プロが教えるわが家の防犯対策術!

市民税って引た後も前の市の市民税を払わないといけないの?

A 回答 (7件)

市民税(都道府県民税と合わせ)は


個人住民税と言いますが、
前年1~12月の所得で
翌年6月から納税します。

納税先は、翌年1月1日に
住んでいる所に払う決まり
になっています。

ですから、翌年1月2日以降
引越しても、引越前の役所から
住民税の納税通知が届きます。

逆に1月1日以前に引越したら
引越後の役所から納税通知が
来ることになります。

サラリーマン、パート、バイト
の場合、年末調整という手続きを
勤め先でやることになります。
その時の書類
『扶養控除等申告書』に
自分の住所を記入するのですが、
その住所は、
翌年1月1日に住んでいる住所
(原則、住民票のある住所)
を記入しなければいけません。

その住所が違っていると、
違った役所から納付書が来る
ことになります。

個人住民税の納付先は、
翌年1月1日に住んでいる住所
(原則、住民票のある住所)
になります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

質問が変な分だったのに、答えて頂きありがとうございました。
よく分かりました。助かりました。

お礼日時:2020/08/12 12:07

5番です



チョット書き換えます

[当初]
  なので住所を移転した場合、次のようになります。
[変更後]
 なので
 ①2020年1月1日まで住所を移転した場合、次のようになります。
  ・5月までは2019年度の市民税を移転前の自治体に納める。
  ・6月からは、2020年度の市民税を移転後の自治体に納める。
 ②2020年1月2日以降に住所を移転した場合、次のようになります。
  ・移転前の自治体に2019年度及び2020年年度の住民税を納めます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2020/08/12 12:08

> 市民税って引た後も前の市の市民税を払わないといけないの?


別の市に「引っ越した後」?


住民税は、その年の1月1日に住民票がある自治体に納めます。

また、住民税の徴収方法には「普通徴収」と「特別徴収」の2種類があり、納付書を使って自ら納めていくのが「普通徴収」、給料から引かれて会社が納めていくのが「特別徴収」

で、その年の税額の納付期間ですが、6月~翌年5月


なので住所を移転した場合、次のようになります。
 ・5月までは前年度の市民税を移転前の自治体に納める。
 ・6月からは、当年度の市民税を移転後の自治体に納める
当然、移転前の自治体に対して住民税を滞納している場合には、6月以降でも納めないとダメです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

別の市に引っ越した。です。
詳しく教えて頂きありがとうございました。

お礼日時:2020/08/12 12:09

「引いた」とは「引越しした」という意味でしょうか。



そうです。引っ越ししても、今年の分は引越し前に住んでいた市に市民税を支払わないといけません。なぜなら、市民税は今年1月1日時点で住んでいる市に支払うルールになっているからです。

引越し先の市には、来年1月1日以降に市民税を支払うことになります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます!「引っ越し」って打ったつもりでしたが。
すみません。
詳しく教えて頂きありがとうございました。

お礼日時:2020/08/12 12:10

市民税は前年度に住所があった役所へ納付します。


ですので、今年は新しく引っ越した自治体からは請求は来ません。
と、言う事です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
新しい所のは来ないのも分かり安心しました。

お礼日時:2020/08/12 12:11

引越しをしても払う必要があります

    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

お礼日時:2020/08/12 12:11

これ日本語ですか。

    • good
    • 3
この回答へのお礼

すみません。「引っ越し」と打ったつもりでした。

お礼日時:2020/08/12 12:11

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング