今だけ人気マンガ100円レンタル特集♪

日本の敗戦から75年、今、マスメディアの特集など見ていると被害者ばかり出てきて、加害者を追跡した番組が見当たらないです。

日本人は全員が被害者で加害者は一人もいなかったのでしょうか?

それともマスコミ自体が被害者大好きで、日本を戦争に導いた加害者の歴史を調査報道する気がないのですか?

加害者の調査報道しても、視聴率が上がらず、収入が減ってしまうと言う経済的理由ですか?

日本のマスメディアには、カネ以外にも、史実に関心を持って、戦争加害者の調査報道をする人は一人もいないのでしょうか?

A 回答 (18件中1~10件)

タブーなんですよ。



加害者の議論をするのは。

なぜかというと、天皇の責任を論じる
人が出てくるからです。

また、マスコミ自身の責任も問われるでしょう。

マスコミはそれを避けたいのです。




戦争全体の最高責任を明確にするのは、全体主義的な同調圧力が強い
日本の社会では難しい面があるでしょうね。
 ↑
これは誤解です。
日米の心理学者による実験では
同調圧力は米国人の方が強い、という
結果が出ています。



でも、日本人女性を慰安婦に売り飛ばした「仲介人」個人の追及や、
日本軍の調達に乗じて財を成した政商個人の追及や、
徴兵を意味もなく殴った軍曹個人の特定など、
大勢の日本人が「小物の加害者」だったはずで、
この歴史的事実をドキュメンタリーとして記録に残す
ジャーナリストが一人もいないというのが不思議なのです。
 ↑
なるほど。
百円さん、相変わらず鋭いですね。

日本人は和を以て貴しとなす、民族ですから
そうした個人の責任追及はしたがらない
のでしょう。
一人ぐらいいるかもしれませんが、取材も
難しいのでは。

天皇にしても、一部のサヨクだけです。

ドイツのように、悪いのはナチスであって、
国民、ドイツ国家は被害者だ、なんて
割り切り方は出来ません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど。

日本のマスメディアはタブーに挑戦しないのですね。

どうもありがとうございました。

お礼日時:2020/08/16 14:54

まず、「敗戦記念日」とはメディアの勝手な呼称で、「終戦の日」と云うべきだろう。



敗戦記念日、降伏の日、降伏記念日などと云ってるのは反日メディアのみだ。

戦争に被害者、加害者などは存在しない、戦争のあとに残るのは勝者と敗者だけだ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

あれま

お礼日時:2020/08/17 15:12

日本を戦争に導いた加害者という議論は戦後の日本では避けられてきたと思います。

強いて言えば軍部特に陸軍が悪い、国民は被害者あるいは騙されてきたという図式があったと思います。しかし大まかに言えば日露戦争に勝ったことから軍部特に陸軍が図に乗ったというのが基本にあり、マスコミも尻馬に乗って国民世論をリードしたというのが基本的な構図であったと思います。軍部が強引に満州に出張って行ったことや「おいこら」と国民の尻をひっぱたいたこともすべてこの図式上にあります。
 首相はテレビでは綺麗なフレーズで戦争の惨禍を述懐しますが、例えば今週テレビ報道された波照間島のマラリア病惨禍は「軍が軍を守るために住民を犠牲にした、大日本帝国軍の謀略事件」とも言われています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有難うございます。

私は日本人の中に被害者もいたし加害者もいたのと同じように、
軍隊の中にも被害者がいて加害者がいたと思うのです。

なのに現代のマスコミったら、個人の責任から目を逸らして、集団を一括りにしてこの集団は加害者である、この集団でない日本国民は皆被害者である、などという思考停止に落ちっているのではないかと思うのです。

これでは、戦争の歴史から学ぶことはできず、ジャーナリズムの責務を果たしていないのではないかと危惧しています。

お礼日時:2020/08/17 10:33

たとえば「東京裁判」などをご覧になれば。

DVDも出ています。

ただ、印象的には戦勝国が敗戦国をさばいているという印象は否めませんが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

戦勝国が敗戦国に復習するのを見てもしょうがないと思います。

日本人自らが日本の戦争加害者を追及して、同じことを繰り返さないように努力しているかが重要です。

日本のメディアで働く人には、日本人加害者を調査して、歴史的事実として後世に残そうという気概がないのでしょうか。

有難うござました。

お礼日時:2020/08/16 14:57

「潜在的な戦争加害者」は日本人のほぼ全員ですよ。



もし、昭和20年の例えば5月くらいの時点で、日本の方が先に原爆開発に成功して、それをニューヨークやボストンやシカゴに投下することに成功していたら、そのことを喜ばない日本人が果たして居たか?

別に非難する訳では無い。私だって絶対喜んでいます。コルベ神父のような人でもないと、あんな状況で正しい考え方はできんでしょう。

まあそう言ってしまうと、今度は「一億総懺悔」となって、結局「だれが加害者かなんてまあええやん」となってしまうのではありますが。
それとも、今から一つ一つ検証して、一人一人の個人に対して「お前は被害者の方かそれとも加害者の方か?」と問い詰めるのか?

ところで、BC級戦犯に対してはある程度裁かれましたね。約5700人が被告となり、そのうち1000人ほどが死刑となりました。この人達が、質問者様の言う「小物の戦争加害者」に一番近いかもしれませんね。もちろん「でっちあげ」もかなりあったと思いますが、この中には本当に悪い奴も絶対に居たと思います。でも日本のメディアは、BC級戦犯に対しては、右も左も同情的ですね。なぜなんでしょうね。やっぱり「それくらいのことは、その場に居たら俺でもやったかも」と皆思うところがあったからなのではないでしょうか。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

>「潜在的な戦争加害者」は日本人のほぼ全員ですよ

「健在的な戦争加害者」を暴き出し、持って歴史の教訓とすることが重要だと思うのです。

この重要な役割を果たすのがジャーナリズムの使命ですが、日本の利益追求メディア各社とそこに雇われる利益追求方サラリーマン、コントラクターにはジャーナリズムの使命を期待し絵も無理なのですか。

どうもありがとうございました。

お礼日時:2020/08/16 15:00

日本の醜い面を見せても視聴率は取れないからね。


「マスコミの中立」とは建前で、商売である以上、テレビは視聴率を気にしなければならないし、新聞なら購読数を伸ばさなければならない。
NHKも例外ではない。
どれだけ視聴率を取れたかは、プロデューサーの評価に直結する。

もちろん加害者はたくさんいた。
命じたにしろ命じられたにしろ。
シンガポールの初代首相リー・クアンユーは日本の統治はよかったとは言わなかった。
「許そう。しかし忘れまい」
と言ったのである。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど。

日本のマスメディア各社は利益追求だけにフォーカスし、戦争の加害者を暴き出して歴史の教訓にするというジャーナリズムの使命は無視する連中なのだと言うご意見ですね。

どうもありがとうございました。

お礼日時:2020/08/16 15:02

迷惑です。

」←迷惑なのは こっちの方
    • good
    • 0

>大勢の日本人が「小物の加害者」だったはず



全くそのとおりですが、するとそれこそマスコミを含む殆んどの日本人が「小物の加害者」ですからね。「国民は戦争の被害者」と言う概念が成立しにくくなって困っちゃうのでしょう。

つい最近あった黒い雨訴訟も含め、戦争での被害に対する国家賠償の話がありますが、あれってよく考えると変だと思いませんか。国家賠償といっても結局は国民の税金ですよね。その税金をもっぱら納めているのは、今働いている世代(私もです)で、その殆んどは戦後生まれで、それこそ戦争の加害者ではありえない世代です。どうして、戦争に関係なかった世代が、戦争を起こした世代に「賠償金」を支払わねばならないのでしょう?

とか、いろいろと問題が発生しますな。
    • good
    • 0

カテゴリー違いですよ。



荒らさないでください」←カテゴリーは 質問者のあなたが決めた筈

なので 回答者の俺はカテゴリー違いなど していない

荒らさないでください
    • good
    • 0
この回答へのお礼

迷惑です。

お礼日時:2020/08/15 15:57

メディアに限らず、加害者は「戦争」だと言うのがこの国のコンセンサスですからね。

「被害者」はもちろん国民。要するに、地震や台風やコロナウイルスと同じ扱いです。

だから憲法第九条が何よりも大切だという話になる。

別の質問に、「負けることが分かっていた戦争を何故やったのか?」と言うのがありましたが、結論は「誰もやりたくなかったけど仕方がなかった」と言うことのようです。そうであれば天災と同じ扱いにしないとしゃあないですわな。人間としての「加害者」など存在しないのです。

本当は、特に憲法第九条の改正を望むのであれば、ここを乗り越えないといけないのだけれども、そこまで突き詰めた議論は憲法改正派もあまりしたくない。左派もその辺は分かっているので、敢えてそちらからは攻めない。で、結局右派左派を問わずこの問題は日本のタブーになってます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

戦争全体の最高責任を明確にするのは、全体主義的な同調圧力が強い日本の社会では難しい面があるでしょうね。
でも、日本人女性を慰安婦に売り飛ばした「仲介人」個人の追及や、日本軍の調達に乗じて財を成した政商個人の追及や、徴兵を意味もなく殴った軍曹個人の特定など、大勢の日本人が「小物の加害者」だったはずで、この歴史的事実をドキュメンタリーとして記録に残すジャーナリストが一人もいないというのが不思議なのです。

日本人女性を慰安婦に売り飛ばした「仲介人」も戦争被害者なのですか?

お礼日時:2020/08/15 15:57

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング