ちょっと変わったマニアな作品が集結

高3です。大学受験について。志望校は文系MARCHなのですが最近慶應商学部に興味が引きました。しかし現在の学力ではMARCHはD判定ですしこれを踏まえて塾のチューター「慶應商学部第一志望にしました」なんてことを伝
えることが怖いです。やはり諦めてMARCH専願で勉強をし続けるべきでしょうか?

因みに慶應商学部のB方式を受験視野に入れているため受験科目は小論文、世界史、英語で数学は含まないです。また小論文に関しては、他学部の小論文のように長文を読み長々と意見を書くような「THE 小論文」ではなく空所補充のような問題構成なので現代文の勉強を兼ねて慶應商の小論文を対策できると思います。

是非意見をください。

A 回答 (5件)

MARCHを舐めてはいけません!! MARCHはD判定なら尚更! 慶應商学部第一志望で頑張ってください!! 



今は、私学の定員厳格化で昔より受験が難しくなり浪人生が増加しておりますので

B判定でも落ちますよ・・がんばって

1つでも上を目指し、記述は、とにかく本を読んで!!
    • good
    • 0

試験科目が同じならどこでも受けよう。

早稲田の商とか受けないの?塾のチューターなんて放っておけ。
    • good
    • 0

いいんじゃないですか。


地方の公立進学校は、部活を週7でバリバリやって高3の夏から勉強するところも多いですよ。
それで最低でも関関同立や地方国立、上手くいくと帝大早慶に現役で受かったりしてますから。

インタビューで言ってましたけど、高田万由子さんが東大進学を決意したのは、秋なってかららしいです。やってることも過去問対策とか、
一般的なことばかりです。とは言え、そこへの努力や集中は人並み以上なんだとは思いますけど。
東大行く人はその手のタイプも結構いますよね。

確かに、過去問題見れば分かるように、早慶の現代文、歴史や英語は超難関で、そもそも国立やMARCHでは使わない単語や表現も多いです。
だから大変にはなります。まだ8月だから始めるならすぐじゃないと。12月ぐらいまでには第一志望絞らないといけませんが。

過去問題は、
MARCH,早慶の受験予定全部を過去10年分を3回~6回は裁定してください(マジで)。
本番は1日5時間以内で終わるわけです。

だから練習でも5時間以内に終わる。商学と経済学を受けるとして4校受けるなら8回分。つまり10年なら80回分です。
もし毎週末使えば、16週で終わります。4カ月ですね。それに復習の時間もいりますので、5,6カ月あれば終わります。
2周目3周目はもっと早くできますので、そんなかからないですし、
「毎日、3,4時間やりますよ」なんて人はもっと早いです。早ければいいってものではないですが、慣れには一定の時間は必要です。


12月ぐらいから早慶レベルの問題集始めて「わけわからんやんなにこれ」てなる人はめっちゃ多いです。
対策せずの記念受験者は100%落ちます(東大京大B判定以上の人除く)。

目指すなら「絶対に慶応商に受かるぞ」と心に決めて、とにかく受験方式や日程も確認、過去問題も解ける範囲でいいので、やるほうがいいです。
今すぐです。
具体的にです。
ようわからんスローガンとか考えたり「早稲田と慶応のどちらが上か」みたいなのはネットの暇な人に任せて、
受験生は馬鹿みたいに単語覚えましょう!

確かに早慶まで手を伸ばすと、「MARCH全滅する危険」は残ります。
けど目指さなかったら受かりません。そしてどこを目指すにせよ、リスクは0になりません。
それはA判定で慶応合格した先輩も、F判定で合格した先輩も変わりませんね。



とにかくごちゃごちゃ言ってると夏が終わります。
やるにせよ、やらないにせよ、親に相談、チューターに相談、ネットや過去問題を見るなどして、
決めた方がいいです。
夏の2,3週間って、過去の2,3年分の価値がありますよ。
それ「悩んでたから」なんて理由で削られたらバカもいいとこです。
今の時期なら「焦っていい」です。

「掲示板、SNS完全禁止」にするか、「午前中、昼、夜にMAX10分までしかスマホ触らない。親や先生に預けてく」とかでもいいです。
実際それやってような受験生も多いです。
スマホがいかんと言うわけじゃないですが、こういうとこやツイッターに気づいたら何時間も漂流してたらそら受からんで。てことです。
もちろん週1,2日はオフにして好き放題するのもありです。
メリハリはいるので。


個人的には、慶応商を目指して、問題傾向の似てる早稲田商学、慶応経済も受験予定にします。
そして答えを見ながらでいいので、週末などで過去問題は解いていきます。同様に問題や校風の似てる立教、青学、明治あたりも受験予定にし、
過去問を解いていきます。解けないと思いますが、そこに向けて暗記など参考書をやるわけです。
模試も多く受けていき、最終的に10,11月模試でC判定以上のところだけ受けます。
直前期でD以下では、(怠け者で頭悪い人のパワーワードの)「死ぬ気でやっても」たぶん受からないので(浪人覚悟でなきゃ)C判定以上のところを
確実に受かるように考え、志望校の受け方を厳選していき、本番に臨みます。
例えば日大の法学や、武蔵大の経済学部を第一志望にすることもあり得ます。

志望校でD判定以下ってのは、あなたが勝手に目指してるだけで、現実にはなかなか受からないので。
「頑張る」人ならそれまでに頑張ってたでしょうし。

過去問題は、わからなかった単語に線を引くだけでもかなり暗記面で違います。
慶応英語はアメリア志向なので、意外と上智やICUと似てます。
学部ごとに難易度もけっこう違ったり(偏差値とか以上に)します。そういうのもやってると何となくわかってきます。
逆に言うと自分で過去問をやらないと、ネットで何100時間使っても絶対にわからないです。模試も同じです。
受けるだけでは無駄ですが、理由つけて受けないことでは何の力にもなりません。


現在の慶応の小論形式は分かりませんが、他の教科と同じように、小論は明らかに形というのがあるので、
個人的には添削などを早め、多めに受けることを薦めますよ。こんなんも知っておくと楽かもです。少し昔の話してますが。

一般に、MARCHもですが私大は英語のデキで決まります。早慶は、加えて、歴史と国語(現代文・小論文)が難しいです。


とりあえず英単語、英語長文をばかみたいにやってください。MARCH含めてそうですね。ほとんど英語で決まるじゃないですか。
英語の偏差値なんて、「毎日どれだけ英語に触れてるか」ですよ。ピアノと同じです。
触ってないけどできる、とかないですよ。ピアニストは1日10時間ピアノ弾いて、2日弾かないだけでめちゃくちゃレベル落ちるらしいです。
英語も似たようなものですよ。10時間やれとは言いませんけど、一定量をやりまくらないとなかなか厳しいですよ。
    • good
    • 1

決断の時期を決めておけばよいと思います。

夏休み明け一発目の模試を受け、その結果が出るまでは慶應第一志望で押す。

その結果がまずまずなら周囲にも宣言し慶應シフトする。やっぱりダメならMARCHにする。しかしD判定でまだMARCHにも程遠いなら、その時点でMARCH(5校)すべて第一志望なんて言っていてもまずいでしょう、もう少しターゲットを絞らないと。

そもそも慶應商学部に目をつけた理由が「小論文が(他学部に比べて)ラクそう」ということのようなので、「そんなに甘いものではない」とは思いますけどね。慶應の怖さは、MARCH狙いとは地力の違う東大や一橋志望が降りてくることです(商学部は東大受験生には人気がないものの)。生半可では太刀打ちできません。
    • good
    • 0

詳しい事はよくわかりませんが、まず日本語の勉強をもっと頑張った方がいいと思います。


これではMARCHも難しいと思いますよ。↓

最近慶應商学部に興味が引きました。

正しくは 興味を使うなら
興味が湧いてきました。

引きましたを使うなら
興味を使わずに商学部に惹かれています。

このままだとEラン位なら受かるかな?
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング