ママのスキンケアのお悩みにおすすめアイテム

次のように考えます。いかがお考えになりますか?


§ 1 ヒトの定義から入ります。

その昔 土地を囲ってここはおれのものだと宣言したと想定してみた場合 人間
ということに関して前提とするべき公理に ふたつあると思います。

 (α) 主戦論を採るヒト:奪い合い・競争としての社会交通

 (ω) 非戦論を採るヒト:ユヅリアヒ。奴隷――社畜――の状態にさえ
        甘んじる。
        したがって競争し奪い合う交通人は 社会というヤシロの
        神棚(お二階なる空中庭園)に祀っておく。(国ゆづり)

 
§ 2 ここ(この一面的な定義ですが)から《権力》が生じますが これにも二
つの型があると見ます。

 (あ) 第一次の権力関係:

       ユヅリアヒの人間どうしにおいて――ということは ごく
      ふつうに自然本性としてのヒトどうしの間においても―― 
      まなざしを相手に上からそそぐ者とそしてこれを受ける者と
      に分かれる場合。

       この場合には そのまなざしの上下関係が 互いにみとめ
      あっている自生的な性格のものと
       そして一方が《アース(接地)役》を務めるかたちとなる
      ようにそれが必ずしもよいことだとは思われない人為的・人
      工的な性格のものとがある。

 (い) 第二次の権力関係:

       第一次の《自生的な性格のもの》をおおむね離れて 《人
      工的な性格のもの》をさらに強固にししかも固定させる動き
      としてそのまなざしの上下関係を社会制度としてかたちづく
      ろうとして出来たもの。

       身分関係。その世襲制度。 

       特には 社会を《市民スサノヲと公民アマテラス》との二
      階建ての構造として固定する国家における身分制度。そこで
      は 倫理を問うことを含みつつも それをもチカラで圧倒す
      る場合もあるというような社会力学的な交通として人間関係
      およびその社会構造がかたちづくられる。
       (その中で一階と二階とのあいだで自由な行き来としての
      流動性が保証されている社会のあり方も 現実的ではある)。


§ 3 階級ということ

(α)の主戦論を採るヒトが築く(い)の第二次の権力関係は 明らかに社会階
級の関係として二階建てを成り立たせている。ヒトが品(クラス)ないし課税対
象物として分けられる。

(ω)の非戦論を採るヒトが築く同じく(い)の第二次の権力関係は そのよう
な階級関係を包み込んだ二階建て構造に成ると捉えられる。
  
言いかえると 非戦論によって服従の関係をえらんだそのことが すでにヒトの
品による区分を飲み込んだかたちとなっている。

ぎゃくに言えば そこで身分制が強固にかたちづくられそれに即した圧力が加え
られたとしても (ω)型のヒトにとっては もともとそのような社会力学は織
り込み済みである。
  
ゆえに――そうとうきびしいことだけれど―― そのお二階のえらいさんよ 気
の済むまでご自由におやりなさい そのあと人間にお成りなさいと心のどこかで
言っている。

(α)の主戦論派にもとづく階級関係においては その新しい階級と古いのとの
あいだで回転(レヲリューション)が演じられる。流動性というよりは 階級が
ひっくり返ることがある。


 
§ 4 世界史的存在としての《一人ひとりとしてのわたし》

経済行為の形式ないしその社会的な制度として 資本主義は――あらゆるモノ・
コトを商品として巻き込み その商品をつうじて交通するというよそよそしい形
でではありながら 世界中のすべての人びとをやはり巻き込み 一面ではその一
様な形式による互いの交通を遠慮なく普遍的に行なわせるゆえに―― ヒトを世
界史的な存在とした。

 
この資本主義――第一次の勤勉と第二次のガリ勉とから成ると見る――の世界史
的な展開の中で 階級の回転が行き着くところまで行き着き(つまり もはやひ
っくり返してもそれは堂々巡りであると分かったところまで行き着き)
 
社会の神だなに祀られたお二階さんの王様ごっこがやはり行き着くところまで行
き着くなら(――つまり もはや人民よ ユヅルことはこれ以上してくれるな 
われもユヅル側になってみたいわいと言い始めたなら――) 
 
(α)主戦論および(ω)非戦論それぞれの形式に別れつつ自己形成してきたホモ
・サピエンス・サピエンスは 言ってみれば互いの諍いにかかわるその潜在能力
を全部出し切ったと言える地点に来るのではないか?

しかも 階級支配体制やお二階さんごっこ体制といったそれぞれの思想に真っ向
から対立する民主制というかたちをすでに採っている。

そのふるいニンゲンは ほろびる。と思われます。

前史を終えて後史に入ると見てよいか?
そう見るのが ふさわしいかどうか?

ご教授ください。



 
§ 5 おまけとして: 《後史》がどんなヒトのどんな社会になるのか

いまはほんとうには分かりません。たぶん《イサカヒ》をむやみやたらに繰り広
げることを《前史》の特徴とすれば それを止揚しそれから自由になる。でしょ
うか どうでしょうか。

もうひとつ。このあたらしい時代を切り拓くのは 世界広しと言えども わが日
本人こそがふさわしく その先頭を切ってあゆむのではないでしょうか。

宗教の弊害もしくはいわゆる一神教の弊害から わたしたちはそのふつうの生活
態度においてすでに自由であり あとはわづかに自分たちの多神教としての〔つ
まり日本教としての〕じつは一神教なる性格を認識し得ていない。けれども こ
の日本教の全体としてはかなり排他的な性格を自覚し解放されるなら 鬼に金棒 
孫悟空に如意棒となること請け合いではないでしょうか。

一神教ヰルスからの免疫をすでに半分 得ている。あとの半分をさらに得て 世
界に先駆けてあゆむことが出来るし その使命を負っているのではないか。どう
でしょう。

A 回答 (2件)

pion decay



π中間子も崩壊するという子尾tな尾でh層化。

ローレンツは重要な人物のようですね。
未解決の問題が有るのでしょうか。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

oteage desuga otuduke kudasai.

お礼日時:2020/08/22 02:26

なんかよくわからないけど、ありきたりなイノベーション論?

    • good
    • 1
この回答へのお礼

そうですね。

マルクスの言葉に 歴史を《前史と本史》とに分けるところ
がありますね。

それくらいですかね。この仮説の内容として同じような要素
が見られるのは。


ですから:
★ ありきたりな
☆ という規定が どこから出て来たのか 理解に苦しみま
す。



じっさい知らないというのは おそろしいものです。

お礼日時:2020/08/21 13:07

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

関連するカテゴリからQ&Aを探す


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング