マンガでよめる痔のこと・薬のこと

結局我々はいつ自動運転の車に乗れるの?

質問者からの補足コメント

  • 皆さんの回答から考えるに、自動運転は不可能説が自分の中で浮上している。

      補足日時:2020/08/05 14:45
  • デザインは今以上にズングリムックリになりそうです。

      補足日時:2020/08/05 16:56
  • 完全な自動運転はないかもしれませんね。

      補足日時:2020/08/06 10:49

A 回答 (7件)

#4です。

完全な自動運転車はいずれ実現します。ただしそれは自動車だけのものではなく、道路側や通信機能などの整備を伴うものです。逆をいえば質問者様が「道路じゃない場所。道路でも林道など道路側の機能が整備されていない場所での完全な自動運転(レベル5で運転者責任なし)」というものを想定しているなら、相当に先になるでしょう。

現在の情勢で言えるのは「レベル5相当の自動運転」がどの時点で可能になるか、ということです。日本は2025年に高速道路でのレベル4を目指していて、EUでは2030年に公道でのレベル4.5を目指しています。

日本以外の各国の動向のまとめ(国交省資料)
https://www.mlit.go.jp/common/001207001.pdf

それ以上のレベルだとITS(高度道路交通システム)が必要になると言われています。道路や通信・データ環境の整備が進まないとITSが実現できず、これにはまだ10年以上の歳月が必要です。

しかしそれらが整備されれば、レベル5の自動運転も可能になります。つまり鉄道のように道路や通信で自動車の動き全体を制御する方法で完全自動運転を実現するわけです。

ただ、前述のように「どんな場所でもすべて自動運転」と言う意味なら、ロボットが自律的に動き回るレベルの技術革新が必要なので、30年以上かかると思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

一般道や高速道路での自動運転は意外とすぐに実現しそうですね。

お礼日時:2020/08/06 11:49

自動運転はないと思います。



テスラの自動運転の動画がユーチューブにたくさんアップされていますが、運転者がハンドルを
握っている感じで、それは事故の際に運転者の責任となる。

完全自動運転しますと、事故の際にメーカーにも責任追及される可能性が出てくると考えられ
ますので、メーカーはあまりやりたくない。

世界的に売る車は、売る先の国の法律でいろいろ左右されるので、エアバッグのタカタのように
倒産するリスクも負ってしまうので、嫌ではないでしょうか。
    • good
    • 2

我々が生きているうちは無理だと思います。



しかし、技術と言うのはすぐに実用化するものと
研究を重ねていくうちに、革新的に飛躍する物があります。

自動運転は後者の方だと思います。
    • good
    • 1

技術的な問題点はほぼクリアしているのですが、逆に「自動車側のセンサーだけでは完璧にはならなさそうだ」ということも分かってきています。



なので、道路側とかGPSなどでサポートしないとレベル5、完全な自動運転はできない、とされています。
たとえば雨だろうが雪だろうが、確実に車が信号を確認できるように、信号が通信で青・黄・赤という信号を自動車に教えるようにしてやればいいわけです。

このような設備を日本全国に普及させるには10年以上かかるでしょう。またそうなると中途半端な状態で車を売ることはできないので、設備がついた後で車を売り出すとすると、さらに5年ぐらいかかるので、多くの人が自動運転車に乗るのは15年ぐらい先になると思います。

法律の件は「自動運転車の場合、乗っている人は責任を負わない。メーカーが責任を負う」と言う方針が決まったので、法整備がこれから行われます。10年ぐらいあれば法律もできると思うので、完全な自動運転車にみんながのれるようになるのは15年から20年ぐらいさきでしょう。

でも高速道路などは先に整備されるでしょうから、10年ぐらい先には「高速道路なら完全自動運転可」になっているかもしれません。
    • good
    • 2

鉄道模型のジオラマのように、絶対事故が起こらないようなシステムを作っておいて、その中に全自動運転の車を入れれば事故は起こりません。



道の全てにセンサーを張り巡らして、動いている人間、動物、自転車類、バイク類、自動車類などすべてを探知して、自車のスピードをコントロールする。

突発的な動きを避けるため、自車以外の物にも制限がかけられるようにする。
子供の突然の動きや突発的な意識不明にも対処する。

まず、こういうシステムの道路の構築ができないと無理です。

自動車だけの問題じゃないですから。

まあ、海外の鉱山では、採石場からストック場まで全て全自動の大型重機が運行しているようですから、理論的なシステム構築はできていて、それを実現できる所までは来ているということです。

最終的には予算との関係でしょう。

人口の少ない地方に人工的に町作りをして始めても良いと思いますけどね。
テーマパーク化すれば地域振興にもなるでしょうし。
    • good
    • 2

NO1さんの回答の通り、


自動運転は技術論ではなくて、政治論、法律論なんですね
日本だと、安易に100パーセント安全というけれど99%は、わりかし簡単にできるのだけど
100パーって無理だから、100パーセントは、未知のエラーがなくて完全に対応できてないとだめだから
99%だと経験上絶対安全だけど未知の問題は許容する考えでもOKになるから
かなり違う

交通安全に関しては、制限速度を守った運転なら
車対車の事故でまず死なないから自動運転でもいいとは思うのだけど
少数派だと自覚している
    • good
    • 2

技術の問題ではなく


*完全自動運転を可能にするためのインフラ整備に要する費用の問題
*法的責任などの数多の法的問題
の解決が必要です

例えば 完全自動運転の自動車が人身事故を起こした場合
*乗っていた人の責任になるのか→何一つ操作ができない車で これはおかしいですよね?
*車の所有者の責任になるのか→こうなったら もう誰も自家用車なんて持たないでレンタカーを使いますよね?
*自動車メーカーや国の責任になるのか→こんな法律 政治家全員が拒絶しますよね?
    • good
    • 3
この回答へのお礼

つまり、自動運転の車が登場する事はないと言う事ですか?

お礼日時:2020/08/05 14:20

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング