プロが教えるわが家の防犯対策術!

なぜネット時代に、
読書した方が良いんですか?
教えて下さい

A 回答 (5件)

書籍は出版に当たって編集者という「他人の目」を一度通してあります。

彼らはかなりプロです。例えば力学の本を出版するときの出版社の編集者は,中身を理解していろいろコメントや修正を入れてきます。最も極端なのは論文です。これは査読者という批判的に中身を読む「他人の目」を通した上で出版されたものです。これによって,表現が日本語として正しいものになり,中身もある意味正しいものになるわけです。バイアスはかかっているとしてもです。これに対し,ネットは単なる個人の意見の垂れ流し。嘘も間違いもたくさんあるし,まずは日本語の表現そのものが洗練されていないのがほとんど。これじゃぁ,日本語を使って生活したり仕事をする人間は正しくは育たないでしょうよ。
    • good
    • 0

文学作品の場合、自分が話の主人公としてその世界観を体験することが出来、体験は豊富なほど耐性の獲得につながり、その結果、適応力が上がるのです。

更に、流れの中から、順序や筋道について新たに気が付く事により物事を考える際、洞察力が上がります。この様な理由があるので、本を読む事が薦められるのです。
    • good
    • 0

読書をすると知恵がつきます。


知恵がつくと生きていくのに困ることがかなり減ります。
お金持ちになりたければたくさんの本を読むことをおすすめします。
    • good
    • 0

ネットで見る日本語が 必ずしも


「綺麗な日本語」
ではないからです

日常生活において「綺麗な日本語」を最も頻繁に目にすることができるのは
実は新聞です

また 多くの「文体」の日本語を読む事の積み重ねがないと
「綺麗な日本語」
を会得できないからです
    • good
    • 3

モニターと印刷した紙面、画面スクロールとページをめくるのとでは視覚情報がまるで違う。

    • good
    • 2

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング