から骨を通すことや、其の手前(腹側)を通すこともあります。

頭まで上げ、前の正中線を通し、下に下ろし、丹田に入れ、再度背中側に廻したり、外にだしたり色々です。
危なくないのは、足の裏を合わせて、両脚を廻したり、
上げた場合は、合掌した両腕を廻すことです。

兎に角、色々個人によって方法が違います。
多分、ある程度できるのですから、少しずつ試してみることがお勧めです。

注意点は、背骨内を上げる時にどこかつっかえるかどうか・・・・これは注意をして上に上げる必要があり、

又、頭には気をとどめてはいけません。 初級?段階では頭が痛い程度ですが、気が強いともっと酷くなりますし、それが降りなくなってしまいます(こうなると結構長期間頭痛が続いてしまいます)。

で、この場合があるので、本来は師がいるほうが良いのです(他には通らない場所を強力な気で通してもらうことも出来ますし)。
本人が真剣に求めていて、更に其処に縁が有ると、ちょっとした事から師にめぐり合えます。

玉石混合では有りますが、別段山の中でなく、町中にも仙人は結構居ます。見た目は普通の人が多いですが、自分で気が分かってクルと、見えます。

街中を歩いていると、私のことをじーーっと見る人って結構います。 気が足りなくて自動的に寄って来る人もいます。
まず、気を体内で強化して、其の上で外に漏らさない様にする練習をすると良いかと思います。

他の方法としては、「気」を表に出している治療家に掛かることも良いことがあります。
何かあっても、諦めずに、しつっこく、ユックリと続けることが必要です。

>西野皓三氏が紹介している足芯呼吸法
⇒大分以前、行ってみようと思ったことも有りましたが、多くの人がいる処がきらいですし、私の感じた雰囲気としてはあまり感じがよくないので、其の方面は知りません。

気のコントロール方法は人夫々で何とも言えませんが、
基本的には貴君が描かれているので良いのです。

私の場合は、足底や踵付近(アキレス腱の部分のことも有ります)から、ユックリと上げ、尾底骨から骨を通すことや、其の手前(腹側)を通すこともあります。

頭まで上げ、前の正中線を通し、...続きを読む

Qヒトの妊娠期間

 こんにちは。最近の疑問。
ヒトの妊娠期間って40週って言いますけど、
それは月経が4週間毎にくる人ですよね。
たとえば、月経が5週間毎の人とか、3週間毎の人とかの場合、
妊娠期間にどれくらい影響が出るのでしょう?

5週間(3週間)サイクルだからって、
妊娠期間が50週(30週)になることはさすがにないと思いますが、
どれくらいの割合で延びたり縮んだりするのでしょうね?

専門家の方の考え、また、「計算通りにいかないよ。」という経験者の方。
そのたもろもろ、回答お待ちしております。

Aベストアンサー

月経サイクルに関わらず、基本的に40週間の妊娠が普通です。妊娠の1ヶ月は4週間(28日間)で数えるので10ヶ月で出産、という言い方をします。最終月経が始まった日から数えて40週です。だから実際妊娠したのは最終月経開始の2週間後の排卵ですから妊娠2週と0日が本当に赤ちゃんが出来た日らしいです。
月経サイクルが長い人(例えば35日周期の人)は28日周期の人に比べて排卵も1週間遅れる→胎児の成長も1週間遅れるので、妊娠週数を1週間遅らせる必要があるそうですが、それはお医者さんが判断することで、やはりそこから数えて40週の妊娠期間に変わりはないはずです。
私は第1子の時は39週と0日で陣痛が来て正常に出産しました。初めてのお産は遅れる(40週を超える)人が多いようです。
最近の医療の進歩で、かなり早く生まれても保育器などでちゃんと育つらしいですが、40週を2週間や3週間も超えると赤ちゃんが大きくなりすぎて難産になり母子ともに危険になるので、お医者さんの判断で『そろそろ生まれたほうがいい時期なのに陣痛の気配がないので、陣痛促進剤を使いましょうか』ということにもなるみたいです。
できれば薬なしで最適な時期に自然に生まれるのが一番ですけどね。

月経サイクルに関わらず、基本的に40週間の妊娠が普通です。妊娠の1ヶ月は4週間(28日間)で数えるので10ヶ月で出産、という言い方をします。最終月経が始まった日から数えて40週です。だから実際妊娠したのは最終月経開始の2週間後の排卵ですから妊娠2週と0日が本当に赤ちゃんが出来た日らしいです。
月経サイクルが長い人(例えば35日周期の人)は28日周期の人に比べて排卵も1週間遅れる→胎児の成長も1週間遅れるので、妊娠週数を1週間遅らせる必要があるそうですが、それはお医者さんが判...続きを読む

Q臍下丹田に力をいれるって?

ヨガやメディテーションで「臍下丹田に力を入れる」いいますが、そのコツがよくわかりません。呼吸法で、ゆっくりとすっかり息を吐ききったときに、下腹部の筋肉が緊張するのがわかりますが、そこが「臍下丹田」なんでしょうか?
どなたかご存知でしたら、「臍下丹田」の正確な位置と力の入れ方、ご指導ください。

Aベストアンサー

NO1です。

腹式呼吸は意識して出来ていますか?
生まれた時は誰でも腹式呼吸をしていますが・・
年齢と共に腹式呼吸を忘れてしまう人が多いようです。

が、元々出来ていたものですから、忘れてしまっても、少し練習すれば直ぐにできるようになります。
しかし、これも年齢が高くなると共に練習時間が増える傾向にではありますね。

さて、腹式呼吸は出来ている・・として。

この呼吸の場合は息を吸った時にお腹が膨らみます。
吐くとしぼみます。
お腹を凹ます・・・ことはしません・・・自然に「しぼむ」が大切です。

逆腹式呼吸の場合は、その名の通り・・
息を吸うときにお腹が凹む様にします。
そして、息を吐く時にお腹を膨らまします。

やることは、腹式呼吸の逆のことです・・
で、逆腹式呼吸・・・です。

Q膵臓と脳との関係

学校で課題として
「膵臓のB細胞が過増殖したとき脳へのエネルギー給与はどうなるのか論理的に説明せよ。」
という問題が出たのですがさっぱりわからないので教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

ははは。
おれも学生のときはぎりぎりだったなあ。

ベータ細胞の増殖はインスリノーマという病気です。
検索エンジン グーグルにきけばなんでもわかる。
「インシュリン」「インシュリノーマ」「低血糖発作」
で検索したら答がゾロゾロ出てくるよ

参考URL:http://www.google.co.jp/


人気Q&Aランキング

おすすめ情報