ママのスキンケアのお悩みにおすすめアイテム

この問題を解いてほしいです。

次の文章中の空欄A~Hに適当な言葉や数字を入れて文章を完成させてください。

2次方程式 ax^2 +bx+c=0
において、x は未知数である。
未知数が特別の値をとるときにだけ上の式は成り立つ。同様に、

d^2x/dt^2 + b•dx/dr + cx =0

のような微分方程式においては、
関数x(t)は[A]である。

2階の微分方程式の解には[B]個の任意定数が含まれる。この任意定数は[C]定数とも呼ばれる。

2階の微分方程式において[B]個の[C]定数を含む解を[D]解という。[D]解に含まれる[C]定数を決定する条件を[E]条件あるいは境界条件と言います。
x軸上を運動する質点に対するニュートンの[F]は、x(t)に対する[G]階の微分方程式のため、[D]解から[C]定数を決めるためには[H]個の[E]条件が必要である。

質問者からの補足コメント

  • 関数x(t)はAである。のあとに

    Aが特別な関数の時にだけ上の式が成り立つ。

    という文章が抜けていました。

      補足日時:2020/08/06 16:18

A 回答 (1件)

教科書の文章そのものなのではありませんか?



テキトーな言葉を入れれば
A:「時間を含んだ関数」とか「任意の t に対して成り立つ式」 ←これはテキトー。上の「2次方程式」の文章に対応する言葉を入れさせたいのだとは思うが・・・。
ただし、式は
 d^2x/dt^2 + b•dx/dt + cx =0  ←2項目の変数は「r」ではなく「t」
ですね?

B:2個
C:積分定数
D:一般解
E:初期条件
F:運動方程式
G:2階
H:2個
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング