プロが教えるわが家の防犯対策術!

美術作品を三つ批評するのですが、批評の書き方がわかりません
教えて下さい

A 回答 (3件)

批評というのは、良いとこ悪いとこを挙げて


理由とともに説明することです。
ボロクソにけなすことではありませんから、
そこだけ間違わないようにしてください。
そこさえ押さえておけば、あとは作品について
思ったことを書けばokです。

作品を見る目や作者作品についての背景知識が
足りなければ、感想文になってしまってもしかたありません。
良し悪しはともかく、それはそれで批評文ではあります。

ほとんど同じことを書いても、ちょっとの書きようで
感想になるか批評になるかが変わったりもします。
「こんなふうに感じた」を「私にこんなふうに感じさせる
ところが、この作品にはある」にするだけで、
少なくとも表面上は、読んだときの感じが違います。
    • good
    • 0

おそらく、質問者さんに「批評」は無理ですから、とりあえず「感想」を書くことを練習してみてはどうですか?


小学校で「読書感想文」なんかを書きましたよね? そんなつもりで。
最初から「立派な」「上手な」「優れた」批評なんて、書けるわけがありませんよ。ましてや「書き方が分かりません」というレベルですから。
「練習」「訓練」が必要です。それも「たくさん」。場数を踏むことが必要です。

美術批評とは、どんなことをするのか。こんな記事を参考に。
https://magazine.air-u.kyoto-art.ac.jp/essay/1492/
https://www.hisour.com/ja/art-criticism-36114/
    • good
    • 0

第一印象がどうだったのか、


細かな点をじっくり観てどう感じるのかって事を書けばOKですよ。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング