ママのスキンケアのお悩みにおすすめアイテム

日経225先物取引や、オプション取引を、カンタンに説明すると

日経225先物取引が「日経平均株価が書かれた紙を買うための予約券(先物)」で、

日経225オプション取引のコールが「日経225先物を買うための予約権利」で、
日経225オプション取引のプットが「日経225先物を売るための予約権利」ですよね。

ということは、
日経225オプション取引のとは
「日経平均株価が書かれた紙を買うための『予約券を予約するための権利』」でしょうか?

『予約券を予約するための権利』って、よくわかりません。


マネーゲーム(賭場)を増やしたい証券会社たちがつくったヘリクツでしょうか?
世の中に価値は生み出していますか?

何卒よろしくお願い致します。

A 回答 (2件)

先物は、「いつまでに」、オプションは「いつまでに」「いくらで」というのがぬけてます。



>『予約券を予約するための権利』って、よくわかりません。
意味がわからない。

ヘッジ目的でも、投機目的でも、オプションは有効に活用される場合があります。
そういう意味での価値は生み出していますよ。
    • good
    • 0

保険会社はガンガン使ってますよ。

オプションが無ければ保険のビジネスは成り立たないでしょう。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング