プロが教えるわが家の防犯対策術!

オススメのM,2SSD教えてください。
マザボはMSI H170A PC MATEです。
このマザボで使える最高速度の物とこのマザボ対応で回答者様のおすすめを教えて欲しいです。
容量サイズは500GBで大丈夫です。

質問者からの補足コメント

  • air_supply


    Windows 10 ハードディスクドライブ(HDD)のデータを削除せずにレガシBIOSをUEFIモードに変換する~ブートセクタをMBRからGPTに変換するMBR2GPT.exe

    の記事を教えていただきその記事通りしたのですが画像の赤で囲ったところを見てください、システムで予約済みとEドライブがエクスプローラーに表示されました。これは何でしょうか?この点のみ疑問に思っています、その他の手順は問題なくGPTフォーマットは出来ました。

    「オススメのM,2SSD教えてください。 」の補足画像1
      補足日時:2020/08/13 16:34

A 回答 (7件)

ANo.6 です。



いや、別に質問者さんがどうこうと言う訳ではなく、その挑戦者魂が逞しくて、気押されている感じがしているだけです(笑)。

取り敢えず、UEFI モードで GPT フォーマットが済み、最新のシステムになったと言うことになりますね。おめでとうございます!
    • good
    • 0

ANo.4 です。



あまり一度にシステムの改変はしない方が良いのですが、質問者さんはどんどんおやりになりますね。"MBR2GPT.exe" は別に不具合が無ければ実行しなくても良かったのですが、こう言う予期せぬことは往々にして発生しますね。

これは、「システム予約領域」 にドライブレターが付いているだけなので、「ディスクの管理」 で 「ドライブ文字とパスの変更」 で 「削除」 すればエクスプローラーで見えなくなります。本来は隠しパーティションですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
治りました!

なんか出来ることは一通りやってみたくなっちゃうんですよね結果がどうだろとそのやった事でまた変な方向にいってもなにか学べるのかなと思ってるんですよ笑
そのせいで手間を取らせてすみません。

お礼日時:2020/08/13 17:34

ANo.4 です。



"測定終了後3分後は31℃測定時は50℃に張り付いていました。最高温度は53℃でした。"
→ これは多分大丈夫だと思いますが、心配なら簡単なヒートシンクを取り付けるだけで、ぐっと温度を下げることができます。

高速なM.2 SSDをガッツリ冷却できるヒートシンクはこれだ!
https://kakakumag.com/pc-smartphone/?id=10590&pa …

これに載っている "小型ヒートシンクタイプでは一番冷える! AWESOME 「AWD-MCS01」" に形状が近い下記が良いのではないでしょうか。

http://amazon.co.jp/dp/B07WDZLMKL ← ¥899 M.2ヒートシンク合金アルミニウムNGFFヒートシンクNVME冷却シンク2280 M.2 SSD用M.2 SSDクーラーセット

"仮にヒートシンクをつける場合M.2の基盤に付いているシールはどうしたらいいでしょう?大体の製品が剥がすと保証が無くなるとのことなどであまり外したくないのですが…"
→ シールの上からでも熱伝導シールを貼って熱を逃がすことが可能です。上記は、表と裏で熱を逃がすので効果は高いように思います。安いものでは片面になります

パソコンのスペック:
Intel CPU ???、メモリ 16GB(4GB×4)、GPU GeFrce GTX1660 super、ASUS 10GB PCIe×4 XG-C100C LAN caed

冷却系:
CPU クーラー ---------- Intel リテールクーラー
ケースファン ----------- 前面と背面各 1 台づつ
グラフィックボード ---- 2 連ファン

"その他の冷却機構はありません。ファンは増やした方がいいでしょうか? ゲームなどをしてると結構熱いです触れますが数分触ってたら火傷しそうです。"
→ かなりパソコン内部の温度が高いようですね。CPUIDで温度を測っていると言うことですので、下記の HW Monitor でしょうか?

シンプルなハードウェアモニタ!「HWMonitor」。
https://www.gigafree.net/system/monitor/hwmonito …

パソコン内部の温度を下げるには吸気ファンがほしいところですね。フロントにファンがもう一つ付くのであれば追加しましょう。サイドパネルにファン取り付け穴があるようならば、吸気ファンでグラフィックボードの温度はぐっと下がります。排気系はケースの構造によっては増やせない場合があります。できるだけ吸気と排気のバランスを取った方が良いので、天井部に排気ファンがつけば最高ですね。ファンを増やす場合は、下記のような分岐を使うと同期回転が可能です。

http://amazon.co.jp/dp/B074KKL71S ← ¥699 EASYDIY ファン延長ケーブル PWM 4ピン 1〜2アダプタ 冷却ファン コンピューター用 延長コ-ド 2個入り
※3pin のファンの場合も使えます。だたし、3pin と 4pin の混在はできません。

CPU のテールクーラーはこの暑さでは厳しいものがあります。ケースにもよりますが、下記のようなサードパーティーの CPU クーラーを使うとより冷えて静かです。高さが 154.5mm あります。

http://amazon.co.jp/dp/B00JQ2YDCY ← ¥2,190 Deepcool Gammaxx 400 cpuクーラー cpuファン Intel/amd両対応 静音 冷却 簡単 ゲーム

背が高くでサイドフローが入らない場合は、高さが 120mm の下記が良いでしょう。

http://amazon.co.jp/dp/B07BGTC77R ← ¥3,572 サイズ オリジナル設計 トップフロータイプCPUクーラー 超天 CHOTEN 虎徹のトップフロー版コンセプト
    • good
    • 0

ANo.3 です。



"今回取り付けたSSDはゲームデータの保存なのでシステムに使わないんですけどね。そのついでに私がシステムをインストールしてるSSDを見てみるとGPTフォーマットではありませんでした、これはどうゆうことになるのでしょうか?"
→ そうすると、そのパソコンは Windows 7 からのアップグレードで Windows 10 にしてあるのでしょうか? Windows 7 の頃は UEFI モードが使われていませんでしたので、Legacy モードのままのものが多いようです。かく言う私のパソコンも Windows 7 からそのまま Windows 10 にアップグレードして、Legacy モードのままです。そう言うことなら MBR でも大丈夫なのでしょうかね? あまり聞いたことはないですが。まぁ、システムをインストールしないのであれば、あまり関係ないのかも知れません(自信無し 笑)。

もし、Legacy モードでインストールされている C:ドライブを GPT フォーマットにしたい場合は、システムをそのままで変換できます。下記の方法です。

Windows 10 ハードディスクドライブ(HDD)のデータを削除せずにレガシBIOSをUEFIモードに変換する~ブートセクタをMBRからGPTに変換するMBR2GPT.exe
https://www.billionwallet.com/windows10/mbr2gpt. …

何かあった時のために一応システムをバックアップしておいた方が良いですね。これで GPT フォーマットに変換して、UEFI/BIOS で Legacy モードを UEFI モードに切り替えれば、FastBoot や高速スタートアップなどが使えます。本来なら、NVMe M.2 SSD をシステムに使えば、かなり高速化するのですが、元々 SSD なので体感はできませんね(笑)。

その代わり、安くなった SATA 2.5 インチ SSD の 2TB 等を入れれば HDD を外すことも可能です。また、現在の SATA 2.5 インチ SSD をキャッシュ専用にして NVMe M.2 SSD の C:ドライブの寿命を延ばすこともできるでしょう。

"ここで質問変わりますができる限りSSDの寿命を伸ばして長く使いたいのでその方法などあれば教えてください、システムの設定などですかね? 私が調べた時はWindowsのスリープ設定が寿命に影響を与えると言う記事を見たのですがイマイチわからなかったのでお願いします。"
→ 「スリープ」 ではなく 「休止」 ですね。「休止」 はメモリの状態をストレージに記録してシャットダウンしますので、電力定期には "0" ですが SSD を使っているシステムにはその都度書き込みを行いますので、「休止」 状態に頻繁になる場合は寿命の問題が出てきます。これを回避するには、「休止」 を禁止してしまえばよい訳です。私のシステムは全て 「休止」 は禁止になっています。

ハイバネーション(hiberfil.sys)を無効にする・削除する
https://freesoft.tvbok.com/tips/pc_windows/del_h …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます、やってみます!

またまた追加質問ですみません。

CPUIDでゲームインストール時の温度を測っていましたがこの様な結果でした。ゲームプレイ時の温度測定はしていないので分かりません。

測定終了後3分後は31℃
測定時は50℃に張り付いていました。
最高温度は53℃でした。

ヒートシンクつけた方がいいのでしょうか?
仮にヒートシンクをつける場合M.2の基盤に付いているシールはどうしたらいいでしょう?大体の製品が剥がすと保証が無くなるとのことなどであまり外したくないのですが…

PC全体の温度について
私のPCはBTO PCでそこに自分で後から取り付けをしたりしてます、取り付け増設したのはGeforce1660Super玄人志向(元GTX1060/3GB)

メモリ4GBx4で16GB(元4GBx2で8GB)

有線LAN(ASUS 10Gネットワ​​ークアダプタ PCI-Ex4カード XG-C100C)

ケースファン前面と背面に1つ計2個でした。
CPUファンはintelクーラーでした。
グラボはファン2つです。
その他の冷却機構はありません。
ファンは増やした方がいいでしょうか?
ゲームなどをしてると結構熱いです触れますが数分触ってたら火傷しそうです。

お礼日時:2020/08/13 15:57

ANo.2 です。



"ディスク管理を開くとフォーマットスタイスの選択が出たのですがこれはMBRにしましたが問題ありませんよね?"
→ これは GPT フォーマットでないと駄目ですね。NVMe M.2 SSD のフォーマットは GPT だけのはずですが、MBR でも通るのでしょうか? UEFI モードでインストールされている場合、C:ドライブに使うには GPT フォーマットが必須のはずです。

SSD増設したのに認識されていない?それフォーマットしましたか?
https://gamingjisakupc.com/%E8%87%AA%E4%BD%9Cpc/ …

HDD の場合 2.2TB 以上は GPT フォーマットしないと全容量をフォーマットできません。また、2.2TB に達していなくても UEFI モードでシステムに使う SSD や HDD も GPT フォーマットしなければなりません。しかしながら、質問者さんの方では NVMe M.2 SSD を MBR フォーマットされたようで、絶対ダメと言う訳ではないようですね。全体の流れでは下記のようになります。

M.2スロットとNVMe SSD
https://www.pc-master.jp/jisaku/m2-ssd.html

改めて GPT フォーマットを行う場合は、下記で可能です。説明は SATA M.2 SSD ですが、NVMe M.2 SSD でも同じです。

『M.2 SSD』取付けから、フォーマット(初期化)方法を写真で簡単解説
https://koshitatu.com/?p=12003

これでフォーマットしておけば、システムをインストールする場合も問題は出ません。

NVMe M.2 SSD としてのフォーマットはあっていませんが、CrystalDiskMar のスコアは中々良いのものですね。各スコアの項目については、下記のようになっています。

ディスク速度を測定する、定番のベンチマークソフト CrystalDiskMark
https://freesoft-100.com/review/crystal-disk-mar …

SEQ1M Q8T1:シーケンシャルリード/ライトテストです。シーケンシャルアクセス(ブロックサイズ:1MiB、キュー:8、スレッド:1)を測定できます。
→ 連続したデータを転送する能力を測定します。8 つのキュー(命令)を出して連続で転送しますので、最大の能力が出ます。

SEQ1M Q1T1:シーケンシャルリード/ライトテストです。シーケンシャルアクセス(ブロックサイズ:1MiB、キュー:1、スレッド:1)を測定できます。
→ 1 つのキュー(命令)でデータを転送する能力を測定します。最もシンプルなファイル転送の性能を示します。

RND4K Q32T16:ランダムリード/ライトテストです。ランダムアクセス(ブロックサイズ:4KiB、キュー:32、スレッド:8)を測定できます。
→ 32 個のキュー(命令)を発行してランダムなデータの転送を行います。通常のファイルの読み書きの近い転送状態を想定しています。

RND4K Q1T1:ランダムリード/ライトテストです。ランダムアクセス(ブロックサイズ:4KiB、キュー:1、スレッド:1)を測定できます。
→ 1 つのキュー(命令)を発行してランダムなデータの転送を行います。ユーザーがファイルの読み書きを行うことを想定した性能を示します。

※各開設は、私の個人的解釈です。尚各設定値は変更可能ですが、デフォルト値で比較する場合はそのまま使って下さい。また、バージョンが異なるベンチマークテストでは互換性が無い場合がありますので、なるべく同じバージョンを使って下さい。尚、古いバージョンは下記からダウンロードできます。

https://crystaldiskmark.jp.uptodown.com/windows/ …
https://crystalmark.info/ja/download/ ← 上記にないもの CrystalDiskMark 5.5.0/3.0.4

"それぞれの項目がどのようなことを指しているのかあまり分かりませんが1番上がAmazonページでのシーケンシャルリード/ライトですかね?数値的には問題ないですよね、良かったです!"
→ 「SEQ1M Q8T1」 と 「SEQ1M Q1T1」 の値ですが、主に比較に用いられるのは前者の 「SEQ1M Q8T1」 の方になります。

"ランダムリード/ライトはどこから読みとったらいいのでしょうか?"
→ 「RND4K Q32T16」 と 「RND4K Q1T1」 の値です。比較に使われるのは 「RND4K Q1T1」 のほうだと思います。

あと、スクリーンショットの取り方は、CrystalDiskMark がアクティブなウィンドウの状態で 「Alt+Print Screen」 キーを押し、ペイント等の画像ソフトに貼り付け、名前を付けて保存すれば補足欄の 「画像を添付する」 に送ることができます。下記は、Samsung 830 256GB(MLC) のスコアです。シングルで、かなり使っているのでスコアはそこそこです。
「オススメのM,2SSD教えてください。 」の回答画像3
    • good
    • 0
この回答へのお礼

今後めんどくさいかなと思いまして、記事通りGPTフォーマットしておきました。今回取り付けたSSDはゲームデータの保存なのでシステムに使わないんですけどね。
そのついでに私がシステムをインストールしてるSSDを見てみるとGPTフォーマットではありませんでした、これはどうゆうことになるのでしょうか?

ここで質問変わりますができる限りSSDの寿命を伸ばして長く使いたいのでその方法などあれば教えてください、システムの設定などですかね?私が調べた時はWindowsのスリープ設定が寿命に影響を与えると言う記事を見たのですがイマイチわからなかったのでお願いします。

お礼日時:2020/08/13 15:07

ANo.1 です。



これは責任重大ですね(震)。1TB のモデルだとシーケンシャルライトが 3,000 MB/sec になるのですが、512GB だと並列化が少し足りないのでスコアが下がっているようです。それでも十分速いですけれど。

SATA 2.5 インチ SSD でもシーケンシャルリードで 500GB/sec が出ているので、NVMe M.2 SSD の 3.400MB/sec が体感できるかどうかは判りません。速すぎて人間の間隔では追い付いて行かないかも知れません。ただ、ランダムアクセス性能も高いので、普段のファイルアクセスは気持ち良いでしょう。

私は、第 4 世代 Haswell のパソコンを使っていて、M.2 SSD がまだ出ていない頃だったので、SATA 2.5 インチ SSD を使って RAID0=ストライピングをやっています。HDD と違って電気的な SSD は、RAID0 でも安定して動作します。HDD の頃は何度が RAID の Array が壊れて、最終的には諦めました(笑)。

最初の頃はシーケンシャルリードで 1,000MB/sec 出ていたのですが、最近は性能が落ちてきています。それでも、普通の SATA 2.5 インチ SSD のシングルよりは速いですね。ただし、シーケンシャルアクセスは速くなりますが、ランダムアクセスはシングルと変わりません。これは、やはり NVMe M.2 SSD の方が両方速くなりますので、明らかな利点ですね。

下記は現在の私のパソコンの C:ドライブの性能です。CrystalDiskMark 7.0.0h で測定しています。パソコンは、CPU Core i5-4570s 2.9GHz、メモリ DDR3 16GB、SSD SanDisk Ultra(MLC) 256GB×2、HDD 5400rpm 3TB、GPU GeForce GTX1060 6GB、M/B Gigabyte GA-Z87N-WiFi(Mini-ITX) です。

と言う訳で、早く届くと良いですね!
「オススメのM,2SSD教えてください。 」の回答画像2
    • good
    • 0
この回答へのお礼

先程M.2SSDが届いたので早速取り付けてみました。
ディスク管理を開くとフォーマットスタイスの選択が出たのですがこれはMBRにしましたが問題ありませんよね?
その後新規パーティーションで追加しCrstalDiskMark(Microsoft版)で速度の測定をしてみると以下の結果になりました。
測定設定は初期状態です。

SEQ1MQ8T1
『Read』3153.74 『Write』2553.72

SEQ1MQ1T1
『Read』1534.75 『Write』2160.34

RND4KQ32T16
『Read』786.72 『Write』1728.21

RND4KQ1T1
『Read』48.56 『Write』114.62

それぞれの項目がどのようなことを指しているのかあまり分かりませんが1番上がAmazonページでのシーケンシャルリード/ライトですかね?数値的には問題ないですよね、良かったです!

ランダムリード/ライトはどこから読みとったらいいのでしょうか?また、それぞれの項目の意味など教えていただけたら幸いです。

お礼日時:2020/08/13 12:50

MSI H170A PC MATE には、M.2 SSD のスロットがあり、PCIe×4 NVMe M.2 SSD にも対応しています。

SATA M.2 SSD に比べると、はるかに高速なのが魅力的です。

MSI H170A PC MATE の仕様です。
https://jp.msi.com/Motherboard/H170A-PC-MATE/Spe … ← 詳細をクリック。

・Supports PCIe 3.0 x4 and SATA 6Gb/s standards, 4.2cm/6cm/8cm length M.2 SSD cards

性能的には、下記の Samsung 970 EVO Plus ですが一寸高い。

http://amazon.co.jp/dp/B07MZ4R9FR ← ¥13,111 Samsung 970 EVO Plus 500GB PCIe NVMe M.2 (2280) 内蔵 SSD MZ-V7S500B/EC 国内正規保証品
シーケンシャルリード 3,500 MB/s、ライト 3,200 MB/s、ランダムリード 480K IOPS、ライト 550K IOPS、300 TBW

https://www.samsung.com/semiconductor/minisite/j …

そこで、最近発売されてそこそこ売れ出している下記がお薦めです。Addlink は台湾のメーカーで日本の代理店も有名な Links なので、製品自体も心配ないでしょう。カスタマーレビューも徐々に増えてきています。

http://amazon.co.jp/dp/B08438SFBQ ← ¥9,380 addlink SSD 512GB S70シリーズ M.2 2280 PCIe3.0×4 NVMe 5年保証 内蔵SSD ad512GBS70M2P
シーケンシャルリード 3,400 MB/s、ライト 2,000 MB/s、ランダムリード 350K IOPS、ライト 500K IOPS、600 TBW

https://www.links.co.jp/item/addlink-s70/

スペックの最後にある TBW は Tera Bytes Written か Total Bytes Written で総書込容量のことです。 Samsung より Addlink の方が総書込容量が倍ありますね。

最近 QLC の M.2 SSD が増えています。現在の主流は TLC で 1 セルあたり 3 bit を扱いますが、QLC は 4bit を扱うため、書き込み回数の制限が厳しいです。それにより書き込み速度が遅く、寿命が短くなっています
。データの保存には良いかも知れませんが、C:ドライブに使うのは気が引けます。しかし、価格が安いのかショップ系の BTO(Build To Order) パソコンに使われ始めています。まぁ、遅いと言っても SATA SSD よりはかなり速いので、NVMe SSD のメリットはありますけれど。

SLC、MLC、TLC、QLC、4種類のSSDについて徹底解説
https://chimolog.co/bto-ssd-slc-mlc-tlc/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

教えて頂いたaddlink SSDを購入してみました。
説明ありがとうございました。
商品届くまで少し待っていただきたいです。

お礼日時:2020/08/12 10:03

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング