プロが教えるわが家の防犯対策術!

何故 広島、長崎で
原爆投下を 辞めたの?

A 回答 (8件)

日本は既に死に体で、終わり方(降伏の条件)を模索してたのに、


ソ連が対日参戦しようとしてたから、その前に落とす必要があった。
それが9日じゃなかったかな??
    • good
    • 0

十分な実験結果が得られたからじゃない?

    • good
    • 0

広島と長崎のあと、他にも投下しなかったのは何故か、という質問ですか?


広島の原爆と長崎の原爆は別のもので、広島がウラン、長崎がプルトニウムを使用しています。
アメリカはこの2種類を同時並行で開発していたので、両方とも落としてみたかったんです。
日本に降伏を促すためなら、広島に落として、それに対する日本の対応を見てから、降伏しそうに無ければもう1発、という流れになるはずですよね。
でも、プルトニウム型の実験のためには日本に降伏されてしまうと困るので、さっさと長崎にも落としたんです。
実験が終わったのでもう落とす必要が無くなったし、日本も降伏したので、そこで終わったわけですね。
    • good
    • 4

長崎は小倉が天候が悪くて長崎に変更。



原爆広島・長崎に落とす1週間前に正確に原爆を落とすために模擬原発を50発日本列島に落としています。

大阪は模擬原発で原爆投下の実験場です。

春日井市は1度に4発模擬原発を落とされたいます。

皇居に落とされた模擬原発は呉服橋に着弾。
現在呉服橋は埋め立てられています。

軍事工場のないところに模擬原発を使用されています。

広島・長崎の前に模擬爆弾で多くの人が犠牲になっています。
    • good
    • 0

あの時、2発しか製造していなかった。


どこに使うかで、適切な実験場がなかったので、まだ戦争中の敵国に。。
    • good
    • 0

日本が降伏したからでしょ。

    • good
    • 1

当時、10都市攻撃計画とかビラが落ち、全員死亡より負けた方が


良いと世論誘導もあった。
米軍は圧倒的優位であったが、ソ連の北海道侵攻などが懸念され
早急に降伏させたかったし、日本を不沈戦艦や要塞として、米国
防衛に再利用するため、被害を最小化したかった。
    • good
    • 1

ん?確かに投下されましたよ?


1945年の今日(8/6)とその3日後(8/9)のことです。
その後すぐ、8/15日に終戦です。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

このカテゴリの人気Q&Aランキング