理科の宿題の為に、人工降雨についての詳しい事が知りたいんです。
詳しい方法、またその仕組みなど、知っている方がいたら、是非教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

そういえば、先日どっかのダムで人工降雨機を使った、とかいうニュースがありましたねぇ。


まず降雨のシステムを簡単に説明しますね。蒸発した水蒸気は上空の冷たい空気に冷やされ液体の水に戻ります。ところが極々小さい水滴なので気流などの関係でなかなか下に落ちません。そこに埃などの微粒子があると、それを核に水滴が集まり大きな粒となります。大きく重くなった水滴は気流によって支えられなくなり地上に落下してくるわけです。
簡単に言うと、人工降雨というのは雲の中に水と結合しやすい微粒子を撒くことです。暑いですから上空には蒸発していった多くの水蒸気が漂っているわけです。それを何とかして地上に落とそうという試みなわけです。直接雲まで行って飛行機で物質をバラ蒔く実験が行われたこともあるそうですが、あまり成功していないようです。中国は本気らしいですが…
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご丁寧に説明してくださってありがとうございます!
とても参考になりました。(降雨の仕組みまで説明いただいて・・・)

お礼日時:2001/08/13 16:39

方法と仕組みについてはNo.1でpiro19820122さんが解説されているとおりです。


その中で「核になる物質」とありますが、現在主流なのがヨウ化銀、またヨウ化銀と液体窒素の混合物です。
東京の小河内ダムで使われているのもこのヨウ化銀ですね。
中国ではこれに液体窒素を混ぜたものを使っているようです。
検索エンジンで[ヨウ化銀]+[人工]+[雨]の組み合わせで検索するとたくさんの説明ページがヒットします。
がんばってください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。正直こんなに早く回答が寄せられるとは思っていなかったので・・・。さっそく宿題に取りかかろうと思います(^^;)

お礼日時:2001/08/13 16:44

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q平均気温 平均降雨(雪)量のデータ(数値)とグラフを手に入れたい

新潟県上越市(できれば高田ではなく直江津地区がいいですが)と、長野県上田市、神奈川県平塚市のデータを数値が入力された数値が表になっている物、また、グラフになっている物がほしいです。

グラフについては、平均気温と、降雨量が1つのグラフに重なって示されている物が望ましいのですが・・・。学校で社会のテストで出たような、グラフが示されて、あてはまる地域を地図上から選ぶような問題があったと思いますが、あのような物でも結果が分かりやすければいいです。データは過去の平均の物が望ましいですが、○○年のものでもいいです。

気象庁のデータベースの物は調べてみましたがグラフは項目ごとに分かれていたので、その他のサイトで教えて下さい。

使用の目的は両親と一緒に住むことになったのですが、気候の違いを非常に気にしています。そこで、引っ越し先と、生まれ育ったところ、現在住んでいるところ、とをそれぞれ比較してもらうデーターがほしいです。

結果として、上越が冬は雪が降るけれども気温が氷点下になることが少なく、上田よりも暖かいこと、また夏場に気温が平塚と同じくらいでも湿度が非常に高くて体感気温が高いことを数値やグラフで示したいのです。ついでに、上越が冬場の日照が少ないことも示したいのです。

多少の地域のズレがあっても概ね、上に示したような結果がわかる数値、結果を示せる物が良いです。

難しい注文かと思いますがよろしくお願い致します。

新潟県上越市(できれば高田ではなく直江津地区がいいですが)と、長野県上田市、神奈川県平塚市のデータを数値が入力された数値が表になっている物、また、グラフになっている物がほしいです。

グラフについては、平均気温と、降雨量が1つのグラフに重なって示されている物が望ましいのですが・・・。学校で社会のテストで出たような、グラフが示されて、あてはまる地域を地図上から選ぶような問題があったと思いますが、あのような物でも結果が分かりやすければいいです。データは過去の平均の物が望ましい...続きを読む

Aベストアンサー

直江津のデータについては高田測候所へ連絡を取れば貰える筈です。高田測候所のサイトは下記です。
 平塚のデータは横浜地方気象台で貰えるでしょう。サイトは
  ↓ここです。
http://www.tokyo-jma.go.jp/home/yokohama/

参考URL:http://www.tokyo-jma.go.jp/home/niigata/takada/

Qプルサーマルの是非

プルサーマルについてですが、賛否両論あるみたいです。実際に意見交流会を聞きましたが、論点を曖昧にする場面が・・。賛否両論を具体的にお聞きすることができればと思います。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

肯定派の意見としては,一言で言うと電力資源の有効利用ということで,No.2の方の言うとおりです。
補足するならば,
  1.日本は鉱物資源に乏しいので,資源の再利用は是が非でも実現したい
  2.最終的にはエネルギーの完全リサイクル(ウランで発電→再処理→プルサーマルで発電→再処理)ということをしたい。
    (但し,理論上は可能だが現段階ではプルサーマルは1回のみの利用)

否定派の意見としては,
  1.再利用の技術を確立しているのがフランスだけのため,未熟な技術で一度事故でも起きれば大災害に繋がる
  2.再利用には当然コストがかかるため,ウラン発電よりも割高になる
  3.ウラン再処理に対して莫大な税金を投入しているものの,再処理開始に対するメドが立っていない。
    これ以上税金を投入しても,技術の確立が困難と見込まれるため,止めてしまい別分野に税金投入した方がよい。

といったところでしょうか?
プルサーマルについては,政府が主導で推し進めてきたということもあり,役人に対するやっかみや,被爆国ゆえの原子力アレルギーもあり,感情的に難しい部分もあります。
(与党の議員の中でも,この問題については賛否両論あります)
電力業界は原発や再処理施設の安全性追求を重ねています。
しかし,ここ数年の原発事故もあるためか,積極推進を表明しても立場的に弱い(平たく言うと突っ込まれやすい)というのが実情です。

肯定派の意見としては,一言で言うと電力資源の有効利用ということで,No.2の方の言うとおりです。
補足するならば,
  1.日本は鉱物資源に乏しいので,資源の再利用は是が非でも実現したい
  2.最終的にはエネルギーの完全リサイクル(ウランで発電→再処理→プルサーマルで発電→再処理)ということをしたい。
    (但し,理論上は可能だが現段階ではプルサーマルは1回のみの利用)

否定派の意見としては,
  1.再利用の技術を確立しているのがフランスだけのため,未熟な技術で一度...続きを読む

Q割り箸の是非について

 僕は授業で割り箸の是非について討論をしています。僕は否定側で、勝つために過去の「割り箸」についての質問を見ました。が、しかし! 「むしろ使った方がいい」とか「どうせ使わない部分を使っているのだから」など不利なことばかり見つかってしまいます。
 そこで、否定するのにふさわしい事柄を教えて頂きたいのです。実際、割り箸は便利ですが、この勝負、負けるわけにはいきません!みなさんの力、お貸しください!!

Aベストアンサー

確かに割り箸は便利であるし、環境へ与える影響もそれほど大きくない。

しかし、
・最近は、外国製の質の悪い割り箸もある。
・割り箸に利用している、間伐材は、別の用途にも使えるはず。間伐材を割り箸に使わなければいけない理由はない!
・割り箸を作るのには、木があればいいのではない。石油(エネルギー。電気の多くは化石燃料で発電)、大量の水、色々なもの消費している!(割り箸のリサイクルも同じで、特に水を消費するはず。きれいな水がたっぷりある地域は世界でもごくわずかなのに....)
・そもそも、my箸を持ち歩けばよい話なのに、「便利だから」、それだけで割り箸を使うものだろうか!?

・それに、塗り箸の方がきれいで、食べ物がおいしく感じる。さらに言えば、日本の文化である。(それに同じものを長く使った方が、たぶん安い。近くのスーパなどで一番安い割り箸の値段を見て、計算してみてください。)

というような線で攻めてみてはいかがでしょう。
頑張ってくださいね。

Q人工衛星 太陽熱エネルギーの開発

人工衛星が太陽熱エネルギーを吸収し、安定した電力エネルギーを地上へ送るという技術をとある日本大手企業が開発していると聞いたことがあるのですが、詳しくご存じの方いますか?
これが出来れば脱原発はもちろん
この技術は熱を取り除き、電力エネルギーのみを送ることができるそうなのですが
逆にいうと熱を取り除かない場合には大きな電子レンジのような状態となり水を含んだ生物のみが絶滅する兵器となるようで、しかも人工衛星ということは核兵器のような非効率なものとは全く異なる、ものすごい兵器で、核を持てない日本にとっては対米中韓露、世界に驚異的な影響力、抑止力になるものではないかと感じているのですが。少し過激な話となりましたが、
そもそもそんなものが存在出来るのか全くの素人なのでわかりませんので間違った解釈、情報かもしれません。もしも知っている方、聞いたことがある方いらっしゃいましたら色々教えて下さい。

Aベストアンサー

太陽光発電ユニット(太陽熱ではない)を衛星軌道に上げて、発電した電気をマイクロ波で地上に送電する、という話かな?

Q砂漠に井戸を掘ることの是非

専門家で自信のある方からのお答えをおねがいします。

砂漠に井戸を掘ると、その地域は潤い、餓死する人が減る。しかしそれぞれの地域には養える人の数が決まっていて、人口が増えると食べ物がなくなり、また飢餓が増えるという悪循環を繰り返す、とどこかの本で読みました。

井戸がなくて、そこで食べる物がなくなると、次の場所に移動し、動植物を食べる。そして次の場所に移る。これが自然のサイクルなら、井戸掘り、過剰医療、すべてマイナスに見えますが、どう解釈したらいいのでしょうか。

Aベストアンサー

 面白い御質問だと思います。というのは、実はグローバルな環境問題が含まれているからです。ちょっとからめ手から答えます。

 「地域の養える人口は決まっている」という問題には、歴史を調べるとたくさんの実例があります。
 モアイ像を作ったイースター島は、16世紀には7000人の人々が住んでいました。しかし、燃料や暖房、それに多分祭祀用に木を切りまくった結果、17世紀には一本の木もない島になってしまったのです。その結果島の環境は人口を支えきれなくなり、人口は急減、文化も衰退しました(クライブ・ポンティング「緑の世界史」(朝日選書))。
 そういう意味では、地域(環境)の養える人口は決まっていると言えます。
 ところが、それを超えた人口が住んでいる土地もたくさんあります。ヨーロッパの国々がそうです。イングランドというと草原になったなだらかな丘が代表的な景色ですが、もともとはたくさんの森があったそうです。それを切りつくし、足りなくなったので外に資源を求めざるを得なくなった。それが植民地です。植民地の資源を本国に運ぶことでイングランドは成り立っていたのです。
 では日本は?日本も同じです。農作物や工業製品を輸入するということは、それを作るのに必要な水を輸入していると考えることもできるわけですが、それを「仮想水」と呼び、日本は年間に1千億トンの仮想水を輸入しているという計算になります。それが絶たれたら、今の日本の人口は養えなくなるでしょう。
 さらに視点を大きくとったものに「エコロジカルフットプリント」という考え方があります。人間一人当たりを支えるのにどのくらいの土地の広さが必要か、という計算です。これは資源浪費に関係があり、世界で一番浪費する北米の人々は10ヘクタール弱、日本で6ヘクタール弱、世界平均で2ヘクタールぐらいになりますが、それで計算すると、現在の地球人口は環境が支えられる人口をすでに20%ほど超えています(だから省資源が必要、という話になるのですが、ここではそこは止めておきます)。

 そこで御質問への結論です。環境の養える人口には限界があるが、人類はそれを超えるために交易や科学技術という文明を作り上げてきた、ということです。砂漠でもあなたや私が今住んでいる土地でも、事情はまったく同じです。

 面白い御質問だと思います。というのは、実はグローバルな環境問題が含まれているからです。ちょっとからめ手から答えます。

 「地域の養える人口は決まっている」という問題には、歴史を調べるとたくさんの実例があります。
 モアイ像を作ったイースター島は、16世紀には7000人の人々が住んでいました。しかし、燃料や暖房、それに多分祭祀用に木を切りまくった結果、17世紀には一本の木もない島になってしまったのです。その結果島の環境は人口を支えきれなくなり、人口は急減、文化も衰退しま...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報