マンガでよめる痔のこと・薬のこと

専業主婦は、ただ黙って家事をしていたらよいんですよね。お手伝いさんでいたら丸く収まる。
なんの労いも会話もなく、ただ家を守るのが専業主婦の仕事ですよね。
外で働いてない無給の私が希望なんて贅沢ですよね。
わかってるのに、たまに虚しくなる。
贅沢な悩みだと言い聞かしているのに。
人生折り返し地点にはいり、悩んでも仕方ないことを愚痴らせてもらいました。

A 回答 (11件中1~10件)

仮に35歳の専業主婦を年収にすると320万程の価値になりますよ。



私はこう考えてくれたら嬉しいです。
貴女が家の事をしてくれるので旦那さんは安心して外で仕事ができ、お給料を貰ってると。
    • good
    • 0

大丈夫ですよ、隣の奥さんも同じ事を考えていますから、あなたは1人ではありません!


でも、そんな事ばかり考えていると、人相は悪くなるし、雰囲気も暗いでしょうね。
もしも時間があれば、何か趣味でもしてみれば如何ですか。
    • good
    • 0

私の妻は結婚後も共働きでした。

経済的というよりもやりがい感ですね。妊娠してから産休を取り産休後に育児に専念するために退職しました。
子が就職したら又パートに出ました。 家事に専念するにはやりがい感がないとあなたのようになるからです。
女性はある年齢に達すると更年期障害になりやすく、家で家事だけすると鬱になりやすい。
家事だけでなく趣味をしてください。助け合い、支え合うのが夫婦。 楽しくなければ家事ではない。
    • good
    • 0

なんか考え方が間違っている。

    • good
    • 0

貴女は旦那を労っているのでしょうか?



愛情も無くただ金や生活の為に一緒にいる妻の何を労うのでしょう?
    • good
    • 0

私も現在は専業主婦です。

(訳あって)
数ヶ月前までは仕事もしながら家事の全てと、子育てもしてきました。
主人と私は数年前から関係がおかしくなってしまい(主人の不倫から主人は人が変わってしまいました)現在も再構築を頑張っている所です。
結婚約20年です。
主人の考え方、気持ちがガラリと変わってしまい、私に対しても子ども達に対しても、それまでの十数年からは想像もつかない事を言ったりしたり…の毎日で、私も少し前にあなたと同じ様な質問をこちらでしました。
事情があって別れないのか、面倒臭いからなのか、分からないですが、妻を家政婦の様な感覚だったり、いつでも出来る都合の良い女としてしか見ていないご主人はいるのかな?
ご主人の事をATMとしてしかみない奥様はいらっしゃるのかな?
という様な質問でした。
結果、そういう夫婦はいらっしゃるだろう。
とのお返事を頂きましたが、実際にそうです。
という方からのメッセージはありませんでした。
主婦って、個人的には総合職だと思っています。
お金は生み出さないけれど、家族の健康を守り、子どもがいてたら子どもの身体と心を育み、居心地の良い家庭空間を作り、家族のメンタルケアから、スケジュール管理、家計の管理、お互いの親兄弟や親戚関係のお付き合い、子どもがいてたら子ども関係のお付き合い、ご近所付き合い、地域関係…など、ありとあらゆる能力が問われると思います。
また、24時間、365日、家族の都合に合わせて動きますよね。
そんな家庭を守り、維持、継続させていく事はお金こそ生み出さなくても、お金を稼いでくれるご主人や家族の大きな支えとなっていると思います。
縁の下の力持ち
ですよね。
私も主人から家政婦、奴隷?いつでも出来る都合の良い女。
としてしか、見られていないのではないか?
と、虚しく、悲しい気持ちで過ごしていましたが、ある方のメッセージを読ませてもらい、それでも今はいっかぁ〜。って思う様にしました。
与える者は与えられる
と思っていますから、感謝と愛情を持って接したり家事をし続ける事にしようと思いました。
でも、また凹んだり悩んだりすると思います。
二つの事情から今は仕事をしていませんが、またいつか私も働きたいと思っていますから、あなたも可能なら少しでも仕事に出られたり、趣味や興味のある事をしてみたり…もいいと思いますよ。
それぞれのご家庭で事情はあると思いますし、気持ち的な部分は心の持ち方、在り方で少しは変わると思います。
主婦って凄い仕事!
私って凄い事してるよね〜!
って自分で自分を褒めてもいいと思いますしね。
贅沢な悩みだなんて思いません。
どうしても、お金を生み出さない主婦は気が引けたり、自分のやり甲斐的な所で虚しさや淋しさを抱えてしまいますよね。
一生懸命作ったご飯に文句言われたり、家族の事を考えてしているのに、怒られたり…
やって当たり前の様に思われていたり…ね。
家庭、夫婦の数だけ考え方や分担の大きさは違うと思いますが、お互いか理解し合い、納得出来たり、感謝やお陰様の気持ちが持てるのがベストだと思います。
そのバランスが崩れていると、虚しくなる。
私もあなたと同じ感覚に陥りました。
でも、何とかモチベーションを上げて愛情と感謝を忘れずに接して行きたいと思っています。
ここでも、どこでも愚痴って少しスッキリするなら愚痴ったらいいと思いますし、気持ちを吐き出す事は大切だと思います。
    • good
    • 0

私は40代後半ですが、今は2つの仕事をしています。

それでも主人はありがとうとか大変だなんていいません。

働いてないからと言ってこうしたいという希望を言っていけないなんて事は絶対にありません。
あなたが、家の事はやっているからご主人様も安心して働けるんです。
小さくなる事はありません。

今は働き口もなかなかなく大変ですが、週に一回でも働けば気晴らしにもなるかもしれませんよ。

後は趣味を持つといいと思います。
趣味を始めても家計がまわっていけば問題のない事です。
    • good
    • 0

気持ちは分からないでもない。


ただ、ここはグチをいう場ではないよ。
質問者は誰かに聞いて欲しいだけとか共感してもらいたいとか慰めてほしいとかそういう思いかもしれないけど、質問サイトだから質問者が望まなくても状況改善や考え方についての方法が余計なお世話で回答される。


で、余計なお世話で回答すると。

質問者は考え違いをしている。
お手伝いさんとは家政婦や家事代行のプロでありサービス業だよ?
質問者はそういう職業の人たちを見下しているのではないか・・・と揚げ足をとりたくなる。
プロだから代金を得ているのでそれが「労い」だし、サービス業として会話をすることはあっても自分からおしゃべりをすることはない。
質問者が自分のことを”お手伝いさん”として割り切れば丸く収まると思うならそれでもいい。
労働の対価として扶養という報酬を得ているともいえるのだから、依頼主(夫)からねぎらいがなくても気にする必要はないし、会話を望まれたら相手をするくらい。
専業=職業だからね。
質問者は専業主婦を自虐的にみているみたいだけど、それならプロ並みの仕事をして見せればいいよ。
主婦もビジネスだと思って割り切って仕事すればいい。
「ただ家を守る」というのがどれだけ難しくてや大変で大切な仕事か理解していればやりがいも出ると思うよ。

それと、夫と会話がないのは質問者が専業主婦だからじゃないよ。
男の脳は言葉をしゃべる量が女性に比べてかなり少ない。
仲の良い夫婦でも夫が家でぺちゃくちゃとおしゃべりするということはあまりない。
つまり、家ではあまりしゃべらないのが男の標準性能。
質問者夫婦が特に不仲だということではない。
会話能力ではおおむね女性の方が優れている。
優れている方(妻)が劣っている方(夫)に合わせて話題を提供したり会話を回すようにすると良いのでは。
相手が興味をもたない話題を振ったり、話したくない相手に話させようとすればうまくいかないしね。

無給ということに抵抗があるなら、仕事を始めてみるといいよ。
夫と相談して、近所でパート勤めでもいいし在宅勤務でもいいし。
主婦のプチ起業というのも流行りだよね。

夫婦仲が良くないということと、専業主婦ということを結び付けない方がいい。
専業主婦でも共稼ぎでも、仲の良い夫婦は仲良しだし仲の悪い夫婦は不仲だ。


質問者は専業主婦として頑張ってきたんだと思う。
長年頑張ってきて、辛くなったり虚しくなったりすることもあるよね。
それは外で仕事をしている人でも同じだったりする。

ふと、人生の折り返し地点でいろいろと思うこともある。
そして折り返しの第一歩を踏み出すわけだが。
”どういう風に踏み出すのか”というは大切だと思うよ。
今まで生きてきた道を見直してみて肯定してさらに前へ進んでいくことにするのもいい。
新しい道へ思い切って踏み出すのもいいだろう。

ぐっどらっくb
    • good
    • 0

で、老後仕事の無くなった旦那をカスとしか思えなくなって、離婚か喧嘩ですね。

    • good
    • 1

専業主婦してるんですか?



旦那様と上手く行ってない
のでしょうか?

でも、働けない体などの
理由でしたら仕方ないし、
働き口がないなら、難しいし。
あまり、悲観的にならずとも。

希望、、専業主婦の合間に
楽しみ見つけましょう。
何かできることを見つけるのが、
あなたの仕事です。

折り返し?40才くらいですか?
いくらでもありますよ。
理想が高くないなら。
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング