【先着1,000名様!】1,000円分をプレゼント!

最近男女平等うんぬんが言われてますが、
プロスポーツについてはどう思われますか?
女子プロのレベルだったらトップになれるという男性がたくさんいると思われるのですが、これこそ能力があるのに(男女をわけてしまうと)それに見合った給料がもらえていないと思います。
男女分けることに問題はないのでしょうか?

反論は大いに結構なのですが、ふと思ったことなので、まったくおかしいと思ってもきつい言葉は勘弁してください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (10件)

男女平等をあげる場合に、必ず考慮に入れなくてはならないのは、その社会的背景です。


日本には長いこと男性が有利であった男尊女卑・性的差別、等の歴史があり、他の先進国の女性運動同様、
男女の力の差、性と能力の違いを改めて見直し、2つしかない性であり、人間という子孫繁栄に不可欠なものであるわけですから、絶滅させないためには戦いではなく、
歩み寄りが必要なわけで、女性の優れた能力をきちんと考え、男性が女性を守る、ハンディ等考慮に入れ、男女平等がかかげられたという歴史的経過があるわけです。

そのように、なぜ、男女平等という社会的運動が起きたのか、それを踏まえずに、単なる平等、、、という考え方で主張すると、先人の知恵を無駄にするどころか、
何も学び進化されない、逆戻りしてしまうわけです。
双方とも違った能力を持つ性ですから、一方に有利なことで戦わせること自体がおかしく、男女平等の、間違った捕らえ方になってしまうわけなんですね。

力や戦闘能力においては、女性より男性の方が数段、優れているのと同様、男性も生まれたのは母親からなのです。
産む能力は女性に限られており、育て育む、細かなところへ行き届く能力は、女性の方が数倍、優れていると言われています。
ですが、それは戦わせるものではなく歩み寄り、譲歩させるべきものであり、男女で格闘させたら、女性が瀕死の状態に至るかもしれない可能性があるわけで、
わかりきっている能力差で戦わせても、それこそが、男性有利の考え方にしか至らない、という理由で、きちんと上記のことが考慮されて決められていることなのだと思います。
    • good
    • 0

最近「"差別"と"区別"を混同するな」といった論調をよく見聞きしますが、


スポーツなんかはその考えが正しく適用されている代表的な例ですね。

一般的に、女性の体力は男性のそれに劣ります。
しかしそれは先天的なもので、いわば本人の努力ではどうしようもないものです。
何かで競ったり順位を比べたりというのはスタートライン(条件)が同じ者同士でやってはじめて正確な数値を得られるのであって、男女の違い(先天的な差)を考慮せずに一緒に競わせ順位を付けるのはむしろ差別であり、不公平でしょう。

蛇足ですが、他にも色々ありますよね。
体力の差や、妊娠や出産など女性の肉体的特長を全く無視して、
「ビョードー!ビョードー!言うくせに生理休暇が欲しいとは何だ」
「"男性と同じように"出来なくて何が平等だ」

冒頭に書いた論調は主に「ビョードー!ビョードー!」とうるさく叫ぶフェミニストに向けられることが多いようですが、カンチガイしてるのは、決してフェミニストだけではないはずです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

皆さん多くの意見をどうもありがとうございます。
この場を借りてお礼を申し上げたいと思います。

分けないことに問題があるのですね。とても参考になりました。
すべてを同じにすることだけが平等ではない。そんな大事なことに気がつかなかったことを情けなく思います。

しかし、たとえば学校などの名前順、私が小中学生のころは男女別々(男が先)でしたが今は男女混合が多いみたいですね。こんなのどうでもいい気がするんですが。

お礼日時:2005/01/28 14:54

プロスポーツといいうのは、技能の高さによって報酬がきまるのではなく、どれだけファンを魅了させるかによって報酬がきまってくるのだと思います。



例えばゴルフで、男性なら力だけで300ヤード飛ばせるかもしれませんが、女性なら力がない代わりに技術や道具のよさでカバーすることになるでしょう。
とすれば、女子プロの技術や道具を真似したいと思って熱心に研究したり、感嘆したりするファンがいて、それに対して報酬を払ってもいいと考えるスポンサーやスポーツメーカーがあわられるわけです。
    • good
    • 0

>男女分けることに問題はないのでしょうか?



たまーに話題になりますが、セクシャルマイノリティの人をどうするか…という問題がありますね。

参考URL:http://www.d3.dion.ne.jp/~eriko_k/word/word4.htm
    • good
    • 0

実際男女比があるので消す事はないと思います。


差はあって当然なので、
男女を分ける事に問題があるというより、
男女をわけないことに問題が発生すると思います。

たとえばですが、スポーツを見せるプロではありませんが、(昔に)マラソンで高橋尚子は世界新をだしましたが、あれは女子だからはやいのであって、男子と比べれば高橋尚子よりも速く走れる日本人男性は何人もいて、高橋尚子のタイムで走っても一位になれません。いっしょに走らせる意味がないというか、女性はこれを織り交ぜていいのでしょうか。対等に戦えるスポーツならまだいいですが、肉体的差があるのにもかかわらずやみくもに混ぜるのは、男性が女性を差別しているようなもので、逆にジェンダーフリーによる暴力みたいな気がします。

余談ですが相撲界に外国人がはってくるのも、ルール違反だと私はおもっちゃったりしますが…。まぁ、しょうがないですけど。
    • good
    • 0

こんばんは。



 そういえば昔女性F1ドライバーがいたことを思い出しました。いずれにせよ男女ともそれぞれの場において職業としての力量を発揮する「機会」が与えられており、またそれにより「社会」に「参画」しているわけで活躍の場が男女で分けられているからと言って「男女機会均等」や「男女共同社会参画」の理念になんら矛盾するものではないと思います。

 まぁ簡単に言ってしまうと男子と女子でトイレが別れてるのと同じですよきっと。報酬については単に人気の問題です。人気が無ければ男女の性差や能力に関係なくスポンサー自体が付きませんからプロ自体存在できません。

 「一部」のフェミニストの皆さんが「ジェンダーフリー」と称して男女の生物学的性差まで否定し人間をカタツムリにしようと目論んでいますが、そもそも「男女平等」とはそのような奇矯なイデオロギーではありません。男女は平等であっても決して同質ではありえないわけです。従って男女とはどこかしら「区別」されるべきものでありその役割の違いも冷静に認識すべきです。

 質問者様は何らかの理由で本来の理念からずれ始めた「怪しげな男女平等論」が世に蔓延していくのを危惧しておられるように感じました。確かにこれが進むと「モー娘。」に男がいないのは不平等だ!「SMAP」に女がいないのは不平等だ!みたいなトンデモ議論になってしまいますからね。失礼しました。
    • good
    • 0

男女は平等であるべきですが同質ではありません。


性質上男性は女性より筋肉がつきやすい身体構造になっています。
多くの競技のほとんどの世界記録が男子のほうが高いということから見てもわかります。

そもそも「女子プロのレベルだだったらトップになれるのに」という話は男性側からは出てくるはずがありません。

女子と男子の枠を除いてしまうと、「女子プロのレベルで男子プロが競技を行う」ということになるはずがありません。
「男子女子全体でトップを争うことになる」ということになります。
というとは自分の腕が変わらない以上、女子に負けて順位が下がってしまう、ということになりかねません。

会社の募集でも「男子何人、女子何人」という募集をかけますよね。
男女平等とは男性と女性を同じだけ採ることでしょうか。
それとも男女に分けることなく採用することでしょうか。
それとも募集人数は違っても同じ待遇で扱うことでしょうか。

なんでもかんでも同じにすればいいと言うわけではありません。
    • good
    • 0

 各年齢で男女体力測定をし、いろんな項目の平均値が双方ともたいして差が無ければ、そりゃ男女分ける必要は無いですけどね。

決定的に数値で差が出てきますからやっぱ分けなきゃフェアじゃないでしょ。
 
 給料の話ですがおそらくゴルフのような賞金制のスポーツの事を言ってると思うのですけど、質問者さんの「能力と給料が見合ってない」という言い分もわかりますが、それでも男女分けなきゃ駄目でしょう。
 「男子プロで勝てないが、女子プロならトップクラス」の人には、男に生まれた宿命なのでがんばってもらいましょう。
 
 でも競馬なんか牡、牝同じレースで走ってるじゃないですか。ある意味男女平等ですね。
    • good
    • 0

身体能力という点では、徹底的に鍛え上げた場合、個人差はあるものの、平均してみれば、男子のほうが有利になる以上、男女別競技が行われるのは、当然のことと思います。



>女子プロのレベルだったらトップになれるという男性

同じ競技において、男女比較して、女子のほうがレベルが低かった場合、男子が女子と競い合うことは、女子にとってはメリットがあるかもしれませんが、男子のレベル向上という点において、あまりメリットが無いような気がします。上のレベルで通用する人間が下のレベルで戦うとなると、自分の能力の停滞を招き、成長を止めかねないのではないでしょうか。結局、強くなりたいのであれば、上を見ざるを得ず、男子同士で競うことになってしまうと思います。
現実的に、女子が男子と互角に渡り合えない競技の場合は、男女別に分けるべきです。
    • good
    • 0

スポーツに関しては先天的に男性の方が有利ですからね。



女子選手が対戦して互角に勝負できる競技というのは
なかなかありません。

肉体競技ではないので
本来であれば互角で戦えるであろう
将棋でさえも女子のプロは未だ出てきていません。
(この場合のプロとは女流プロではなく、奨励会を勝ち抜いたプロのこと。女流の場合は別のルート)

女子が男子に混じったところでまともに勝負にならないのであれば、当然男女別カテゴリーというのができるのは
ある意味必然ですよね。

で、本題ですが(前振り長い!!w)
給料に関してはやはり女子には女子のスポンサーってのが
あってゴルフなどは男子ではなく女子だけスポンサーにな
ってる企業もありますからね。
女子の中で勝ち抜けば当然それなりの報酬がもらえるわけで
それはある意味必然だと思います。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q運動競技の多くは、どうして男女別なのでしょうか?

運動競技(試合)の多くは、どうして男女別なのでしょうか?

思えば、現在の我が国における学力の競争は、殆ど男女の区別が無いのに、
運動競技の試合の多くは、男女別になっているという気がします。

一般的には、男子の方が運動?身体?能力が高いという風に謂われていると思うのですが、
この度の女子サッカー日本代表チームの世界大会優勝をみても、
素人目には、一般とは違って、一流の競技選手にもなると、
男女別にするほど男女の差が無いのでは?と考えてみたりもしたのですが、
そもそも根本的に、そういった理由で男女別ということでもないのでしょうか?
僕は文化系で、運動競技のことはサッパリ分かりません。

お詳しい方がいらっしゃいましたら、是非ご教示下さい。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

どんなスポーツでも男女の体力差は一目瞭然です。

今回のサッカーでも男女ではスピードが違います。たとえばマラソン。男子の世界レベルだと42.195キロのタイムで男子は2時間10分を切るスピードですが、女子は2時間20~25分です。同じレベルでレースになれば女子には不利です。

テニスでも同じですよ。

サーブのスピードでは男子は200キロ近いスピードですが、女子では180キロだったと記憶しています。決め球のスマッシュでも同じくらいですので球速の遅い女子が不利ですよね。

サッカーもそうです。ビデオなどで見比べればランのスピード、ドリブルのスピード、シュートの球速のいずれをとっても女子は男子に劣ります。男女のミックスチームで試合になればランのスピードについていけない女子では体力の消耗が激しすぎます。当然試合にはなりません。

技術的には男女の差はなくなってきているでしょうが、現実的には体力差はカバー出来ないでしょうからそれぞれの競技で男女を分けざるおえないでしょう。

比べれば解ることです。ゴルフでも水泳でも人力で競技するスポーツはすべて男女別です。

男女を分けていないのは、ヨット、モータースポーツ、乗馬等外部動力を使う競技だけです。

どんなスポーツでも男女の体力差は一目瞭然です。

今回のサッカーでも男女ではスピードが違います。たとえばマラソン。男子の世界レベルだと42.195キロのタイムで男子は2時間10分を切るスピードですが、女子は2時間20~25分です。同じレベルでレースになれば女子には不利です。

テニスでも同じですよ。

サーブのスピードでは男子は200キロ近いスピードですが、女子では180キロだったと記憶しています。決め球のスマッシュでも同じくらいですので球速の遅い女子が不利ですよね。

サッカー...続きを読む

Q女性差別の具体的な例

具体的な女性差別の例を教えてください。
たとえば、男女混合名簿とか

Aベストアンサー

>具体的な女性差別の例を教えてください。

1)プロの女相撲の禁止(大正時代くらいまではあったんですが)
2)プロ野球への女性入団の禁止
(アメリカには女性の選手いるんですよね)
3)東大の教授の人事
(東大卒の女性教授はいますが、東大に女性の教授が
 いません)。
4)女性用風俗店の少なさ
 男性用の性風俗は沢山あるのに、女性用は
 あまりありません。女性だけの東南アジア向け  
 美少年売春ツアーがあるくらいですから、需要は
 少なくないはず。
5)女性の教育レベルの低さ
 今だに女は早く結婚させるべ、みたいなバカ親が
 いること自体信じがたいことですが、男性の
 大学院への進学率の上昇率に対して、女性の
 進学率が低すぎます。
  これについては社会的障害ではなく、親が女の子
 に十分な教育を行わないという差別をしている
 ことに間違いありません。
6)女子大の存在
  社会に出たら、男女平等に機会が与えられると
 同時に共に戦わなければならないかもしれないのに、
 大学という中等教育まで女性専用という箱入り娘
 的逆差別教育環境があるのはおかしいです。

>具体的な女性差別の例を教えてください。

1)プロの女相撲の禁止(大正時代くらいまではあったんですが)
2)プロ野球への女性入団の禁止
(アメリカには女性の選手いるんですよね)
3)東大の教授の人事
(東大卒の女性教授はいますが、東大に女性の教授が
 いません)。
4)女性用風俗店の少なさ
 男性用の性風俗は沢山あるのに、女性用は
 あまりありません。女性だけの東南アジア向け  
 美少年売春ツアーがあるくらいですから、需要は
 少なくないはず。
5)女性の教育レベルの...続きを読む

Q男女差のあまり無いスポーツって?

スポーツの中で、女性の日本国内トッププレイヤーが男性のかなり上手いプレイヤーより強いスポーツはあるでしょうか。

男性のランクは大学の強豪チームのレギュラークラスとか高校生レベルで日本トップのプレイヤーを想定しています。
ちなみに記録で比べやすい陸上競技でみてみたら
マラソンは女性のトップ選手は2時間25分ぐらいですが、箱根駅伝ランナーでも2時間30分ぐらいの人もいました。

ものすごいマイナースポーツは選手層が薄くて一般的な話になりにくいかと思いますので、オリンピック競技にあるぐらいのスポーツで教えていただければと思います

よろしくおねがいします

Aベストアンサー

 一人乗りまたは2人乗りの小型ヨットレース

 微風から軽風時のヨットのスピードは、船体の摩擦抵抗によって左右されます。体重の軽い女子クルーは、艇の浸水面積が小さいため速度の面で有利です。

 風が強くなると、体重が重く、筋肉が発達している男子が有利になります。

 テニスも、インカレクラスの男子では、女子のトッププレーヤーに勝つのはなかなか大変でしょうね。世界的にも、4大大会でミックスダブルスの試合が組まれていますが、男子と対等に打ち合っています。

 たまたま私は学生時代はインカレ上位入賞選手、現在はサンデーテニスプレーヤーです。


人気Q&Aランキング