「夫を成功」へ導く妻の秘訣 座談会

土星の輪って一部分が土星の影によって黒くなってて、Cみたいな形に見えますよね。
土星の輪が完全に○の形に見えることってないんですか?
地球の場合だと月は毎回毎回月食になるわけじゃなくて、むしろ満月の方が多いから、土星の輪も日によって陰から出たり入ったりしてるのかなと思い質問しました。

A 回答 (1件)

完全に輪に観える訳ではなく、一部土星に近い側が隠れますが、2017年頃は和の外周側は全て見えました。



https://www.kahaku.go.jp/exhibitions/vm/resource …

木星の輪は、自転軸が公転面にたいして約3°ほどしか傾いていないので、理論的に全てを観ることが出来ないです。
そもそも地球からの観測では見つからず、ボイジャー1号の木星探査時に発見され、ハッブル宇宙望遠鏡では観測することができます

天王星は自転軸が約98°公転面に対して傾いているので、条件が合えば1公転で2回、輪の全貌を捉えるチャンスがありますね。
公転速度(周期)が遅いので2回といってもその回の期間は一瞬ではないです。
ですが、1977年に天王星の輪が発見されたのですが、これは天王星による恒星の食の現象があり、恒星食が始まる前と終わった後に不可思議な恒星の減光が観測され、輪の存在が確認されました。
これもボイジャー2号とハッブル宇宙望遠鏡で観測されています。
この天王星の輪の発見で、木星にも輪があるのではないかと考えられて、ボイジャー1号の発見に繋がっています。

海王星の輪は1969年に観測されていたようなのですが、この知見は天王星の輪が発見されるまでは知られなかったのと、もし存在したとしても完全な輪では無いと思われていました。
ボイジャー2号の観測とハッブル宇宙望遠鏡の活躍で輪が認められています。

土星の輪は最近の研究によると、後、1億年も経たないうちに消失すると考えられており、
昔は土星の誕生時から存在していたものだと思われていたのが、実は後から輪が出来たのではないかという説が有力になっています。
今後の宇宙探査が見ものです

https://www.astroarts.co.jp/article/hl/a/10387_s …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しくありがとうございます!公転面に対する輪の傾きが重要なのですね。

お礼日時:2020/08/20 15:45

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング