【先着1,000名様!】1,000円分をプレゼント!

証明問題です。どなたか御教授お願いいたします。


∠B=∠Rである直角三角形ABCの辺BC上にB,Cとは異なる点Dがある。
このときAD<ACであることを示せ

A 回答 (1件)

∠B=∠R


△ABCにおいて、三平方の定理、
AC^2=BA^2+BC^2 ① が成り立つ

△ABDにおいて、辺BCび点Dと点Bの線分をBDとすると、BD<BCとなる
三平方の定理より
AD^2=BA^2+BD^2 ② が成り立つ

BD<BC、BA共通より
AC^2>AD^2
∴ AC>AD が成り立つ
    • good
    • 0
この回答へのお礼

とてもわかりやすい説明ありがとうございました!

お礼日時:2020/08/20 02:11

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


人気Q&Aランキング