プロが教えるわが家の防犯対策術!

カメラのレンズの性能について質問なんですが

価格ドットコムの値段では
RF24-105mm F4 L IS USM 13万
RF24-240mm F4-6.3 IS USM 11万

RF24-240mmの方が広角からズームまで対応してて
なぜRF24-105mmの方が高いのですか?

A 回答 (11件中1~10件)

早い話が性能って 焦点距離とか明るさだけで決まる訳じゃないから。


スマホでもデカイ方が良いわけじゃないし、3dゲームしなけりゃ同じに見えてもゲームまで快適かでも違いがある。

例えば 動画撮影でf4通しならズームさせても明るさの変化はないけどf4-f6なら変化しちゃう。
すでに回答でてるけどLレンズは素材も違う。

要するにカタログ上の表記は目安程度にしかならない。
    • good
    • 0

キャノンはLレンズはかなり高価です。

また、ズーム全域開放F4固定だと、製造コストが数倍かかります。だからRF24~105 F4Lは高価になってしまいます。
    • good
    • 0

よく言われるUDレンズが高いなどは特に関係ありません。


24-240の方が枚数多いので、その部品単価で差が付きまくると言うなら非球面がUDより高いと言うことになります。(もしかして引っかけ問題?)

実際には光学設計や防滴構造などの作り込みとプレミアと言ったところでしょう。
仕様やMTF特性を読めるようになると解りやすいかと思いますよ。

ただし、実売最低価格の比較であるようですし、片方はオープン価格ですので店が適当に付ける値段です。
定価で比べることもできませんし、メーカー卸がいくらかも解りませんのでなんとも言えません。
    • good
    • 0

F4-6.3は話の外。


F4コンスタントとは違う。
    • good
    • 0

まず、RF24-105mm F4はLレンズで、Lレンズとは人工結晶の蛍石をレンズに使っており、高性能を追求したハイクラスのレンズです。

また焦点距離を24mmから105mmまで変えても、明るさは通しでF4を確保しており、それだけある意味での性能を保っています。
    • good
    • 0

定価の差分(2万円分)明るく綺麗に撮れるから(一般論)


(ドットコム値段は需給も絡む)
    • good
    • 0

24-105mmF4Lにあって、24-240mmF4-6.3にないモノ


  ズーミングしても解放F値が変化しない鏡胴設計
  防塵防滴構造
  逆光やフレア耐性の高いASC
  汚れにくいフッ素コーティング
いずれも、キレイな写真を快適に撮るために効果的な要素である一方で、緻密かつ手間の掛かるな造りになるため相応のコストを要する。

24-240mmF4-6.3に限らず、高倍率ズームは光学的に無理をしている部分があって、収差など妥協しなければならない要素が多い。
写りの良さよりも利便性を優先したユーザーのためのレンズになっているので。変動するF値、防塵防滴やコーティングの省略など、コストダウンが図られている。

分かりやすい数字だけでは見えない、写真の出来に影響する部分に金が掛かっているかどうかの違いなんだよなぁ(^。^;
    • good
    • 0

>>なぜRF24-105mmの方が高いのですか?



F値です。
24~105mmまで、F4通しだから、要するに望遠端でもF値が変わらないって所。

24-240mmの方は、F値が6.3に変わるよね。

望遠レンズって、絶対に望遠側のFが高くなる傾向なんだけど
Fを買えずに望遠するのって、技術的に難しいので、それで金額が高くなるって感じです。
F値の低いレンズって高いですよね。
    • good
    • 0

RF24-240mm F4-6.3 IS USMは、松竹梅の竹。


RF24-105mm F4 L IS USMは、松。

赤鉢巻の L レンズは、スーパーUD、UDレンズ、大口径高精度非球面レンズなど特殊光学材料を採用した超高性能レンズです。
    • good
    • 0

24-240はデカくて重いので


普段使いのレンズになりません
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング